しっかりとした睡眠を取るためのパジャマのおすすめは?

私たちが何気なく着ているパジャマですが、あなたは寝る前にパジャマに着替える方でしょうか?

それともそれまでに来ていた部屋着で眠る方でしょうか?

実は、パジャマに着替えることで睡眠を意識し、心地良い安眠ができると言われています。

そのためにここでは、おすすめのパジャマをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヒーリングミュージックを聴くことで睡眠効果を最大限に!

皆さんは、最近よく眠れていますか?「朝起きたばかりなのに疲れが取れていない。」「熟睡出来...

ホットミルクは、睡眠に効果アリ!適量を飲もう

「眠れないときは、ホットミルクを飲むと良い」というお話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょう...

短時間睡眠は15分程度が効果的!集中力と作業効率がアップ!

「15分程度の仮眠をとると頭がすっきりして目覚められる」ということを聞いたことはありませんか。...

睡眠が健康を阻む負債になる?リスクチェックで即確認!

突然ですが、皆さんは自分の睡眠に満足していますか?「睡眠負債」という言葉が最近注目されていま...

夜勤明けの上手な睡眠のとり方とは?夏の夜勤明けの快眠方法

不規則な夜勤明けは、生活リズムも乱れがちになります。また、夏は気温も高いため、熟睡ができない...

悪夢や元彼・元カノの夢を見る原因とは?対処法は?

「好きな人の写真を枕の下に敷いて寝ると彼が夢に」なんてことを聞いたり試したりしたことはありますか?...

リビングには電球色・昼白色・昼光色どの色にすればよい??

お部屋の中で最も使用頻度の高いリビング。みなさんは何色の照明を使っていますか?代表的な3...

インバーター蛍光灯が故障した!蛍光灯がつかなくなる原因!

夜、帰宅して部屋のスイッチを押してもインバーター蛍光灯がつかない!急に故障してつかなくなると、と...

睡眠中体温が上昇してると眠りが浅い!深い眠りにする方法!

睡眠中に体温が上昇していると、眠りが浅いと言われています。実は、睡眠と体温には深い関係があり...

赤ちゃんが睡眠中に笑うのはなぜ?いつから笑ってくれるの?

赤ちゃんの寝顔は、周囲の人を癒してくれる不思議な力があります。そして、この寝顔をじっと見ている...

不眠に悩む方におすすめ!睡眠を促す効果的な食べ物とは?

人生の1/3を占めるといわれる睡眠。仕事などで疲れた脳や体を癒すために必要かつ重要なものであ...

睡眠不足かな!?実は起きるタイミングが原因の可能性あり!

朝の目覚めがスッキリせず、「起きてからも体のダルさや眠気がとれない」ということや「調子がなかなか...

赤ちゃんの睡眠を妨げる照明!電気は消して寝た方がいいの?

皆さんは、赤ちゃんが睡眠しているとき、照明はつけていますか?それとも真っ暗で寝ていますか?...

一日の睡眠をしっかり取る!昼寝がもたらす効果を考えてみた!

昼寝を習慣として取り入れている人は、どれだけいるでしょうか?毎日の睡眠不足が気になる人には、...

短時間のお昼寝で効率アップ!机でも使える睡眠グッズとは

今、食事の後の短時間睡眠が見直されており、会社の机でも使えるお昼寝グッズが人気です。とはいえ...

スポンサーリンク

睡眠時にパジャマがおすすめな理由

年齢層が高い人たちは、寝る時には必ずパジャマに着替えることが多いと思います。

しかし、最近では若い人たちは睡眠時にも、部屋着として着ていたスウェットやジャージをそのままパジャマとして使うことが多いようです。

確かにスウェットやジャージは着やすく、便利なのでそのままパジャマとして使ってしまいがちですよね。

しかし、睡眠時にパジャマに着替えることには、実は大きな意味があり、お医者様の間でもパジャマの存在は不可欠だという人も多いのです。

第一の理由としては、パジャマは汗を吸い取りやすい生地を使用しているため、心地良く眠れるからです。

また、スウェットやジャージと比較すると、ゴムやひもの調節がゆったりめで締め付け感がありません。

そのため、リラックスでき、安眠につながるとも言われています。

そして、何よりも効果的なのは、寝ることへの意識の切り替えができるため、パジャマに着替えることがおすすめなのです。

パジャマとして適切な素材は?

睡眠を取る上で、パジャマとして適した素材とは何なのでしょうか?

なめらかな肌触りが優しいシルク素材のパジャマは、まさに安眠するためにふさわしいパジャマと言えるでしょう。

シルクは肌へのなじみが良いのが特徴とされています。

吸水性、吸湿性に優れているので、汗をかいてもさらっとした着心地の素材です。

その一方で保湿性もあるので、一年を通しておすすめの素材です。

シルクは美しい光沢が上品なイメージもあるので、女性には特に人気ですね。

また、シルクと近いサテン系の生地もおすすめです。

他にも、ガーゼ素材のパジャマは病人などに人気があります。

その理由として、ソフトな風合いと肌触りの良さ、吸汗性、通気性、軽い着心地などが挙げられます。

洗濯回数が多くなる病人のための素材としては、うってつけなのだそうです。

若い人に人気なのが、パイル素材です。

パイル素材は伸縮性に優れていて、動きやすいため、子供や若い人に人気があります。

睡眠を重視したおすすめパジャマの金額の差とは?

百貨店で販売されている高いパジャマと、雑貨屋さんなどで販売されている安価なパジャマがあります。

どうしても安価なパジャマに目がいってしまいがちですが、高いパジャマと安価なパジャマとはどんな点が違うのでしょうか?

パジャマを探す時、1000円台の安価なものから1万円台、2万円を超えるものまでありますね。

その金額の違いは、いろいろとありますが、最も大きな違いは生地にあります。

ガーゼパジャマの生地でも、高いパジャマの生地は何度もシュミレーションを繰り返して、風合いや耐久強度のバランスを考えたものになっていたり、織り方や糸選びにもこだわりを持っていることがあります。

また、多くの洗濯回数に耐えられる強度を持っていたり、ほつれにくい傾向にあります。

高いパジャマは、この手間と原料代にお金がかかっていると考えて良いでしょう。

また、縫製についても、タグや縫い目の位置などに配慮し、肌に触れる部分に違和感がないように努めています。

そのほか、生産国や販売ルートで価格差が生じると考えられます。

高いパジャマは、いかにわたしたちの体に負担が少なく、質の良い睡眠が取れるようにと、考えられて作られているものが多いのです。

しかし、高いパジャマだからおすすめ、安価なものだからおすすめできないということではありませんので、用途にあったものを探すようにしましょう。

着る人によって変わるパジャマの価値

年齢や用途、季節によってもパジャマの価値は変わるのかもしれません。

子供や若い人たちは汗をかきやすく、吸汗性のあるパジャマを求める傾向にあります。

一方で、特に冬などは保温性があり、軽い素材のパジャマを求める人が多いでしょう。

パジャマは毎日使用するものなので、できれば毎日、洗濯したいものですね。

であれば、用途やその日の気分、その日の気温によってパジャマを変えてみるのもおすすめです。

大切なことは、パジャマに着替えることで、睡眠を意識することなのかもしれません。

特に子供にとって、普段着やそれまで遊んでいた部屋着でそのまま眠らせてしまう習慣はなくし、パジャマに着替えたら寝る、という習慣づけをすると良いでしょう。

パジャマは寝具と同じように、寝るための道具と考えることが大切です。

子供のパジャマは特に耐久性が重要で、毎日の洗濯にもへたらないものを選びたいものですね。

今おすすめのパジャマは睡眠だけでなく見た目も大事?

パジャマを購入する時には、素材だけでなく、やはりデザインにもこだわりたいものですね。

最近の人気は、パジャマっぽくないパジャマなのだそうです。

カジュアルブランドのルームウェアのように、人に見られても恥ずかしくないようなパジャマをさらりと着こなすのが今風なのです。

かといって、睡眠の邪魔になるようなフードが付いていたりしては機能性の面で優れたパジャマとは言えないでしょう。

そこで人気なのが、シンプルなデザインの上に、別途、羽織るパーカーがセットで付いていたり、パンツがロングタイプとショートタイプがセットになっているものなどの、アンサンブル的なパジャマです。

このようなパジャマを上手に利用することで、おしゃれな部屋着としても使えますし、寝る時には必要なパジャマ部分だけを着用することができますので、おしゃれを気にする方にもおすすめです。

宅配業者からの荷物を受け取ったり、近所の人が急に訪ねてきても、このようなパジャマでしたら、気兼ねなく応対できますね。

用途によって変えるパジャマの楽しみ

パジャマと言っても、今はいろいろなタイプがありますね。

パジャマ売り場に行ってみても、その多様さに驚き、また、選ぶのも楽しくなります。

夏場に人気の甚平や、浴衣もその一つでしょう。

最近では若い人にこの甚平がとても人気のようですが、それは生地の心地良さや見た目のデザインのカッコ良さがあるのだそうです。

それと同時に、女性にも浴衣がひそかに人気のようで、自宅でも浴衣で寝る人が増えているのだと聞きます。

逆に冬場は、フリースやそれに似た、もこもこ素材のパジャマが人気ですね。

ただし、このフリースやもこもこ素材のものは、パジャマというよりも部屋着に向いているというのが専門的な意見でもあります。

それは、寝具との関係があるからでしょう。

冬場のお布団はそれなりの保温性の高いものが多いので、フリースやもこもこ素材のパジャマでそのお布団に入ってしまうと、汗をかいて逆に風邪をひいてしまったり、お布団をはねのけて風邪をひいてしまう可能性があります。

こうなってしまうと、睡眠の邪魔になってしまうこともありますので、注意しましょう。

あくまでも、パジャマにはシルクやガーゼ、綿などのものを着用し、その上にフリースなどを部屋着として羽織ることがおすすめです。

パジャマと部屋着は違う!その大切なポイントとは?

最近では便利で可愛い部屋着もたくさん販売されるようになりました。

急な来客や、宅急便などの応対にはとても便利な部屋着は、若い人たちにも人気があります。

しかし、それとは別にパジャマの存在は睡眠を取るためには欠かせないものです。

おすすめの素材のパジャマを着用して、心地良い眠りを手に入れましょう。