布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

不要となった中古ベッドを売る!その時の相場を検証する!

2018.4.25

引っ越しなどで不要となったベッドは、どのように処分しますか?

粗大ごみとして自治体で処分することを選ぶ人も多いですが、最近では様々な方法で売ると考えることも多くなりました。

家具買取業者やリサイクルショップなど、その売買方法はいろいろとありますが、その方法によって、相場も異なります。

中古ベッドをいかに高く売るためには、どのようなポイントがあるのでしょうか?

不要ベッドを売る方法と共に考えていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

インテリアをカントリー風に!キッチンをアレンジしよう!

カントリー風なインテリアって憧れますよね。 まずは、自分で手のかけやすいキッチンやベッドルーム...

来客用敷寝具の収納が面倒!マットレスは折りたたみがラク!

来客が来た時の寝具の出し入れって、結構面倒ですよね。 来客用の大型ベッドマットレスが用意されて...

ベッドマットレスのダブルが欲しい人必見!おすすめ商品紹介

「疲れたから眠いなあ!」とベッドに入っても、ベッドマットレスが合わずに熟睡できない、ということあ...

目的別!西川マットレスのおすすめはこのモデル!

西川のマットレスは、1969年に床ずれ防止用として病院向けに開発された「クレーター状マットレス(...

ベッドに天蓋を付けてみよう!現代も使える防寒の知恵

ふわふわのオーガンジーに囲まれた天蓋付きベッドは、女の子が一度は憧れる、お姫さまの必須アイテムではな...

可愛いペットの睡眠を快適に!ベッドを安いコストで作ろう!

犬や猫、うさぎやハムスター、中には爬虫類や珍しい動物など、家族の一員としてペットを飼っている人も...

お得な寝具セットは通販サイトで購入!その利点や注意点は?

近年は、インターネットの普及により、通販サイトで買い物をする機会が増えました。 さまざまな通販...

おしゃれ女子必見!!部屋の寝室に黒を使っておしゃれに!

黒は重厚感のあるインテリアコーディネートをするのに適した色で、黒の割合が多い部屋は、“重苦しい”や“...

ベッドが窓際で寒い!!寒くて眠れないときの対処法

窓際の冷気ってすごく寒いですよね?? ベッドを窓際に置いて寝ている人はあまりの寒さに目が覚めること...

快晴の空に舞う!黒い「いったんもめん」布団干し袋の謎

良く晴れた日、ご近所のベランダで黒いいったんもめん(ゲゲゲの鬼太郎にも登場する妖怪のことで一反木綿と...

LEDダウンライトは交換できるの!?その費用はどのくらい?

LEDのダウンライトは交換できないというのは本当でしょうか? もし交換可能であれば、費用はどの...

寝室照明をダウンライトからシーリングライトに変更できる?

寝室にダウンライトを設置したけれど「眩しくて眠れない!」なんて方のために、シーリングライトへの変更は...

リラックスできるベッドルームに!自分色のコーディネート術

ベッドルームは、できるだけリラックスできる落ち着いた雰囲気にしたいですよね。 「自分の世界観で...

高性能エアウィーヴのベッドマットレスは家で洗濯できる!

プロのアスリートも使用しているということで有名な、高反発エアウィーヴは、マットレスの他、敷布団や...

赤ちゃんのための寝具の選び方!6つポイントを押さえよう!

筋肉や骨格が未発達で身体が繊細な赤ちゃんにとって、寝具は発育に影響を与える重要なアイテムです。 ...

スポンサーリンク

不要のベッドを売る!その相場はブランド名が影響する?

就職や異動、結婚などでの引っ越しの際には様々な不用品が出ます。

その際に、いろいろと処分しなければならないものの中に、大きな家財としてベッドがありますね。

ベッドは引っ越し先に持って行く場合もありますが、引っ越し料金が高くなることや、耐久性も考えると、引っ越し前に処分して、引っ越し先で新しいものを購入するという人も多いようです。

では、不要となったベッドの売る場合、その相場はどれくらいなのでしょうか?

購入時は高かったものも、数年使っていることで、かなり安くなってしまうのではないかと不安になる人もいますね。

中古ベッドの相場は、ベッドメーカーやマットレスのブランドなども大きく関わってきます。

シモンズやレガリア、テンピュールなどの高級ベッドやマットレスのブランド商品であれば、それなりに高い相場となるでしょう。

もちろん、使用年数や使用状況によっても大きく変わりますが、一つ目の査定基準はブランドであるかないかに大きく左右されることは間違いありません。

中古ベッドはどのように対処するべきなのか?

不要となったベッドを、どのように活用するべきなのかは意外にその判断に迷うところですね。

たとえば、引っ越しまでに日にちがない場合は、早く判断しなければなりません。

そのため、買い手がつくまで待っている余裕がなければ、粗大ごみとして処分してしまう人もいるでしょう。

また、リサイクルショップなどの家具の買取業者に一任してしまうこともありますよね。

実際に中古ベッドを何かの媒体を使って売ることは、時間も手間もかかることから、あまり実践する人は少ないのかもしれません。

しかし、最近では個人での売買もスマホ一つで簡単に行うことができるようになり、かなり手軽な手段として話題となっています。

話題のネットオークションなどでは、シングルベッドは2000円台から出ていますし、手軽なシステムのため、かなり多くのものが出品されており、その相場はかなり幅広いものとなっています。

その出品されたものの中から、ブランド、使用年数などを比較検討して購入できるのですから、購入する側も手軽で簡単なシステムと言えますね。

ベッドを家具買取業者に売る場合の相場

家具買取業者に一任することは、その場ですぐに決済をしてくれることから、急いでベッドを売ることを優先している人にはお勧めです。

しかし、家具買取業者による中古ベッドの相場はかなり低めと考えざるを得ません。

いくら有名なブランドのベッドであっても、多くの商品を手掛けている、言わばプロの家具買取業者にとっては、それだけを高値で買い取ることは少ないのです。

かと言って、通販などで購入したノーブランドのベッドはほぼ買い値が付かないほどで、受け付けてもらえないこともあるでしょう。

傷や汚れが多いものは買取業者にとっても、売れる可能性が低くなるため、あまり積極的に買い取ってもらえないのが現状です。

高級ブランドのベッドで、しかも使用年数が少ない場合などは、クリーニングなどのサービスも実施している買取業者もあるので、探してみる価値はありますね。

また、たばこやペットの臭いが付いている場合は、染み抜きや脱臭をしなければまず売れないため、買取業者に買い取ってもらうことは難しく、処分という意味で無償で引き取ってもらうだけになってしまう可能性もあります。

ネットオークションなどでベッドを売る場合の相場

最近では、自宅にいながら写真を撮ってサイトにアップするだけで売ることができる、ネットオークションの利用が多くなっています。

この場合、ベッドがすぐに売れるかどうか心配になるところですが、引っ越しなどの日数が迫っている場合は、金額を安めにすれば、もちろん早く買い手つきやすくなるでしょう。

また、一か所だけでなく、複数のサイトに申し込むことで売買が早く成立することもあります。

いずれにしても、ネットオークションの場合は、買取業者と違って、こちらから売値を提示するので、相場を自分で判断して値段を決めることができますね。

事前に買取業者に見積もりをしてもらっていたら、その金額よりも少し高めに設定して、様子を見るのもありだと思います。

買取業者に任せる場合は、かなり安い買取金額を提示されますから、それよりは少し高めで良いでしょう。

最初に設定しても様子を見て、問い合わせなどの動きもなければ、金額を見直すこともできます。

また、宅配業者と連携した大型商品の梱包、搬出、配送などに特化したメルカリなども話題となっており、その手軽さはかなり人気となっています。

中古ベッドを売る時のポイント

不要となった中古ベッドといっても、少しでも高く売りたいのは当然です。

では、そのためにはどのようなことに気を付けたら良いのでしょうか?

まずは家具買取業者に一任してみて、そこで買取してもらえなかったら、買取相場は下がりますが、リサイクルショップへ売ることも一つの方法でしょう。

中古ベッドに少しでも高い値段を付けてもらいたいのであれば、できる限りの努力が必要です。

まずは、できるだけ綺麗な状態で用意をすることです。

見積もりを依頼する前に、ベッドの汚れ、傷をできる限り払拭しておきます。

また、購入した時の説明書、保証書などがあれば、揃えておきしょう。

ネジが外れているような箇所があれば確認をしておき、見積もりの際には明示することが必要です。

綺麗なベッドシーツや枕などの付属品があれば、まとめて売りに出すのも一つの方法です。

ブランドの商品であれば特に、付属品の存在は重要となってきます。

付属品があれば、ぜひまとめて売ることをお勧めしますね。

メーカーによっては回収をしてくれるところもある!

不要になった中古ベッドでも、売ることでいくらかの収入になります。

ですが、いずれにしても手間がかかる作業です。

もし、新しいベッドを購入することを考えている場合、ニトリでは回収、引き取りサービスを実施しています。

これは、ニトリで新しいベッドの購入して、古いベッドを処分したいという場合に、回収と引き取りをニトリで行ってくれるサービスです。

購入するベッドと古いベッドの配送先が同一の住所であることや、ベッド数が同じことなどの条件を満たせば、一つの注文につき、3000円で古いベッドを処分することができます。

リサイクルショップでの売買、ネットオークションでの売買の相場を考えると、決して得をする金額ではないと思いますが、確実に古いベッドを処分できることを考えると、考慮する価値はあるでしょう。

また、3000円であれば、自治体や業者に処分を頼むよりも負担は少ないですね。

古いベッドを処分するまでに日数が限られている場合や、手間をかけられない場合などはニトリの回収、引き取りサービスを利用するのも良いでしょう。

中古ベッドを売る際の相場は方法によって様々

中古ベッドを処分したい時、その方法はいろいろとあります。

家具買取業者に委託する場合、リサイクルショップに持ち込む場合、あるいはネットオークションに出品する場合、あるいは自治体などに粗大ごみとして出す場合です。

そのベッドの使用年数や使用頻度、商品の状態によって、その方法は決められてきますが、家具買取業者、リサイクルショップ、ネットオークションによって、その相場は様々です。

最終的には売り手側がその相場に納得して処分することになりますが、少しでも高く売りたければ、手間と時間をかけることが大切だということがわかります。

 - 寝具全般