布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

もっとぐっすり眠りたい!睡眠の質を高める方法とは?

2019.2.4

普段から「どれだけ寝ても疲れが取れない…」というお悩みを抱えている方は、睡眠の質に問題があるかもしれません。

そこでこの記事では、睡眠の質を高める方法に焦点を当てていきます。

食事や入浴、運動、寝具選びに関する項目があります。

ご自分の生活と照らし合わせ、生活向上へのヒントにしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

トイレ・バスの掃除に専用洗剤は不要!安眠できる入浴剤は?

毎日使用するトイレやお風呂、毎日使う場所だからこそ清潔に保ちたいですよね? 今まで使っていた専...

深い眠りで睡眠の質を上げる!良質な睡眠をとるコツとは?

質の良い、深い睡眠とはどのようなものでしょうか。 「毎日十分な睡眠をとっているのにも関わらず、...

白とオレンジが生活と睡眠にもたらす効果をご紹介

皆さんは、お部屋をコーディートする際、どういった点をポイントにしていますか。 暖色系を基調とし...

子供のベッドの転落防止対策とは!?安全に寝かせるポイント

子供のベッドからの転落事故は、ママなら誰でも一度は経験があるのではないでしょうか? 大人にとっ...

夜にお茶を飲んで質の良い睡眠をとろう!おすすめのお茶3選

夜、寝る前にお茶を飲むとほっこりと落ち着いた気持ちになりませんか? 実はお茶には、睡眠の効果を...

趣味や趣向・価値観が違う人との付き合い方!悩みは寝て解決

友人や恋人との間で、趣味・趣向や価値観の違いを感じることはありませんか? どんなに親しい相手で...

今日観たテレビが怖いせいで眠れない!そんなときの対処法

心霊番組や怖い話のスペシャル番組・・・怖いテレビを観てしまったせいで眠れないという経験はありますか?...

睡眠とストレスの関係を知って快眠!要因別の対処法

「寝ようと思っても眠れない。」 「眠気はあるけど思うように寝付けないで浅い眠りで、ボーッとした...

2ヶ月目でもう寝返り?子育てに思わぬ障害が起きる?

子育てをしている方は、お子さんの発達や些細な変化に敏感になってしまうことも多いかもしれません。 ...

幼児の発熱は睡眠時間確保で予防できる!親がするべきこと!

発熱をよくする幼児に関しては、睡眠時間をしっかりと確保することでその頻度が下がるという説があります。...

豆電球の明るさはどのくらい?明るい寝室は睡眠に悪影響!?

皆さん、寝るときに真っ暗で寝ますか? それとも豆電球をつけて寝ていますか? そもそも、睡眠の...

通勤電車で睡眠をとることで本当に睡眠不足の解消になる!?

忙しい毎日を送っている人にとって、睡眠の確保はなかなか難しいところです。 できれば7時間以上の...

質の良い睡眠を取ること!頭痛の解消と睡眠の深い関係とは?

私たちの日常生活にはあらゆるところにストレスの原因がひそんでいますが、そのストレスから睡眠に支障が出...

睡眠の質を高めたい!体温の変化で良く眠れるようになる?

みなさんは毎日、満足のいく睡眠をとれていますか? 寝つきが悪い、たくさん寝ても疲れがとれな...

寝起きの頭痛はなぜ起こる?後頭部やこめかみが痛む原因とは

朝、起きた時に頭痛を感じたことはありませんか? 目覚めた瞬間から痛みを感じるという人もいらっし...

スポンサーリンク

あなたは大丈夫?質の悪い睡眠について

はじめに参考として、「質が悪い」とされている睡眠条件を見ていきましょう。

それらの原因や注意点にも触れつつ、ご紹介していきます。

<寝つきが悪い>

お布団に入ってから、すぐに眠れていますか?

なかなか眠れない方は、アルコールやカフェインの摂りすぎ、昼寝のしすぎに注意しましょう。

また、休日の「寝だめ」は、睡眠のリズムが崩れてしまう原因になります。

<ぐっすり眠れない>

熟睡できていないと、睡眠の質は低い傾向にあります。

夜中に何度も目が覚めてしまう場合は、自律神経の乱れが関係しているかもしれませんね。

<寝起きがすっきりしない>

深く眠れていないと、当然ながら目覚めもすっきりしません。

睡眠時間は十分に確保できているでしょうか?

また、冷え性や体内時計の乱れが関係していることも考えられます。

上記のことを踏まえ、質の良い睡眠条件に置き換えてみましょう。

「寝つきが良いこと」「ぐっすり眠れていること」「寝起きがすっきりしていること」が大切なようです。

では、睡眠の質を高めるためにはどのような方法があるのでしょうか。

次項から詳しくご説明していきます。

睡眠の質を高める方法①食事

それではここから、睡眠の質を高める方法についてお話ししていきます。

まずは、生活の基礎となる「食事面」からです。

注目したい栄養素は、アミノ酸「グリシン」で、体内時計や睡眠リズムへの影響力があるとされています。

グリシンを含む食材には、カジキマグロやホタテ、エビ、カニなどの魚介類が挙げられます。

うまみ成分が多い印象の食材ばかりですね。

これらは就寝前に摂取することがすすめられているため、夕食に取り入れることをおすすめします。

一方で、朝食には「トリプトファン」を含んでいる食材が適しています。

こちらもアミノ酸の一種で、牛乳などの乳製品や肉類、豆類、バナナ、タラコなどに含まれています。

トリプトファンは、睡眠ホルモンとも呼ばれている「メラトニン」のもととなる「セロトニン」を生成します。

朝の時間帯にトリプトファンを摂取することで、日中は眠気に襲われることが少なくなります。

そしてお布団に入ると、自然にだんだんと深い眠りにつくことができます。

睡眠リズム改善のためには、食事面で工夫をしてみましょう。

睡眠の質を高める方法②飲料

食事に付随した項目として、こちらでは「飲料」を取り上げます。

まずは、睡眠の質を高める効果が期待できる種類を見てみましょう。

【白湯】

胃に負担をかけず、体を温めることが可能です。

【生姜湯】

生姜の辛味成分には、血行を良くする効果があります。

体の芯まで温まるので、睡眠の質も向上するでしょう。

【ホットミルク】

前項でお話ししたように、乳製品には「トリプトファン」が含まれています。

胃にやさしく体も温まるので、とてもおすすめです。

【豆乳】

牛乳のカロリーが気になる場合には、豆乳をチョイスしてみましょう。

豆類にもトリプトファンが含まれています。

さらに、美容にうれしい成分も含まれているので、女性に最適なのではないでしょうか。

【ハーブティー】

ハーブティーにはリラックス効果があります。

特に「カモミールティー」は、不眠解消効果があるといわれています。

このように飲料によって、睡眠の質を高める効果が期待できるものがあるのです。

それでは次に、睡眠の質を下げてしまう可能性のある種類を挙げていきます。

【コーヒー】

コーヒーに含まれている「カフェイン」には、眠気を覚ましてしまう効果があります。

就寝前にどうしてもコーヒーが飲みたくなったときには、「ノンカフェイン(デカフェ)」のものを選びましょう。

【緑茶】

意外と知られていないのですが、緑茶の中でも「玉露」には注意が必要です。

コーヒー以上に多くのカフェインが含まれていることもあります

【お酒】

お酒には「アルコール」が入っています。

心なしかお酒を飲んで酔っぱらうと、すぐに眠れることってありませんか?

しかしながら、このアルコールを体内で分解するためには、肝臓などの内臓が働かなければいけません。

すると、体は休まらず、結果的に深い眠りの妨げとなってしまうのです。

睡眠の質を高める方法③入浴

睡眠の質を高めるためには、「入浴」も大事なポイントです。

まず、シャワーを浴びるだけで済ませてしまう習慣のある方は、きちんと湯船に浸かることをおすすめします。

湯船に浸かることで、深部体温を上昇させることができるからです。

体の温度をしっかりと上げてから、急激に下げることが質の高い睡眠へとつながります。

ただシャワーを浴びているだけでは、放熱に必要とされている収縮する血管の開きが十分にされず、体温の放熱がうまくいかなくなってしまうのです。

体温がなかなか下がらないと、寝つきの悪さへと影響していくでしょう。

そのため、毎日湯船に浸かることが理想的です。

お湯の温度は、ぬるめで40度前後が目安となっており、最低でも10分以上は浸かりましょう。

できれば15~30分は浸かりたいところですね。

また、お風呂に入る時間にも注意が必要です。

就寝時刻の約2時間前がベストなタイミングとされています。

お風呂から上がって一旦休憩し、しっかりと汗やほてりが引いた頃に眠るようにしてください。

睡眠の質を高める方法④運動

次は、「運動面」から睡眠の質を高める方法を探っていきましょう。

あまり関係のないように思えますが、睡眠と運動には深い関りがあります。

適度な運動をすることで深い眠りにつきやすくなり、質の高い睡眠をとることで体のパフォーマンス力は向上していきます。

よって、積極的に体を動かしていくことが日々の活力へとつながるのです。

ここでは、取り入れやすいおすすめの運動をご紹介します。

【ウォーキング】

全身運動をすることによって、リラックス効果が生まれます。

はじめは短距離でも構いませんので、毎日続けることが大切です。

慣れてきたら、一日1万歩を目標にがんばってみてください。

【ジョギング】

まずは早歩きからはじめて、徐々にジョギングへと移行していくのがおすすめです。

速さにこだわる必要はなく、自分のペースで走ってみましょう。

【ヨガ】

ヨガは就寝前のリラックスタイムに行うのが理想です。

深呼吸をするので、自律神経にも良い影響を与えます。

睡眠の質を高める方法⑤寝具

最後になりますが、睡眠の質を高めるためには「寝具」にも目を向けてください。

ここでは、良質な睡眠を求める方に向けて、寝具の選び方をご紹介します。

●枕の選び方

枕の高さが合っていないと、寝姿勢や寝返りに影響します。

平均的な体系の男性であれば、枕の高さは約4cmが理想です。

女性の場合は、約3cmとなります。

ただし、肥満体系の方は頭が沈み込みやすいので、1~2cmプラスしてくださいね。

●敷布団の選び方

敷布団は、寝心地に直結する大事な寝具です。

そのため、体圧分散性に優れた製品を選びましょう。

また、反発力が極端なものは避けてください。

硬すぎても柔らかすぎてもいけません。

●カバー類の選び方

カバー類は、素材にこだわって選んでみましょう。

コットンであれば肌にやさしいだけでなく、吸湿性や通気性にも優れています。

日々の生活や習慣が大事!

今回は、睡眠の質を高める方法についてご紹介してきました。

食事や入浴、運動といった生活面に配慮しつつ、枕などの寝具にも目を向けていきたいですね。

睡眠は日々の活動にとって、欠かすことのできない大切な要素です。

この記事を参考にしながら、なるべく早めに改善していきましょう。

 - 睡眠, 睡眠の質