布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ベッドマットレスの寿命はどのくらい?長持ちさせる方法とは

2018.9.12

快適な睡眠のために、「ベッドマットレス」を愛用している人は多いですよね。

しかしながら、その交換時期や目安は、あまり知られていないといいます。

毎日使うベッドマットレスは、気がつかない間に劣化していることがあるので、正しい認識を持つことが大切です。

そこで今回は、ベッドマットレスの寿命や、長持ちさせるためのポイントについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ベッドのお布団ずれ落ち対策はずれ落ち防止柵のハイタイプ!

ベッドで寝ている方の悩みのひとつに、「お布団がずり落ちて困る」というのがあります。 人の寝相に...

低反発マットレスを処分したい方必見!どんな方法がある?

低反発マットレスの処分を検討している方は、どのような方法で処分したらいいかわからないという方も多...

昼光色と昼白色と電球色、これらはどのような違いがあるの?

ホームセンターなどで蛍光灯やLED電球を見ると、「昼光色」「白昼色」「電球色」と、色に違いがあります...

垢ぬける!和室に合うベッド周りのインテリアを選んでみよう

外国人観光客の増加に伴い、ホテルや旅館でも和室のベッドルームが増えています。 自分の部屋でも同...

インテリアと色彩心理!グリーンとグレーの上手な取り入れ方

新しい部屋に引っ越したり、部屋をリフォームしたりする際に、部屋のインテリアをどうしようか考えます...

ベッドを購入する際の様々な視点の注意点を一挙ご紹介!

新生活の時期や引っ越しの時期、購入するべき家具の一つがベッドですね。 毎日使うものなので、...

マットレスに敷布団はいらない?正しい寝具の置き方と使い方

「マットレスの上に敷布団はいるのか?いらないのか?」 このように迷ったことのある方は、多いので...

ウォールナットがおすすめ!すのこベッドの魅力とは?

お布団を衛生的に保つことができる、「すのこベッド」が気になる方はいらっしゃいますか? すのこベ...

新生活スタート!一人暮らしで失敗しない寝具の選び方は?

新生活を一人暮らしでスタートする方の最大の悩みは、お部屋の家電や家具選びですよね。 その中でも...

マットレスは高反発がオススメ!通気性の高いものをご紹介!

マットレスと聞くと、低反発マットレスをまず思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 しか...

マンションのドアの隙間の音漏れ軽減方法と外からの防音対策

マンションなどの室内のドアの下に隙間がありますよね。 この隙間は、シックハウス対策の為のものです。...

賃貸住宅の退去時に、部屋の清掃代は支払わないといけない?

賃貸住宅の退去時にハウスクリーニングが行われますが、その清掃代を突然請求されたら驚く方もいらっしゃい...

清潔なマットレスを保つために!掃除方法を知ろう!

あまり考えたくないかもしれませんが、マットレスにはさまざまな汚れやゴミが付着していたり、ダニやカ...

リビングダイニングの窓に付けるカーテンの選び方のポイント

家族やお客さんが集まるリビング、ダイニングの窓のカーテン選びも慎重に行いたいものですよね。 何...

マットレスは中古でも買取ってもらえる!?買取のポイント

引越しなどで、新たにマットレスを新調した場合、中古マットレスをそのままゴミとして処分してしまっている...

スポンサーリンク

ベッドマットレスの寿命はどれくらい?

しっかりとした厚みで、体に負担がかかりにくい「ベッドマットレス」は、我々日本人にとっても定番の寝具となりました。

海外のホテルにあるような、フカフカした大きなベッドマットレスには、憧れてしまいますよね。

しかし残念ながら、どんなに高品質なベッドマットレスであっても、いずれ寿命は来るものです。

一般的なコイル系のベッドマットレスの寿命は「長くても10年」と言われており、その寿命年数は、以下の条件により前後していきます。

【使用頻度】

寝ている時間や回数によって、寿命は変動します。

【寝る人の体重】

寝ている人の体重が増えるほど、ベッドマットレスにかかる負担は大きくなります。

【管理の仕方】

定期的なメンテナンスを怠ることで、寿命はどんどん短くなっていきます。

【製品の値段】

あまりにも価格が安い製品は、すぐにヘタってしまう傾向があります。

これらの条件にもよりますが、購入してから10年を迎えている場合は、買い替えを検討する必要があるでしょう。

また、ノンコイル系のベッドマットレスの寿命はさらに短い傾向にあり、「長くても3年」と言われているので、耐久性の面に関しては、コイル系のほうが優れています。

それでは次章で、ベッドマットレスの寿命を判断する基準についてお話しします。

ベッドマットレスの寿命はどうやって判断する?

前章でお話ししたように、ベッドマットレスの寿命は、使用環境や状況によって異なります。

そこで、「自分のベッドマットレスがまだ使えるのか気になる…」という人は、セルフでできる寿命診断をしてみましょう。

今回は、コイル系のベッドマットレスを想定しています。

<ベッドマットレス寿命診断>

□10年以上使用している

□寝つきが悪くなった

□寝返りが多くなった

□目覚めが悪くなった

□腰や肩に違和感がある

□ベッドマットレスの中央がへこんでいる

□ベッドマットレスが柔らかくなった

□ベッドマットレスから「キシキシ」と音がする

□ベッドマットレスに寝ると「スプリング」を感じる

□ベッドマットレスから臭いがする

以上が、ベッドマットレスの寿命診断項目です。

上記の項目で、チェックする箇所が多かった人には、使用しているベッドマットレスの買い替えをおすすめします。

表面上はきれいに保てていたとしても、内部のスプリングは確実に劣化していきます。

また、ノンコイル系のベッドマットレスにおいては、反発力の衰えが目安です。

単純に使用年数や、見た目だけで判断せずに、トータル的な状況を確認してみることが大切ですね。

ベッドマットレスの種類を学ぼう!

ここからは、前章の寿命診断で買い替えを決めた人へ向けて、ベッドマットレスの選び方についてお話ししていきます。

まずは、ベッドマットレスの種類からご紹介します。

<コイル系ベッドマットレス>

●ボンネルコイルタイプ

らせん状のスプリングを上下左右に連結させて、全面に配列しています。

そのため、耐久性に優れており、寿命も長い傾向にあります。

しかしながら、感触が若干かためなため、好みが分かれるところです。

また、寝返りを打つたびに横ゆれするため、2人並んで寝るケースには向いていません。

●ポケットコイルタイプ

ボンネルコイルタイプよりもスプリングの本数が多く、円筒形のポケットに入れて独立している構造のため、不自然な沈み込みはありません。

体を点で支えるため、快適な寝心地が魅力です。

しかし、複雑で手間がかかるつくりなので、販売価格が少々高くなるようです。

<ノンコイル系ベッドマットレス>

●低反発タイプ

低反発材が使われているので、反発力が少なく柔らかいのが特徴です。

やさしく沈み込むような感覚で、女性やこどもに人気があります。

●高反発タイプ

高反発材が使われているので、ほどよい弾力があり、腰痛のある人におすすめです。

また、あまり沈み込まないため「寝返りが打ちやすい」というメリットがあります。

ベッドマットレスを買い替えるなら「通気性」に注目!

前章でご紹介したとおり、ベッドマットレスにはさまざまな種類があります。

体型やニーズによって選び方は異なりますが、ベッドマットレスの寿命をのばすためには、「通気性」にも着目してみましょう。

それはなぜかというと、日本の気候に問題があります。

日本は、地形や気圧の影響により湿気が多いため、欧米よりもベッドマットレスが傷みやすいのです。

ボンネルコイルタイプの場合は、コイルに隙間があり、自然と空気が抜けるので通気性に優れています。

一方で、ポケットコイルタイプとノンコイル系のベッドマットレスは、構造上の理由により、通気性があまりよくないため、こまめなメンテナンスが必要です。

そこで、ベッドマットレスの通気性に不安があるときは「ベッドフレーム」に、風通しがよくなる工夫を施したものを選ぶといいでしょう。

湿気はどんどん下に溜まっていくので、ベッドフレームの下部に隙間があいているものが適しています。

ベッドマットレスを買い替えるときには、同じくベッドフレームの通気性にも配慮したほうがいいですね。

寿命をのばす!ベッドマットレスを長持ちさせる方法①

それでは次に、ベッドマットレスのメンテナンスについてご紹介していきます。

寿命をのばすためには、必要不可欠なことばかりなので、よく頭に入れておきましょう。

【換気をする】

起床後は必ず、寝室の空気を入れ替えましょう。

外出するまでの、少しの時間でも構いません。

とくに冬場は結露が溜まりやすく、空気もジメジメしやすいため、注意が必要になります。

【陰干しをする】

お布団とは違い、ベッドマットレスの場合は、天日干しではなく陰干しをしてください。

もしも、ウレタン素材が使用されていると、劣化が早まる可能性があるからです。

週に1度は、日光が直接当たらない場所に立てかけて、丸1日乾燥させましょう。

そうすることで、カビの発生を抑えることができ、ベッドマットレスもより長持ちするでしょう。

【前後と表裏を交換しながら使う】

前後と表裏をローテーションしながら使うことにより、ベッドマットレスにかかる負担を分散することができます。

これは、ヘタりの予防やスプリングを長持ちさせることにつながるので、とても重要な作業です。

2週間に1度が目安となりますが、重量のあるボンネルコイルタイプにおいては、最低でも月に1度の交換を目標にしてみましょう。

寿命をのばす!ベッドマットレスを長持ちさせる方法②

引き続き、ベッドマットレスのメンテナンスについてご紹介します。

【カバー類をこまめに洗う】

シーツカバーやベッドパットなどは、こまめに洗濯して清潔に保ちましょう。

カバー類の交換を怠ることで、雑菌が繁殖しやすくなります。

さらに、寝汗の水分や塩分が染み込むことで、内部にあるスプリングの劣化を早めてしまいます。

【掃除機を掛ける】

落ちてしまった皮膚やフケ、ダニの死骸などを除去しましょう。

ベッドマットレスの表面だけでなく、側面や裏面にもしっかりと掃除機を掛けます。

縫い目の部分はとくに入念に行い、なるべく吸引力の高い掃除機を使用することがおすすめです。

【カビ・ダニ対策アイテムを使用する】

ベッドマットレスのカビ対策には、シリカゲル入りの「湿度調整シート」を使用するといいでしょう。

また、ダニ対策には「ダニ捕りシート」がおすすめです。

こうした便利アイテムを併用し、ベッドマットレスの寿命をのばす環境づくりを目指しましょう。

快適なベッドマットレスで心地よい眠りを!

今回は、ベッドマットレスの寿命や、メンテナンス方法についてお話ししました。

コイル系のベッドマットレスの寿命は「長くても10年」で、ノンコイル系のベッドマットレスにおいては「長くても3年」が目安です。

少しでも長くベッドマットレスを使用したい人は、通気性や日頃のメンテナンスに注目してみてください。

 - 寝具全般