ベッドの移動は業者に任せて楽チン!どんな業者を選ぶ?

部屋の中に置かれた大きなベッドを動かすとなると、大変な作業ですね。

しかし、生活環境の変化や個人売買などで、ベッドを動かすことはあり得ることです。

そのような時は、業者に依頼してみましょう。

引っ越し業者ばかりではなく、ベッドの移動を引き受けてくれる業者は幾つかあります。

ぜひ、見積もりを取って比較してください。

では、それらの業者にはどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、ベッドの移動を引き受けてくれる業者についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

除湿シートをベッドで使用するときの敷き方の順番は?

除湿シートをベッドやお布団などの寝具とともに利用すると、ダニやカビ対策になります。体温で温め...

一人暮らしの男性のお部屋改革!ベッドを選ぶポイント

春になると、親元を離れて一人暮らしをするという男性はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?...

リラックスできるベッドルームに!自分色のコーディネート術

ベッドルームは、できるだけリラックスできる落ち着いた雰囲気にしたいですよね。「自分の世界観で...

腰痛対策マットレス「モットン」ゆったりセミダブルで熟睡!

腰痛対策マットレスの「モットン」をご存知でしょうか。ユーザーからの高い支持率や満足度を得てい...

ホテルから学ぶ!綺麗にベッドメイクする方法

ホテルに泊まったときに、シーツがピンとしたシワひとつない綺麗なベッドを見ると気分がいいですよね。...

ベッドと壁掛けフレームを取り入れてアンティークな寝室へ

アンティークと言うと、どんなことを思いますか?骨董品や猫足の家具、金銀の装飾品など高級なイメ...

ベッドパッドはウールとポリエステルならどっちが良いの?

ベッドをお使いの方も、敷布団をお使いの方も、最近ではシーツの他にも、保温性や通気性に優れたベッドパッ...

お布団のカビはなぜ生える!?取り方と対処法

お布団の中でも、敷布団は最もカビが生えやすいです。なぜ敷布団はカビが生えやすいのでしょうか?...

ベッドの脚はどうやって高くする?上手なかさ上げの仕方

「片付かないな...。」そう思った時、ベッドの上の空間が、とても無駄に感じたことはないで...

清潔なマットレスを保つために!掃除方法を知ろう!

あまり考えたくないかもしれませんが、マットレスにはさまざまな汚れやゴミが付着していたり、ダニやカ...

ブログで紹介したい、子供部屋収納術!使えるベッド周り!

子供部屋って、なかなか片付けられず物が散乱しているイメージがありませんか?なぜ片付けられない...

シングルベッドやダブルベッドの掛け布団サイズの選び方

お布団の上げ下げの必要もなく、クッション性のいいマットレスで腰にやさしいとも言われているベッド。...

新築に引き戸・開き戸、選ぶ際のメリット、デメリットは?

新築を建てるにあたって、たくさんのことを決めていかなくてはなりません。今回は、ドアについて詳...

ベッド・マットレスはバネ(スプリング)で決めよう!

郊外型の大型店舗には、ベッドの展示フロアが必ず見られるようになってきております。価格は、安い...

部屋をオシャレにコーディネート!ベッドもインテリアに変身

最近、北欧インテリアや男前インテリア、モノトーンインテリアやDIYなどが流行していますよね。...

スポンサーリンク

ベッドを移動するのはどんな時?

生活環境の変化などで、自宅の中で大きな家具を移動することが稀にありますよね。

また、最近は、インターネットと使ったフリーマーケット市場も一般的になりました。

そのため、使っていない家具を個人売買で売ることもあるでしょう。

このように、家具だけを運送する機会はあり得ることです。

とはいえ、大型の家具を動かすのは大変な作業です。

また、運搬するためには分解したり、組立したりしなければなりません。

特に、大型のベッドは、動かすのも分解するのも大変です。

できれば、業者にお願いしたいものです。

実は、大型のベッドを家の中で動かす作業を、引き受けてくれる業者があります。

こういった業者に依頼すれば、移動中にキズが付かないように養生してくれたり、万が一家の壁を壊してしまっても、修理費用を保険でまかなってもらえます。

また、引っ越し業者に依頼すれば、ベッドだけでも運んでくれます。

さらに、引っ越し業者以外にも、ベッドだけを運んでくれる業者もあるので、そういった業者に見積もりを取っての比較も可能です。

ベッドの移動を引き受けてくれる業者とは

自宅とはいえ、大型の家具を1人で移動するのは大変なことです。

もし、素人が無理に動かそうとすると、階段の上り下りで壁に穴を開けたり、家具に大きな傷を付けてしまうかもしれません。

このような時は、運送のプロがいる業者にお願いしましょう。

そして、自宅内の家具の移動を引き受けてくれる業者には、引っ越し業者など複数あります。

そういった業者に依頼すると、大抵の場合、作業者2人が自宅まで来て運搬経路の養生を行ったうえで運んでくれます。

その際、大型のベッドでは移動前にフレームを分解し、移動した後に元通りに組み立ててくれます。

なお、業者を利用する場合に気になるのは料金ですが、これは業者によっても違いますし、時期や曜日によっても変わってきます。

可能であれば、複数の見積もりを取って比較してみてください。

他の業者と比較していることを伝えて、平日の人が余っている日など、料金が安くなる方法を提案してもらうこともおすすめです。

また、ベッドの移動に関しては、引っ越し業者の他に、便利屋と呼ばれる業者や赤帽などの軽トラックを使う運送業者なども引き受けてくれます。

ぜひ、見積もりを取って比較してみてください。

ベッドの移動はそれなりの運搬費用がかかる

ベッドは家具の中でも大型のものですが、引っ越しなどでもそのまま運ぶことはありません。

そのままでは、大きすぎてドアから出ないこともあるからです。

大抵のベッドは、マットレスとフレームに分かれます。

マットレスは大型ですが、柔らかいのでドアや階段などからも運搬できます。

一方、フレームは大きすぎて、そのままドアから運び出せません。

そこで、分解して運搬するのが一般的になります。

もし、ベッドの運搬を業者にお願いすると、このベッドの分解と組立を短時間に行ってくれます。

なお、ベッドを解体したとしても長いパーツがあったり、大きなすのこがあったりするので、大型荷物であることは変わりません。

そのため、解体する場合や部屋から車まで運ぶことを考えると、作業者が最低でも2名必要になります。

また、トラックの荷台に積んだとしても、かなりかさばる荷物になるので、移動距離にもよりますが、運搬費用がそれなりにかかるものだと考えてください。

ベッドは宅急便では送れない?

今は、カタログやインターネットを通じて、いろいろな商品を購入でき、その多くが宅配便で運んでもらえます。

そして、そういったカタログには、パイプベッドなども含まれており、注文すると宅配便が自宅まで運んでくれます。

しかし、ベッドの多くは大型であるため、宅配便では送れないものがほとんどです。

宅配便は、縦・横・高さの合計が160cm以内と決められています。

幾つものパーツに分解できるパイプベッドなら、分解すれば160cm以内に収まります。

しかし、ほとんどの木製のフレームは長さが195cmあり、宅配便の制限をオーバーしてしまいます。

そのため、ベッドは宅配便では送れないと考えてください。

また、宅配便だけでなく、お得な単身パックなど単身赴任向けのサービスも行っているところもあります。

これは、決まった大きさのカーゴの中に引っ越し荷物を入れれば、一般的な引っ越しに比べて安価に運んでもらえるサービスです。

しかし、ベッドは分解したパイプベッドでさえ、このカーゴの中に入りません。

このサービスでは、移動中、複数のカーゴを1台のトラックでまとめて運びます。

そのため、ベッドのようにはみ出すようなものは入れられないのです。

ベッドの運搬を業者に依頼する場合のパターン

ベッドは宅配便では送れませんが、ベッドだけを送る方法は幾つかあります。

まずは、引っ越し業者に相談してみてください。

費用が多めにかかりますが、家の中の運搬経路を事前に下見をして、分解したうえで移動中にキズが付かないように養生してくれます。

もし、高級ベッドだけを運搬したい場合は、引っ越し業者に依頼してください。

また、宅配便では送れないとしても、宅配便業者では大型の家具の運搬も請け負ってくれます。

ただし、費用は宅配で送るよりも余計にかかります。

宅配便業者の中には、大型家具運搬を専門で行ってくれるサービスを請け負っているので、特に遠方に運ぶ場合は、こういったサービスを検討してください。

もし、比較的近くの場所に、より安価に運搬したいと考えている場合は、軽トラックを利用した運送業者に依頼するものもありますので、検討されてみるといいでしょう。

大抵のベッドは、解体すれば軽トラックの荷台に載る大きさです。

また、こういった業者は引っ越しも請け負うので、ベッドの分解や組み立てなども安心して依頼できます。

ベッドの運搬を業者に依頼するなら保険の確認をしよう

引っ越ししようとした場合、複数の引っ越し業者から見積もりを取って、価格を比較してから依頼するのが基本です。

これは、引っ越し業者によって、運ぶ荷物の数などで価格設定のやり方に違いがあるからです。

ベッドを移動する場合も、複数の業者に見積もりを依頼するのは同じです。

運ぶ距離や、派遣してもらえる人の数などで費用が変わってきます。

もちろん、家の中だけで移動する場合も、複数の業者の価格を比較してみてください。

そのような業者の中でも、おすすめなのは、移動中に保険を適用してもらえる業者です。

高価なベッドを移動しようとした場合、移動中にぶつけて破損してしまっては、大きな損失です。

特に、中古品として個人売買するつもりだったらなおさらです。

後でトラブルにならないように、保険は重要です。

そして、大手の引っ越し業者や宅配業者は、運搬中の保険を適用してもらえます。

ぜひ、費用の比較だけでなく、そういった安心感についても比較してください。

ベットの運送には、まず業者を比較して検討しよう

ベッドの移動を引き受けてくれる業者についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

これまでご紹介したように、ベッドを移動するには費用がかかります。

もし、安価なベッドを移動しようとすると新しいベッドを購入できるくらいの費用がかかります。

そして、移動するよりも、新しいベッドを購入した方がよい場合もあります。

よく考えたうえで、業者をうまく活用してみてくださいね。