布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

床冷えの解消法!お布団の敷き方を工夫し寒い冬を乗り越える

2017.11.25

冬の寒い時期、床からの冷気は対策が難しく、頭を悩ませているという方は多いと思います。

特に、寝室が寒いと眠りが浅くなり、体調を崩してしまうこともあります。

今回は、冬本番に備えて、床冷え対策になるお布団の敷き方や、さまざまなアイテムを取り入れた方法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

畳交換は貸主or借主どちらの負担?賃貸契約書は要チェック!

賃貸住宅の畳交換は、入居されている方か大家さんのどちらが負担するのでしょうか!? 和室がある賃貸に...

ベビー布団はレンタルが主流?購入との比較と選び方

これから赤ちゃんを迎えるママにとって重要なのが、ベビー布団を購入するかレンタルするかという問題ではな...

お布団で寝ると身体が痛い!痛くなる原因と対策方法

皆さんはお布団で寝た時に、朝起きたら身体が痛いと感じた事があるのではないでしょうか。 お布団で...

畳にお布団を敷く場合のインテリアコーデ!古き良きスタイル

近年、畳の良さが見直されており、一時期人気が低迷していた和室の物件が人気を取り戻しています。 ま...

お布団を干す頻度は?シーツを付けたまま干していいの?

お日様の光を浴びたお布団で寝るのは、とても気持ちの良いものですよね。 できることなら、毎日でも...

新生児のお布団選びのポイントをご紹介!硬さの選び方?

新生児のお布団を買おうと思っても、どう選べばいいのかわからない・・・そんな方はいませんか? 新...

ポリエステル・綿・羊毛のお布団は洗濯機で洗えるの?

お布団の素材として、一番最初に思い浮かぶものは「羽毛」ではないでしょうか。 しかし、それ以...

ウールのお布団にダニを寄せ付けない!お布団のダニ対策

お布団には、必ずダニがいます。 ウールのお布団は木綿のお布団に比べるとダニを寄せつけにくい...

夏でも薄い掛け布団で気持ちの良い睡眠をしっかりととろう!

夏のお布団はどのようなものを選べば良いのか、迷ったことはありませんか。 お部屋を涼しくして掛け...

畳の上にお布団を敷きっぱなしにするとカビが発生する?

畳にお布団を敷いて寝ている人は、毎日お布団をたたんでますか? ベットのように、敷きっぱなしにし...

畳が日焼けしたり傷んできた時に、裏返しは自分で出来るの?

畳のお部屋はありますか? 来客時の寝室にしたり、子供の遊び部屋にしたりと、一部屋あると便利な和...

布団乾燥機はペットのドライヤーとして使える?注意点は?

お布団を乾燥させることやダニの死滅にも効果を発揮する布団乾燥機。 今回は、この布団乾燥機の通常...

保育園で必要なお昼寝布団、何がいい?おすすめランキング!

保育園に通われているお子さんをお持ちの方は、新しい発見の連続で、子育ての楽しさや厳しさに向き合っ...

お布団の打ち直しで羽毛が蘇る!知って得するイオンの通販!

寿命が10~15年といわれる羽毛布団も、収納時に掛かる負担などが原因となり、使い続けるうちに羽毛...

お布団はどこに干したい?布団干しバーを使って快適な生活を

みなさんの家では、お布団をどこに干していますか? 庭やベランダなど外に干したり、あるいはサンルーム...

スポンサーリンク

床冷えは未病の原因にも!寒い寝室を快適空間に

冒頭でもお伝えしたように、冬の寒い時期になると、床冷えの問題が出てきます。

床の上に直接、お布団を敷いているという方は、眠るとき、床からの冷気をダイレクトに受けるので、体が冷えてなかなか寝付けないということも多いのではないでしょうか。

体温が低い状態が続くと、倦怠感や肩こり、抑うつ感など、自律神経失調症のような症状が出てきてしまうことがあります。

なんとなく体がつらい、いわゆる未病と呼ばれる状態が続くと、家事やお仕事にも影響が出てしまいます。
「冬だから仕方ない。」と、諦めず、快適に過ごすことができる寝室づくりをしていきましょう。

フローリングの上にお布団を敷いて寝ている方が、今すぐできる床冷え対策として、アルミシートを敷くという方法があります。

敷布団の下にアルミシートを敷くことで、冷気を防ぐという方法です。
アルミシートには保温性があり、人の体温や、お布団の暖かさを逃がさずキープする効果があります。

アルミシートは、ホームセンターや、100円ショップで購入することができるので、コストも抑えた床冷え対策ができます。

お布団の下にコルクマット!寒い寝室を暖かく!

1章では、フローリングの上にお布団を敷いている方の床冷え対策として、アルミシートをご提案しました。

アルミシートは、手軽に取り入れられるのでおすすめなのですが、赤ちゃんがいる方や「もっと、本格的に対策したい!」という方には、コルクマットがおすすめです。

コルクマットとは、スポンジ素材の表面にコルクを貼り付けたマットのことで、ジョイント式のものが多いので、素人でも簡単に敷くことができます。

フローリングの上に敷くことで、冷気を防ぐことができ、寒い時期に裸足で歩いてもひんやりせず快適です。

コルクマットの上に敷布団を敷くことで、床冷えを防止するだけでなく、程よいクッション性で背中の痛みなども緩和できます。

フローリングの上に直接、敷布団を敷くと、背骨や腰が痛くなってしまうという方にもおすすめです。

また、コルクマットには、防音性もあるので、アパートやマンションの2階以上に住んでいる方は、生活音対策にもなります。

特に、小さいお子さんがいるご家庭では、重宝されるのではないかと思います。

お子さんの足音対策になり、お子さんが裸足で歩いても冷えず、転んでも程よいクッション性があるので安心です。

床冷えする寝室は暖気を回す!お布団を暖めるのも大事

そもそも寒い冬の時期、暖房を入れても床冷えするのは、暖かい空気が上に溜まってしまうからです。

ですので、暖房を入れると、顔だけが暑くなり、足もとは冷えたままで、ボーッとするという方もいるのではないでしょうか。

昔から、頭寒足熱といって、頭は冷えていて、足もとが暖かい状態が健康だとされています。

暖房を入れることで、頭寒足熱とは逆の状態になってしまうと、1章でお伝えした未病の症状が出たり、脱水になったりしてしまいます。

これを防ぐために、暖房を入れるときは、なるべく暖気を循環させるよう、風向を下にしたり、サーキュレーターや扇風機を導入することをおすすめします。

局所的に暖かくなることを解消して快適に過ごしましょう。
また、寝ている間も暖房を入れたままにしていると、乾燥の原因になるので、タイマー設定をした方が良いです。

寝ている間に体が冷えないように、お布団を湯たんぽや、電気毛布などで暖めておくことも大切です。
湯たんぽは、電気代もかからないのでおすすめです。

マットレスの上に敷布団!寒い冬は新たな提案

フローリングの上に直接、敷布団を敷いている方の中には、「ベッドやマットレスが嫌だから。」という理由の方もいるかと思います。

小さい頃からずっとお布団で寝ていた方や、マットレスは柔らかすぎて嫌だという方のために、お布団は残したまま床冷え対策する方法をご紹介します。

その対策方法とは、「マットレスの上に敷布団を敷く」という方法です。

マットレスの上に敷布団を敷くことで、床からの冷気の影響を緩和させ、敷布団の寝心地も残すことができます。

この方法を取り入れるときに注意したい点が2つあります。

フローリングの上に直接、マットレスを敷いたままにしていると、カビの原因になるので、定期的に上げることをおすすめします。

上げ下ろしが面倒だという方は、マットレスの下にすのこを敷くと、空気が入るのでカビ対策になります。

また、マットレスの上に敷布団を敷いたままにしているのも同じく、カビの原因になるので、定期的に敷布団を天日干しすることをおすすめします。

今は、通販などで安価なマットレスも多く売り出されているので、寒い冬の時期に備えてマットレスを導入してみてはいかがでしょうか。

床冷え対策のあれこれ!寒い冬をアイデアで乗り切る

これまで床冷え対策についてお伝えしてきましたが、実は、床やお布団の他に、窓にも対策を施さなければなりません。

床が冷える原因は、下からの冷気だけでなく、窓からの隙間風も関係しています。
寝ているときに、スースーとして寒いと感じるのは、隙間風が原因かもしれません。

隙間風の対策としておすすめしたいのが、「窓に断熱シートを貼る」という方法です。
梱包用のプチプチのような素材の断熱シートは、とても断熱効果が高く、安価で購入できるのでおすすめです。

そして、なかには水で貼ることができるタイプの製品もあるので、賃貸のお宅でも取り入れることができます。

使い方は、まず、窓を綺麗に拭き、ほこりや汚れなどの付着物がないかどうか確認します。
次に、窓に霧吹きで水をまんべんなく噴射し、断熱シートを貼り付けます。

ほこりや汚れが付着したままだと、断熱シートがはがれる原因となるので、面倒くさがらずにやった方が良いです。

断熱シートは、結露防止でカビ対策になり、夏にも使用できるのでおすすめです。

床冷えにカーペット!お布団を暖め寒い寝室とおさらば

これまで床冷え対策についてお伝えしてきましたが、一番、効果的と言って良い対策が「ホットカーペット」です。

寒い冬の味方で、寝室に敷けばお布団も暖まります。
しかし、ホットカーペットには、大きな問題点があります。

それは、電気代です。

ただでさえ、暖房の電気代やお風呂のガス代がかさむ冬に、電気代のかかるホットカーペットを導入するのは、ためらってしまう方も多いと思います。

また、ホットカーペットは、単体で使えず、その上にもう一枚、カーペットを敷かなければいけないと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、今、売り出されているホットカーペットの中には、デザイン性に優れ、単体で使うことができるものがあります。

ですので、冬の寒い時期以外は、電源をオフにして、カーペットとしてオールシーズン使うことも可能です。

また、電気代の対策としては、日中はスイッチをオフにし、気温が低くなる夜の時間帯だけオンにする、という方法があります。

さらに、寝室では、寝る直前までスイッチをオンにし、お布団を暖めておき、寝るときには、スイッチをオフにすると、電気代を最低限に抑えることができるでしょう。

自分に合う床冷え対策を!お布団も暖かくして快適に

これまで、寒い冬の床冷え対策についてお伝えしてきましたが、参考になる方法はありましたか。

アルミシートや断熱シートなど、低コストなアイテムから、コルクマットやホットカーペットなどの本格的なアイテムまで、それぞれ異なった特性があります。

ご自分に合った対策を選び取り入れてみてください。

寝るときはお布団を暖め、快適な睡眠を手に入れましょう。

 - 布団, 布団の知識