布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ledテープを使ってお部屋を素敵に変化させる貼り方とは?

2017.9.20

照明はインテリアにとって、とても重要な役割をします。

明るさ、色味などでお部屋の雰囲気が、がらりと変えられるのも照明ならではのものです。

通常のペンダントライトなどの照明の代わりに、ledテープを使ってお部屋の雰囲気を変えてみてはどうでしょうか?

お部屋を素敵に変化させる貼り方や、その意外な特徴に注目しました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

木製机の塗装が剥げてる!diyでお洒落な木製机に大変身!

勉強机にパソコンデスクなど、家の中には様々な木製机が溢れています。 それがお気に入りの机であれ...

おしゃれインテリア!絵・パネル・ポスターのそれぞれの特徴

センスあふれる海外のインテリアには、おしゃれな絵が飾ってあることが多いですよね。 家具そのもの...

あなたも部屋の片付け上手に!?ブログに載せたい片付け方法

部屋の片付けが苦手な人って以外にも多いのですよ。 そこで今回は、部屋の片付けのコツとポイントを...

インテリアとしておしゃれに!万能な本を使ったお部屋づくり

1人暮らしのお部屋というのは、どうしても趣味の空間になりがちです。 その人の個性がにじみ出る空...

畳にウッドカーペットを敷くとカビが生える?!その対処法は

畳の上にウッドカーペットを敷いてお部屋の雰囲気を変えたい! というかた、いらっしゃいますよね。ウッ...

インテリアに取り入れる家具や雑貨で憧れのモダンスタイル!

お部屋で過ごす居心地はいかがですか。 「おしゃれなインテリア」や「落ち着く空間」、「洗練さ...

ワンルームのお部屋はベッドを隠すと区切りのあるお部屋に!

賃貸に住む場合、ワンルームのお部屋だと、ベッドルームというものがありません。 ですが、「ワンル...

誰もが一度は憧れる?アパートの部屋の中に階段がある生活!

1人暮らしを始める場合や、家族が増え、今のお家が手狭になってきたタイミングなどに、引っ越しを考える方...

部屋を綺麗にできない人への処方箋、心を見つめてみよう

皆さんは、部屋の片づけは好きですか? 部屋を綺麗にするのが得意な人もいれば苦手な人もいますよね。 ...

ベランダに洗濯機を置くなら排水には特に配慮を!

ベランダで洗濯機を使うのは、決して珍しいことではありません。 ワンルームの狭いスペースを有効に使う...

タペストリーを飾りたい!壁に傷を付けずに掛ける方法は?

タペストリーを掛けたいけど、壁に傷を付けたくない… そんな悩みを持っている方は、多いのではないでし...

部屋干しは扇風機の風だけでは不足!換気による気流の重要性

雨の多い夏で、秋も秋雨前線の停滞が続くと、洗濯物が乾きにくくてスッキリしませんよね。 冬場...

電球に書かれている「100v」と「60wまで」とは?

ふと気付いたら、電球が切れそうになっていることが多いです。 そんな時、電球を取り替えますよね。...

賃貸物件のキッチンが狭い!解決のヒントは収納方法にあり?

賃貸物件でキッチンが狭いけど、安いからという理由で住んでいるという方もいますよね。 今回は...

現代版日本家屋、和畳の部屋のインテリアはとてもおしゃれ!

日本伝統の畳のお部屋「和室」。 現代風にアレンジされている畳の部屋のインテリアはとてもおしゃれで、...

スポンサーリンク

ledテープをお部屋に貼る時に色を考えた貼り方とは

新しい場所に引っ越ししたり、マンションや一戸建てなどを購入した際に、楽しく選びたいのがインテリアに関するアイテムです。

中でも照明選びは、カーテンを選ぶのと同じぐらい、とても重要なポイントになります。

例えば、カーテンの色柄をオレンジや赤などの暖色系にして、窓辺に下げたとしましょう。
この時にペンダントライトなどの傘を、ブルーなどの寒色系にしたとします。

奇抜さを求めるならこの組み合わせも悪くありませんが、統一感がなく、一般のご家庭のリビングに下げるにはちょっとだけ浮いた感じがします。

色はお部屋にマッチしたものにすることで、住みやすい空間になります。
ライトの色に関しても同じことです。

ではこのライトを、「下げる」タイプのものではなく、「壁に貼る」タイプにしてみたらどうでしょうか?

白熱灯などを使用して下げるライトではなく、ledテープをお部屋に貼ることで、かなりスタイリッシュに空間を演出できます。

色味も充実しているので、インテリアの暖色や寒色などを考えて選んで貼ることもできます。

ledテープをお部屋に貼る貼り方を、一緒に見てまいりましょう!

ledテープを使ってお部屋をイメチェンする貼り方を考える

ledテープをうまく使ってお部屋のイメージを大きく変えようとするなら、どういったスタイルにするのか、その貼り方を良く考えることが先決です。

ledテープはその名の通りに、テープ状になった電気が点くシールのようなものです。

両面テープのように、ledテープの裏面の紙をはがしてペタッと壁にくっつけるだけで、美しい色合いの光が楽しめます。

今ある照明をうまく利用しながらも、ledテープも合わせて使いたいといった場合には、ちょっとした間接照明代わりになる貼り方をすると、見た目もおしゃれで、機能も満たすことになります。

リビングに使う場合には天井の隅に沿わせて貼ると、かなりお部屋のイメージが変わります。

また、壁一面を覆うような大型のテレビ専用ラックなどがあると、何となくお部屋が暗く感じられますが、ラックの天板や両サイドにledテープを貼ることで、スタイリッシュにアレンジできながらも明るさもキープできるようになります。

ledテープの特徴を知ってお部屋の貼り方に一工夫

単品のledテープは、5m巻きで売られているのが一般的です。

電気のついた部分を避けるように、テープにカットラインがついているので、そのライン上であれば、ご自分が好きな長さにカットして使用できます。

テープ自体は樹脂でできているので、簡単に曲げることができます。
壁の隅などに合わせて曲げることができるので、思い切った貼り方で素敵になる演出も可能なのです。

ledテープのお部屋の形に合わせた貼り方を考えましょう。

また、テープにあるledの種類も、たくさんあります。

ledテープだからといって何も考えずに取り付けると、ライトの寿命が短くなったりする場合があります。
単純に張り付けるのではなく、張り付ける場所やledの個数を考えながら付けましょう。

ledの個数が多ければ多いほど明るくはなりますが、熱量が多くなりますので、木部などには適していません。

また、ledが少なければお値段が安く済むし、貼る場所を考えなくてもいいという利点があります。

狭い場所に貼る専用のもの、横方向に光を出すものや、テープの幅が広くled自体が2列や3列に配置されているものなど選択肢が多いので、それぞれの特徴を知りながら貼るのが一番です。

ledテープを使っておしゃれな空間を演出!

ledテープを使って、お部屋をおしゃれな空間にしましょう。

最近の流行りである対面型キッチンにはカウンターがありますが、カウンターの底面にledテープを貼りつけると、一味違った演出ができます。

通常ライトは天井など上部から明かりを照らし、手元を明るくするといった目的で使用しますが、ledテープを使うことで、雰囲気のあるちょっとしたバーカウンターのような素敵な照明アレンジができます。

また、キッチンの天井に間接照明として貼ることで、小粋なイメージに早変わりさせることができます。

その他にledテープを使って、お部屋の印象を変える貼り方としては、家具や壁以外のものに貼るなどもいいですね。

また、ledテープの中にはダブル防水といって、水に漬けても問題ないタイプのものがあります。

そこで、水槽などに貼る貼り方も素敵に見せることができるのでおすすめです。

貼り方は、水槽の縁や下面などに貼ったり、中の小物類をライトアップさせることで、カラフルで可愛いアレンジが楽しめます。

水の中が、幻想的な光に輝きます。

お部屋のあちこちをledテープを貼ってみよう

お部屋のあちこちに、ledテープを楽しく、うまく利用しましょう。

先ほどは、リビングやキッチンなどに貼る例を挙げました。
今度は、リビングやキッチンなどの他の場所に貼る場合の貼り方を、見てみましょう。

階段などの段差があるところに、ちょっとした灯りがあると便利で安全ですよね。

もし、ledテープを階段に使うとしたら、階段の縦の面の下の方などに貼るとよいでしょう。
足がかかる上面では、ledがつぶれてしまいます。

足が乗らない立ち上がった面の下部に、面に沿わせた貼り方で貼っておけば、踏みつけもせず、ほのかな灯りが足場をしっかり知らせてくれます。

また、お子様用のお部屋などでは、ledテープを天井や扉の縁などに貼っておけば、蛍光灯についている常夜灯の代わりになり、見た目もおしゃれになります。

子供部屋ならではの、ライトアップも楽しみましょう。

ledテープを細かく切り、お部屋の壁や天井に花火が咲くようにアレンジすると、お子さまも喜びますね。

場所によって長さや貼り方に変化を付けられるのも、ledテープの良さの一つです。

ここがすごい!便利なledテープが持つ性質!

ledテープが持っている大きな特徴に、電気工事を必要としないで、お部屋をアレンジできるといったことが挙げられます。

通常、間接照明などを設置したいといった場合には、配線作業が必要になり、ものによっては壁に穴を開けたりリフォームが必要だったりします。

業者さんを呼んで、本格的な作業をしてもらうことになるのです。

しかし、ledテープさえあれば、お部屋の中に簡易的な間接照明を作ることができ、貼り方次第でとても素敵にアレンジできます。

また、単品でledテープを購入して貼るというのもいいのですが、リモコンがセットになったものを購入すればリモコンのセンサーが届く範囲で、好きな色に簡単に切り替えるといった楽しみ方ができます。

その日の気分や、ちょっとしたイベントなどにledの色を簡単に替えられるというのは大変魅力的ですよね。

単品を購入することに比べて多少お値段が張りますが、配色を切り替えて楽しみたい方には最適なセットです。

ledテープの特性を考えて、単品かセットかを選びましょう。

お部屋をおしゃれに演出できるアイテム!

ledテープでお部屋を素敵に演出する貼り方や、その特徴などのお話をしました。

人間の生活の中で、灯りは重要な役割を持っています。

以前はただ「照らす」といったことに重点が置かれていたライトも、お部屋の雰囲気づくりに大きな働きを持つようになり、このように誰でも手軽に貼って使えるものになっています。

ライト一つで、生活が変化します。

今のお部屋にちょっとした変化を持たせたいと思ったら、ぜひledテープを使って楽しんでみてくださいね!

 - 照明, 生活