布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

睡眠2時間で快適に目覚められるアイマスクが存在する!?

2019.2.1

「睡眠」は生活していく上で、切り離せないものです。

どうしても、1日の中で睡眠の時間は必要になります。

その睡眠時間を少しでも短くできれば、浮いた時間を有効に活用できます。

そこで、「Neuroon(ニューローン)」というアイマスクという気になるアイテムがあります。

この「Neuroon」は、短い睡眠時間の2時間でも快適に目覚めることができると謳っているのです。

そこで、「Neuroon」の性能などについて調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ストレスと睡眠不足の関係とは?快眠のためのコツもご紹介!

忙しい毎日を過ごしていると、知らず知らずのうちに溜まっているのが「ストレス」です。 ストレスは、精...

赤ちゃんの睡眠リズムをよく知って楽しく育児をしよう!

産まれたばかりの赤ちゃんは、昼夜問わず眠ったり起きたりしますよね。 夜中に何度も赤ちゃんに起こ...

天井の電球を交換しよう!寝室照明は明るさと色が重要!?

電球が切れてしまった! このように電球が切れてしまった際に、消費電力の低いLEDに交換される方...

赤ちゃんを睡眠へ導入するには?質の良い睡眠をとる方法

赤ちゃんが産まれると楽しいことがたくさんありますが、その反面大変なこともあります。 中でもお母...

良い睡眠を得るために効果的な音楽とは?ポイントをご紹介!

「最近、寝つきが悪く、睡眠不足だ…」など、不眠のお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。 ...

インテリアデザイナーになるための大学は文系・理系どっち?

インテリアデザインって文系と理系、どちらの仕事なの!?と疑問に感じたことはありませんか。 実際...

マンションの換気扇ダクトの定期点検・清掃が必要な理由は?

マンションには「換気扇ダクト」というものが設備されています。 普段、あまり気にしたことはあり...

あなたの睡眠は質の良い睡眠?ポイントは温度と湿度にあり!

十分に睡眠時間を取っているはずなのに、目覚めがすっきりしない。 そのような場合は、質の高い睡眠...

短時間の睡眠で勉強の効率を上げる!そのために必要なこと!

質の良い睡眠をすれば、短時間でも十分な体の疲れが取れ、勉強の効率も上げることができる、と言われていま...

旅行前などの緊張による吐き気。睡眠の質が関係している!?

旅行前に吐き気を催す人は中にはいると思います。 なぜ旅行前に吐き気を催すのか?? それは不安や心...

机に座ると眠気が襲ってくるのはなぜ!?眠気を覚ます方法

いざ、勉強や仕事をしよう!と思って机に座るとたん、眠気に襲われることってありませんか? それに...

ダイニングテーブルに、こたつを取り付けるメリットは?

一般的なこたつといえば、座卓タイプで床にそのまま直接座るタイプです。 座卓タイプのこたつは気持ちよ...

良質な睡眠を!深い睡眠で起きれない朝を改善しよう

朝、目覚めたとき「よく寝たな」と思えた場合は気分良く1日が過ごせますよね。 しかし、睡眠時間が...

北海道へ家族旅行!お値段はいくら?旅行中の安眠グッズは?

家族旅行に北海道を選ぶ方、多いですよね。 北海道といえば夏は避暑地、冬は「札幌雪まつり」をはじ...

愛犬を外小屋や室内で飼っている時、蚊などの害虫対策は!?

外の犬小屋で飼っている人も室内で飼っている人も、愛犬を蚊から守りたいですよね。 特に外で買って...

スポンサーリンク

睡眠の重要性

睡眠は、健康に過ごしていく上で、非常に重要な要素の1つとなっています。

まず、睡眠の重要性について詳しくご紹介していきます。

日常生活の中でも、睡眠不足が原因による症状を抱えながら生活している方も多くいるのが現状です。

疲れやすかったり、ストレスを感じやすかったり、集中できなかったり、注意が散漫になったりするのは、睡眠不足が原因となっていることが多いとされています。

特に眠気を感じていなくても、身体に必要な睡眠時間や、睡眠の質が足りていないという可能性があります。

睡眠不足は、生活習慣病やその他の様々な病気に発展する可能性もあるほど、重要なことと言われています。

自覚していなくても、身体に負担がかかっていることがあるので、上記の症状が思い当たる方は、1度自分の睡眠について考えてみるのはいかがでしょうか。

睡眠には、疲労回復、肥満防止、肌質改善などの効果があるとされています。

逆に言えば、睡眠不足になると、疲れやすい、太りやすい体質になる、肌荒れするといった悪影響をもたらすことに繋がります。

このように、睡眠は非常に重要な役割を担っているのです。

また、睡眠の質も併せて重要になります。

今回ご紹介するアイマスク「Neuroon」は、2時間ほどの睡眠でも睡眠の質を向上できると謳っています。

本当に短時間の睡眠でも睡眠の質を向上させることは可能なのか、調べていきます。

最適な睡眠時間は何時間?目安となる睡眠時間を知ろう!

今回は、2時間ほどの睡眠でも睡眠の質を向上させると謳っているアイマスクについてご紹介しますが、一般的に最適な睡眠時間は何時間なのでしょうか。

まずは、目安となる最適な睡眠時間について知っておきましょう。

睡眠時間については、様々な調査が行なわれているそうです。

健康や寿命の関係性について、アメリカで大規模な調査が行なわれ、その結果、睡眠時間「7時間」の方が、最も健康で長生きであったとされています。

個人差はあるようですが、睡眠時間が7時間より短くても長くても、寿命が短くなるという調査結果があります。

また、心臓病の発症率と睡眠時間の関係性を調査したところ、睡眠時間7~8時間の方たちが最も心臓病になりにくいという調査結果が出ているようです。

このような調査結果から、最適な睡眠時間と言えるのは、大体7~8時間でしょう。

この時間に対し、今回ご紹介するアイマスク「Neuroon」は、2時間ほどの睡眠で快適な目覚めができると謳っているのです。

この「Neuroon」は、どれほどの効果が期待できるものなのか、詳しく調べていきましょう。

2時間の睡眠で快適な目覚めを?アイマスク「Neuroon」の性能

睡眠の質を向上させ、2時間ほどの睡眠でも快適な目覚めを実現できるというアイマスク、それが「Neuroon」です。

「Neuroon」は、ソフトバンクの「+Style」で販売されており、価格は税込み34,999円です。

スマートフォンのアプリと連携することができ、「Neuroon」に搭載されている様々なセンサーの働きにより、睡眠時間の管理や、睡眠の質を向上することができるそうです。

また、アイマスク内にめざまし機能(アラーム)があり、振動機能だけでなく内側から光も出るアイマスクとなっています。

これらの機能が、睡眠時間管理や睡眠の質の向上に繋がるとされています。

さらに、アイマスク「Neuroon」には、学習機能も備わっていて、繰り返し学習することで、その人に合った最適な目覚めの時間にアラーム機能を設定することができます。

内蔵されている生体センサーは、医療機器と同等の計測ができるようです。

では、その仕組みについて、より詳しくご紹介していきましょう。

「Neuroon」ってどんなアイマスク?その仕組みに迫る!

「Neuroon」は、ハイテク睡眠用アイマスクとして販売されています。

では、その仕組みについて詳しくご紹介していきます。

「Neuroon」に内蔵されている生体センサーは、脳波、筋肉運動、体温の計測や睡眠中の身体の動きなどを計測することができます。

そして、その計測されたデータを元に睡眠の質の向上を図り、最適化するための分析が行なわれます。

分析された結果、その個人の状態に合わせたアドバイスや、睡眠プログラムの提供をスマートフォンのアプリから閲覧することができます。

このアプリでは、睡眠中の心拍数や浅い眠りの時間、深い眠りの時間などの計測、それぞれの睡眠の長さなどの計測結果を見ることができます。

また、このアプリでは、海外旅行などでの時差ボケの解消にも効果のある睡眠プログラムも提案されます。

使い方は、旅行先をアプリに入力するだけで、現地の時間に合わせて、飛行機の中での睡眠プログラムが提案されるようです。

そのためには、フライトの約1週間前から「Neuroon」を使い始め、データを収集させる必要があります。

日常の睡眠から計測されたデータを元に、起床するのに最も最適なタイミングでアラーム機能が発動するように設定できるのです。

そのため、すっきりとした目覚めを実現できるとされています。

その他、仮眠プログラムというものもあり、2時間ほどの短い睡眠時間で、快適に目覚めることができる機能も搭載されているようです。

アイマスク「Neuroon」で快適な2時間睡眠は可能なのか

アイマスク「Neuroon」を使って、2時間ほどの快適な睡眠をとるには、上記でご紹介した仮眠プログラムを使うことになります。

実際にこの商品を使い、レビューをしている方がいました。

その方は、「Neuroon」の精度はどれほどのものなのか、2時間ほどの睡眠で快適な目覚めを体感できるのかを検証しています。

数ヶ月に渡って、複数の方で実際に「Neuroon」を使って実験したそうです。

その実験方法は、実際に医療で使われている、睡眠ポリグラフ検査で用いられている検査装置と「Neuroon」を比較して、その一致率などを調べたものです。

その結果、睡眠ポリグラフ検査装置で、起床するのに適切であるという判断をしたタイミングと、「Neuroon」が起床するのに適切であるという判断をしたタイミングが一致したのが、73.8%だったようです。

この数字は、高い数値であると言えるようです。

また、今度は逆に、起床するのに適切でない場合の一致率も比較しています。

睡眠ポリグラフ検査装置では、起床するのに適切でないと判断した時に、「Neuroon」では、起床するのに適切であるという判断がされて、一致しなかった数値が、31.6%だったそうです。

つまり、起床するのに適切でないタイミングで、3回に1回は「Neuroon」が間違った判断をしていることを指摘していました。

もちろん、100%という数値は期待しすぎですが、3回に1回は失敗してしてしまう、という検証結果が出たようです。

個人差なども影響するので、この数値が全てではありませんが、実際には、2時間の睡眠で快適な目覚めは必ずできるというものではないようです。

2時間ほどの仮眠時間で作業効率UP

上記の検証結果では、「Neuroon」は、3回に1回という割合で、間違った判断で起床を知らせてしまうということがわかりました。

しかし、実際仮眠をすることにより、その後の仕事の効率が上がったり、やる気が出たりすることはありますよね。

まるっきり「Neuroon」に頼ってしまうのは、やや不安がありますが、仮眠でこのアイマスクを使う程度であれば、問題ないのではないでしょうか。

「Neuroon」には、上記でもご紹介したように、アラーム機能があります。

普段、睡眠時間2時間~4時間程度の仮眠をするという方は、「Neuroon」を使ってみるのも十分に価値があるのではないでしょうか。

「仮眠したあと、ちょっとだるい」、「仮眠の目覚めをもう少しすっきりさせたい」などといった場合には、このアイマスクを使ってみるのもおすすめです。

ある程度の精度は期待できるアイマスク「Neuroon」

今回ご紹介したアイマスク「Neuroon」は、100%ではないにしても、それなりの精度で快適な目覚めを体感できるものということがわかりました。

もちろん、この検証結果は、あくまで参考程度として捉えてください。

この検証結果が全てではないということを踏まえた上で、アイマスク「Neuroon」に興味をもたれた方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 - 睡眠