布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

蛍光灯の2本セットのタイプが切れた時は同時交換するべき?

2017.9.7

どの家庭でも使われている蛍光灯。
家庭で使われている蛍光灯は、2本セットで使用するものが主流になっています。

蛍光灯が切れる時、都合よく2本同時に切れることはあまりありません。
どちらか1本が早く切れる場合がほとんどです。

そんな時、切れた1本のみを交換していますか?
それとも2本とも同時交換をしていますか?

今回は、家庭用に使われている2本セットの蛍光灯が切れた時、同時交換をするのが良いのか、また、その理由などについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スイッチを入れても真っ暗?蛍光灯は切れる前に取り換えよう

人間は、蛍光灯もない生活から、さまざまな技術を駆使して、現代では夜でも明るく過ごせる生活をすることが...

コンセントがお布団の上に位置するのは危険!火事の恐れも!

ニュースでよく耳にする「火事」ですが、コンセントからの発火が原因となっていることが多くあります。...

蛍光灯の安定器の交換が必要な時に知っておいた方がいいこと

お部屋の中を照らす蛍光灯には、すべて安定器というものが付いています。 安定器の役割は、蛍光灯を...

こたつ修理に自分でチャレンジ!温度ヒューズの交換も可能?

冬の寒い日に、ぽかぽか温かいこたつに入って温まる、そんなひとときは至福の時間です。 寒い日に重...

高校生は必見!勉強机で勉強の効率を上げる方法とは!?

高校生などの学生は、勉強机を使って勉強しますよね。 しかし、なかなか集中できない、集中力が続か...

お部屋を憧れのアメリカンヴィンテージに!インテリアをDIY

男女ともに、アメリカンテイストのお部屋に憧れる方が多いのではないでしょうか。 アメリカンテイス...

家の中にゴミ箱が沢山?!どのくらいの数がちょうどいい?

気が付くと家の中にどんどん増えてしまうゴミ箱。 皆さんの家にはいくつゴミ箱がありますか? ...

インテリアを彩る壁掛け時計!選ぶ際のポイントや種類も必見

時計は、私たちにとって不可欠な存在ですよね。 またその存在は、インテリアの一部としても機能...

部屋のドアノブが故障した!開け方は?自分で修理はできる?

開閉する回数の多い部屋のドアノブは、負荷がかかりやすいので故障をすることがあります。 がたつき...

キッチンのカウンターをおしゃれに彩るニッチの魅力とは?

近年の住宅ではカウンターキッチンの需要が高まっていますが、カウンターキッチンをさらに使い勝手が良...

床の傷・凹みを防ぎたい!ベッドや冷蔵庫の下に敷くものは?

新築住宅や賃貸へ引っ越す時、重たい家具を置いて床を凹ませたり、傷をつけてしまわないか心配ですよね。 ...

洗濯機の中はカビだらけ!カビ取りハイターで退治できる!

洗濯機は、どこの家庭でもほぼ毎日使用しているのではないでしょうか? 毎日、洗剤を使ってお洗濯し...

古い・接触の悪い電気スイッチをほたるスイッチに交換しよう

普段電気スイッチなんて気にすることなどありませんよね。 ただ、この電気スイッチの接触が悪くなる...

エタノール消毒で傷口は癒えない!?正しい消毒の仕方とは?

怪我をしたときに大活躍するのが消毒用エタノールですね。 みなさんも子供の頃、怪我をしたら親...

木製家具と白い壁で北欧風インテリア!塗装でアレンジも!

インテリアには様々なタイプがありますが、ここ最近安定した人気の北欧風インテリア。 このように北欧風...

スポンサーリンク

蛍光灯の種類

蛍光灯にはいくつかの種類があり、2本セットのものと単体のものがあります。
この蛍光灯の種類について見ていきましょう。

●直管形蛍光灯

棒状の蛍光灯です。

この直管形も大きくは、3種類に分けれらます。
この形は、会社や学校で使われることが多い蛍光灯です。

・スタータ型(FL型)

グロー球と呼ばれる安定器が必要なタイプです。

蛍光灯の種類の中では一番古いタイプのもので、点灯までに少し時間が掛かります。
家庭では、鏡台、学習机などに使われていることが多いです。

・ラピットスタート型(FLR型)

グロー球は不要ですが、専用の機器は必要になります。
スタータ型より、点灯までの時間は短くなっています。

・Hf型(FHF型)

インバーターを利用しているのもので、蛍光灯の中では一番新しいタイプのものです。
こちらもグロー球は不要ですが、専用器具は必要となります。

スイッチを入れるとすぐに点灯し、ちらつきがほとんど感じられません。

交流電流の周波数が、東日本50Hz、西日本60Hzと違うため、専用の器具が必要です。

しかし、インバーターを利用しているこのタイプの蛍光灯は、交流電流の周波数を自由に変換できるため、使う地域を選びません。

●環形蛍光灯

ドーナツ状の丸形蛍光灯です。

家庭で主に使われる形のものです。
大まかに2種類に分けられます。

・FCL型

円形のスタータ型蛍光灯です。

・FHC型

インバーター式の蛍光灯です。

●コンパクト形蛍光灯

蛍光灯を折り曲げたり、ブリッジさせて組み合わせたりした、小型の蛍光灯です。
これは、2本セットや同時交換の問題はないので、ここでの説明は省略します。

蛍光灯の色の種類

蛍光灯に使われる色によって、部屋の雰囲気も変わってきます。
また、使う場所や好みの色で、選ぶことも良いでしょう。

では、蛍光灯の色についても、どのような種類があるのかをご紹介していきます。

●昼光色

晴天の正午の日光色で、青みがかかった色です。

●昼白色

晴天の正午前後の日光色で、自然な感じの白色です。

●白色

日の出2時間後の日光色で、蛍光物質の特性によって、白色ではなく、薄い黄緑色に見えます。

●温白色

夕方の日光色で、文字をはっきりと見せる効果があります。

●電球色

オレンジ色のような、温かみのある色です。
ワット数が低いものほど赤く、高いほど白く見えます。

2本セットのものを別々に購入する時は、色の違いに注意しましょう。
また、2本セットで同時交換する場合は、雰囲気を変えるため、前とは違う色を選ぶこともできます。

蛍光灯2本セットを同時交換する理由

2本セットの蛍光灯で、一方の蛍光灯が切れた場合には、同時交換することをおすすめします。
その理由をご説明しましょう。

●作業の手間

新しく照明器具を購入する時、蛍光灯は2本セットで取り付けられています。

同じ蛍光灯であれば、寿命も同じなので、切れる時期もほとんど同時期です。
そうすると、交換も同じような時期になります。

切れた片方だけ交換をしても、その数日後には、もう片方が切れる可能性が高いのです。
もし交換をするのであれば、2本を同時交換する方が、作業の手間が省けます。

大きな工場や商業施設などでは、たくさんの照明器具の蛍光灯を交換するので、手間とコストのバランスを考えて、同時交換を多く取り入れています。

●安定器の種類

蛍光灯を点灯するのに必要な安定器には、直列型と並列型の2種類があります。

直列型の安定器は、2本の蛍光灯を直列に繋いで、1つの安定器で点灯させます。
そのため、2本のうち1本を取り外したり、1本の蛍光灯が切れると、点灯しなくなります。

つまり、直列型の安定器の場合は、同時交換が必要となってくるのです。

蛍光灯2本セットを同時交換せず1本のみ使ってもいい?

蛍光灯2本セットの照明器具で、どちらか片方が切れた場合でも、同時交換をしなくても使える照明器具はもちろんあります。

先程お伝えした、安定器の種類が並列型の場合、切れた1本を交換するだけで使用することができます。

節電のため、1本を始めから抜いて使用しているお店など、見かけることがあると思います。
ほとんどの家庭で使われているのがこのタイプのものです。

また、1台の安定器で、2灯を点灯させる2灯用安定器というものがあります。

この2灯用安定器で1灯のみずっと使用していたり、片方の蛍光灯が切れかけている状態で使用を続けると、蛍光灯の寿命を縮めることがあります。

そして、保護回路が作動しやすくなってしまいますので、こういった場合は同時交換する事を強くおすすめします。

ただ、一般家庭では、切れた蛍光灯の交換のみで使用ができる場合がほとんどですので、問題はないかと思われます。

交換の際に、照明器具、安定器の確認は必ずしましょう。

蛍光灯2本セットを同時交換する時期の目安は?

蛍光灯2本セットの同時交換時期の目安は、いつ頃なのでしょうか?

一般的に、蛍光灯の寿命は約3~4年と言われています。

新しい時と比べて、光の量が70%ほどになった状態が寿命と言われています。
これが大体3~4年ほどです。

ですが、蛍光灯が切れるまで使っていることが、良いことだとは言い切れません。

蛍光灯は、切れるまでに、徐々に暗くなっていきます。
70%の光でものを見ていると、目の負担はかなり大きなものになります。

切れるまで使う事が節約に繋がるかもしれませんが、体への負担を考えるとあまりおすすめはできません。

少し暗くなったと感じたら、そろそろ交換する時期かと思われます。
早めの交換で、目の負担を和らげましょう。

交換した蛍光灯の廃棄方法

交換した蛍光灯の廃棄はどうされていますか?

処分する蛍光灯ですが、実は大変慎重に扱うべきものなのです。

●危険性

蛍光灯は、些細な衝撃でも簡単に割れてしまいます。
割れた破片は非常に細かいため、ガラス片がわかりにくく危険です。

ですが、危険なのはそれだけではありません。

蛍光管の中には、水銀を含んだ有毒ガスが入っています。
その水銀を吸い込むと、肺から吸収される確率が非常に高いのです。

吸収された水銀は、体の中に蓄積されることによって有毒性なものになり、大変危険です。
安易に割るのはやめましょう。

●廃棄方法

・燃えないゴミ

まずは、お住まいの地域自治体のルールに従って捨てるようにしましょう。
インターネットで自治体名、蛍光灯、廃棄、で検索をすると出てくるでしょう。

こちらは、通常ゴミと同じく無料で回収してもらえます。
ただし、これは家庭用で出てきた蛍光灯のゴミです。

事業者用の場合は、産業廃棄物の扱いとなりますので、専門業者へ依頼をしてください。

・電気店など、店頭で回収

家電量販店やホームセンターなど、一部店舗で回収してくれる場合があります。
「蛍光管回収協力店」として、店頭で無料回収を行っている店舗です。

また、無料回収ではなく、蛍光灯を購入した場合に、不要になった蛍光灯を回収してくれる場合もあります。
同時交換をするのであれば、購入と処分が同時にできるので、便利かもしれませんね。

・大日本プロレスの回収

少し特殊ですが、大日本プロレスが回収をしていることも、ホームページに記載があります。
各会場で蛍光灯の引き取り、または、郵送での回収を行っています。

①長さ約120センチの蛍光灯(直径約30㎜)
②着払い不可(送料は自己負担)

会場、または、郵送で回収された蛍光灯は、蛍光灯デスマッチに使用されるそうです。

このように、廃棄方法はいくつかあります。
2本セットの蛍光灯だと量もかさばるので、取り扱いには充分注意をし、一番良い方法で廃棄しましょう。

一番良いと思える方法で交換しましょう

私たちの生活に、明かりは欠かせないものです。

いつも使っている蛍光灯のことを、少し詳しく知っておくのも、何かの役に立つかと思います。

また、蛍光灯の交換方法は、1本のみ、2本セットの同時交換、いずれも照明器具や機器によって違います。
交換の前には必ず確認をするようにしましょう。

そして、手間やコストを考え、一番最適と思える方法で交換をして頂ければと思います。
誰もが快適な暮らしができるよう、交換、処分は、ルールに乗っ取って行いましょう。

 - 生活