布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ベッドルームをオシャレにするなら海外インテリアを参考に!

2018.3.11

オシャレなベッドルームって憧れますよね。

海外のインテリアを見て、オシャレに感じる方もいるのではないでしょうか。

そこで、オシャレなベッドルームにするために、参考となる海外インテリアをご紹介していきましょう。

ここでは、海外インテリアのどんなところを参考にするのか、また、オシャレなベッドルームでよく用いられるコーディネイトなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

シーツの洗濯の仕方とほこり対策!ぜひ知っておきたい選び方

シーツは直接肌に触れるものなので、いつも清潔にしておきたいものです。 きれいに洗ったシーツはとても...

マットレスは折りたたみ!狭いシングル世帯の部屋も広々活用

6~8畳くらいのシングル世帯向けの物件に住んでいると、時折部屋が狭いと感じることがありますよね。...

畳の上にウッドカーペットを敷いた時のメリット・デメリット

畳の上にウッドカーペットを敷いて部屋の雰囲気を変えたい! もしくはすでに敷いている方、いらっし...

6畳の和室でもおしゃれに。畳のお部屋のコーディネート方法

6畳の和室でもインテリアにはこだわりたいですよね。 和室ならではの雰囲気は、日本人としてやはり心が...

インバーター蛍光灯が壊れた!自分でできる修理の方法とは?

インバーター蛍光灯は、蛍光ランプ特有のチラツキがなく、目にとても優しい明かりです。 また、 高周波...

彼氏に私の部屋を素敵だと思われたい!掃除のポイントは!?

大好きな彼氏を自分の家に招くときは嬉しい反面、少し慌てますよね。 特に、突然の自分のお家デート...

ベッドは簡単に手作りできる!木製パレットで海外風の寝室に

木製の「パレット」を使った、手作りベッドが流行しています。 ナチュラルでラフな空間を演出できる...

使用中の寝具では肩冷えする!冷え対処法とおすすめグッズ!

眠りに就く時に肩や首に冷えを感じると、寒くて眠れない事ってありますよね。 「首肩の冷えを防ぐ良...

寝室がクッションフロアの賃貸マンションでベッドのへこみ!

賃貸マンションなので、クッションフロアが傷つかないように、絨毯やマットをひいて対策しますよね。 ...

アスリートが認めたマットレス !高反発といえば西川のエアー

今や、多くのアスリートたちが遠征に自分のマットレスを持っていく時代です。 これは、食事やトレー...

人気の寝具セットを紹介!ダブルも選べるセットを厳選

ネット通販で人気の寝具セットは、枕や掛け布団、敷布団が一度で揃うため一人暮らしを開始する方や、来...

ダイニングテーブルやベッドによる床の傷防止の方法!

ダイニングテーブルやベッドは毎日使う上、それなりに重さがあるため、長年使っていると、床に傷がついてし...

マットレスを床に直に置く際の工夫やおすすめのすのこを紹介

マットレスを床に置いて寝ている人は多いとは思いますが、皆さんはどのような工夫をされているでしょうか。...

マットレスのカビの取り方って?どんな薬剤を使うのが良い?

いつもしっかりと寝室の換気をしているつもりでも、気づくと「カビが生えていた」という事ってありますよね...

ASLEEPのベッドフレーム!アルミにプラスで木質を演出!

自動車のトヨタグループの部品メーカー、アイシン精機が立ち上げたベッドブランド「ASLEEP」。 ...

スポンサーリンク

海外インテリアのどこを参考にする?

海外では、日本よりもベッドルームによりこだわっている方がとても多くいるように感じます。

最近では、インスタグラムやピンタレストなどの写真がベースになっているSNSで、こだわったベッドルームを紹介している投稿がたくさんありますね。

もちろん、ベッドメイクに正解はありません。

自分自身が満足できれば、それが正解なのです。

そのため、まず行うこととしては、あなたの今のベッドルームに何を配置するのかではなく、ネットに投稿されている海外のインテリアを見て調査することです。

・ベッドルームのテーマカラー(ウッドベースやモダン)は?

・壁紙(クロス)はどんなものを使っているのか?

・どんなカーペットを使っているか?

・照明はどんなものを使っているか?

・小物はどんなものが置かれているのか?

・どんなカーテンを使っているか?

・ベッドに使われている枕はどんな枕なのか?

・壁にどんなものが掛けられているか?

などなど細かく見て、視点を変えることで想像も膨らみ、あなた好みのベッドルームが思い描いていけます。

最初は、じっくり色んなコーディネイトを見て、参考にできる写真をピックアップしていきましょう。

ベッドルームに配置するオススメの海外のインテリアアイテムとは?

ベッドルームに配置したいオススメの海外インテリアアイテムについてご紹介していきます。

インターネットで、たくさんの海外インテリアの写真などを見ても、どれを買えばいいのか分からない方もいらっしゃると思うので、ベッドルームに置くことで印象が変わる海外のインテリアアイテムをご紹介します。

・枕
・テーブル
・カーテン
・ゴミ箱
・シーツ
・ブランケット

などがあります。

日本からでも海外のショッピングサイトを利用して購入することができるので、安心して購入ができます。

海外のショッピングサイトで販売されているのは、柄や色などのデザインが豊富な為、デザインが同じになるなんてことは余程のことがない限り無いでしょう。

それくらい、品揃えも豊富でデザインのバリエーションも豊富なのです。

もし、ガラリとベッドルームの印象を変えたいという方がいれば、先程の一覧から一つ選んで変えてみてはいかがでしょうか?

全体的にではなく、新しく買ったものを一つ置いておくだけでも、雰囲気が違ってくるので徐々に揃えていくのもオススメですね。

海外インテリアから学ぶちょっとした工夫でオシャレに魅せる方法とは?

海外のインテリアを色々見ていくと、色んな工夫がされていたりします。

その中でも、簡単にできてオシャレに魅せるテクニックをご紹介していきます。

【間接照明を利用する】

よく用いられる場所としては、ベッドの下などです。

ベッドの下にある隙間にオレンジ色の照明を活用することで、柔らかい温かみのある雰囲気に変化します。

【木材が利用されたアイテム】

こちらは、木材が利用されたテーブルや置物などを配置すると、オシャレな雰囲気が作れます。

意外と、小さなアイテムでも並べたり、テーブルの真中に配置したりするだけで、オシャレに見せることができます。

【色を統一する】

紹介する中で、最も変化の違いが分かりやすいかと思います。

色を統一するということは、どういうことなのでしょうか。

簡単に言うと、カーペットとカーテン、テーブルクロスなどに使用している布の色を統一することです。

他にも多くの方法がありますが、簡単にできてオシャレに魅せる方法を一部ご紹介しました。

理想のベッドルームの条件を決める

海外のインテリアから様々な考え、テクニックが学べたところで、次に自分自身が必要とする理想のベッドルームの条件を決めていきましょう。

あまり難しく考えなくて大丈夫ですが、条件がぱっと出てこない方に、一例として下記に大まかな条件をご紹介してみます。

・テレビがある

・小さな冷蔵庫がある

・クロスはレンガチックなもの

・空気清浄機や除湿機がある

・カーペットがある

・植物がある

・ベッドの近くに腰の高さぐらいの棚がある

などなど、大まかに自分のベッドルームに必要な条件を書き出してみましょう。

でも、「なぜこんな面倒なことをしないといけないのか」と思う方もいらっしゃるかと思います。

理由は単純で、最初に決めたほうが早く終わるというメリットがあるからです。

最初にある程度の条件を決めないと、途中であれもこれもと色んな家具が欲しくなってしまい、考える時間が大幅に増えてしまうのです。

そうならない為にも、最初で条件をある程度決めて、途中で脱線させないようにする必要があります。

そのためにまずは、ベースを作り終えて、一段落して色んなエッセンスを加えるようにするほうが望ましいです。

ベッドルームの構成が決まったらテーマカラーを決める

海外インテリアで調べてみると、色んなベッドルームがあり、色んなテーマや色が盛り込まれていますよね。

ベッドルームの条件などが決まったら、次にテーマカラーを固めていきましょう。

たくさん見られた方は、逆に決めることが難しいかもしれません。

そこで、一部オススメのテーマカラーを筆者にてピックアップしてご紹介していきます。

【テーマカラー:青】

テーマカラーを青にすると、清潔感のある印象の空間になります。

気持ちを落ち着かせる効果もあるので、ベッドルームにオススメです。

【テーマカラー:赤】

赤にすると、温かみのある印象の空間になります。

太陽の光が入りにくく、全体的に部屋が暗い場合は、赤を取り入れるといいです。

【テーマカラー:緑】

緑は、リラックスや癒やしの効果があります。

こちらの色もベッドルームにオススメな色となっています。

【テーマカラー:白】

白は光が反射しやすい色となっているので、日光が入りやすく、他の色との相性が合わせやすい色です。

色に困ったら、白をベースに組み立てていくのもいいかもしれません。

ベッドルームを考えるときに忘れてはいけないこと

ここまでで、「海外のインテリアを参考にする」、「条件を決める」などと言ったベッドルームを考える上での基本をお伝えしました。

ですが、ベッドルームを考えていく上で根本的に忘れないでほしいことが一つだけあります。

それは、「睡眠」の重要性です。

「睡眠」のことを考えずに、ベッドルームを作っていってしまうと、眠りづらいベッドルームになってしまう恐れがあります。

気に入ったものを色々配置してしまうと、返って睡眠の質を悪くしてしまう場合があるのです。

そのため、ベッドルームの条件は、

・テレビを置かない
・音響設備を整える
・空気清浄機を置く

となっています。

テレビはブルーライトを発生させ、睡眠の質を悪くしてしまう恐れがあります。

音響設備は、睡眠の質を高める音楽があるので、それを流すことでよりよい睡眠が取れます。

空気清浄機を置くと、室内の空気がクリアになり、快適な睡眠を得ることができます。

これらは、あくまで筆者の見解も含んでいるので必ずではありません。

ですが、ベッドルームを作るときには必ず、根本的な睡眠のことを忘れないようにしましょう。

自分次第でオシャレなベッドルームになる!

海外インテリアを参考する際に見るべきポイントはいくつもありましたね。

海外のインテリアは、オシャレだからこそ、真似をするのが難しいと感じることもあるでしょう。

ただ、これだけは忘れないでほしいのですが、「自分が楽しい」と思うのが一番のモチベーションとなる、ということです。

このことからも自分自身の理想とする条件をしっかりと定めて、ベッドルームの構成を決めると、オシャレに近づいていけるのではないでしょうか。

 - 寝具全般