高い天井の電球!なかなか面倒で難しい電球の交換方法とは?

生活の中に無くてはならない「灯り」、特に電球の灯りは家屋の中を、柔らかく暖かい光で明るく照らしてくれて癒されます。

電球は、自宅の中でも、主に廊下やトイレなどの高い天井部分に取り付けられているように思えます。

そんな電球が切れた時、特に夜はうろたえますね。

何とかタイミング良く明るいうちに電球の交換を済ませたいものです。

そこで、電球の交換方法として考えられる方法を、調べてみました。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白とオレンジが生活と睡眠にもたらす効果をご紹介

皆さんは、お部屋をコーディートする際、どういった点をポイントにしていますか。暖色系を基調とし...

カーペットの掃除機でも取れないゴミはどうやったら取れるか

毎日のお掃除で掃除機をかけますよね。その時にカーペットの掃除機でもなかなか吸い取れない毛玉や...

こたつがつかない!自分で修理できる?メンテナンス方法は?

寒い寒い冬、こたつで温まろうとしたら「こたつがつかない!」といった経験をしたことはないでしょうか?...

インテリアに便利!布天井でお洒落な空間を演出しよう!

お部屋のインテリアが「どこかイマイチ…」そんなときは、天井に着目してみましょう。天井のインテ...

お風呂の照明カバーが破損する原因と交換する際の注意点!!

お風呂に入ろうとしたとき、または入っているときに電球が切れて困ったことはありませんか?また、...

家庭のコンセントは海外と電圧が一緒?電圧はどれくらい?

どのご家庭にもあるコンセントですが、どれくらいの電圧と電流が流れているのでしょうか?沢山の電...

インテリアで海を感じたい!部屋でリゾート気分を満喫しよう

季節の変わり目は、お部屋の模様替えをしたくなりませんか?春夏は明るくさわやかに、秋冬は暖かみ...

キッチンカウンターでおしゃれなインテリア空間にする方法!

近年は、戸建てだけでなくマンションタイプの物件も、対面式のキッチンが増えてきましたよね。その...

石膏ボードにはられた壁紙のはがし方!おすすめの壁紙とは

インテリアの模様替えをすると、お部屋のイメージが大きく変わって、気分もウキウキしてきます。特...

こたつが壊れてしまった!自分で簡単にできる修理方法は?

寒い日にこたつでぬくぬくぽかぽか、ほっとするひと時です。でも、ある日突然、こたつが壊れてしまった...

新築注文住宅で要確認!コンセント・ 電気設計/配線について

注文住宅で新築される方のお悩みの一つは、電気配線ではないでしょうか。家を建ててから後悔しない...

イギリスといえばカーペット!?その文化と掃除方法は!?

日本でインテリアの選択肢としてもあるカーペットですが、イギリスではとても昔から愛用されていることをご...

洗面所を造作でおしゃれに変身!イメージはどう決める?

自宅の洗面所をまるでカフェやホテルのパウダールームのようにしてみませんか?一日のうち何度も使...

トイレの内側?外側?電気のスイッチはどこにあるべきなのか

毎日、使っているトイレ。自宅トイレの電気のスイッチ場所が、どこにあるかやどんな種類か考えたこ...

寝室6畳の、最適なテレビのインチは何インチ!?

寝室が6畳あれば、ダブルベッド、もしくはシングルベッドを2つ置くことが出来ます。やはり寝室で...

スポンサーリンク

天井に取り付けてある電球の交換方法あれこれ!

電球は、壁や天井付近に取り付けられていることが多いです。
特に天井に取り付けられていることが多いです。

この天井に取り付けられている電球が高いところにある場合は、どのように交換しますか。
切れてしまった電球の交換、すぐにできていますか。

電球が切れて暗くなった廊下やお風呂場は、一刻も早く電球の交換をしないと生活する上で困ることでしょう。

さて、そんな切れてしまった電球、それも高い天井に取り付けてある電球の交換方法で一番有効なのは、どの電球の交換方法なのかを、考えていきましょう。

まずは、交換方法についてご説明していきます。

● 脚立を使い、自分で電球の交換を行う交換方法
● 身近な人に頼んで、脚立で電球を交換する方法
● 電気屋さんに電球の交換を依頼する方法
● 便利屋さんに電球の交換を依頼する方法
● 便利グッズを使用して、自分で電球の交換を行う方法

これらの様々な天井の電球の交換方法についてのアイデアは、自分で交換する方法と人に依頼して交換する方法の電球の交換方法の2パターンに分かれるかと思います。

更には誰に依頼するのか、何を利用して交換するのかで、5パターンに分かれます。

これら5パターンの電球の交換方法をご紹介しながら、どの方法が最適なのかを、考えていきましょう。

天井の電球交換方法でまず思いつくのは脚立!

家の中の、例えば廊下の電球が切れてしまい、真っ暗になってうろたえてしまったという経験をされた方も少なくないと思います。

それに日が暮れて暗くなった夜のトイレやお風呂、廊下だと生活に支障が生じますし、暗いのが苦手な方には恐怖です。

そこでまず、思いつくオーソドックスな電球の交換方法として、梯子や脚立があります。

それに、いつ電球が切れても大丈夫なように電球のストックをしておくことが、電球の交換方法の中で必要不可欠アイテムです。

3段程度の脚立があれば、電球の交換方法として自分でもできるという方は、いることでしょう。

それが、1段の脚立では「全く歯が立たない」「届かない」という感じる方もいることでしょう。
もっと高い天井の場合だと、今度は長い脚立や梯子の出番になってきます。

高い梯子や脚立は、グラグラして足元がおぼつかず、安定感に少々不安があります。
おまけに落ちないかという恐怖に、足元が震えます。

そのうえ、電球を外し、更に電球交換するとなると、かなりハイレベルな作業を要することになります。

もし落ちたりすれば、などのネガティブな考えが浮かぼうものなら、怖気づいて作業できなくなる事も無いとは言い切れません。

このことから自分で作業をする際は、くれぐれも怪我のないように、充分注意して作業を進めていただきたいです。

無理は禁物です。
少しでも無理と感じたら身近な家族や知人に頼るのも、一つ電球の交換方法でしょう。

天井の電球交換方法で簡単な方法は?その①(電気屋さん)

脚立を使っての電球の交換方法が無理だという方には、近所の電気屋さんに依頼するという方法はいかがでしょうか。

プロの方にお願いすることは、自分で電球交換をするリスクの高さに比べれば、格段に安全な方法です。
近所に電気屋さんがない場合は、家電量販店でも受け付けてくれます。

そこで気になるのは、電球の交換方法よりお支払する料金ではないでしょうか。

料金の目安としては、出張費がかかる場合がありますので、1,500円から3,000円程度にプラス電球代とお考えください。

店舗によって料金も様々です。
後々のトラブル防止のためにも一度見積もりを取られるなどして、料金の確認をされる事をおすすめします。

また、交換のための予備の電球をご自分で用意されている場合は、「電球あります」としっかり伝えることも大切です。

先に伝えておかないと、万が一に請求に電球代も加えられてしまうこともあり、トラブルの原因になる可能性があります。

天井の電球交換方法で簡単な交換方法は?その②(便利屋さん)

高い天井の電球の交換方法の中で、やはり自分だけの力で電球を交換するのって、なかなか難しいです。

そうなると、やはり身近な人や専門家に依頼するのも一つの手段です。
そこで次は、便利屋さんに依頼する電球交換方法案です。

便利屋さんと言えば、車にスピーカーを載せて、宣伝しながら地域を廻られているイメージです。

巡回されているのを捕まえて依頼する場合と、電話帳やネットなどで探して依頼するというような、業者さんの見つけ方があります。

いづれにしても気になるのが、電球の交換方法より交換料金ですね。

便利屋さんの場合、単純な電球の交換でしたら時給になっていたりします。

目安としては、1時間2,500円~4,000円が相場と言ったところでしょうか。

電気屋さんよりも若干お高い気もしますが、緊急事態なので、背に腹は代えられないでしょう。

こちらも電気屋さん同様、見積もりをしっかり取る必要があります。

電球は電気屋さんに依頼するときとは違い、便利屋さんに電球の持ち合わせがない可能性も考えて、あらかじめご自分で電球を用意しておく方が良いでしょう。

業者さんにお願いすると、どうしても出張料や技術料などは、必要不可欠になっています。

天井のように、取り付けにくい場所の電球の交換をしていただけるのは、とてもありがたいです。

ただ、料金などをよくご理解した上で依頼される事をおすすめします。

天井の電球の交換方法の救世主!便利グッズの存在が凄い!

天井の電球を交換したいのだけど、脚立に上ってから交換する場合、途中で自分には無理だと感じてしまうこともあるでしょう。

また、業者さんに依頼すると交換に料金をかかるため、できるだけ自分でしたいと考えている方もいることでしょう。

そのような方に朗報です。

高い天井でも一人で簡単に、しかもスピーディに電球の交換ができる、そんな嬉しい頼もしいグッズがあるのです。

その名は、「ジェフコム デンサン ランプチェンジャー DLC-180」という商品です。

ご説明してますと、

・ポールが約2メートルの伸縮が可能
・キャッチヘッドがタコの8本足のようなフォルムで、電球にピッタリくっつく
イメージ的には頭皮のマッサージに使うグッズです。

このように高いところでも使用ができるのです。

では、このランプチェンジャーを使用して、天井の電球交換方法のご説明をします。

ポールの先端にキャッチヘッドをセットして、天井に取り付けてある電球を挟み、くるくると回転させて取り外します。

そして、新しい電球をキャッチヘッドで掴み、天井に取り付けるとこで電球の交換が完了です。

腕や腰が痛くなることもなく、脚立で交換するときのように危なくないかドキドキすることもなく、簡単に交換できる優れものです

なお、様々なヘッドがありますので、必要なヘッドを購入してカスタマイズすることもできます。

電球の交換のプロも、びっくりされるアイテムと言えるでしょう。

天井の電球の交換に便利なグッズの続き!気になる価格は?

「ジェフコム デンサン ランプチェンジャー DLC180」は、最長2メートルまで伸びるポールのおかげで、最高3メートルの天井の電球の交換も可能です。

女性でも楽々交換できて、女性に優しい画期的な交換方法だと言っても、過言ではないでしょう。

大変便利で、それも簡単で安全な交換方法を成し遂げてくれるランプチェンジャーに思わず「こんなの探していました!」と歓喜したくなるほどの優れものなのです。

天井が高いお家には、1台欲しいアイテムでしょう。

そのランプチェンジャーの気になるお値段ですが、3,000円強~5,500円の範囲で販売されています。

ランプチェンジャーは、オンラインショッピングやホームセンターで購入可能です。

ちょっとお高めな販売価格かと思われるかもしれませんが、電球の交換は一度きりでは無いことを考えれば持っていて損はないでしょう。

また、電球の交換方法とは異なりますが、白熱電球を寿命が格段に長い電球型LEDランプに変えられるのも、交換頻度を少なくする意味では、良い方法ではないでしょうか。

最近では、ご家庭や企業でもLEDライトを使用される傾向にあります。

様々な天井の電気の交換方法!

天井の電球交換、二の足を踏むほどとても難しく、面倒だと考える方も少なくないと思います。

そんな中、リスクはあるけど果敢に自ら脚立を使い、天井の電球の交換を試みる方法。

あるいは、料金はかかるけど安全重視で、業者さんに依頼する方法。

また、便利なランプチェンジャーを購入して、自分で電球の交換をする方法。

いくつか上げました。

これらの電球の交換方法、お困りの時の選択肢の一つに加えていただければ幸いです。