布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

睡眠を正しく取る!短時間でも深い眠りを手に入れる方法!

2018.4.5

私たちは毎日、様々なストレスと闘いながら過ごしています。

そのストレスをリセットしてくれるのが睡眠です。

しかし、なかなか寝つけず、不眠気味という方もいることでしょう。

そして、昼休憩に睡魔が襲い、眠くなることもありますよね。

そこで、短時間でも深い眠りに入れる方法があるとしたら、ぜひ知っておきたいという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、不眠の原因や深い眠りに入るための方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ドアの隙間の音もれを軽減したい!外からの騒音対策って?

ガラス窓や木製の室内ドアからは、楽器の音や映画の音楽・効果音、ダンスの足音が外に漏れやすくなります。...

幼児の睡眠中の咳の原因って?すぐに出来る対処法とは?

子供が寝ている間に咳をしていると、辛そうで心配になりますよね。 咳には、様々な種類がありますが...

子どもの睡眠には絵本がおすすめ!眠りを誘う人気の絵本紹介

睡眠前に子どもに本の読み聞かせをする人は多いのではないでしょうか。 やさしい明りで本を読む...

睡眠が健康を阻む負債になる?リスクチェックで即確認!

突然ですが、皆さんは自分の睡眠に満足していますか? 「睡眠負債」という言葉が最近注目されていま...

大豆の恵みは豆乳で効果を発揮!睡眠の質をアップしよう!

大豆は昔から、「体によいもの」と言われています。 「畑の牛肉」と呼ばれるほど栄養価が豊富で、私...

赤ちゃんがよく眠る!夜泣き対策に役立つ睡眠グッズとは?

「赤ちゃんがなかなか寝ない!」とお困りのママは多いのではないでしょうか? やっとの思いで寝かし...

睡眠中によだれが垂れてしまう原因とは?対策方法教えます!

「つい電車でウトウトしていたらよだれが垂れてた!」、「朝起きたらよだれの跡が!」という経験、あり...

寝る前に聴く音楽は癒やし効果がある?波の音は良いの!?

最近眠りが浅くてスッキリしない、なんて方も多いと思います。 夢も良く見るのになぜか眠りが浅いと...

悪夢や元彼・元カノの夢を見る原因とは?対処法は?

「好きな人の写真を枕の下に敷いて寝ると彼が夢に」なんてことを聞いたり試したりしたことはありますか? ...

赤ちゃんが睡眠中に笑うのはなぜ?いつから笑ってくれるの?

赤ちゃんの寝顔は、周囲の人を癒してくれる不思議な力があります。 そして、この寝顔をじっと見ている...

洗顔後や寝る前に、顔の保湿してますか!?寒い冬の乾燥対策

女性は特に顔や肌の乾燥が気になりますよね。 この乾燥をどうにかしたいと悩む方は、多くいらっしゃ...

落ちた視力を回復させる方法は?睡眠や食事が重要だった!

近年、スマートフォンやパソコンの使用、睡眠不足などが原因で、視力低下に悩む人が増えています。 ...

マンションの換気扇ダクトの定期点検・清掃が必要な理由は?

マンションには「換気扇ダクト」というものが設備されています。 普段、あまり気にしたことはあり...

睡眠不足は甘く見てはいけない!血圧に悪影響・病気の原因に

寝る前に考え事をしたり、忙しかったりと、普段と少しでも違う出来事が起きたりするだけで、ちゃんと眠れな...

睡眠が脳を元気にする!疲労の原因物質である活性酸素とは?

「疲れたときは寝るのが一番!」 昔からそのような言葉はよく耳にしますが、実はこの言葉にはち...

スポンサーリンク

睡眠の重要性を考える

人間は人生の約30%が睡眠に使われると言われています。

その中で、深い眠りを取ってあまり寝なくても大丈夫と感じている人と、長い時間寝ても眠りが浅いと感じる人と、いるでしょう。

これには、睡眠は時間だけでなく、質の良し悪しが問題とも言えます。

しかし、質を上げるための方法を知らない方も多くいることでしょう。

そのため、睡眠の質の上げ方を知りたいと思う方もいるかと思います。

この質を上げる方法は、後ほどお伝えさせていただくとして、まずは睡眠がどれだけ私たちに影響を与えるのか考えてみましょう。

睡眠不足と言われる人たちが感じていることは下記のようなことです。

①なんとなく疲れやすい

②ストレスを感じる

③ドカ食いしやすい

④些細なことでイライラする

⑤集中力が続かない

⑥注意が散漫になる

この中でいくつか当てはまることがあれば、もしかしたら睡眠障害があるかもしれません。

睡眠障害の原因①

睡眠障害、不眠と言われる人々には、共通の問題点があります。

それは、睡眠時間は取っているはずなのに、何故か寝付きが悪かったり、すぐに目覚めてしまって深い眠りに入れない、というものです。

では、睡眠障害、不眠と言われる人たちの原因を探ってみましょう。

その原因を探ることで、深い眠りに入れる方法を考えます。

睡眠障害の人の多くは「心理的原因」と言われています。

これは、何らかのストレスに関連して起こる不眠で、家族や友人間の悩みや仕事の悩みなどです。

この場合は、眠れなくなった前後の出来事を詳しく検証することで明らかになることが多いでしょう。

また、「身体的原因」の場合もあります。

これは、身体の病気や症状が原因で起こる不眠で、外傷や関節リウマチなどの痛みを伴う疾患の場合が多いですね。

あるいは、湿疹やじんましんのような、かゆみを伴う疾患の場合もあります。

この場合は、ある程度原因が絞り込みやすいので、身体的な病気や症状を治療することに専念し、改善をしましょう。

睡眠障害の原因②

そのほかで考えられるものとして、「精神医学的原因」があります。

これは、心理的原因よりも一歩進んだ精神や神経の病の場合で、不眠を伴うことがほとんどです。

中でも不眠になりやすいのは、不安と抑うつです。

憂鬱な気分が続いたり、これまで楽しかったことが楽しめなくなった場合は、もしかしたらうつ病かもしれません。

もし、憂鬱な気分が続き、常に落ち込んでいるような状態になっている場合は要注意です。

この状態に陥ると、深い眠りに入る方法は薬に頼るしかなく、専門医の受診が必要となります。

また、病気治療中で、何か薬を服用している場合などは、薬理学的原因の可能性もあります。

代表的な薬には、抗がん剤、自律神経、中枢神経に働く薬やステロイドなどがあります。

服用している薬、飲酒、喫煙、カフェイン接種の習慣がないかを確認しなければなりません。

ドリンク剤には、意外とカフェインが多く含まれているので、注意が必要です。

意外なところでは、睡眠を妨げる環境による不眠の場合もあります。

これを生理学的原因と呼びますが、飛行機による時差ボケや、職場の勤務シフトなどによる生活リズムの狂いなどによる、ライフスタイルの変化によるものです。

この場合は、少しでも眠りやすい環境を作ることで、深い眠りに入る方法が見つかるでしょう。

決められた睡眠時間で深い眠りに入る方法

私たちには、それぞれの仕事があり、事情があります。

そのため、5時間などの短時間の睡眠で1日を乗り越えなければならない時もありますね。

そんな時、短い時間でも深い眠りに入ることができれば、質の良い睡眠を得ることができるでしょう。

そこで、深い眠りに入る方法を考えてみました。

こたつなどに入っていると、自然と眠ってしまったという経験はないでしょうか?

それには正当な理由があって、足先を温めると眠気が押し寄せるという事実があります。

そのことから、深い眠りにすぐに入りたいと思う時には、事前にお布団の中を温めておくか、湯たんぽなどを使って、瞬間に足先を温めると効果があるでしょう。

また、就寝前の入浴は38度くらいのぬるめのお湯につかることがお勧めです。

熱いお湯では肌に刺激があるばかりでなく、神経も立ってしまうので、ぬるま湯の方が良いとされています。

体を温めるという意味では、就寝前にノンカフェインの温かい飲み物を口にするのも良いでしょう。

深い眠りに入るには、睡眠前の雰囲気を作る方法が大切

誰でも睡眠前は早く眠りたいと気持ちが焦るものです。

しかし、気持ちが焦れば焦るほど睡眠からは遠ざかってしまう傾向にありますね。

深い眠りに入るためには、就寝1時間くらい前から準備をしましょう。

まずは、部屋の照明を暗くします。

寝室に入っていきなり暗いよりも、寝室に入る前のリビングでも照明を暗くしたり、キャンドルライトで部屋を照らすなどの雰囲気作りが大切です。

また、ゆったりとした音楽を流したり、気持ちが落ち着くアロマの香りを楽しむなど、寝る前の方法を決めておきましょう。

そのような雰囲気を作ったら、それを習慣化するようにしましょう。

深い眠りに入るためには、その雰囲気を壊さずにそのまま寝室で寝ることをお勧めします。

寝室は、寝るためだけの部屋にして、テレビを置いたり、スマホ、パソコンなどを持ち込まない方が良いでしょう。

テレビ、スマホ、パソコンのブルーライトは、眠りには適さないと言われています。

寝具選びは深い眠りを誘う睡眠方法

寝具の大切さは、実際に比べてみなければわかりませんが、枕一つでも大きな違いがあると言います。

敷布団や掛け布団も選択肢が広がりましたし、マットレスなども高反発、低反発など様々な種類ができました。

それぞれに良い点はあると思いますが、自分の好みの高さや沈み具合などで選ぶことが大切でしょう。

一番良いと言われるのは、寝返りが簡単に打てるかどうか、だとされています。

寝返りが簡単に打てないと、体が締め付けられる感じが強く、深い眠りに入るまでに時間がかかると言われているのです。

また、重すぎるお布団も眠りを妨げると言われています。

今は羽毛布団などが主流となっていますから、温かく、軽いお布団が多くなっていますね。

いろいろな睡眠方法がありますが、寝具を見直すのは一番手っ取り早い方法かもしれません。

大切な睡眠を守るには深い眠りに入ること!その方法を試してみよう!

睡眠時間が短い場合でも、その睡眠が深い眠りであれば、質の良い睡眠として、大きな意味があると言われています。

深い眠りに入るための方法は、寝室の作り方や生活リズムの組み立て、寝具の選び方など様々な方法があります。

あなたにとって、一番良い方法を模索してみましょう。

 - 睡眠