ベッドはこれで決まり!きしみが気になるすのこはどう選ぶ?

新生活が始まり、ベッドを買い替えようかと考える方は多いのではないでしょうか。

せっかく買うなら、より長く使い続けたいですね。

すのこベッドはきしみが気になるという声も多いですが、一方で通気性はよくメリットもあります。

では、どのようにベッドを選ぶと後悔しないか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自分でできる!ベッドによる床の傷防止の方法をご紹介

賃貸物件、分譲住宅どちらにおいても、自分のお家はきれいに保ちたいですよね。床の傷は、ないに越...

人気の寝具セットを紹介!ダブルも選べるセットを厳選

ネット通販で人気の寝具セットは、枕や掛け布団、敷布団が一度で揃うため一人暮らしを開始する方や、来...

和室にベッドを置きたい!賃貸でもできる部屋アレンジ

賃貸物件にお住まいで、和室にベッドを置きたくても「雰囲気に合わせるように置くのが難しい!」、「畳...

ベッドのお布団ずれ落ち対策はずれ落ち防止柵のハイタイプ!

ベッドで寝ている方の悩みのひとつに、「お布団がずり落ちて困る」というのがあります。人の寝相に...

赤ちゃんの体を支える寝具!敷マットのおすすめ6選

繊細な赤ちゃんの体を支える重要な寝具が敷マットです。ネット通販では、機能性が高い赤ちゃん...

お布団のダニ対策で、スプレーや掃除機どれが効果的?

お布団に潜んでいるダニは32万匹とも言われています。様々なアレルギーを引き起こす原因にもなる...

寝室照明をダウンライトからシーリングライトに変更できる?

寝室にダウンライトを設置したけれど「眩しくて眠れない!」なんて方のために、シーリングライトへの変更は...

お布団のダニで肌荒れを起こす!ダニを防ぐための対処法

「お布団にダニが発生し、噛まれて肌荒れしてしまった!」そんな、ご経験をした方もいらっしゃ...

ベッドから落ちるのは危険!大人も子供も対策をしよう!

寝相が悪いと、寝ているうちにベッドから落ちてしまうことがありますよね。ベッドから落ちると...

古いお布団の引き取り方法教えます!無料から有料まで6選!

お布団を新しく買い換える時、古いお布団をどのように処分するのか迷いますよね。自治体のごみ回収...

二段ベッドはマットレスと敷布団どちらが最適!?

二段ベッドを購入したら敷布団、マットレスどちらをひけばいいの??どちらを選べばいいのか分から...

人気のベッドフレーム!アメリカメーカーのおすすめ商品は?

仕事や勉強で疲れた体を癒してくれるベッド。心も体も癒してくれる大事なアイテムですが、もち...

お風呂の照明カバーが破損する原因と交換する際の注意点!!

お風呂に入ろうとしたとき、または入っているときに電球が切れて困ったことはありませんか?また、...

和室に寝具を敷く時の湿気対策って?マットレス使用の注意点

畳の部屋って、藺草の香りがして落ち着きますよね。直にお布団を敷く場合や、マットレスを敷く場合...

賃貸住宅の退去時に、部屋の清掃代は支払わないといけない?

賃貸住宅の退去時にハウスクリーニングが行われますが、その清掃代を突然請求されたら驚く方もいらっしゃい...

スポンサーリンク

ベッドからきしみ音がする理由とは?

自分が寝ているベッドからギシギシときしみ音がすると、「このまま使って大丈夫かな?」と不安に思ってしまいますね。

毎日使うからこそ、ストレスなく使いたいものです。

そもそも、何が原因できしみ音がするのでしょうか。

まず考えられるのは、ベッドフレームに原因がある場合です。

長年使っていると、フレーム同士のつなぎ目のネジがゆるんでしまい、そこからきしみ音がすることがあります。

ネジがゆるむと金属がこすれてしまうので、嫌な音がします。

また、フレームそのものにヒビが入っていると、ベッドに重さがかかるたびにきしみ音がなります。

次に、すのこに原因があることも考えられます。

すのこ板が薄かったり、隙間が多いものだとしなってしまうため、きしみ音がしてしまいます。

どれくらいの体重なら支えられるかという問題もありますので、すのこを選ぶ際は気を付けなければいけません。

フレームにもすのこにも問題がなければ、ベッドを置いている床が原因かもしれません。

同じ場所にベッドを置いていると、その場所にだけ負荷がかかり続けるため、結果として床のきしみにつながります。

たまに模様替えをして、ベッドを違う場所に置くとよいでしょう。

すのこベッドはメリットがあるって本当?

きしみ音の原因はある程度分かってきました。

すのこはきしみやすいというのも、もともとの素材が木でできているので、当たり前のような気もしますね。

ただ、すのこには通気性に優れているというメリットがあるのです。

お風呂場や押し入れの下にすのこを敷いてカビよけにするのは、昔からよく聞く話です。

板の間から空気が通りやすいため、湿気には強いのです。

人は寝ているときにコップ1杯分の汗をかくので、お布団の湿気を取り除いてくれます。

「せっかく買ったお布団にすぐカビが生えてしまった」なんてことは避けたいですよね。

特に夏場はすのこベッドが効果を発揮することでしょう。

また、腰痛の人はすのこベッドを使うと腰痛が軽減されることもあります。

すのこは木でできているため硬めですが、そのおかげで重さで体が沈みません。

寝ている態勢に無理がないので、腰に負担がかかりづらいのです。

腰痛に効果があるのかは個人差がありますが、腰痛で悩んでいる人は一度試す価値がありそうです。

すのこベッドはきしみ音がするほかにデメリットはないの?

さっそくすのこベッドを買おうと思った方は、念のため、デメリットを覚えておきましょう。

まず、最初にもご紹介しましたが、きしみ音の問題があります。

ベッド用マットレスを敷くとそれほど気にならないのですが、敷布団の場合は体重がすのこに伝わりやすく、きしみ音がなりやすいのです。

また、通気性がよいというメリットがある反面、冬場は寒いというデメリットもあります。

すのこの隙間から冷気が入り込み、温かさは逃げてしまいます。

そして、小さな子供がいるご家庭では、子供がすのこベッドの上で飛び跳ねたりしないように注意が必要です。

すのこが割れてしまっては、もう使い物になりません。

あとは寝心地の問題ですが、すのこは板の隙間があるため、敏感な方は寝た時に背中がボコボコするのが気になるかもしれません。

硬さについても、好みがあると思うので苦手だと感じる方もいるでしょう。

すのこの材質はどれが良い?

すのこは木でできていますが、材質に種類があります。

別にそこまで気にしなくても全部同じではないのかと思ってしまいますが、意外に違いがあるのです。

それでは、代表的な材質を見ていきましょう。

1つ目は桐です。

桐は大変軽いので、よく模様替えをしたり、引っ越しをしたりする方でも扱いやすいのが特徴です。

女性でも簡単に組み立てられます。

また、湿気に強く、桐タンスとしても使われることが多いのです。

2つ目は杉です。

杉の木は日本で手に入れやすいため、何といっても価格が安いのです。

杉も湿気に強いので、すのこベッドによく使われています。

3つ目は檜(ひのき)です。

檜は柔らかいので加工がしやすいのですが、強度もあります。

強度があるので、きしみ音がしづらいのです。

檜といえば、昔から檜風呂で有名ですが、水にも強くよい香りがするので、カビが生えづらく心地よい眠りにつけるでしょう。

4つ目はパイン材(松)です。

パイン材は柔らかく、ぬくもりがあります。

また、香りがよいのでリラックスして眠れます。

価格も桐や檜に比べると、お手頃です。

4種類の材質の中から、気に入ったものを選ぶと長く使えるでしょう。

すのこベッドの種類の特徴

すのこベッドには、折りたたみができるものと、ベッド型になっているものの2種類あるのはご存知でしょうか。

折りたたみ式は、言うまでもなく収納に便利です。

部屋がそれほど広くない方や、毎日お布団を畳んでしまう方は、折りたたみ式がおすすめです。

また、折りたたみ式は二つ折りにしてお布団を干しておくこともできます。

キャスター付きのものもあり、これはお布団を敷いたまま折りたためるので大変便利です。

ただし、よく動かすことで強度が落ちてしまうこともあるので注意が必要です。

一方でベッド型になっているタイプは、マットレスを引いて使うものと、お布団を敷いて使うものがあります。

マットレスを使う場合、体重を分散してくれるので、すのこに負担がかかりづらくなります。

ただ、マットレスの場合は使い始めても毎日敷きっぱなしの方が大半ではないでしょうか。

すのこが湿気に強いからといって、まったくカビが生えないわけではありません。

適度にマットレスをあげて、換気するようにしましょう。

次に、お布団を敷いて使う場合、体の重さがそのまま伝わるので、長く使うときしみ音がする原因になります。

お布団を敷いてすのこベッドを使いたい場合は、あらかじめお布団を敷いて使えるのか、表示などを見ておきましょう。

きしみ音が気にならない!おすすめのすのこベッド!

すのこベッドは各社で販売されています。

しょうがないことですが、どんなベッドでもきしみ音がしたり、長く使うほどガタが出てくるのものです。

ただ、きしみづらいベッドの特徴をとらえているベッドもあります。

それが「明日桐(あすきり)」のベッドです。

特徴の1つ目は、ベッドの脚が6本で作られていることです。

通常の4本脚だと、中心部分に支えがないためきしみ音がしやすくなります。

6本脚にすることで、きしみづらく、強度も通常の2倍ほどになっています。

2つ目は、板の隙間がほとんどないことがあげられます。

板の隙間が多いと、1本の板に大きな負荷がかかり、やはりきしみにつながります。

また、きしみづらいだけでなく、寝たときに背中にあたるボコボコも少なくて済み、ストレスなく眠れます。

3つ目は、ネジがつかわれていないことです。

きしみ音の原因に、ネジのゆるみがありますが、ネジを使わない方法で作り上げることで、きしみ音がする確率がグンと減ります。

今回は「明日桐」のベッドをご紹介しましたが、これ以外にもきしみづらい特徴をとらえて作られたベッドはありますので、ぜひ探してみてください。

きしみ音を気にせず快眠できるベッドを選ぼう!

ベッドを選ぶ時のポイントは頭に入りましたか?

同じように見えても、実はこんなに違いがあったんですね。

すのこベッドにはよいところも悪いところもありますが、せっかくなので、最終的には自分の気に入ったものを選びましょう。

これで今日からベッドのきしみを気にせず、快適な睡眠タイムをとれますね!