布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

玄関の電球が切れた時の交換方法や日々の進化と利便性とは?

2017.10.14

夜には欠かせない照明ですが、玄関の照明器具のお手入れはどうされていますか?

様々な場所で照明器具が設置されていると思います。

ここでは、電球が切れた時の交換方法や、日々進化する照明器具や電球の利便性などをお話します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

こたつがつかない!自分で修理できる?メンテナンス方法は?

寒い寒い冬、こたつで温まろうとしたら「こたつがつかない!」といった経験をしたことはないでしょうか? ...

玄関灯の必要性と切れた時に交換しなくてはいけない電球の事

全てではありませんが、一軒家やアパート、マンションなどの玄関の外には、玄関前を照らす玄関灯という物が...

2Kを1人で使う時のインテリアとは?家具の配置はどうする?

1人暮らしでお部屋を選ぶ時、ワンルームだと少し手狭だと感じて、1人で2Kのアパートを借りるという方も...

30代女性に人気!落ち着けるお部屋にするインテリア術

30代になって、ストレスに敏感になってきたと感じるなら、お部屋の模様替えをしてスッキリするのがおすす...

男前インテリアでリビングをかっこよくするポイント!

最近、「男前インテリア」というスタイルが話題で、お部屋に取り入れる方が増えています。 海外...

畳のサイズや機能性!8畳の部屋の実際の住み心地って?

皆さんは、畳のことをどれぐらい知っているでしょうか? 畳にも実はサイズがあり、それが場所によっ...

低反発ウレタンは洗濯不可?丁寧なお手入れで快適生活を!

押すと、ゆっくり沈み込みゆっくり元通りの形に戻る、独特の形状で人気の低反発ウレタン。 今では、...

耐えられない古い家のカビ臭!臭さを消すにはどうする?

古い家に一歩足を踏み入れた時に漂ってくる、古い墨汁のようなツンとした臭い。 カビ独特の臭いは臭...

新築マイホームの照明はweb内覧会で検討するのがオススメ!

憧れの新築マイホーム! 家づくりはワクワクしますね。 でも,家づくりは決めなきゃいけない...

木製机の塗装が剥げてる!diyでお洒落な木製机に大変身!

勉強机にパソコンデスクなど、家の中には様々な木製机が溢れています。 それがお気に入りの机であれ...

インテリアを変えるおしゃれな通販のデスクをタイプ別に紹介

小さな頃には自分のお部屋にデスクを持っていた方も、大人になると手放してしまう方は多くいらっしゃるでし...

冷蔵庫のマットを床に敷くべき理由は?マットは何を使う?

新居に引っ越した時に迷うのが、冷蔵庫の置き方ですよね。 直置きか。 何かマットを敷いた方がい...

間仕切りをカーテンでオシャレに!お部屋に合った選び方は

大きなお部屋をふたつに分けて使いたい時、あるいは扉がない場所に間仕切りが欲しい時は、オシャレなカ...

ミシン技術もアップ!縫い目がガタガタになるトラブル解消法

ミシン初心者の悩みの中でも特に多いのは、「縫い目がガタガタになってしまう」といった声です。 ...

寒い季節にはベランダの洗濯機が凍らないように凍結対策を!

室内に置き場所がなくて、仕方なくベランダに洗濯機を置いている人もいるでしょう。 ベランダに置い...

スポンサーリンク

玄関を照らす照明器具と電球の進化とは?

家の玄関には、大体ですが、何かしらの照明器具が設置されていると思います。

しかし、昔の家は今のように大きくなく、玄関に照明器具を設置していない家も多かったのです。

その理由は、玄関を入ってすぐに居間、というような構造になっている事が多く、居間の明かりが玄関まで届いて、それほど暗くなかったからです。

現代は、家自体がとても大きく、玄関と部屋が遠いため、それぞれの場所に個別に照明が必要とされています。
そして、時代の変化と共に場所や用途に応じて、その種類はどんどん増えています。

さらに照明器具の中にある電球も、研究が重ねられ、新しい物がどんどん普及しています。
そのため、昔ながらの白熱電球だけでなく、led電球、ハロゲン電球、など種類も増えました。

これらの大きさも豊富になり、価格も色々と変化しています。

また、電球の種類が豊富だという事は、照明器具の種類も豊富だという事になります。

そして、豊富な種類に伴って、照明器具の外し方や交換方法が一見しても分からない物もあります。

電球を交換しようとカバー一つを外すのにも、小さな子供が誤って誤飲しないように、少し難しくなっている物もあります。

しかし、進化するに従って、光熱費が節約できたり、電球が熱くならないなど良い事もあります。
照明器具自体や電球の大きさも、進化と共に変化しました。

小さくてもとても明るく、そして広範囲を照らす事ができるようにもなっています。

玄関に明かりがある事の利便性とは?

玄関に明かりがあるという事が、どんなに便利なのでしょうか?

一軒家の場合は、玄関自体が広く大きい場合があるのと、各部屋までの距離が長く夜や薄暗い時間は明かりが必要です。

これはそれぞれの家の構造によるので、その家によって違いはあります。

そして、玄関に明かりがあるという事は、それだけで安心感も生まれます。
出かける時や外出先から帰宅した際は、手元や足元を照らしてくれます。

家の外にある玄関灯や門灯は勿論ですが、玄関の内側の明かりは防犯対策にもなります。
これはとても大切な事です。

また、訪問者が来た時にも明かりがあると便利なため、玄関の明かりには利便性があると言えます。

アパートやマンションなども、廊下に明かりがついていることが多いので、一軒家と同じく利便性があります。

また、今では天井だけではなく、シューズボックスの下に間接照明などがあり、足元を照らしてくれる物もあります。

天井の高い家などは、こういう明かりがとても便利に感じるものです。

電球の交換方法も様々ですが、比較的どれも簡単にできる物が多いので、自分でやってみましょう。

様々な電球の交換方法と節約術 白熱電球編

現代の照明器具は本当に数えきれないくらいの種類があります。
ここでは、玄関に特化してお話します。

玄関の内外どちらにも照明器具が設置されていると、玄関の広さにもよりますが、点灯する機会が多いように思います。

先ほどもお話したように、防犯の役にも立つので、点灯時間が長くなるのも仕方がありません。

特に玄関の外にある玄関灯は、一晩中点けっぱなしの方もいると思います。
そうなると、電気代が高くなり、節約になりません。

玄関内の照明は、人が玄関にいる時以外はあまり使用しないと思うので、トータルすると点灯時間は少ない方と言えるでしょう。

中の電球が白熱電球の場合、消費電力が多く、とても寿命が短いため、玄関灯に使用するには少し不向きに思えます。

しかし、昔はこの白熱電球しかありませんでしたから、いかに節約するか、試行錯誤していたことでしょう。

それでは、ここで節約術をお伝えします。

外の玄関灯の電球が白熱電球の場合で、玄関灯とリビング照明をどちらも一緒に使っている場合は、当然電気代がかかります。

そこで、夜になってから就寝するまでは、リビングの照明を利用するようにして、就寝する時に玄関灯を点けるようにします。

このようにすることで、少しでも点灯時間を減らす事ができ、節約に繋がります。

明かりは、防犯には欠かせない物ですから、うまく使用しましょう。

そして、電球の交換方法ですが、基本的には照明器具のカバーを外すと、簡単に交換できるようになっています。

種類によって、カバーの外し方が違いますから、説明書を読んで実施してください。

様々な電球の交換方法と節約術 led電球編

先程もお話したように、電球の日々の進化によって私たちの生活はとても便利になりました。

led電球も、人間の発明によって新たに生まれた物の一つです。
赤外線を含まず、紫外線もほとんど含まれていません。

特徴は、消費電力が少なく、とても寿命が長い事です。
使用方法や頻度にもよりますが、一度の購入で約5~10年くらいの寿命があると言われています。

そして、実際は熱を発しているのですが、ほとんど感じないのも特徴の一つです。

電気代の節約という意味では、消費電力が少ないので、led電球を利用するだけでとてもお得です。

しかし、購入時の価格が白熱電球とは、比べ物にならないくらい高いです。
今は、大分世の中に浸透し普及してはいますが、この価格が購入を悩ませる原因となっています。

初期経費を高くしてその後の電気代を安く済ませるか、安い白熱電球を何度も交換するか、で悩む方もいることでしょう。

この二種類の電球には、値段や電気代の他にも、明るさや色の違いもあります。
一度、電気量販店などに足を運んで、実際に実物を見てみると参考になります。

led電球はとても明るいので、使用してみるとその素晴らしさがわかることでしょう。

このように、一度購入するとしばらくは交換しなくても済み、とても明るいのが、led電球です。

そして、玄関にあるled電球の交換方法も、白熱電球同様に簡単にできます。
基本的には、カバーを外し、中の電球を回すと取り外せます。

こちらも種類によって、交換方法が違いますので、説明書を読んで実施してください。

天井以外にある玄関の電球の交換方法

玄関と言っても、必ずしも天井だけに設置されているとは限りません。

今は、玄関もオシャレに飾る方が沢山います。
新築する時や賃貸物件に最初から設置されている、天井以外の照明もあります。

また、シューズボックスや、玄関収納の上下にも、間接照明を設置して楽しむのも一つのオシャレです。

そして、玄関の壁にも花や鏡などと一緒に、照明器具を設置している方もいます。

これらの電球の交換方法ですが、自分で購入して設置した物は、特に説明書通りに交換してください。

もし、賃貸物件に元々設置されていて、交換方法が分からない場合は、大家さんに交換方法を聞いて実施しましょう。

勿論、これらの照明はオシャレなだけではなく、利便性を持っている事の方が多いです。

一軒家と違って、賃貸物件の玄関は狭いので、太陽光が入りにくく比較的暗い場所の一つになっています。
そういう場所には、自然と明かりが必要なので、必然的に設置する事になります。

一軒家の方の中には、玄関にシャンデリアを設置している方もいます。
これも小さな電球の集合体のような物なので、交換方法は簡単です。

電球自体を回せば簡単に外せますので、新しい電球を回して取り付けるだけです。

このように、玄関だけでも沢山の種類や形の照明器具や電球がある事が分かります。

玄関はその家の顔とも言える場所

玄関は出かける時や、外出先から帰宅する時に靴を脱ぎ履きするだけの場所だと思っていませんか?

確かに一日を通しても、いや、一生を通してもあまり玄関に長い時間いる人はいません。
だから余計に玄関の事を気にする事はないかも知れません。

ですが、私たちの心身を休める場所である家の「顔」とも言える玄関です。

薄暗く、汚い玄関では、仕事から疲れて帰宅した時にもっと嫌な気分になっていまいます。
誰か訪問者が来た時にも、暗く汚い玄関だと、「だらしがない」家だと思われてしまいます。

そして、そういう家には自然と人が寄り付かなくなります。

普段から毎日とまでは言いませんが、掃除をしてキレイにしておく事です。

裸電球に傘が付いた照明器具も、レトロでオシャレなので使用している方もいますが、電球や傘に埃が溜まっていませんか?

ちょっと電球を外して、傘と電球をキレイに拭くだけで明かりが全然違います。
ついでに電球が切れそうだったり、古い物は交換してしまいましょう。

基本的にどんな照明器具も、「電球」の場合の交換方法は、回して外せますので簡単です。

玄関の床部分である「たたき」も、掃除すると尚いいです。
このように、玄関をキレイにするという事は、その人の顔をキレイにするのと同じです。

運気アップにもなりますので、こまめに掃除はしましょう。

電球を交換する時の注意点

今まで玄関に特化して、照明器具や電球の交換方法などをお話してきました。

一番の気をつけてもらいたい注意点は、「絶対に照明を点けたまま交換しない事」です。
なぜかというと、感電の恐れや、電球が熱くなっていて火傷する場合があるからです。

必ずしも、点けっぱなしで交換すると感電するとは限りませんが、一応消した方が良いです。

また、交換する電球のワット数などにも注意をしましょう。

元の電球のワットを確認するか、もしくは説明書をしっかりと確認して、間違いのないものに交換しましょう。
明るくキレイな玄関で、運気アップしましょう。

 - 生活