布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

心地の良いベッドルームにしたい!インテリアのポイントは?

2019.2.3

忙しい日々の疲れを癒す「ベッドルーム」は、心が落ち着くインテリアコーディネートにしたいものです。

就寝前にはゆったりとリラックスした時間を過ごし、翌日へのモチベーションを上げていきましょう。

この記事では、安眠効果が期待できるベッドルームのつくり方についてお話しします。

それではまず、寝室に最適な「色」から解説していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ローベッドの下に収納スペースを!ベッドの高さを上げる方法

ローベッドを使用している人は沢山いますよね。 ローベッドを使用することで、お部屋の空間が広がっ...

フランスベッドの技術を集約!マットレスは薄型タイプが好評

日本の環境や風土に加え、日本人の体型やライフスタイルにあった寝具を追求し続ける「フランスベッド」...

蛍光灯と白熱電球の寿命を決める要因&おすすめな照明の色!

住宅で使用されている照明の蛍光灯や白熱電球が切れると、交換するのが面倒で嫌ですよね。 電球は可...

アメリカのベッドメイキングにチップはなぜ必要?徹底解析!

アメリカに行くとよくベッドメイキングしてもらったときや、レストランなどでチップというものを支払うとい...

おしゃれな北欧ナチュラルをインテリアに取り入れる方法とは

北欧ナチュラルのおしゃれなインテリアのお部屋って、憧れますよね。 少しのテイストを生活に取り込...

種類の多いベッドマット!おすすめの安いマットレスはどれ?

ベッドマット(マットレス)の良し悪しは、価格で決まるものでしょうか? そうとばかりは言えません...

二段ベッドには布団乾燥機が有効!毎日清潔なお布団で休もう

二段ベッドを使用していると、お布団を干すのに苦労しますよね。 お布団は重いのに、抱えてはしごを...

ベッドのマットレスは汚れている!マットレスのお手入れ方法

毎日使うベッド。 そのマットレスは、汗や皮脂、フケやアカ、ホコリなどで汚れています。 ...

ベッド下のデスクは使いにくい?ロフトベッドの上手な選び方

ロフトベッドは、狭いお部屋を有効に使える、とても便利なものですよね。 しかし、その一方で「ベッ...

エレガントで可愛い!人気の姫系デザイン寝具カバー紹介!

フリルやレースなどの装飾が施されたラブリーでエレガントな姫系デザインの寝具カバーは、寝室をお姫様...

部屋をオシャレにコーディネート!ベッドもインテリアに変身

最近、北欧インテリアや男前インテリア、モノトーンインテリアやDIYなどが流行していますよね。 ...

2人で寝るには狭い?ダブルサイズのベッドの正しい大きさ!

ダブルサイズのベッドは、シングルサイズの2倍の大きさがあると思っている方も多いでしょう。 実は...

選ぶならシングルベッド?ダブルベッド?くっつけると便利?

新しい環境で暮らそうとする時、楽しみのひとつに家具選びがありますが、その中でも、大切なのがベッド...

和室を子供部屋に!ラグなどのインテリアでお洒落に変身!!

子供が小さい間は危険な事もあるので、ママの目の届くところを子供部屋にできたら安心という方も多いのでは...

夏の寝具はどう選ぶ?赤ちゃんが快適に過ごすための方法は?

毎年夏になると、暑くて寝苦しい夜が続きますよね。 大人でも体調管理が難しい真夏など、赤ちゃんの...

スポンサーリンク

ベッドルームには落ち着きのある配色を!

安眠できるベッドルームに仕上げていくためには、色の使い方から学んでいく必要があります。

そこで、癒しや安らぎ、リラックス効果が期待できる色を見ていきましょう。

○ブルー

爽やかなブルーカラーは、空や海といった自然物を連想させます。

そのため、気持ちが落ち着く作用があるようです。

さらに、睡眠を促進する効果まで期待できるので、ベッドルームには最適なカラーと言えます。

○グリーン

同じくグリーンカラーからも、木や森、葉っぱといった自然物をイメージします。

そのため、安心感や癒し、リラックス効果が期待できるでしょう。

実際に、観葉植物をベッドルームに取り入れることもおすすめです。

○ブラウン

ベージュや木目調などのインテリアも含まれます。

茶系統の色味をベースにすることで、温もりや安心感を演出することができるでしょう。

これは、大地を連想させることが理由のようです。

次に、ベッドルームにはあまりおすすめすることができない色を見ていきます。

●レッド

鮮やかなレッドカラーは、交感神経を優位にさせてしまいます。

そんな状況では、なかなか質の良い眠りにつけませんから、なるべく多く使用しないようにしてください。

同様の理由から、彩度の高いビビットなピンクやオレンジなどにも注意しましょう。

心が落ち着くベッドルームインテリア①シンプルテイスト

ここからは、安眠効果が期待できるベッドルームのインテリアテイストをご紹介します。

まずはじめに取り上げるのは、「シンプルテイスト」です。

言葉だけではイメージしにくいかもしれませんが、とにかく無駄な物を排除していくことが求められます。

「快適な睡眠をとるためだけに存在するお部屋」といった印象ですね。

メインカラーにはホワイトや生成色、ベージュ、グレージュなどがおすすめで、色数を使い過ぎないことにも注意していきましょう。

家具や雑貨は必要最低限で抑えつつ、シンプルな構成でレイアウトします。

用意するインテリアアイテムは、柄物よりも飽きのこないデザインが適しています。

そのため、ベッドリネンの風合いや質感、素材感がポイントとなるのです。

洗いざらしのような肌触りのベッドリネンであれば、お部屋全体の空気感を心地の良いものにしてくれるでしょう。

これならきっと、睡眠の質も上がるはずです。

心が落ち着くベッドルームインテリア②北欧テイスト

続いてご紹介するインテリアテイストは、「北欧テイスト」です。

北欧テイストのアイテムは、自然の豊かさがテーマになっていることが多いため、心を落ち着かせる効果やリラックス効果も期待できるでしょう。

カーテンやベッドリネンには、植物柄やアニマルモチーフのテキスタイルが適しています。

さらに、ウッド調の家具が多いことも、おすすめする理由のひとつです。

ベッドのフレームには、ナチュラルなウッド素材を選んでみてください。

もちろんその他の家具も同様です。

ナイトテーブルやクローゼットまで、木材の色味を統一できると素敵な印象になります。

また、北欧テイストのお部屋は植物との相性が良いため、前述したように観葉植物などを飾ってみましょう。

例えば、ハンギングネットを使って鉢を吊るすと、よりナチュラルな空間へと仕上がります。

この場合、ツルがのびる「オリヅルラン」や「ワイヤープランツ」がおすすめです。

温かみのある優しい雰囲気のベッドルームで、眠りの質を高めましょう。

心が落ち着くベッドルームインテリア③西海岸テイスト

次にご紹介するインテリアテイストは、「西海岸テイスト」です。

そもそも西海岸テイストのインテリアは、アメリカ西海岸の雰囲気を表現しています。

海辺を連想させることから、高いリラックス効果が期待できるようです。

アクセントとしてブルーカラーを上手に取り入れながら、開放感のある爽やかなベッドルームに仕上げましょう。

西海岸テイストにおいては、デニム生地が好まれる傾向にあります。

カジュアルな雰囲気をお望みであれば、ぜひ積極的に使っていきましょう。

寝室の場合、ベッド下に敷くラグマットで取り入れるのがおすすめです。

もしくは、ベッドリネンをデニム生地風のプリントにする手もありますよ。

さらに、海を感じられる雑貨をレイアウトするのがおすすめです。

流木やロープ、シーガラス、貝殻を飾れば、より西海岸のテイスト感が増していくことでしょう。

また、壁には木材のフォトフレームを取り付け、お気に入りの写真やアートを入れてみてください。

すると、それだけで西海岸の気分に浸れます。

心が落ち着くベッドルームインテリア④アジアンテイスト

続いてご紹介するインテリアテイストは、「アジアンテイスト」です。

海外のホテルリゾートに訪れたかのような演出で、身も心も癒されていきましょう。

ベースカラーには、ブラウンなどのアースカラーが適しています。

モダンな印象にしたい場合は、差し色を極力控えてください。

家具やベッドフレームは、自然素材を編み込んだタイプのものがおすすめです。

アジアンテイストは、ラタンやアバカといった植物が使用されており、強度や耐久性に優れています。

また、ベッドの上部から布を垂らすだけで、天蓋のような演出ができます。

このひと手間でお部屋のテイスト感が増していくので、ぜひとも取り入れてみましょう。

透け感のある生地をチョイスすれば、圧迫感が和らぎます。

さらにリゾート感を演出したいときは、照明にこだわってください。

ベッドのサイドに間接照明を設置すると、ムーディーな雰囲気になります。

旅行気分を味わえるベッドルームで、就寝前のゆったりとしたひとときを過ごしましょう。

安眠するために控えたい行動とは?

これまで、安眠効果が期待できるベッドルームのインテリアづくりについてお話ししてきました。

最後になりますが、安眠するための予備知識として「睡眠の質を下げてしまう行動」を把握しておきましょう。

普段やってしまいがちなことばかりですから、きっと参考になるはずです。

<スマホをいじるのはNG!>

スマートフォンやパソコンなどの画面からは、ブルーライトが放たれています。

このブルーライトは、眼や脳への刺激が強いため、安眠の妨げとなってしまいます。

よって、ベッドルームにスマホを持ち込むことは避けたいですね。

<寝る直前に食事をするのはNG!>

体のために、消化にかかる時間を考慮してあげましょう。

体内の臓器に負担がかかっていると、深い眠りにつきにくくなってしまいます。

目安としては、就寝前の2~3時間程度、食べ物を食べない時間をつくるのが理想的です。

それでもお腹が減ってしまったときには、消化に良いものを食べてください。

<カフェインの摂り過ぎはNG!>

コーヒーやエナジードリンク、緑茶にはカフェインが多く含まれています。

カフェインには、覚醒作用や強心作用があるので注意が必要です。

「摂取するのはお昼まで!」というルールを決めてしまうのが良いかもしれません。

安眠効果が期待できるベッドルームに!

今回は、リラックス効果の高いベッドルームインテリアについてのお話が中心でした。

いくつかのインテリアテイストを取り上げましたが、それぞれに違った魅力がありましたね。

寝室を模様替えする際の参考となれば幸いです。

また、インテリアコーディネートが完璧であっても、睡眠の質を下げるような行動をとっていては意味がありません。

普段の生活習慣まで、きちんと見直していけると良いですね。

 - 寝具全般