布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ワンルームを快適に!ベッドスペースは「間仕切り」で区別!

2018.10.4

ワンルームの物件は、コンパクトなつくりで家賃も安く、単身者には最適な間取りですよね。

しかし、「ベッドスペースなど、生活空間の区別をつけるのが難しい」というデメリットもあります。

そこで今回は、さまざまな「間仕切り」のアイディアをご紹介します。

ご自分に合った解決方法を見つけて、快適な日々を送りましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

100均で発見!ガラスを取り入れたインテリアに使えるグッズ

100均は絶えず新商品が出ていて、いつ行っても飽きずに楽しめますよね。 お部屋を安くおしゃれに...

猫用のベッドは寒い冬にはほっかほかじゃなきゃだめニャン!

「猫はこたつで丸くなる~」という童謡のイメージのように、猫は寒い冬が苦手と思われています。 実...

プチプラで大成功!おしゃれな収納で楽しめるインテリアに

お部屋を片付けたくても、収納が足りなくてつい床にものを置いたままになってしまうなんてこと、経験ありま...

カーテンも安い!ニトリの「お値段以上」を実感!安さの理由

マイホームの購入、一人暮らし、ルームシェア、同棲、様々な場面で住まいに必要不可欠なカーテン。 ...

キッチンカウンターの用途は食事?作業?上手な活用法とは!

ダイニングやリビングを見渡すことのできる対面式のキッチンは憧れますね。 最近では、そんな対面式...

ベッドと壁掛けフレームを取り入れてアンティークな寝室へ

アンティークと言うと、どんなことを思いますか? 骨董品や猫足の家具、金銀の装飾品など高級なイメ...

キッチンの壁紙はどう選ぶ?おしゃれで人気な壁紙を紹介!

キッチンの壁紙は、他の部屋よりも汚れによる劣化が進みやすいため、貼り替えたいと思っている方も多い...

led照明の寿命は短い?本当に省エネ?特徴や電気代について

「自宅で使っている白熱電球、そろそろledに買い替えようかな」とお考えの方に、ぜひ、この記事をご一読...

100vのコンセントで使用可能な容量とは?電力について知ろう

100vのコンセントの容量は、どれくらいなのでしょうか? 世界各国で電力の容量は異なっており、...

ロフトベッドのおすすめ!安い価格で高品質なベッドを厳選

ロフトベッドは、空間を有効活用できる機能的なインテリアです。 ベッドの下の空間に、デスクやテレビ...

寝具や安眠グッズをプレゼントして大切な彼女を喜ばせよう!

喜んで欲しいからこそ、大切な彼女へのプレゼントは何にしようか悩みますよね。 お付き合いして...

夫婦と子供の三人暮らし、寝室や子供部屋はどうする?

現代、夫婦と子供の三人暮らしというご家庭は多いのではないでしょうか。 そんな三人暮らし、子供は...

赤ちゃんの寝具は難しい?冬を快適に過ごすお布団の選び方

赤ちゃんの寝具ってどのように選んでいますか? まだ話すことができない赤ちゃんには、今掛けている...

ネット通販で人気のキッチンタオルのおすすめをご紹介!

キッチンで料理や洗いものの際中に頻繁に使用するキッチンタオルは、衛生的なものがおすすめです。 ...

エタノールで消毒しても赤ちゃんに害はないの?

赤ちゃんが生まれると、毎日楽しいけれど同じくらいの心配がありますよね。 中でも消毒の仕方で悩むママ...

スポンサーリンク

ワンルームを間仕切りしてみよう!

ワンルームの物件は、いわゆる「1K」とは異なり、キッチンと居室スペースの間に扉がありません。

そのため、工賃を省くことが可能になり、比較的家賃が安いのです。

しかも、扉や壁が少ないことから「開放感を得られる!」と、若者を中心に人気が上昇しています。

そんなワンルームにお住まいの方は、ご自分のお部屋を見渡したときに、どのような印象を抱きますか?

すっきりと整頓されていて、魅力的なインテリアに仕上がっているでしょうか。

生活感が丸出しの残念な空間では、せっかくの一人暮らしも台無しですよね。

そこで、今回ご紹介したいのは、ワンルームにぴったりな「間仕切り」の活用法です。

間仕切りとは、部屋と部屋との間を仕切ることや、その仕切りを指します。

この間仕切りさえマスターすれば、くつろぐ空間の「リビングスペース」と、睡眠をとる「ベッドスペース」を、簡単に区別することができます。

さらに、レイアウト次第では、来客に見られたくないベッドスペースを完全に隠すことも可能です。

間仕切りを上手に活用して、ワンルームのインテリアコーディネートを楽しみましょう。

それでは次章より、アイディアをご紹介します。

ワンルーム間仕切りの基本!ベッドスペースには「パーテーション」

ここからは、ワンルームを想定した「間仕切り」のアイディアをご紹介していきます。

まずはじめに、間仕切りとしてスタンダードな「パーテーション」の活用方法を見ていきましょう。

パーテーションには、主に2種類のタイプがあります。

1つは「自立タイプ」で、もう1つは「突っ張りタイプ」です。

自立タイプは軽量なので、掃除や模様替えのときなど、気軽に移動できて大変便利でしょう。

その上、折りたたみ式であれば、不要時に収納することもできます。

一方で、ベッドスペースを個室のように使いたいケースでは、突っ張りタイプがおすすめです。

しかし、天井まできっちりと仕切ってしまうと、空間に広がりがなくなってしまいます。

そのため、圧迫感を軽減させるデザインのパーテーションを選びましょう。

うっすらと透ける「半透明」のものや、隙間のあいている「桟デザイン」が好ましいですね。

さらに、機能面にも注目してみましょう。

読書が好きな方には、「マガジン収納ポケット」をあしらったパーテーションがおすすめです。

ベッド側に収納ポケットがあれば、インテリアの雰囲気を邪魔することがありません。

そして、荷物の多い方には、フックのかけられる「メッシュ」のパーテーションが最適です。

上手に活用すれば、お部屋をすっきりとした印象に変えることができます。

このように、ご自分の生活スタイルに合った使い方を考えてみてくださいね。

間仕切りになる「シェルフ」の使い方

続いてご紹介するのは、「シェルフ」を使った間仕切りです。

広々としたワンルームの抜け感を残したい方は、「オープンシェルフ」を選んでみましょう。

オープンシェルフとは、背板や扉のない棚のことで、主に装飾品をディスプレイするために使われます。

これをベッドの側面や足元に設置すれば、圧迫感を最小限に抑えながらも、間仕切りとしての役目を果たしてくれます。

そして、さらなる開放感を求める方は、シェルフを「ロータイプ」にしてみましょう。

そうすることで、視線を遮ることなく、ベッドスペースを区別することができます。

しかし、このとき気をつけていただきたいのは、ベッドも同じくロータイプにするということです。

人気の「すのこベッド」であれば、ロータイプ仕様になっていることが多いため、大変おすすめです。

なるべく重心を低く設定し、お部屋全体を広く見せられるよう工夫してください。

ベッドスペースを「カーテン」で隠す!

「ベッドスペースを他人には見せたくない!」「ベッドスペースは自分だけの特別な場所」そんな考えをお持ちの方には、「カーテン」での間仕切りがおすすめです。

ベッドをワンルームの奥に配置して、その側面にカーテンを吊るしてみましょう。

突っ張り棒や画鋲を使えば、簡易的ではありますが、すぐに吊り下げることができます。

サッとカーテンを閉めれば、完全に目隠しをすることができるため、これで突然の来客も安心ですね。

そして、カーテンの素材や吊るし方によって、お部屋の雰囲気をアレンジすることもできます。

例えば、天井からポリエステル製のアコーディオンカーテンを直線的に吊るせば、シックで洗練されたイメージになります。

また、透け感のあるリネン素材のカーテンを、ふんわりとたるませれば、ナチュラルな雰囲気を演出することができます。

カーテンは面積が大きく視界に入りやすいため、インテリアコーディネートの要となるアイテムです。

そのため、決して妥協せずに選んでくださいね。

「ソファ」で仕切る!快適ワンルーム

パーテーションやカーテンで、ベッドスペースをきっちりと仕切ることに抵抗がある方は、「ソファ」で緩やかな間仕切りをしてみましょう。

まずは、ベッドの側面にソファを配置するケースをご紹介します。

ベッドの側面に、背を向けるようにソファを配置してみてください。

こうすることで、ソファが壁のような役割を果たし、自然と視線も遮ることができます。

このとき、ベッド側に簡単な収納スペースを設定するのも手です。

次は、海外のワンルームでよく目にする、ベッドの足元にソファを配置するケースです。

ベッドの側面にソファを配置するケースと同様に、ベッドの足元に、ソファの背を向けるように配置してみましょう。

スペースの区切りができる上に、ベッドに寝ているときも、リビングスペースが気にならなくなるという利点があります。

配置するソファは、ボリューミーで脚が高めであるほうが、より間仕切りとしての効果が高まるでしょう。

このように、目線をうまく誘導して、開放感のあふれる快適なワンルームを目指しましょう。

ベッドスペースは「グリーン」でリラックス!

最後にご紹介するのは、観葉植物などの「グリーン」を利用したワンルームの間仕切りです。

鉢植えのグリーンであれば、ベッドの側面や足元に置くことで、ほどよい抜け感を保ちつつ、しっかりとスペースを区切ってくれます。

グリーンは、なるべく葉っぱが多いほうが、目隠しとして役に立ちます。

そして、枝が垂れるタイプのグリーンを天井から吊るして間仕切りする方法もあります。

やり方は簡単で、天井からフックを下げて、区別したいスペースに吊るすだけで完成です。

こうしたグリーンには、リラックス効果もあるので、ベッドスペースにはぴったりなアイテムになります。

さらに、空間をお洒落に演出してくれる優れものです。

しかし、「忙しくて植物の世話をする時間がない…」という方もいるでしょう。

そんなときには、本物そっくりな「フェイクグリーン」でも代用可能です。

近年は、精巧なフェイクグリーンが安価で手に入るため、お気に入りを探してみましょう。

間仕切りで快適な生活空間へ

今回は、ワンルームのインテリアに便利な「間仕切り」のアイディアをご紹介しました。

ベッドスペースを完全に仕切りたい方には、パーテーションやカーテンがおすすめです。

そして、インテリアとの調和を楽しみたい方は、シェルフやソファを利用してみましょう。

お部屋の模様替えをする際には、是非この記事を参考にしてみてください。

 - 寝具, 寝室, 生活