ベッドはシングルサイズが便利!アウトレット品でも大丈夫?

コンパクトなシングルベッドは、さまざまな使い方ができ、便利でメリットも多いでしょう。

また、少しでも費用を抑えたい方は、お値打ちなアウトレット品を購入するのもアリですね。

そこで今回は、「シングルベッド」や「アウトレット」についてお話ししていきます。

これから、シングルベッドを購入する予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お布団やマットレスが欲しい!そんなときは通販でゲット!

お布団やマットレスを購入しようと思い立ったら、まずは通販サイトを覗いてみましょう。近頃は、さ...

デッドスペースが大変身!ベッド下収納ケースのおすすめは?

ベッド下のデッドスペースといわれる空間は、工夫次第で衣類や雑貨、寝具などの収納スペースとして利用でき...

ベッドに除湿シートは必要!?有効的な除湿シートの使い方

ベッドの生活は便利ですが、ベッドも寝具である以上、寝汗などの湿気とは縁が切れません。ベッドの...

毎日使う寝具だからこそ取り組みたい!ダニ対策のやり方とは

毎日使っている寝具の中には、実に多くのダニが生息しています。これでは不衛生な上、アレルギーな...

濡れた髪のままお布団で眠るとカビ菌が!ドライヤーの重要性

疲れた時に髪を乾かさずにお布団で眠ってしまうことはありませんか?実は、髪が濡れた状態のまま眠...

ヨーロッパの家は日本の家よりも照明が暗いって本当?

ヨーロッパへ旅行に行って、ホテルに宿泊した際、日本の照明に比べて暗いと感じたことはありませんか?...

ダウンライトを交換したいけどペンダントライトはおすすめ?

ダウンライトは、見た目がすっきりしていて、部屋を広く見せてくれます。また、演出効果が高いので、お...

お布団と毛布の正しい重ね方は?毛布の種類別の使い方とは

皆さんはお布団と毛布、どのように使っていますか?人によって使い方はさまざまですよね。...

洗えないマットレス・・・カビ対策はどうすればいい?

マットレスやお布団に黒いカビが発生して悩んではいませんか?そのまま寝てもよさそうな気はします...

暑い日も部屋を涼しく快適に!家電の節約やインテリアのコツ

暑い日には、エアコンでお部屋を涼しくしたいですよね。ですが、エアコンの電気代って、結構かかります...

夫婦と子供の三人暮らし、寝室や子供部屋はどうする?

現代、夫婦と子供の三人暮らしというご家庭は多いのではないでしょうか。そんな三人暮らし、子供は...

押入れとクローゼットの違いは?収納におすすめなのは?

押入れとクローゼットの違いってご存知ですか?押入れは主に和室にある収納場所で奥行きがあるもの...

ベッドで寝具の順番は決まってる?正しく敷いて快適な睡眠を

寝具売り場に行くと、様々な寝具小物が販売されていますよね。しかし、中にはベッドパッドや敷パッ...

ベッドのサイドテーブルをおしゃれに!選ぶ時のポイントは?

ベッドの横にサイドテーブルをひとつ置くと、お部屋の印象が大きく変わると思いませんか?サイ...

お布団の裏側に生えたカビを取る方法って?カビの予防法は?

いつもきちんと掃除しているつもりでも、湿気の多い季節になると「お布団にカビが生えていた」という経験を...

スポンサーリンク

ベッドのサイズを学ぼう!

シングルベッドは、ベッドサイズにおいて2番目に小さいサイズです。

基本的なベッドサイズは、以下の通りになります。

●セミシングルサイズ:幅70cm~98cm未満のベッド

こどもや小柄な女性向けのサイズです。

●シングルサイズ:幅98cm程度のベッド

男性でも寝られて、一人で使用するのにちょうど良いサイズ感です。

●セミダブルサイズ:幅120cm程度のベッド

二人で寝ることもできますが、一人でゆったりと使用するのがおすすめです。

●ダブルサイズ:幅140cm程度のベッド

二人で寝ても、ゆとりを感じるサイズです。

●クイーンサイズ:幅160cm程度のベッド

高級ホテルで使用されるサイズで、二人で寝ても、かなりの余裕を感じられるでしょう。

●キングサイズ:幅180cm程度のベッド

夫婦とこどもなど、三人で寝ることができます。

このように、ベッドにはさまざまなサイズがあります。

肩幅の両側に30cmずつスペースがあれば、狭さを感じることはありませんので、アウトレットでベッドを購入する際にも、これを意識すると良いでしょう。

シングルベッドはとっても便利!

シングルベッドは、6畳以下のお部屋やワンルームに適しています。

狭いお部屋に置いたとしても、あまりスペースをとりませんし、搬入の面においても問題はないでしょう。

また、動かしやすいので、頻繁に模様替えする方にもおすすめです。

そして、コンパクトでお部屋のインテリアを邪魔することも少ないので、より魅力的なお部屋に仕上がります。

そんなシングルベッドですが、二人向けのベッドとして活用することもできます。

シングルベッドを2つ用意して、くっつけて並べてみましょう。

すると、キングサイズよりも広い、ワイドキングサイズのベッドが完成します。

これなら、通常よりも費用を抑えつつ、大きいサイズのベッドが手に入りますね。

アウトレット製品であれば、さらにお安く購入できます。

もちろん2つのベッドを離すこともできますから、さまざまな用途で使用することができますよ。

アウトレットで賢くお買い物!

ここからは、アウトレットの製品についてお話ししていきます。

アウトレットの製品には、「キズ物」や「不良品」といった、マイナスイメージをお持ちの方も多いでしょう。

もちろんそのような理由から、お値段が安くなっている製品もあります。

しかし、その他のちょっとした理由によって、アウトレット品として扱われているケースもあるのです。

■展示品だった

お店に展示してあっただけで、アウトレット品になることがあります。

実際に、他人に触られていなくても、これに該当します。

その場合は、使用しているわけではありませんから、お値打ち価格で新品を購入することができるとも考えられます。

しかし、使用状況は確認できることではないため、展示品の場合は、他人の手に触れられている可能性があることは頭に入れておきましょう。

■型落ちした

デザインの変更やリニューアルなどにより、お店側で不要となった製品もアウトレット価格になります。

■生産が終了した

生産が終了してしまうと、お店での取り扱いがなくなることがあります。

■売れ残った

早く売ってしまいたい製品は、アウトレット価格で販売することがあります。

発注ミスの場合も同様です。

■パッケージに凹みやキズがある

本体に落ち度がなくても、パッケージに問題があると、アウトレット品として扱われることがあります。

アウトレット品には、これらの理由も考えられます。

これらの理由の中には、買い手側としては、気にならないことも含まれているでしょう。

シングルベッドをお得に手に入れたいのならば、アウトレットセールをチェックするのがおすすめです。

シングルベッドを買う前に!アウトレットの注意点

それでは次に、シングルベッドをアウトレットで購入する際の注意点をご紹介します。

<修理できるのか>

生産が終了している型であれば、付属品が手に入らなくなることも考えられます。

また、正規品ではないからと、修理に対応してくれないケースもあります。

こういったリスクを踏まえた上で、購入しなければなりません。

<ほつれの程度>

これは、マットレスやお布団のB品によく見られます。

「小さなほつれであれば気にならないだろう」と思っていても、使用していくうちに大きな穴になってしまう可能性があります。

自分で対処できるのか、事前にシミュレーションすることが必要です。

また、アウトレット品は、返品不可になっていることが多いです。

そのため、サイズの確認を忘れてはいけません。

そして、少しでも納得のいかないことがあるときには、購入を控えることも大切です。

いくら価格が安いからといって、すぐに使えなくなってしまうようでは、元も子もありません。

キズ物のシングルベッドはアイディアでカバーしよう!

アウトレットで、キズ物のシングルベッドを買ったときは、どのように配置すれば良いでしょうか。

今回は、ベッドフレームの側面にキズがついている場合を想定してみましょう。

そのようなケースであれば、キズのある側面を壁にピタッとくっつけて配置することで隠せます。

これなら、全くキズが気にならなくなりますが、お部屋のレイアウト上、難しいこともあるでしょう。

そんなときは、少々手間はかかりますが、自分でペイントすることでカバーできます。

ベッドフレームが木材であれば、染料を含んだ浸透性のオイルがおすすめです。

キズを完全に隠すことは難しいかもしれませんが、お気に入りのカラーにペイントすることで、インテリアの雰囲気を変えることもできます。

そしてなにより、ベッドに愛着が湧きますね。

一方で、ツルツルとした素材のベッドフレームであれば、シールタイプのウォールステッカーなどを貼って誤魔化すことも検討してみましょう。

シールタイプであれば、貼りなおすこともできますから、不器用な方でも安心です。

好みの柄やモチーフを選び、個性あふれるオリジナルのベッドを完成させましょう。

ネットでアウトレットを利用するときのポイント

最後に、ネットでシングルベッドを購入するときのポイントについてお話しします。

通販でベッドを購入するメリットは、店舗に足を運ぶ必要がないことと、自宅まで自力で運ぶ手間がないことです。

そのため、比較的気軽に購入できますが、実物を目視で確認することが不可能なので、ベッド選びに失敗してしまうことも多いでしょう。

そんな失敗を防ぐためにも、以下のポイントを押さえてください。

まず、通販サイトで気になるベッドがあれば、掲載されている「店側のコメント」をよく確認します。

そして、ベッドの状態を把握した上で、写真と見比べます。

コメントと写真の状態が一致していることを検証し、キズや汚れがあれば、その度合いを確かめます。

このとき、小さそうに見えるキズであっても、「実際に届いてみたら目立つ」といったケースがあります。

そのため、慎重に許容範囲を見極めてください。

また、保証年数や配送エリア、アウトレット理由などにも目を通しましょう。

アウトレットを賢く利用するために

今回は、便利なシングルベッドやアウトレット製品についてお話ししました。

用途の多いシングルベッドは、アウトレットでお安く手に入れることがおすすめです。

アウトレット品になっている理由を確認し、納得した上で購入しましょう。

上手にキズや汚れをカバーしながら、自分らしくインテリアを楽しんでください。