快眠するためにパジャマを選ぼう!冬場におすすめな素材は?

寒さの厳しい冬の時期、どんなパジャマを用意すればいいのか悩みますよね。

実は、体質によってパジャマの選び方を変えると、より上質な睡眠をとることができます。

この記事では、そういった話を中心にお伝えしながら、体質別でおすすめのパジャマをご紹介します。

ぐっすりと快眠するために、ぜひともお役立てください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

私たちが睡眠時間を確保するためにはどうしたらいいのか?

厚生労働省が2000年に『保健福祉動向調査』で国民の「睡眠の充足度」について調査したところ、約30%...

カラーボックスや寝具のカビ、防止する方法はないの?

皆様は、カラーボックスを使っていますか?カラーボックスは、頑丈で使い勝手が良いためとても便利です...

夏の寝具には冷感のある敷パットが快適!おすすめ素材って?

真夏は、夜になっても部屋の温度が下がりにくいので、とても寝苦しいですよね。暑さで眠れず、睡眠...

質の良い睡眠のために!摂取する食べ物や飲み物を工夫しよう

みなさんは、毎日しっかり睡眠を取れていますか?ベッドに入っている時間は長いはずなのに、「いつ...

すのこベッドは通気性だけ?人気の真の理由は安さと機能性!

すのこベッドが、お布団の湿気対策として優れていることは知っていても、「それだけじゃないの?」と思...

赤ちゃんにはどんな寝具がいい?寝具の選び方とおすすめ4選

赤ちゃんは体がまだ未発達で繊細なので、赤ちゃん用寝具の選び方には慎重になる方も多いかと思います。...

ベッド周りにはコレ!寝室のインテリアコーディネート術

幅の広い大きなベッドは、スペースをとってしまうため、寝室のインテリアにお困り方も多いでしょう。...

インテリアをカントリー風に!キッチンをアレンジしよう!

カントリー風なインテリアって憧れますよね。まずは、自分で手のかけやすいキッチンやベッドルーム...

畳と上手にお付き合い!和室でベッドやマットレスを使う方法

近年、食生活だけでなく住居も欧米化し、洋室の部屋が増えています。そんな中で就寝スタイルも変化...

ダニにはダニアースが効く!?お布団にかかっても大丈夫?

ある日突然、湿疹が出来た。とても痒い!そんなことはありませんか?それは、もしかし...

マットレスの分割タイプの利点!ポケットコイルで快適睡眠を

コイルがひとつひとつ独立しているポケットコイルのマットレスは、体圧分散に優れ、身体にフィットした...

布団カバーのおすすめ6選!おしゃれで安い商品を厳選

寝室をコーディネートする際に重要になるのが布団カバーやベッドカバーです。これらは、ベッド...

6畳のインテリアレイアウト「ロフトベッド」の活用法とは?

6畳しかない手狭なお部屋を「どうにかしてスッキリさせたい…」と、お悩みの方はいませんか?...

トイレや寝室のインテリアをチェンジ!和風にする方法

トイレや寝室の空間は、ホッとできる雰囲気にしたいですよね。あまり派手なインテリアにしてしまう...

冷却する敷パッドでベッドを快適空間に!おすすめ商品は?

皆さんは眠る時に暑い場合は、どのような対策をとっていますか?エアコンや扇風機は快適だけど、電...

スポンサーリンク

パジャマで眠ることの大切さとは?

みなさんは、普段どのような格好で眠っているでしょうか。

パジャマではなく、着古したジャージやスウェットを愛用している方も多いはずです。

しかしながら、昼間活動するためにつくられた服装では、快眠効果が薄れるといった声があります。

その理由は、寝返りが打ちにくかったり、リラックス効果が低減してしまうことが原因です。

そのため、もともとナイトウェアとしてつくられているパジャマを着用することが望ましいと言えます。

パジャマには、快適に眠るためのさまざまな機能があります。

冬用のパジャマであれば、寝汗の水分から熱を発生させるものが有名です。

こうした温度調整機能のおかげで、より上質な睡眠がとれるようになります。

さらに、寒い空気が入り込まないよう、首元がハイネックになったものも人気です。

また、袖口がフィットする仕様になっていたりと、いろいろな工夫が凝らされています。

そして、パジャマの触り心地も重要なポイントです。

まるで包まれているような温もりを感じる生地を選ぶことで、寒い冬場でも快適に眠れます。

次項からは、体質別におすすめのパジャマ素材をご紹介しましょう。

寒がりな人は冬場にどんなパジャマを選ぶべき?

ここからは、パジャマの選び方についてお話ししていきます。

前述したように、体質によってパジャマの選び方を変えていきましょう。

そこでまずは、寒がりな方のケースを見ていきます。

手先や足先が冷たく、あまり汗をかかないタイプの方が該当します。

冬場に着用するパジャマは、やはり暖かさを重視すべきでしょう。

おすすめな素材は、「フランネル」「スムースニット」です。

【フランネル】

フランネル生地は、ふんわりと起毛加工された、表面が柔らかく保温性の高い生地です。

柔軟性や弾力性にも優れているので、寒がりな方にぴったりな素材でしょう。

着心地や触り心地も軽やかで、冬場には大変重宝します。

しかしながら、洗濯をすると毛羽立ちやすいのが難点です。

そのため、きちんと洗濯ネットに入れて、おしゃれ着用の洗剤で洗うことをおすすめします。

【スムースニット】

なめらかな表面で伸縮性があるため、パジャマ素材として最適です。

どんなに寝返りを打っても体にフィットしてくれることが快眠につながります。

寒い時期には、少し厚手のものを選ぶといいでしょう。

これで快眠!寒がりな人におすすめな冬パジャマ

ここでは、前項でお伝えしたことを踏まえて、寒がりな方におすすめなパジャマをご紹介します。

まずは、「フランネル」素材のパジャマから見ていきましょう。

【無印良品:脇に縫い目のないフランネルパジャマ】

こちらは、着心地にこだわってつくられたフランネル生地のパジャマです。

オーガニックコットンを使用しているので、肌にやさしいのが特徴です。

脇部分やパンツの縫い目をなくすことで、着用感の向上をはかっています。

このような工夫のおかげで、寝返りがしやすくなる快眠効果が見込めます。

決して厚手なわけではありませんが、その高い保温力には驚かされるでしょう。

続いて、「スムースニット」素材のパジャマです。

【つくるパジャマ:コットン ムース パジャマ】

綿100パーセントの上質なコットンニットを使用しているパジャマです。

保湿性に優れた生地なので、冬場の乾燥から肌を守ってくれます。

体に吸い付くようなフィット感で、寝心地も快適になるでしょう。

また、サイズ展開が幅広いのもうれしいポイントですね。

暑がりな人は冬場にどんなパジャマを選ぶべき?

ここからは、暑がりな体質の方に焦点を当てていきます。

冬場の寒い時期でも、汗をかきやすい方が該当します。

寝汗でパジャマが濡れてしまえば、快眠どころではありませんよね。

そのような場合には、生地の暖かさを重視するよりも吸水性に着目してください。

おすすめな素材は、「多重ガーゼ」「両面パイル」です。

【多重ガーゼ】

寝汗が多い方におすすめなのは、優れた吸水力を誇る「多重ガーゼ」です。

生地に温もりやなめらかさはありませんが、爽やかな着用感となっています。

着用していくうちに、だんだんと肌に馴染んでいくのが特徴です。

【両面パイル】

タオルのような生地で、ふわふわとしたボリューム感が魅力です。

やさしい肌触りと弾力、柔軟性、吸水性、速乾性が特徴となっています。

両面がパイルになっていることで、冬場の冷気を防ぎます。

これで快眠!暑がりな人におすすめな冬パジャマ

それではここから、暑がりな方におすすめなパジャマをご紹介します。

まずは、「多重ガーゼ」素材のパジャマです。

【Broome:今治産 2重ガーゼパジャマ yawari(やわり)】

こちらのパジャマは、蛍光染料を使用していないガーゼ生地から出来ています。

コットン100パーセントで、ガーゼ素材ながらも透けにくいのが特徴です。

冬だけでなく、通年着用することができるので大変重宝します。

また、ワンポイントでイニシャル刺繍を施すことができるので、プレゼントとしても最適でしょう。

続いてご紹介するのは、「両面パイル」素材のパジャマです。

【パジャマ工房:両面パイル 男女兼用パジャマ テーラーカラータイプ】

使用されているパイル生地は、このパジャマのために編み立てた一流品です。

生地の手触りやボリュームだけでなく、自然な色合いにも魅力を感じます。

厚手ではあるものの、速乾性に優れているため汗っかきの方でも安心して着用できます。

熟練した職人が生み出す国産パイル生地に包まれ、快眠へと誘われましょう。

パジャマにプラスしたい快眠アイテム

体質によってパジャマの選び方が異なるということはお分かりいただけたでしょうか。

最後となりますが、冬の時期に注目の快眠アイテムをご紹介します。

寒さが厳しいとき、きっと役に立つでしょう。

【フェイスマスク】

お布団からはみ出てしまう部位と言えば「顔」ですね。

顔の冷えが気になるときには、防寒用の「フェイスマスク」がおすすめです。

髪が短い方は、耳まで覆えるものを選べば完璧でしょう。

【保温室内テント】

防寒対策だけでなく、フェイスケアとしてもおすすめなのが「保温室内テント」です。

暖房を使うことなく顔周りの温度を上げることができます。

睡眠時の乾燥を防ぐので、美容効果も期待できるでしょう。

【ネックウォーマー】

顔に続いて寒さを感じやすい部分は「首」です。

首を寒さから守るには「ネックウォーマー」が最適でしょう。

また、肩まで覆える「肩当て」という選択肢もアリですね。

【レッグウォーマー】

足首を温めることで、中途覚醒が減る傾向にあるようです。

ボリューミーな「レッグウォーマー」で足元の冷えを防ぎ、快眠を実現させましょう。

パジャマを見直して快眠を目指す!

この記事では、冬用パジャマの選び方を中心にお話ししてきました。

寒がりな方は「フランネル」「スムースニット」素材を、一方で暑がりな方は「多重ガーゼ」「両面パイル」素材の生地に注目してみてください。

快適な睡眠を得るためには、自分に合ったパジャマを選ぶことが大切です。