布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

最近は北欧のインテリアが話題!?ベッドルームを北欧風に!

2018.2.16

最近は、北欧をデザインしたインテリアが若い女性を中心に注目を浴びています。

北欧インテリアはベッドルームにも、一人暮らしで多いワンルームにも合わせる事が出来るので人気が高くなってきています。

では、どのようにして北欧インテリアにする事が出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

使用中の寝具では肩冷えする!冷え対処法とおすすめグッズ!

眠りに就く時に肩や首に冷えを感じると、寒くて眠れない事ってありますよね。 「首肩の冷えを防ぐ良...

不要となった中古ベッドを売る!その時の相場を検証する!

引っ越しなどで不要となったベッドは、どのように処分しますか? 粗大ごみとして自治体で処分するこ...

電源の元、コンセントのアースとは!?電磁波の危険性

私たち一般家庭で使用している家電製品の電源の元となるコンセントですが、実は、これら家電製品からは電磁...

マンションの壁がコンクリート!メリット・デメリットは?

マンションでも住宅でも、見かけたことのあるコンクリートが打ちっぱなしの壁。 コンクリートが打ち...

寝室に風水を取り入れる!インテリアやベッドの配置を解説

風水は、自然をはじめとした万物が持つ「気」やエネルギーを利用して、運気を上げようという環境学です...

一人暮らしの車、維持費用は?車中泊にも挑戦しませんか!?

一人暮らしで車をお持ちの方、維持費用にいくらかかっていますか? 細かく計算し、把握している方は少な...

畳の上にウッドカーペットを敷いた時のメリット・デメリット

畳の上にウッドカーペットを敷いて部屋の雰囲気を変えたい! もしくはすでに敷いている方、いらっし...

赤ちゃんのための寝具の選び方!6つポイントを押さえよう!

筋肉や骨格が未発達で身体が繊細な赤ちゃんにとって、寝具は発育に影響を与える重要なアイテムです。 ...

マンションの和室でもベッドを置きたい!注意点とは?

マンションには洋室と和室と2タイプの部屋がありますね。洋室が増えてきているのも確かですが、和室は無く...

ベッドをおしゃれなカバーに変えてお部屋をコーディネート!

皆さんお部屋のベッドのお布団カバーはどうやって選んでますか? セットになっている物、自分の好き...

ベッドで寝ると足元が冷える!お布団をかけても寒い!対策は

体は温かいのに、足だけが冷たい。ベッドで寝ると、足元が冷える。布団をかけても足元だけは温かくならずに...

ダニ防止効果のあるおすすめ寝具4選!選び方も解説

ダニ防止効果のある寝具は数多くありますが、何によってその効果がもたらされているのかをご存知の方は...

ベッドルームをオシャレにするなら海外インテリアを参考に!

オシャレなベッドルームって憧れますよね。 海外のインテリアを見て、オシャレに感じる方もいる...

狭い間取りでもレイアウト次第!ベッドの配置が鍵になる!?

狭い間取りの部屋に住もうとすると、家具の配置に困ります。 元々の収納がしっかりとあれば、主...

アメリカのベッドサイズと理想のベッドの選び方

ベッドを購入するとき、国産のものか、または、アメリカなど外国産のものにしようか、悩む方もいると思いま...

スポンサーリンク

北欧インテリア風のお部屋やベッドルームを作るポイントとは

皆さんは、ベッドルームやワンルームのインテリアはどのようにしていますか?

自分の気に入った家具を置いたり、好きな小物を置いたりと、少しお部屋がごちゃごちゃしているという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような人は、最近話題の北欧インテリアにしてみませんか?

北欧インテリアは、シンプルなくつろげる空間を作る事が出来るので、大変おすすめです。

では、北欧インテリアを作るポイントは、どのような事があるのでしょうか。

・白を多めに使う

北欧インテリアは、白を多く取り入れる事で、お部屋を明るく、なおかつ清潔感のあるお部屋に見せてくれます。

また、柄や色が多いと副交感神経が刺激され、興奮状態になって寝つけないなどの心配もあります。
そこで、白を多く使う事で、その心配も解消されます。

・ベッドの横にくつろぎアイテム

ベッドの横に観葉植物やキャンドル、アロマなどのリラックス効果が期待出来るアイテムを置いてみましょう。

特にアースカラーである観葉植物などを取り入れる事で、温かみのあるお部屋にする事が出来ます。

・アクセントに黒を入れる

アクセントに黒などの暗い色を入れる事で清潔感を感じさせつつも、どこかシャープな印象にする事が出来ます。

額縁のフレームや照明デザインなどに黒を取り入れると良いですね。

以上のようなポイントを抑える事で、北欧インテリアにする事が出来ます。

今回は白を多めにとお伝えしましたが、他の色でも北欧インテリアにする事が出来ますよ。

色については、また後程ご説明します。

北欧インテリアにソファを取り込む!選び方のコツは?

ワンルームに住んでいるという人は、「ベッドも必要だけどソファも取り入れたい!」と思う方もいるかと思います。

そこで、狭いワンルームでも、北欧インテリアに合うソファの選び方をご紹介します。

・ワンルームであれば130cm以下のものを選ぶ

ソファが大きすぎてしまうと、お部屋に入らなかったり全体のバランスが崩れてしまうため、ワンルームであれば130cm以下のソファを選ぶと良いでしょう。

・一人掛けか二人掛けか

130cm以下のソファは一人掛けのソファか、二人掛けのソファが多いので、お部屋の広さと相談しつつ選びましょう。

まずは一人掛けソファで考えてみて、余裕がありそうであれば二人掛けのソファにするという流れで考えると良いでしょう。

・カラーを決める

北欧インテリアはカラーバリエーションが多いため、最初にお部屋のベースカラーを決めておくようにしましょう。

風水や好みの色を取り入れて、ベースカラーを決める事も可能です。

ソファはベッドと同様に大きな家具に分類されるため、最初にベッド、もしくはソファを起点に考えてコーディネートしていきましょう。

間取りによって配置は変える事が出来ますが、どの場所がしっくりくるか、くつろぐ事が出来るかを大事にすると良いですね。

北欧風のベッドルームを作りたい!何色を使えば良いの?

お部屋やベッドルームを北欧インテリアにするためには、北欧カラーを使う事から始めましょう。

では、北欧カラーとはどのような色なのでしょうか。

北欧カラ―とは、主に白やベージュなどのナチュラルカラーを北欧カラ―と呼びます。

また、アースカラーと呼ばれる自然を感じさせる色や、柔らかいイメージを作る事が出来るパステルカラーも、北欧カラーとして使用されています。

先程は、白を多めにとお伝えしましたが、ベースカラーが白でなければならないという事ではありません。

白の他、北欧インテリアでベースカラーとして良く使われるのは、北欧カラ―の代表ともいわれる「ブルー」や「グレー」の色です。

北欧といえば寒い地方ですので、「そんな寒色系の色を使うの?」と思う人もいるかもしれませんが、ソファや椅子、ベッドカバーなどをブルーやグレーの色にする事でおしゃれにする事が出来ます。

特に大きな家具の色を統一させる事で、観葉植物などを取り入れても、ぶれる事がありません。

アースカラーやパステルカラーを取り入れる場合は、本棚や椅子にワンポイントとして取り入れるだけでもお部屋の印象を変える事が出来ます。

また、ベースカラーは色々な色を使うのではなく、使う色は一色か二色までにしておきます。

こうする事で、他の色を差し色として入れてもごちゃごちゃする事がありません。

また、基本ベースをグレーやブルーにして、もう一つのベースをビビット原色を入れたりすると、雰囲気をガラリと変える事が出来ます。

ブルーやグリーンはお部屋を引き締める事が出来ますし、ピンクやオレンジはお部屋を暖かい雰囲気にする事が出来ます。

北欧インテリアでも自分がどのようなお部屋にしたいのか、まずはベースとなるカラーをよく考えておくといいでしょう。

ワンルームこそベッドにこだわりを!狭くても出来る北欧インテリア

ワンルームに住んでいる人は、ベッドなどのプライベートスペースから居住スペースまで一目で見えてしまうわけですから、インテリアには特にこだわりたいですよね。

「でもお部屋は狭いし…」と、諦めかけている人はいませんか?

狭いワンルームでも、北欧インテリアにする事は出来ます。

ですが、新しく家具を買い直すのはお金がかかってしまいます。

では、ワンルームのお部屋を北欧インテリアにするための近道はないのでしょうか。

ワンルームのお部屋を北欧インテリアにする近道は「ベッド」です。

特に、ベッド下に収納が付いているものがポイントとなってきます。

北欧では、階段の段下を収納にしたり、様々な色を使っているけど、遠くから見れば実は北欧柄やアートになっていたりと、遊び心詰まったインテリアも多いです。

収納として機能しながらも、目で楽しむという事が出来るのですね。

そのため、ベッドを選ぶ時は収納が付いているもの、または収納スペースを作る事が出来るものを選ぶと良いといわれています。

また、もしお部屋を新しく一から模様替えするという人や、引っ越して北欧インテリアにするという人は、ベッドカラーとお部屋のカラーを統一させるようにすると良いでしょう。

特にベッドは、お部屋の中でも面積を多く取ってしまう家具なので、インテリアや雰囲気を大きく左右するものです。

先程お伝えしたような、グレーやブルー系の色を使っても良いですし、好みの色や風水に沿って決めても構いません。

まずは「どの色が合うかな?」と頭の中でイメージして、これだと思う色を探してみてください。

ベッドを収納付きにして、お部屋のカラーと統一させる事で、一気に北欧インテリアに近づける事が出来ます。

もしベッドを変えるのも厳しいという人は、ベッドカバーを変えるだけでも効果があります。

ワンルームで諦めているという人は、是非実践してみてくださいね。

北欧感を出すには欠かせないアイテムとは?

更に北欧インテリアに凝りたいという人は、照明を変えてみるのも良いでしょう。

北欧では冬が長いため、お家の中が温かい雰囲気に包まれるように照明には、特に凝っているスタイルでもあります。

照明を変える事で、見た目もおしゃれに、夜は癒しの空間にする事が出来るため、照明にも気を使ってみると良いでしょう。

では、北欧インテリアにするために、どのような照明がおすすめなのかご紹介していきます。

・リビングには「ヤコブソンランプ」

ヤコブソンランプは、北欧産のパイン素材を使っており、木材を通して温かい光を注いでくれるので、リビングなどの人が集まる場所におすすめの照明です。

リビングは、みんなが集まってくつろぐ癒しの空間です。
オレンジ系の暖色の電球を使う事で、雰囲気もおしゃれ感もアップさせる事が出来ます。

・ベッドの横にはテーブルランプ

ベッドの横にはテーブルランプがおすすめです。

もし、小さい子供が寝てしまっても起こす事なく明かりをつける事が出来ます。

そのため、寝かしつけた後にほっとする空間を演出してくれる事、間違いありません。

・アクセントにはペンダントランプ

最近人気があるペンダントランプは、洗面所やトイレなどの狭い空間におすすめです。

また、ダイニングテーブルやキッチンなどの天井から吊るせば、食卓をおしゃれな空間にする事が出来ます。

照明にもさまざまな種類がありますので、自分の好みに合った照明を探してみてはいかがでしょうか。

家具屋が教える北欧インテリアのつくり方

自分ではなかなか北欧インテリアに挑戦したいけど上手くいかないという人は、家具専門店の北欧インテリアコーディネートをまねしてみるのも一つの手ではないでしょうか。

では、家具専門店のベッドルームはどのようにつくられているのか見ていきましょう。

・基本はシンプルでナチュラル

北欧インテリアはシンプルでナチュラルが基本です。

ナチュラルな素材や自然を感じさせるデザインを基調としながらも、機能的で使いやすいといったのが北欧インテリアというデザインとなっています。

・白メインの差し色をプラス

北欧では、壁に白を使う事は一般的です。

ベッドなどは白にして、ほかのものを原色や暖色の差し色をする事で、程良いスパイスとなります。

・モノトーンは柔らかく

白や黒を使ったモノトーンを北欧インテリアに取り入れたいという人は、柔らかさを出して取り入れると北欧スタイルを崩す事がありません。

テキストタイルなどで変化を与え、柔らかい雰囲気を作りましょう。

これらのような挙げたポイント以外にも、様々な事に北欧スタイルを取り入れています。

中には、和室+北欧のコーディネートもあるようですので、気になる人は家具専門店のコーディネートを参考にしてみてはいかがでしょうか。

北欧インテリアは自分でも取り入れる事が出来る

いかがでしたでしょうか。

北欧インテリアやレイアウトを取り入れるためにはまずは、カラーを統一させる事から始めると良いでしょう。

もっと凝りたいという人は照明や、家具屋さんのコーディネートを参考にしてみて下さいね。

自分なりの北欧スタイルを探してみましょう。

 - 寝具全般