布団掃除機に劣らない!布団用ノズルでも効果はあるの?

布団用掃除機というものが様々なメーカーから発売されるようになりました。
しかし、布団掃除機は本当に必要なものなのでしょうか?

そもそも、お布団に掃除機をかけただけではダニは完璧にいなくなるわけではないです。

それでは、なぜお布団に掃除機をかけるのでしょう?

ここでは、お布団に掃除機をかける意味と、布団用のノズルでも効果があるのか、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

布団クリーナーと温風でベッドのダニを退治!その方法とは?

お布団って毎日使うので、清潔に保ちたいですよね。しかし、湿気や乾燥など、季節によって温度や湿...

お布団のカビ落としはどうやるの?自分で試せる方法もある!

普段寝ているお布団に、細かな黒いシミを見つけてしまったら、その正体は「カビ」です。お布団のカ...

掛け布団を洗濯機で丸洗いしよう!洗うときの注意点はある?

最近では、「洗える掛け布団」も多く販売されています。しかし、定期的に掛け布団を洗っているとい...

お布団やカバーなど、寝具の洗濯頻度はどのくらいが目安?

お布団やカバーの洗濯頻度は、どのくらいで行われていますか?お布団は毎日使うものですから、出来...

賃貸マンションの畳交換は借主が負担するの?費用はいくら?

賃貸マンションに住んでいるけど、和室の畳が劣化してきたときに自分で交換するのか、大家さんが交換してく...

お布団をクリーニングに出そう!水洗いとドライでおすすめは?

定期的にお布団を洗いたいという人は多いでしょう。しかし、家での洗濯は大変です。そこで...

お布団のクリーニング頻度はこうやって決めよう!

お布団を買ってしばらくして気になってくるのが、汚れです。しかし、お布団のクリーニングは、...

お布団の敷き方の疑問を解決!敷布団が上?マットレスが上?

お布団の敷き方に決まりはなく、多くの人は小さい頃から自然と身についた、馴染みのある方法でおこなっ...

お布団の買い替え時期の目安って?お布団の寿命の見分け方

お布団といっても、掛け布団、敷布団とありますが、それぞれの買い替え時期ご存知ですか?お布団は...

お布団や襟のカバーを変えて、寝室をイメチェンしよう!!

最近、部屋のイメチェンしましたか?季節の変わり目など、なんとなく気分が変わる時期は、お部屋のイメ...

お布団の人気ランキングで上位のおすすめ商品をご紹介!

お布団は、1度購入すると長く使う方が多いと思います。長く使うものほど、こだわって購入後の...

お布団は打ち直しするべきか買い替えか?その適切な判断は?

お布団を新しく購入するとお考えの人は、ちょっと待ってください。押し入れに古い羽毛布団は眠...

妊婦さんはお布団で寝た方が良い!?身体が痛いのを改善!

妊婦さんは寝る時も体勢に気を使わなければ身体が痛くしてしまったり、腰痛の原因にもなってしまいます。...

寒い時期の快眠方法!身体に無理なく、お布団から出るには?

寒い時期、身体が冷えて寝付けなかったり、寒くて夜中に目が覚めてしまうことはありませんか?寒いから...

布団との併用や収納を考察!抱き枕の様々な視点での利用価値

就寝時のアイテムとして、抱き枕が人気です。布団との併用により、様々な不快症状にも役立つことを...

スポンサーリンク

掃除機でお布団のダニは吸い取れない!?掃除機の意味って?

お布団のダニを吸うとき、掃除機で吸い取ることが多いと思います。

しかし、掃除機で吸い取れるダニの数をご存知でしょうか。
生きたダニの5分の1程度しか吸い取れないと言われています。

それでは、どうしてダニを掃除機で吸えないのでしょうか。

その理由は、ダニがお布団の繊維に取り付いて、自力で吸引力に対抗しているからです。このことを考えるとダニの抵抗力は想像以上ではないでしょうか。

家庭用掃除機でも、レイコップやダイソンのような布団専用掃除機であっても、駆除能力は変わりがないと言われています。

また、ハウスダストやダニアレルゲンの心配があるからと、ダニの駆除しようと思う方いるでしょう。
しかし、このハウスダストやダニアレルゲンの原因は、生きたダニではなく、実はダニの死骸やダニの糞なのです。

もちろん、ダニに咬まれると痒みの原因となりますから、生きたダニに問題がないというわけではありません。
ですが、鼻炎などの原因として心配しなくてはならないのは、ダニの死骸とダニの糞のほうなのです。

それでは、どうすればこれらをきれいに掃除できるのでしょうか。
それは、掃除機とノズルにヒントがあったのです。

布団用掃除機は必要?ノズルを替えれば布団クリーナーに!

ダニの糞と死骸を吸い取るとき、布団専用掃除機がなければならないと思う人もいるかもしれません。
しかし、高性能な布団掃除機を用意する必要が必ずしも必要という訳ではないのです。

布団クリーナーには二種類あります。
布団掃除専用のものと、掃除機と兼用のタイプです。

専用タイプは、お布団をたたいてハウスダストを吸い取ったり、紫外線で除菌する機能がついているものもあります。

兼用タイプは、お布団だけではなく、ノズルを交換すれば、他の場所も掃除ができるという点がメリットがあります。

このように掃除機のノズルを替えれば、布団クリーナーになります。
そのため、布団クリーナーでなければ、お布団の掃除ができないわけではありません。

布団掃除用のノズルを購入して使えばいいのです。
自分の使っている掃除機と機種の合うものを選び、ただの掃除機を布団クリーナーに変身させることで、布団専用掃除機でなくても、ハウスダストを取り除くことができるのです。

布団用掃除機に劣らない!お布団掃除には布団用ノズルでも十分!

布団用ノズルを使って、一般的な掃除機でハウスダストを取り除いてしまいましょう。
これなら、布団専用掃除機が高価で手が出ない、という人にもおすすめです。

普段、お布団を掃除しようと一般的な掃除機でそのまま吸引してしまうという方もいることでしょう。
しかし、普段の掃除で床を走らせているノズルを使って、お布団に掃除機をかけることになり、衛生面が気になるところです。

さらに、お布団や毛布を巻き込んでしまって、上手に吸引できないこともあって、掃除がスムーズにいきません。
このことから、普段の掃除用のノズルではなく、お布団用のノズルを使うのです。

ノズル単体であれば、1,000円台でも購入できますし、効果は抜群です。

実際に使用した人からは、白い粉のようなものがたくさんとれたという声や、アレルギー症状が出なくなったという声も上がっています。

操作も軽くて、吸引しているのかわからないくらいに、スイスイ掃除ができてしまいます。

どの掃除機でも大抵は取り付けが可能ですが、ぴったり設置できない、外れてしまう、という場合には、ビニールテープを巻いて固定するといいでしょう。

布団用ノズルよりも、更にお手軽にお布団掃除をする方法!

実は100円ショップでも、掃除機のノズルが売られています。
高性能のものはありませんが、お布団が掃除機にくっつきにくくなり、掃除機を楽に操作できます。

100円ショップに立ち寄ることがあれば、一度探してみてください。

しかし、横幅が狭いような印象ですので、もっと楽にしたい場合は専用ノズルを購入した方がいいでしょう。

さて、ここで専用ノズルを使わなくてもお布団に掃除機をかけれる方法をご紹介したいと思います。

それは、ストッキングを普通の掃除機のノズルにかぶせる、という方法です。

これで布団用ノズルの代用ができてしまいます。
不要なストッキングでぜひ一度お試しください。

ストッキングをかぶせることで、お布団に直接ノズルが触れないで、吸引時の巻き込みもしにくくなります。

ただし、ストッキングをかぶせるとローラーが転がらず、滑らせるのに力が必要になりますので、注意してください。

このように高い布団用掃除機をわざわざ買わなくても、ノズルを替えてしまうことで、十分にダニの死骸や糞を除去してくれます。

ダニは、卵からの孵化後に1~2週間後に成虫となりますので、お掃除も週に一度くらい行うことで、ダニの増加を防止できます。

お布団からダニの繁殖を防ぐ、正しい掃除機のかけ方

ノズルを替えたあとは、ダニ退治のための掃除機かけのポイントに沿って掃除をしてみましょう。

週に一度以上は掃除機をかけること、掃除機のゴミは定期的に捨てることなどがポイントとしてあげられます。

重要なのは、定期的にお布団に掃除機をかけることです。
ダニの増殖速度を考えると、ダニが増える前の段階から、減らし続けることが重要です。

ダニは成虫になったあと、25日間に40個ほどの卵を産みます。
このようにすぐに数が増えてしまい、取り切れなくなってしまいます。

一度ダニが増えれば、掃除機によって対抗できなくなります。
その場合は、一度リセットの意味で、お布団の洗濯をおすすめします。

また、掃除機かけの回数よりも、吸引時間が重要です。
ゆっくりと、しっかりと掃除機をかけましょう。

最初の方でも述べましたが、ダニは繊維にしがみついています。

往復で何回吸い取ったとしても、吸引力は増すわけではありません。
床を掃除するときよりも、ゆっくりとした動作で掃除機をかけて、一ヶ所にかける時間を長くしましょう。

お布団を掃除しないとアレルギーの原因に!

ダニ以外にも、アレルギーの原因となるものがあります。
アレルギー性鼻炎の主な原因は、「花粉」「ハウスダスト」そして「ダニ」です。

花粉は、窓を閉めておけば入ってこないということはありません。
花粉というのは、人の服や髪などに付着して、お布団にたどり着いてしまいます。

また、「ハウスダスト」はホコリです。
お布団は、ホコリのたまり場となります。

試しに力強くお布団を叩いてみると、ホコリが大量に舞い上がることでしょう。

アレルギー性鼻炎は、こうした花粉やハウスダストが原因となっています。

そして、今回色々とご説明させていただきました「ダニ」です。
ダニにとって、お布団は好ましい環境的要因が揃っています。

ダニは、高温多湿で餌のある場所に住み着いていますが、餌としては、人の皮脂や髪の毛を食べています。
冬場は暖かいですし、快適に暮らすにはもってこいの場所がお布団なのです。

また、「カビ」にも要注意です。
湿度が高いのに換気もせずにいると、お布団にはカビが生えてきます。

カビは胞子を飛ばしますので、睡眠中にカビを胞子を吸い込むことになります。
お布団の手入れをきちんとしませんと、アレルゲンの巣窟となってしまいます。

今回ご紹介した掃除機のかけ方のポイントと、ノズルを替えることを試して、アレルゲンを除去していきましょう。

布団用ノズルを使えば、布団掃除機に!

お布団から出る、ダニの死骸やフン、ホコリなどはアレルギーの原因になります。

このアレルギーになる原因を抑えることでも効果がある布団掃除機ですが、値段が少々高めです。

そういった人におすすめなのが、ノズルだけを交換する方法です。

ダニの死骸やフン、ホコリ、垢などを取り除くのには、ノズルでも十分といえるでしょう。