玄関の電球が切れた時の交換方法や日々の進化と利便性とは?

夜には欠かせない照明ですが、玄関の照明器具のお手入れはどうされていますか?

様々な場所で照明器具が設置されていると思います。

ここでは、電球が切れた時の交換方法や、日々進化する照明器具や電球の利便性などをお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

あこがれの部屋の作り方をご紹介!おしゃれな部屋に大満足

あなたのあこがれの部屋はどんな部屋ですか?雑誌などで見かけるハイセンスな部屋?ナチュラル...

失敗しないコンセント計画!新築住宅の電気配線を色々解決!

新築住宅を建てる時、電気配線ついてハウスメーカーさんの設計図にお任せという方が多いのではないでしょう...

納得!家の階段の寸法は安全を考え計算されていた!

いつも何気なく上り下りしている家の階段は、うっかり踏み外したりしない限りは、落ちたりすることはありま...

高校生の部屋着は進化している!?高校生に人気の部屋着は!

皆さん仕事や学校から帰ってきて、何に着替えますか?ジャージやTシャツでいいやと思っている人も...

これですっきりきれいに解決!強力な両面テープの剥がし方

「両面テープをきれいに剥がす方法ないかな?」そう思ったことはありませんか?ここでは、身近...

部屋を片付けるのが苦手な人必見!綺麗に保つコツ!

いくら部屋の掃除をしても、すぐに散らかってしまう。急な来客に大慌て!そんな人も少なくない...

ハワイを感じるインテリアに!100均グッズでお部屋を変身

ハワイをイメージしたインテリアは、明るく開放感があって長く日本人に愛されていますよね。しかし...

フィギュア台座を100均材料で手作り!素敵な飾り方をしよう

ガチャガチャの景品やゲームセンターでゲットしたフィギュア達、あなたはどのようにディスプレイしています...

蛍光灯の寿命は短い?寝室に蛍光灯の光は適さないって本当?

照明には主に3種類の蛍光灯・白熱電球・LEDが存在します。主に蛍光灯は白っぽい光が多く、会社...

コンクリートにネジ留め!ドリル不要なネジってあるの?

コンクリート部分へ留めてあるネジ、普通のネジのつもりで留めようとして、失敗した経験はありませんか?...

新築のドア下に隙間があるけど何のため?隙間風の対策法は?

新築の家に特に多く見られるドア下の隙間。あれって何のためにあるのかご存知ですか!?隙間風...

男子の残念部屋とモテる部屋を徹底比較!モテる部屋にしよう

端正な顔立ちでさわやか、お仕事もできて優しい!そんな一見、完璧に見える男子でもお部屋が残念だ...

和室にカーテンレールを取り付けて、おしゃれな和室に変身!

和室ってインテリアコーディネートするのが難しいと感じている方や、和室には障子が一番いいと思っている方...

ルーターの寿命が来ちゃった?!症状別の対処方法!

今や、とても身近になったインターネット。PCのためだけでなく、スマートフォンを快適に利用する...

40wと60wの電球の明るさは、60Wが明るいとは限らない!?

40Wと60Wの電球。どちらが明るいと思いますか?一見、60Wの電球のほうが明るいと思わ...

スポンサーリンク

玄関を照らす照明器具と電球の進化とは?

家の玄関には、大体ですが、何かしらの照明器具が設置されていると思います。

しかし、昔の家は今のように大きくなく、玄関に照明器具を設置していない家も多かったのです。

その理由は、玄関を入ってすぐに居間、というような構造になっている事が多く、居間の明かりが玄関まで届いて、それほど暗くなかったからです。

現代は、家自体がとても大きく、玄関と部屋が遠いため、それぞれの場所に個別に照明が必要とされています。
そして、時代の変化と共に場所や用途に応じて、その種類はどんどん増えています。

さらに照明器具の中にある電球も、研究が重ねられ、新しい物がどんどん普及しています。
そのため、昔ながらの白熱電球だけでなく、led電球、ハロゲン電球、など種類も増えました。

これらの大きさも豊富になり、価格も色々と変化しています。

また、電球の種類が豊富だという事は、照明器具の種類も豊富だという事になります。

そして、豊富な種類に伴って、照明器具の外し方や交換方法が一見しても分からない物もあります。

電球を交換しようとカバー一つを外すのにも、小さな子供が誤って誤飲しないように、少し難しくなっている物もあります。

しかし、進化するに従って、光熱費が節約できたり、電球が熱くならないなど良い事もあります。
照明器具自体や電球の大きさも、進化と共に変化しました。

小さくてもとても明るく、そして広範囲を照らす事ができるようにもなっています。

玄関に明かりがある事の利便性とは?

玄関に明かりがあるという事が、どんなに便利なのでしょうか?

一軒家の場合は、玄関自体が広く大きい場合があるのと、各部屋までの距離が長く夜や薄暗い時間は明かりが必要です。

これはそれぞれの家の構造によるので、その家によって違いはあります。

そして、玄関に明かりがあるという事は、それだけで安心感も生まれます。
出かける時や外出先から帰宅した際は、手元や足元を照らしてくれます。

家の外にある玄関灯や門灯は勿論ですが、玄関の内側の明かりは防犯対策にもなります。
これはとても大切な事です。

また、訪問者が来た時にも明かりがあると便利なため、玄関の明かりには利便性があると言えます。

アパートやマンションなども、廊下に明かりがついていることが多いので、一軒家と同じく利便性があります。

また、今では天井だけではなく、シューズボックスの下に間接照明などがあり、足元を照らしてくれる物もあります。

天井の高い家などは、こういう明かりがとても便利に感じるものです。

電球の交換方法も様々ですが、比較的どれも簡単にできる物が多いので、自分でやってみましょう。

様々な電球の交換方法と節約術 白熱電球編

現代の照明器具は本当に数えきれないくらいの種類があります。
ここでは、玄関に特化してお話します。

玄関の内外どちらにも照明器具が設置されていると、玄関の広さにもよりますが、点灯する機会が多いように思います。

先ほどもお話したように、防犯の役にも立つので、点灯時間が長くなるのも仕方がありません。

特に玄関の外にある玄関灯は、一晩中点けっぱなしの方もいると思います。
そうなると、電気代が高くなり、節約になりません。

玄関内の照明は、人が玄関にいる時以外はあまり使用しないと思うので、トータルすると点灯時間は少ない方と言えるでしょう。

中の電球が白熱電球の場合、消費電力が多く、とても寿命が短いため、玄関灯に使用するには少し不向きに思えます。

しかし、昔はこの白熱電球しかありませんでしたから、いかに節約するか、試行錯誤していたことでしょう。

それでは、ここで節約術をお伝えします。

外の玄関灯の電球が白熱電球の場合で、玄関灯とリビング照明をどちらも一緒に使っている場合は、当然電気代がかかります。

そこで、夜になってから就寝するまでは、リビングの照明を利用するようにして、就寝する時に玄関灯を点けるようにします。

このようにすることで、少しでも点灯時間を減らす事ができ、節約に繋がります。

明かりは、防犯には欠かせない物ですから、うまく使用しましょう。

そして、電球の交換方法ですが、基本的には照明器具のカバーを外すと、簡単に交換できるようになっています。

種類によって、カバーの外し方が違いますから、説明書を読んで実施してください。

様々な電球の交換方法と節約術 led電球編

先程もお話したように、電球の日々の進化によって私たちの生活はとても便利になりました。

led電球も、人間の発明によって新たに生まれた物の一つです。
赤外線を含まず、紫外線もほとんど含まれていません。

特徴は、消費電力が少なく、とても寿命が長い事です。
使用方法や頻度にもよりますが、一度の購入で約5~10年くらいの寿命があると言われています。

そして、実際は熱を発しているのですが、ほとんど感じないのも特徴の一つです。

電気代の節約という意味では、消費電力が少ないので、led電球を利用するだけでとてもお得です。

しかし、購入時の価格が白熱電球とは、比べ物にならないくらい高いです。
今は、大分世の中に浸透し普及してはいますが、この価格が購入を悩ませる原因となっています。

初期経費を高くしてその後の電気代を安く済ませるか、安い白熱電球を何度も交換するか、で悩む方もいることでしょう。

この二種類の電球には、値段や電気代の他にも、明るさや色の違いもあります。
一度、電気量販店などに足を運んで、実際に実物を見てみると参考になります。

led電球はとても明るいので、使用してみるとその素晴らしさがわかることでしょう。

このように、一度購入するとしばらくは交換しなくても済み、とても明るいのが、led電球です。

そして、玄関にあるled電球の交換方法も、白熱電球同様に簡単にできます。
基本的には、カバーを外し、中の電球を回すと取り外せます。

こちらも種類によって、交換方法が違いますので、説明書を読んで実施してください。

天井以外にある玄関の電球の交換方法

玄関と言っても、必ずしも天井だけに設置されているとは限りません。

今は、玄関もオシャレに飾る方が沢山います。
新築する時や賃貸物件に最初から設置されている、天井以外の照明もあります。

また、シューズボックスや、玄関収納の上下にも、間接照明を設置して楽しむのも一つのオシャレです。

そして、玄関の壁にも花や鏡などと一緒に、照明器具を設置している方もいます。

これらの電球の交換方法ですが、自分で購入して設置した物は、特に説明書通りに交換してください。

もし、賃貸物件に元々設置されていて、交換方法が分からない場合は、大家さんに交換方法を聞いて実施しましょう。

勿論、これらの照明はオシャレなだけではなく、利便性を持っている事の方が多いです。

一軒家と違って、賃貸物件の玄関は狭いので、太陽光が入りにくく比較的暗い場所の一つになっています。
そういう場所には、自然と明かりが必要なので、必然的に設置する事になります。

一軒家の方の中には、玄関にシャンデリアを設置している方もいます。
これも小さな電球の集合体のような物なので、交換方法は簡単です。

電球自体を回せば簡単に外せますので、新しい電球を回して取り付けるだけです。

このように、玄関だけでも沢山の種類や形の照明器具や電球がある事が分かります。

玄関はその家の顔とも言える場所

玄関は出かける時や、外出先から帰宅する時に靴を脱ぎ履きするだけの場所だと思っていませんか?

確かに一日を通しても、いや、一生を通してもあまり玄関に長い時間いる人はいません。
だから余計に玄関の事を気にする事はないかも知れません。

ですが、私たちの心身を休める場所である家の「顔」とも言える玄関です。

薄暗く、汚い玄関では、仕事から疲れて帰宅した時にもっと嫌な気分になっていまいます。
誰か訪問者が来た時にも、暗く汚い玄関だと、「だらしがない」家だと思われてしまいます。

そして、そういう家には自然と人が寄り付かなくなります。

普段から毎日とまでは言いませんが、掃除をしてキレイにしておく事です。

裸電球に傘が付いた照明器具も、レトロでオシャレなので使用している方もいますが、電球や傘に埃が溜まっていませんか?

ちょっと電球を外して、傘と電球をキレイに拭くだけで明かりが全然違います。
ついでに電球が切れそうだったり、古い物は交換してしまいましょう。

基本的にどんな照明器具も、「電球」の場合の交換方法は、回して外せますので簡単です。

玄関の床部分である「たたき」も、掃除すると尚いいです。
このように、玄関をキレイにするという事は、その人の顔をキレイにするのと同じです。

運気アップにもなりますので、こまめに掃除はしましょう。

電球を交換する時の注意点

今まで玄関に特化して、照明器具や電球の交換方法などをお話してきました。

一番の気をつけてもらいたい注意点は、「絶対に照明を点けたまま交換しない事」です。
なぜかというと、感電の恐れや、電球が熱くなっていて火傷する場合があるからです。

必ずしも、点けっぱなしで交換すると感電するとは限りませんが、一応消した方が良いです。

また、交換する電球のワット数などにも注意をしましょう。

元の電球のワットを確認するか、もしくは説明書をしっかりと確認して、間違いのないものに交換しましょう。
明るくキレイな玄関で、運気アップしましょう。