布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

蛍光灯が点滅してしまう様々な原因とは!?

2017.3.26

蛍光灯がチカチカと点滅してしまうこと、ありますよね。

そういったとき、蛍光灯の寿命と考える人が多いと思います。

しかし、蛍光灯が点滅してしまうのは、寿命だけの問題だけではありません。

今回は、蛍光灯の点滅してしまう原因についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

古いキッチンのリメイク術を紹介!費用を抑えておしゃれに

築年数が経ったお家の古いキッチンでは、壁紙や備え付け収納、レンジフードなど、あらゆる場所に劣化が...

洗濯機の掃除してる?見落としがちな汚れが多い排水弁とは?

ほぼ毎日使っている洗濯機。 部屋干しをしない方を除けば、毎日活躍するのが洗濯機なのではないでしょう...

蛍光灯と白熱電球の寿命を決める要因&おすすめな照明の色!

住宅で使用されている照明の蛍光灯や白熱電球が切れると、交換するのが面倒で嫌ですよね。 電球は可...

16畳のldkの照明の選び方!主照明と補助照明を使い分けよう

16畳ほどのldkの照明を選ぶ時どこに注意したらいいでしょうか? 新築の場合、照明を取り付けるとき...

白いソファーに汚れが!!白色家具の汚れ落としや掃除方法

家具や寝具を買うときに、清潔感のある白色を選ぶ方も多いのではないのでしょうか。 しかし、白い家...

和室にベッドを置く「和モダン」レイアウトが人気?

皆さんは「和モダン」という言葉を聞いた事があるでしょうか。 最近、和室にベッドを置いて和室とモ...

蛍光灯の気になる点滅!グロー球なしの蛍光灯は点滅しない?

蛍光灯のスイッチを入れて、点滅しないですぐに明るくなったら、それはグロー球なしの蛍光灯かもしれま...

電球の100w相当や60w相当とは?明るさ基準はW数じゃない!?

最近では、白熱電球よりもLED電球が主流になってきました。 白熱電球に比べ、LEDは消費電力が...

机の塗装に飽きたら、スプレー塗装で自分好みに塗り替えよう

普段の、部屋の風景に、飽きていませんか? その時に、机や椅子などの色合いを替えるだけで、ぐ...

インテリアアレンジでお部屋のイメージをエレガントに演出!

みなさん、エレガントなイメージのお部屋に憧れたことはありませんか? バラバラに買い足していけば...

ワイドハイター粉末と液体の使い分け!タオルの嫌な臭い予防

お天気の悪い日が続くと、お洗濯に困りますよね。 とりわけ、部屋干しをしたタオルや衣類から出る、あの...

引用していると連絡があり_非公開_  椅子や重機にも使われている油圧式の構造について知ろう!

油圧という言葉を聞いたことはあるでしょうか。 普段使っている椅子や、もっと大きなところで言えば...

ベランダへ洗濯機を設置。排水口のトラブルを避けるには?!

洗濯機は、自分の希望の場所へ設置したいものです。 室内へ置くと場所を取って邪魔になるので、...

木製の家具やベッドが粉だらけに!虫食いによる被害だった!

掃除をしても、床や木のベッドや家具から粉が毎日のように落ちている・・・ それは、虫食いが原因かも知...

電話線の差込口が足りない!自分で増やすことは出来る?

電話の差込口が足りないと感じている場合、自分で増やすことは出来るのでしょうか? 自分で増やすこ...

スポンサーリンク

蛍光灯が点滅してしまう、主な原因はこれ!

蛍光灯が急に点滅してしまうと、なんだか不気味ですし、何よりも不便で困ることでしょう。
さらに、あのチカチカという点滅は、目にも悪そうに感じることでしょう。

そこで、今回は蛍光灯が点目する原因について考えていきます。

蛍光灯の寿命は、白熱電球と比べると長いと言われています。
時間では、6000~12000時間と言われており、一日8時間の点灯ととして考えたら、大体2年~4年ぐらいです。

蛍光灯の寿命は、不点灯、または光束維持率が70%以下になったときに、寿命が来たと判断されます。

蛍光灯の光束維持率が70%となる頃には、チカチカと光ったり、一部が発光、黒化などが発生している可能性が高く、なんとなく見ただけでも壊れていることがわかります。

蛍光灯が点かないのは、電極から電子を放射させるエミッタが消耗し、電子が放出されないことが原因です。
この時点でランプの寿命と判断し、電球を変える方が良いでしょう。

また、定期的なメンテナンスも重要になります。

蛍光灯が点滅する原因は、点灯管かも!?

点灯管が点滅する原因について考えていきましょう。

点灯管とは、グロー球と呼ばれ、豆電球のような器具です。

実際に電球が合うかは、メーカーによって異なったりもするので、店員に聞いてみてもいいでしょう。
店員は、自分の知っていることをお客様のために話せるよう常に身構えているので、耳よりな情報が聞けることもあります。

点灯管は、蛍光灯を光らせるために必要なものです。
また、蛍光灯をつけるためにはたくさんの電気が必要で、放電のきっかけを与える役目をします。

点灯管はバイメタルを内蔵しており、キック電圧を発生させて蛍光灯を点灯させます。
点灯管はグロースターターとも呼ばれ、約6000回は蛍光灯を点灯できます。

6000回の点灯ということは、数年は使用ができることでしょう。
この回数を超えると点滅を起こすなど、支障が出てきてしまいます。

また、チカチカしているにも関わらず使用し続けると、照明に関する様々な器具に負担が掛かります。
そのため、チカチカと点滅したら早急に対処しましょう。

また、電子点灯管と呼ばれる点灯管もあり、こちらですと点灯が早く、寿命が長いめなので費用をやすく抑えることができます。

このように電球の特性などを知っておくと、長くお得に使うことができます。

蛍光灯が点滅する原因のひとつ、安定器!

蛍光灯が点滅する原因として、蛍光灯の寿命や、点灯管の他に安定器に原因があることがあります。

蛍光灯を含む照明器具は、長い間使用するため電球が寿命で壊れてくるので、定期的にランプ交換をしなければいけません。
ランプを交換すると、新品同様のすがすがしいほどの明るさで光を放ちます。

器具本体も新品に戻ったように感じられます。

しかし、表面の清掃やランプ交換に見た目は綺麗に見えたとしても、点灯管や安定器などの中のものは寿命が進んでいることもあります。

そのため、ランプ交換だけでは本体のメンテナンスにはなりません。

安定器は、ランプ電流をランプに合った値に制御するとともに、ランプの点灯に必要な開始電圧と、電極に適正な予熱電圧を供給します。

このように、蛍光灯器具の核といえる安定器の調子は、蛍光ランプの効率、寿命などに直接影響します。
事故を防止するには、ランプ交換だけでなく、器具内部の安定器や電源装置、配線の点検や、修繕が重要です。

しかし、蛍光灯が点滅する原因として、内部機器の異常があるということはなかなか考えつかないでしょう。
やっぱり、蛍光灯などの電気に関するものは、家電店の店員さんに意見を聞くなど、専門的な知識も大切になります。

照明器具自体にも寿命がある!点滅している蛍光灯の消費電力は3倍!?

蛍光灯の寿命だけではなく、照明器具自体にも寿命はあります。
寿命を迎えると電球が点滅してしまうことがあります。

このように点滅している状態では、蛍光灯の消費電力が3倍にもなってしまうとも言われています。
3倍というと、非常に無駄な出費と言えるでしょう。

内部の安定器や、点灯管を交換しても点滅してしまう場合は、照明器具の原因が考えられます。

照明器具の寿命は8~10年と言われています。
10年以上使っている場合は交換する方が良いでしょう。

また、先程もお伝えしたとおり、切れかけの蛍光灯は通常の蛍光灯よりも多くの電気を使ってしまいます。

その理由は、蛍光灯は点灯するその瞬間に、一番多くの電気を消費するからです。
つまり、チカチカと繰り返し点灯するという事は、その回数分だけ、余計に電気が使われているのです。

節約のためにと頻繁に蛍光灯を点けたり消したりすると、意外にも余計に電気を消費してしまいます。
これはちょっと意外とも言える結末でしょう。

付けたり消したりすることは蛍光灯にも負担を与えてしまう上に、電力の消費も多いのです。

点滅しにくい蛍光灯、インバーター蛍光灯とは!?

蛍光灯の中には、あまり点滅しない蛍光灯も存在します。
その蛍光灯は点滅の原因を根本から対策しています。

それが、インバーター蛍光灯です。
本当に壊れにくい、インバーター蛍光灯についてご紹介します。

従来の電気は、グロー球という丸っこくて小さい電球のようなものが光ってから、本体そのものが点灯して電気が点く、グロースターター方式という蛍光灯が主流でした。

このグロースターター方式の蛍光灯は、電源を入れてから実際に点滅するまで、タイムラグが生じます。
電気が点くまでピカッピカッと不快に光るという弱点がありました。

それに対して、インバーター蛍光灯はグロー球の部分を電子化することにより、電源をONにするとすぐに電気が点くようになってます。

また、秒間で起きている点滅の回数ですが、グロースターター方式は100回に対して、インバーター式は9万回とも言われているため、ちらつきを感じません。

このことからインバーター式の蛍光灯は、点滅しづらいのです。

照明を替える際には、インバーター式を使ってみてはいかがでしょうか。

インバーター蛍光灯は、メリットがたくさん!

インバーター蛍光灯には、たくさんのメリットがあります。
その豊富なメリットについてご紹介します。

普通の電気は、直管が20W(ワット)、丸型が30W、32W、40Wくらいです。

このワット数は同じでも、グロースターター方式とインバーター式では明るさが異なります。
だいたい、1.2倍から1.5倍分、インバーター式の電気の方が、光が強いです。

また、明るさの強弱ができることも魅力の1つです。

従来の電気は細かな明るさ調節ができないというデメリットが目立ちました。
目の健康面においても、電気の強さが調節できるのはありがたいところと言えるでしょう。

さらに先程もお伝えしましたが、インバーターは従来の電気に比べると、すぐに電気がつきます。

そのため、電気料金が普通の電気に比べると20~30%ほど安くなります。
電気は毎日使うものであり、月・年間で考えると、電気料金の差は大きいと言えるでしょう。

それを抑えられるインバーター蛍光灯はとても魅力的なものなのではないでしょうか。

なによりも、蛍光灯が点滅する原因の対策が施されているという点が最大の魅力です。

インバーター蛍光灯は、消費者にとっては魅力溢れる素晴らしい蛍光灯なのです。

チカチカの恐怖に悩む人は、ぜひインバーター蛍光灯に乗り換えて、快適な生活を手に入れてみてください。

蛍光灯の点滅は、交換のサイン!

蛍光灯が点滅してしまう原因は、様々です。

主に、蛍光灯の寿命が考えられますが、内部の器具の寿命でも点滅してしまうことがあるので、定期的に点検することをおすすめします。

点滅していると、3倍の電力を使うと言われているので、蛍光灯が点滅しだしたら、すぐに交換しましょう。

 - 照明, 生活