これって寝すぎ?睡眠過多による頭痛の仕組みと予防法

お昼寝から目覚めたり、休日に寝だめして昼頃に起きたりしたときに、頭痛が起こることがあります。

せっかく疲れを取ろうと十分な睡眠時間を取ったのに、頭が痛くなってしまったら、うんざりしますよね。

こういった症状は、睡眠過多による頭痛だと考えられます。

では、どうすれば予防することができ、起こってしまった頭痛を取り除くことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

副腎疲労は万病のもと!症状で睡眠や精神にも影響する?!

「最近、なんだか疲れやすい!」「寝付きが悪くなった...。」こんなお悩みがある方は、副腎疲労が原...

快眠のために!!マットレスの上に敷くおすすめな物は?

おそらくほとんどの方がベッドにマットレスを敷いて寝るか、敷布団をフローリングや畳に直置きして寝ること...

夢が怖いから寝れない!怖い夢を見てしまう原因はなに??

寝ると怖い夢を見てしまって、寝れない。なんてことはないでしょうか。まず、怖い夢を見るにも実は...

最近は子供の睡眠障害が増えている!?その原因と対処法は?

近年、睡眠障害を発症する子供が増加しています。睡眠障害は、大人の病というイメージが強いで...

睡眠の質を知ると生活が変わる?睡眠計測器紹介と選び方!

最近は、睡眠計測器などを使って、自分の睡眠の内容を理解している人が増えているのではないでしょうか。...

上質な睡眠に関する本ならこれ!amazonおすすめランキング!

「眠りが浅く、昼に眠気が襲ってくる」そんな日々を過ごしていると、疲労が溜まり、昼間のパフォーマン...

寝室のカーテンが短いし薄くて隙間があって寒い!対策は!?

冬の寝室がひんやり寒いと辛いですよね。寒さ対策としてやっておきたいのが、カーテンの見直しです。...

白とオレンジが生活と睡眠にもたらす効果をご紹介

皆さんは、お部屋をコーディートする際、どういった点をポイントにしていますか。暖色系を基調とし...

自然の奏でる音の下で睡眠を深めよう!様々な自然の音の効果

「川のせせらぎ」などの自然が奏でる音には、心を緩ませ、穏やかに睡眠へ誘う力があると言われています...

赤ちゃんにとって快適な睡眠がとれる室温を詳しく知ろう!

生まれたばかりの赤ちゃんは、熱い・寒いといったことをはじめ、様々なことをまだ言葉に出して伝えることが...

子供のベッドの転落防止対策とは!?安全に寝かせるポイント

子供のベッドからの転落事故は、ママなら誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?大人にとっ...

睡眠不足によるめまいや症状!その対処方法を知っておこう!

最近、寝ていても疲れが取れない、目覚めが悪い、などといった症状はありませんか?それは、もしか...

壁のコンセントをアース付きに交換は出来る?アースの必要性

壁のコンセントについている、アースってご存知ですか?このアースというのは、家電などから出る、電磁...

疲労や体力の回復には何より良質な睡眠!そのためにできる事

ストレス社会の現代、心身ともに疲れが取れないとお悩みの方が多いのではないでしょうか?ただ...

心地良い睡眠のために導入したいストレッチとは?方法って?

長時間のデスクワークなど、同じ姿勢で仕事をすると、とても疲れますよね。そんなとき、首や肩まわ...

スポンサーリンク

睡眠過多と頭痛の種類

睡眠過多で頭痛が起きるときに、片頭痛なのか緊張型頭痛なのか、よくわからない方も多いと思います。

片頭痛とは、指すような痛みが連続して続いたり、頭がガンガンする痛みが多く、波がある頭痛です。

頭を動かすと痛みが増し、吐き気をもよおしたり、実際に吐いてしまうこともあります。

光、音、においに敏感になり、視界がチカチカすることもあるでしょう。

一方、緊張型頭痛は、頭を縄で締めあげられるような、鈍い痛みが特徴です。

徐々に強くなり、後頭部の下から頭全体に広がるように痛みます。

何日も痛みが続くことがありますが、実際に吐くことはなく、頭を動かす動作と痛みの関係性が低いのが特徴です。

この2つの頭痛は、どちらも睡眠過多によって見られる症状です。

片頭痛なら、副交感神経が活発になって血管が広がり、三叉神経が圧迫されて起こります。

そして、緊張型頭痛の場合は、寝るときの姿勢が悪く、どこかが硬直したり圧迫されていたことから起こります。

肩こりもともなうことがあります。

見分け方を覚えて、適切に対処していきましょう。

2つの頭痛と解消法

睡眠過多によって頭痛が起こると言っても、その対処法は、片頭痛か緊張型頭痛かによって異なります。

それでは、それぞれの解消法を見ていきましょう。

〇片頭痛の場合

片頭痛の場合は、適度に冷やすことでやわらぐことが多いです。

首の後ろのくぼみを、冷却シートや氷枕で冷やしたり、冷たいタオルを当てるだけで、気持ちがよくなることがあります。

また、紅茶やコーヒーなどのカフェインをとって交感神経を刺激したり、薄暗くて涼しい場所でゆっくり休むことも効果的です。

ひどい時には、1ミリも動きたくないような最悪の状態になりますが、体からのメッセージに従って、頭痛薬などを飲んで寝ていた方がいいでしょう。

また、首や頭を揉むと悪化しますのでやめましょう。

〇緊張型頭痛

緊張型頭痛の場合は、片頭痛とは逆に、温めることが有効です。

頭痛の程度にもよりますが、温タオルでじんわり温めると、スーッと痛みがひいていくのを感じることが多いです。

時間が許すなら、お風呂につかったり軽い運動をしたりして、筋肉の緊張をほぐしてください。

寝る前に血行をよくするのも効果的です。

また、枕の高さを変えたり、掛け布団の重さを調節したり、お布団のへたりをチェックしたりして、改善点を見つけていきましょう。

なぜ睡眠過多になるのか

頭痛を起こさないためには、睡眠過多にならないように、規則正しい生活を送ることが大切です。

しかし、分かってはいても、つい寝すぎてしまう場合もあります。

日頃から睡眠時間が少なかったりすると、その分を取り返そうとして、いつまでも寝ていたくなるものです。

「寝だめ」は睡眠不足解消の効果はないのですが、脳疲労などが溜まっているとつい、ダラダラと寝ていたくなります。

また、睡眠時間は確保できていても、「質が悪い」というケースもあります。

就寝前のスマホ、カフェインの摂取、電気やテレビの消し忘れなど、心当たりはないでしょうか。

また、ソファやコタツで寝てしまったり、お布団を掛けないで寝てしまったりして、体が疲れたり冷えたりしてしまうと、良質な睡眠とは言えません。

そして、精神的な疾患や生活習慣病などでも、過眠症状が現れることがあります。

うつ病、躁うつ病、糖尿病、肥満、睡眠時無呼吸症候群など、医療機関の受診が必要なケースもあるでしょう。

睡眠過多を繰り返すなら病が隠れているかも!?

頭痛のお話からは離れてしまいますが、何度も繰り返す睡眠過多には、実は病名がついているのをご存知でしょうか。

「寝ても寝ても眠い」という状態は、「ナルコレプシー」という病気の可能性があります。

つまり、「過眠症」なのですが、投薬治療をしないと改善しない深刻な症状も見られます。

夜だけでなく昼間から眠気に耐えられず、どんなところでも眠くなってしまい、日常生活に支障をきたすほどの症状になります。

うたたねすると一時的に眠気は覚めますが、またすぐ眠くなってしまうのです。

また、目覚めると金縛りのように体が硬直したり、笑ったり怒った際に体の力が抜けてしまったり、夢をたくさん見たり、といった症状が特徴です。

医療機関を受診すると、規則正しい生活の指導やストレス解消法の提案などが行われ、必要に応じて「交感神経刺激薬」が処方されています。

抗うつ薬が出されることもあります。

頭痛の原因になる睡眠過多の予防法!①

では、頭痛を引き起こすこともある睡眠過多を予防するためには、どうしたらいいのでしょうか。

ここでご紹介する予防法は、先ほどの病的な過眠には効果はありませんが、「たまに寝すぎてしまう」といった悩みを解決する方法です。

といっても簡単な心がけをご紹介するだけで、「必要な時間寝たら眠くても我慢して決まった時間に起きる」ということに尽きます。

体に合ったお布団を選び、就寝前はブルーライトを浴びず、ゆっくり入浴し、自然な眠りについてください。

できれば、その日のうち(夜12時まで)に寝た方がいいでしょう。

そして、6時間以上は睡眠時間を確保し、決まった時間に起きます。

「睡眠時間が足りているかどうか」を確認する方法としては、起床後4時間経って、自分の状態をチェックしてみることです。

起きて4時間くらいの時間帯は本来、一番覚醒しているものです。

それなのに眠気があったら、もう少し睡眠時間を伸ばしてみましょう。

頭痛の原因になる睡眠過多の予防法!②

睡眠過多を予防して頭痛を防ぐ方法として、他にも挙げられるのが、「記録をつける」ということです。

毎日、寝た時間と起きた時間を記録して、その日1日どんな気分だったかを書きとめてみましょう。

記録をつけると、今まで気が付かなかった悪い習慣や癖、そしてそれがどう影響しているのか発見できることがあります。

その日の気分や体調、食欲の変動を〇×で記すだけでもいいでしょう。

また、緊張型頭痛のところでも書きましたが、運動の習慣は大切です。

外に出るのが億劫なら、スクワットなどの筋トレやストレッチ、エクササイズでも大丈夫です。

また、安らげる寝室づくりも効果的だと考えられます。

ハーブの香りを取り入れたり、間接照明を灯してみたり、温度設定を考えてみたり、できるところから少しずつ始めましょう。

乾燥していたり、湿気でムシムシしていても寝苦しいものです。

湿度調節も、忘れないでくださいね。

睡眠過多にならないで健康的に過ごそう

睡眠不足もよくないですが、寝すぎも当然よくありません。

頭痛だけではなく、自律神経失調症になってしまうこともあり、仕事や家事、車の運転などに悪影響をおよぼします。

お休みの日だからといって、いつまでも寝ていたりすると、一日中頭が痛くてつぶれてしまうこともあり得ます。

心置きなく眠り続けるのも幸せな時間ですから、たまにならいいのですが、繰り返してしまうようなら注意が必要です。