大型家具ベッドは宅配便で配送できる?頻発・着払いトラブル

引越し先にベッドを送る場合、引越し業者に依頼される方が多いかと思います。
大型家具を送るとなると、それなりに配送費用もかかります。

そんなときに「ベッドだけなら宅配便で送れないの?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その疑問にお答えします!

あわせて、宅配サービスの基本的な送料についてや、頻発する着払いトラブルについても掲載しています。

ぜひ、最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホテルライクなベッドに!フットスローとは?選び方も解説

ホテルのベッドの足元にかけてあるベッドスローは、本来どういった役割を持っているのでしょうか。...

保温性が高い寝具6選!冬に最適な人気の寝具を紹介

寒い冬はお布団の中もひんやりとしていて、なかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか。...

おしゃれな海外のベッドルームの画像をお手本にしてみよう!

北欧の独特な色使い、パリの洗練された雰囲気、アメリカのごちゃごちゃしているように見えておしゃれなお部...

四畳半の部屋にベッドも机も置きたい!おすすめレイアウト

四畳半のお部屋は、どうしてもその狭さゆえに、どのような家具をどのようにおけばいいのか、迷ってしま...

お布団の下に敷くマットレスの効果!カビ対策はどうする?

みなさんは、寝るときはベッドで寝ますか?お布団で寝ますか?ベッドのようにスペースを取りたくな...

ベッドマットレスのメンテナンス!干すまでの手順方法

「ベッドマットレスに寝ているけれど、メンテナンスの正しいやり方が分からない!」このよ...

快適な睡眠を得るための介護でのシーツ交換の手順とは?

今や、世界でも有数の高齢化社会である日本。特に在宅介護をされている場合、食事の介助や排泄...

一人暮らしならベッドは折りたたみが活躍!選び方のコツは?

一人暮らしを始める時に、まずは家具を探すところから始める方は多いでしょう。しかし、一人暮らしで...

賃貸住宅に一人暮らし!フローリングにカーペットは必要??

賃貸住宅で、フローリングの部屋って多いですよね。フローリングを傷つけないようにカーペットを敷...

布団シーツがピンク色だと魅力がアップ?風水での効果を紹介

見ているだけで、優しい気持ちになれるピンク色。かわいらしい部屋にしようと、布団シーツやカーテ...

低反発ウレタンフォームの特徴!手入れや洗濯は可能?

低反発ウレタンフォームは最近では色んな商品に使用されています。例えばこんな商品があります。...

まるでホテル!?ベッドの足元に美しくカバーを施そう

ホテルに宿泊すると、ベッドの足元に、オシャレなカバーが飾られている事があります。しかし、ホテ...

リビングや寝室の照明をLED電球に切り替える際のポイント

ご家庭の照明を、白熱電球からLED電球に変えたいと思っている人は多いのではないでしょうか。で...

ベッドやマットレスのお漏らし…臭いや汚れを残さない対処法

寝ている間に、小さな子供がお布団やベッドでお漏らしをしてしまうことがあります。おしっこは...

和室にベッドを置きたい!賃貸でもできる部屋アレンジ

賃貸物件にお住まいで、和室にベッドを置きたくても「雰囲気に合わせるように置くのが難しい!」、「畳...

スポンサーリンク

大型家具ベッドは宅配便で配送できる?

引っ越しをすると決まったときに、家具をどのように運ぶのかということは、悩むべき点と言えるでしょう。
というのも、家具などがあまりない場合は、引っ越し業者を呼ぶとなると高くついてしまう場合があります。

もし、今使用している家具の大半を処分などしてしまい、大型の家具がベッドぐらいしかない、という場合には、引っ越し業者などに家具の移動を依頼するのではなく、宅配便を利用した方が断然お得にお安く引っ越しを済ませることができます。

また、宅配便というのは、引っ越し専門業者に頼むのではなく、運送会社などにお願いする配送です。

宅配便は、配送のみをメインで担当しているので、引っ越し業者と違って、梱包から運び出し、新居での設置など、自分でしなければならない作業が増えた分、費用を安く済ませることができます。

ただし、依頼する際には大きさに制限がありますから、注意してください。

縦横と高さの合計が160cm以上で600cm以内である必要があります。
これ以上大きなものは依頼できません。
また、重量が80kgを超えた時点で、追加料金が発生しますので注意が必要です。

宅配を依頼する際の支払い方法で着払いも可能です。

大型家具ベッドは宅配便で配送できる?梱包や搬出は自分で!?

大型家具がベッドぐらいしかないという場合、引越専門業者よりも宅配便業者に頼んだ方が安くつくとお伝えしました。

しかし、宅配便を頼む場合には、梱包や、ベッドを玄関先まで運んで出しておく必要があります。
そういった場合に、女性の一人暮らしなどでは、人手がなく、実際には無理ではないでしょうか。

また、無理に運んだりして壁などを傷つけてしまい、かえって修理代がかかったりするなど、なりかねません。
ですから、人手がなく一人では梱包、運びなど到底できないと思われる方は、やはり無理はせず、引っ越し業者に頼むのが良いです。

ヤマト運輸などでは、大型家具一つだけの配送でも、OKしてくれる、『らくらく家財宅急便』というサービスがあります。
もちろん、梱包から始めて、新居での設置までしっかりと担当してくれます。

気になるお値段のほどですが、シングルベッド程度の大きさを大阪から東京まで運んだとすると、大体1万円程度になります。
もちろん着払いもできます。

手間暇を考えると、意外とお安いのではないでしょうか。

大型家具ベッドを安く配送するなら、一括見積もり

ベッドなど大型の家具の引っ越しを引っ越し専門業者に頼むとして、できるだけ安く配送出来る為の裏技的テクニックをご紹介します。

まず、引っ越し業者と一慨に言っても星の数ほどあるので、ネットなどで、一括見積もり比較ができるサイトというものを利用して、料金の比較を行ってみます。

サイトでは、見積もりに必要最低限の情報を入力するだけで、すぐに見積もり価格を10社ほど一括で見ることができるところもあります。

その中で一番安い値段を表示している引っ越し業者を選んでも良いですし、口コミなどを調べてみるのも良いでしょう。

ここでの値段は、競争がありますので、値引きした値段を常時している可能性が高いです。
ですから、電話などでの見積もり依頼よりは、かなりお得な値段を引き出せているはずです。

さらに、引っ越しの繁忙期である3、4月はまず避けた方が値段はぐっとお安くなりますよ。
着払いなどの方法を取ると、お金もすぐに用立てる必要がなく、便利です。

宅配サービスの知識・着払いと元払いの違い

最近は中古品の大型家具などもネットなどを利用して個人売買が盛んにあるようになりました。

それに伴い、家具を配送してくれる宅配業者のサービスを利用することも多くあるかと思いますが、売り方によっては、配送費用も買主が負担するという契約になっていることも多々あります。
こういう場合、着払いという方式をとることになります。

着払いとは、荷物を受け取る側が配送された荷物を受け取った際に直接配送料金を引っ越し業者に支払うことを言います。

それでは、元払いとは何なのでしょうか。
元払いとは、荷物を発送する側が配送を依頼する際に支払うことを言います。

さらには、元払いと着払いによる料金の違いが発生しますので、配送を依頼する際は調べておきましょう。

また、配送方法は2種類あり、集荷タイプと持ちこみタイプがあります。
持ちこみとは、コンビニや指定された場所に直接荷物を持ち込むことを言います。
この持ちこみの場合ですと、会社によっては、100円割引されたりするので、お得となります。

配送料金を少しでも節約したいという方には、行っていただきたい方法です。

頻発!着払いトラブル①

今や個人売買などで売られる商品も多く、宅配便業者の着払い方式を利用する人も多くなってきています。

しかし、それに伴い、トラブルもたくさん発生しているのです。
というのも、購入者は配送料も商品の中に含まれていると思っていたのに、別の配送料となって着払いで送られてくるというケースもあるのです。

大型家具などの配送を着払いでされてきた際に、その着払い料金が配送料分を含めると高額になってしまっている可能性もあります。

この場合、購入者自身が配送料も支払うことになっていたという契約内容を見落としていた場合も考えられますが、そうでなく、事前に着払いになる旨のご説明がなかった場合などもあるのです。

その場合は、着払いでの受け取りを拒否することをおすすめします。
方法としては、ドライバーさんが家まで荷物を届けてきてくれて、着払い料金を請求してきた際に、受取を拒否する旨を伝える方法です。
または、事前に配送してくれる前に電話などで受取を拒否する旨を伝える方法もあります。

受け取りを拒否しているのですから、着払い料金はもちろん支払ってはおらず被害もありません。

頻発!着払いトラブル②

最近良く見られる、着払いに関するトラブルですが、着払い料金を支払い商品を受け取ってしまった後に、撤回したい場合には、キャンセル料を請求されたりします。

しかし、着払いの受け取り自体を拒否した場合には、このキャンセル料金が発生することもなく、購入者には特にペナルティーなどが科せられこともなく、安心です。

日本の大手の宅配業者の場合、この着払い拒否をした場合にかかる料金は無料という風になっています。
しかし、1週間に100回以上受け取り拒否をしたなど、悪意が見られるような場合には、警察の介入も辞さないので、注意するようしてください。

しかしながら、受け取り拒否をしたことで、出品者から低い評価をもらってしまうのは、いたしかたないだと言えるでしょう。

それでは、受け取り拒否された荷物はその後一体どうなってしまうのでしょうか。

この荷物は、荷物を送った人のところまで返送され、もともとの着払いの料金+少し加算された料金が請求されることになります。

個人売買をする人は、くれぐれもトラブルにならないよう、事前によく契約内容は確かめた方がよいでしょう。
また、配送する方も大型家具などをネット販売する際にしっかり注意事項として書いておかないと返送されたときに困ることになることもあるので、注意しましょう。

ベッドは宅配便で配送できる

たとえ大型家具でも、ベッドだけなら宅配便で送る方が安く済みます。
しかし、宅配便業者は荷物を送るだけです。

引越し業者は荷物の梱包、部屋からの運び出し、新居で設置までやってくれます。
ベッドの傷や破損を避けるなら、引越し業者に依頼するのがいいでしょう。

最近では、ネットオークションなどを利用される方が増え、着払いトラブルが頻発しています。
受け取り拒否は出来ますが、なるべくトラブルがないように、事前に双方で確認し合いたいものです。