勉強机の蛍光灯の32wに関する問題点を探る!規格を知ろう

勉強机の蛍光灯がチカチカし始めたら、交換する必要があります。

その場合には、蛍光灯の規格を知っておかなければなりません。

現在の勉強机の多くの蛍光灯が32wなのですが、その規格をしっかりと確認して交換しなければ、点灯しないなどの様々な問題が起こります。

32wという特殊な勉強机の蛍光灯の問題点を探ります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

固定電話が必要?電話線の差込口の有無・形を確認しよう

引っ越ししたお部屋に、見慣れた形の電話線の差込口が無い、ということは珍しくないようです。今は...

油圧式の椅子が故障したら修理不可能?ガス圧式は修理可能?

デスクワークを支えてくれる椅子は、作業タイプによって選ぶ基準が違います。今現在、オフィスや家...

寒い季節にはベランダの洗濯機が凍らないように凍結対策を!

室内に置き場所がなくて、仕方なくベランダに洗濯機を置いている人もいるでしょう。ベランダに置い...

椅子の油圧が故障した時の応急処置方法や修理方法

オフィスで使っているような椅子は、ガスで高さを調節するタイプと油圧式のものがあります。その内...

キッチンの吊り戸棚には何を入れるべき?上手な活用法!

キッチンの吊り戸棚は手が届きにくいため、何を入れるか迷ってしまう方も多いことでしょう。特に、...

蛍光灯の寿命は短い?寝室に蛍光灯の光は適さないって本当?

照明には主に3種類の蛍光灯・白熱電球・LEDが存在します。主に蛍光灯は白っぽい光が多く、会社...

インテリアを楽しむ!狭い玄関でも壁を使っておしゃれ空間!

玄関は、「家の顔」と呼ばれる場所です。おしゃれで使いやすい玄関が理想的ですが、毎日使う場所で...

ワンルームを快適に!ベッドスペースは「間仕切り」で区別!

ワンルームの物件は、コンパクトなつくりで家賃も安く、単身者には最適な間取りですよね。しかし、...

昔懐かしい『学校ストーブ』~あなたの思い出のストーブは?

ストーブとは。石炭・ガス・電熱などを用いて室内を暖める器具であり、調理器具も含まれるとのこと...

キッチンリフォームのポイント!マンションの場合を解説

マンションのキッチンリフォームには、どれくらいの費用がかかるかご存知ですか?また、I型キッチ...

壁埋め込み型スイッチの交換方法&壁穴の補修方法と費用相場

普段、何気なく使っている家のスイッチですが、種類も豊富で、便利な機能を合わせ持つタイプも多いですよね...

1Kのいいところは?和室の場合はどんなインテリアが合う?

キッチンと部屋が分かれている1Kアパートは、一人暮らしの方に人気のある間取りです。部...

新築時にコンセントの配線を失敗しないための方法をご紹介!

家を建ててから、コンセントの位置や数で失敗したと感じることはありませんか?プロの設計士が作っ...

シーリングライトの設置!壁スイッチなしの部屋でも使える?

最近では、寝室として使う和室にも、シーリングライトを付ける家庭が多くなっているようです。しか...

こたつが壊れた!修理代を浮かすために自分で修理は可能?

寒い日にこたつが壊れたら買い替えた方がいいのでしょうか?最近はこたつも安く手に入るので、修理...

スポンサーリンク

勉強机の蛍光灯は32wが望ましい?

勉強机の蛍光灯は32wが主となっていますね。

そして、学習目的と考えると勉強机の蛍光灯は、明る過ぎても適さないと言われており、32wが最適とされています。

また、勉強机の蛍光灯も、最近では様々なタイプが出回っており、その特徴も様々です。

このような生活に密着した照明にはいろいろな効果があり、学習する際にも影響があることがわかっています。

それでは、学習効果がアップする照明とはどんなものを指すのでしょうか。

照明で使われる蛍光灯は大きく分けて3種類の色に分けられており、「昼白色」「昼光色」「電球色」とされています。

「昼白色」はナチュラルな白色味で、生き生きとした自然な明るさを指し、リビングなどに良く使われており、脳を活発にさせる効果があります。

「昼光色」は青白い色で、すっきりと明るく、爽やかでクールな印象が特徴で、覚醒作用があると言われています。

「電球色」はオレンジ色に近く、暖かく優しい印象で、寝室やダイニングなどに使われることが多いですね。

この中で、勉強机に一般的に人気なのが「昼光色」だそうですが、使用する子供にとっては「まぶしすぎる」と感じる場合もあるようで、目に優しい「昼白色」も適しているとされています。

勉強机の蛍光灯が32wが主流になった経緯とは?

勉強机の蛍光灯は、勉強机が普及され始めた頃、30wの蛍光管がほとんどだったと聞きます。

実際に32wが主流となったのは、ある製造会社が天板全体に光が行き届かないことを懸念し、32wの蛍光灯を導入したことがきっかけとされています。

デスクライトの明かりには、ムラがないことが一番大切で、32wの蛍光灯が最適だと判断されたというわけです。

それからは他のメーカーでも32wの蛍光灯が主流となり、今に至っています。

勉強机の蛍光灯の32wは、量販店での取り扱いは比較的少なく、また販売されていても結構高価なものが多いです。

そこで、最近ではネット通販などで、32wの蛍光灯を探して手に入れる人が多くなっているようです。

ただし、この際には、使用している勉強机の蛍光灯器具と適合蛍光ランプをしっかりと確認しておく必要があります。

勉強机にはグロースタータ式(FL)とラピッドスタート式(FLR)があるので、記載されている規格を必ず確認しましょう。

ラピッドスタート式の蛍光ランプの長さは1198㎜で、蛍光ランプの型番はFLR40形以上しかないので、32wの蛍光ランプはグロースタータ式かインバーター式のどちらかになります。

人気の勉強机について検証してみる

最近人気の勉強机について、検証してみます。

勉強机は様々なタイプが出てきており、家の構造、設置する部屋の広さなどを考慮して選ぶ家庭がほとんどでしょう。

子供部屋に2台の勉強机を置かなければならない場合は、ツインデスクなどが人気が高いようですね。

また、現在はどちらかというと、シンプルな造りの勉強机が人気のようで、蛍光灯なども別途、付けることが多いようです。

その際、最初からLEDの蛍光灯を使用する人が増えており、32wの蛍光灯を使う人は少なくなっています。

しかし、かつての勉強机には、ほとんどが最初から蛍光灯が設置されているもので、その蛍光灯は32wの蛍光灯が圧倒的に多かったのです。

中には、32wの蛍光灯をLEDに交換したいと考える人も増えているようですが、このことに関しては否定的な意見も多いようです。

勉強机の照明を蛍光灯からLEDに交換し、器具をそのままで、電灯管だけを変えるのはお勧めではないと言われています。

また、値段も高いことと、それまでの器具でのLED蛍光管は目にとってあまり優しくないとされているからです。

勉強机の蛍光灯で32wの製品を交換する場合

勉強机を購入して数年が経過した時、蛍光灯が点きにくくなったり、点滅することがありますね。

このような場合は蛍光灯を交換することになります。

ここ数年の多くの勉強机の蛍光灯は、32wの製品と考えらえますが、交換する際にはその規格がありますから、必ず確認するようにしましょう。

勉強机に備え付けられている一体型の蛍光灯はうまく外せないという場合が多く、人々の悩みの種になっていることがあります。

このような場合は、蛍光灯を覆っているカバーが問題となっていることがほとんどで、まずはカバーを外すことから始めます。

カバーを外したら、蛍光灯の角度を90度回転させて、端子にある溝から抜く方法と、どちらかの恥に蛍光灯を押し付けて抜く方法があるので、蛍光灯を観察して見分けます。

蛍光灯の取り外しが完了したら、その蛍光灯と同じものを探す必要があります。

32wの蛍光灯は大型の量販店でも在庫が少ない場合があるので、ネットで探す方がいいかもしれません。
しかし、その際にはFL32wなどの規格を必ず確認した上で、購入する必要があります。

勉強机の蛍光灯の寿命について考える

多くの勉強机の蛍光灯は32wが使われていると、先ほどお伝えしました。

では、この勉強机の蛍光灯はどれくらいの寿命と考えられるのでしょうか?

ほとんどの勉強机の蛍光灯は10年が目処とされています。

もちろん製品によっても、使い方によっても変わりますが、1日に1時間半ずつ使っても12年は持つのではないかと言われています。

10年くらい使用して、蛍光灯がチカチカし始めたら寿命となり、蛍光灯の交換が必要となります。

この時に、グロー球が付いているグロースタータ式であれば、点灯管も同時に交換する方が良いでしょう。

しかし、グロー球が付いていないインバーター式の場合には、内部にある安定器が劣化していると考えられ、蛍光灯を交換するだけでは、チカチカが直らない場合があります。

内部をいじらなければならないのであれば、修理を考えるよりは寿命と諦めて、新品を購入する方が良いでしょう。

新しく勉強机を購入する際に考えておくべきこと

最近の勉強机の蛍光灯の進化は素晴らしく進んでおり、勉強机自体がシンプルなものや、子供時代から大人になっても使えるようなシステムデスクが増えています。

そんなことから、蛍光灯も後から付けるもので、左右前後に可動が可能なタイプや、LEDデスクライトなどが多く出てきました。

シェード幅も広く、光にムラもなく、3段階調色機能付きで、目に負担もかけないという優れものとして、今大きな注目を浴びています。

時代はLEDに大きく移り変わろうとしているのかもしれませんが、その一方で、昔からの蛍光灯が魅力だと言う人も多いです。

勉強机の蛍光灯で32wのものを購入する場合には、グロースタータ式とインバーター式のどちらかを選ぶことになりますが、どちらにも良さはあります。

グロースタータ式は点灯するまでに少し時間がかかりますが、インバーター式はすぐに点灯します。

しかし、メンテナンスを考えた時には、グロースタータ式は点灯管を交換すれば良いのに比べて、インバーター式はライトそのものを交換しなければならないので、高くつくというデメリットがあります。

どちらをとっても、メリットデメリットはありますので、良く考えて購入してください。

勉強机の蛍光灯は32wの常識は今後変わる可能性あり?

勉強机の蛍光灯が32wという主流が今後はLED主導に変わっていく可能性は大きくあります。

すでに様々なメーカーもLEDライトを勉強机向けに開発しており、今後はその流れになっていくでしょう。

時代の流れと共に勉強机も進化していくのですね。