古くなったお布団の処分方法は?引き取りはしてもらえるの?

ご自宅の押入れの中に、古くて使わなくなったお布団は眠っていませんか!?

場所を取るために処分したいけれど、どうやって捨てていいのか、と考えてしまいますよね。

可燃ごみなのか、粗大ごみなのか、お住まいの地域によっても違ってきますので、対処が難しいところです。

今回は、わかりにくいお布団の捨て方や、引き取りサービスについてまとめました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人気のお布団5選!防ダニ効果のあるおすすめのお布団とは?

アレルギーの原因にもなる厄介なダニは、湿気が発生しやすいお布団に寄生することが多いです。した...

ベッドのダニを退治する方法!布団乾燥機の使い方とは?

日本は高温多湿の島国です。そのため、ダニが発生する環境が整いやすく、多くの方がダニが引き...

シングルベッドやダブルベッドの掛け布団サイズの選び方

お布団の上げ下げの必要もなく、クッション性のいいマットレスで腰にやさしいとも言われているベッド。...

お布団で感じる虫刺されはもしかしたらダニかも?対策法は?

お布団で虫刺されに遭った事はありませんか?それは、もしかしたらダニによる虫刺されかもしれませ...

お布団の処分方法とは?小さく切ると燃えるゴミに出せる?

使わなくなったお布団を処分したいと思ったら、粗大ゴミに出すのが一般的です。しかし、粗大ゴ...

お布団はどこで干す?マンション住まいで悩む干しスペース!

住む地域や場所によっては、ベランダにお布団を干すことを禁止しているマンションもあります。室内...

来客用のお布団はどんなものがおすすめ?収納方法は?

お家に来客があった場合に使う来客用のお布団は、皆さん、どのようなものを使っていますか?折角の...

敷布団の湿気をなんとかしたい!断熱シートの使用効果って?

朝起きた後で、寝汗などで敷布団が湿っていることに驚いたことのある人は多いと思います。寝汗は夏...

お布団の湿気はカビの原因?お布団を清潔に保つために

人は寝ている間にコップ約一杯分の汗をかくそうです。その汗がお布団に吸収され、湿気となり溜まることで、...

アクリル素材の特徴を知ろう!季節の変わり目に選ぶお布団は?

様々な素材の毛布がありますが、量販品に関しては安価な合成繊維の毛布が増えてきています。そのう...

上手にお布団を干すコツ!湿度が高くても大丈夫?役立つ商品

湿度が高いと、お布団を干すのをためらってしまいますね。しかし、ある程度湿度が高くても、気温と...

こたつではなくお布団で寝るべき!こたつに潜むリスクとは?

寒さ厳しい冬の時期、こたつの中に入ったときのぬくもりは、なんとも言えない心地よさがあります。...

木製の家具にカビが生えてしまったら!?原因と対処法

木製の家具は天然木であるため、カビが生えてしまったらどうやって取れば良いのでしょうか。ベッド...

ベッドと敷布団はどちらが最適か?2つの違いを見ながら検証

寝具というと、ベッドか敷布団かに分かれますよね。日本では昔、敷布団を利用するのが一般的でした...

布団との併用や収納を考察!抱き枕の様々な視点での利用価値

就寝時のアイテムとして、抱き枕が人気です。布団との併用により、様々な不快症状にも役立つことを...

スポンサーリンク

古いお布団の処分方法。可燃ゴミとして出せない!?

皆さんのご家庭に使わなくなったお布団ありませんか。
かさばるし、捨てたいんだけど、どうやって出せばいいのか意外とわからずにそのままに放置してしまうこともあるでしょう。

そこでここではお布団の捨て方についてご説明します。

お布団は、基本的に粗大ごみとして扱われるので、普通ゴミで出してもまず回収してくれません。
それなので粗大ごみの廃棄ルールに従って、処理を行います。

有料なので、まずコンビニやスーパーで粗大ごみシールを購入します。

自治体によって違いますが、お布団の場合2~300円です。
購入前にお住まいの市区町村に確認して頂ければと思います。

シールを購入したら自治体に収集の依頼を連絡して、収集日にシールを貼って出す、と言う流れになります。

また、お布団が粗大ごみとして扱われるのは大きさの問題で、素材は普通に捨てられる物です。
ですから、お布団細かく切ってしまえば可燃ごみとして収集してくれるはずです。

しかし、お布団を切り刻むのは大変な時間と労力を要しますし、部屋中が綿だらけになって収拾がつかなくなったりするでしょう。

価値観の違いで何とも言えませんが、収集費用も高額ではないので不用になったお布団は粗大ごみとして引き取りしてもらう事をおすすめします。

古いお布団の処分方法・自治体のルールを要確認!

ここまでお布団は基本的に粗大ごみ扱いとお話ししてきましたが、例外もあります。

埼玉県さいたま市では、「一辺90cm以内に折り畳み、紐で縛る」を実践すれば、1回1枚までは可燃ごみとして引き取りしてくれます。

例外はどの自治体にも存在する訳ではないので、まずはホームページや電話で扱いを確認してみましょう。

さて、お布団は高額ですし、長持ちする物が多いですから、基本あまり買い替えるものではありません。
一般に敷布団は3年、掛け布団は5年が寿命と言われていますが、それ以上にお使いの方も多いと思います。

よほどボロボロにでもならない限り、買い替えるきっかけが無いと思いますし、思いつきもしないでしょう。
となると一番のきっかけは引っ越しでしょうか。

新居に引っ越す時に古いお布団を廃棄して、転居先でお布団も新しくするタイミングで買い替えることはあるでしょう。

「気分一新」と言う言葉が有りますが、せっかく新しい家に引っ越すのだから、毎日使うお布団等は新調したいものです。

古いお布団の引き取り・引越し業者

さて、引っ越しなどを機に新しいお布団にするとなると、古いお布団を処分しなければなりません。

引っ越しの際、作業を業者に依頼すると思いますが、大半の業者は作業と同時に不用品を引き取ってくれるのです。

ただし、これは有料の場合が多いので、引っ越し作業の打ち合わせ時に確認を取り、引き取りOKなら見積もりに組み込んでもらいましょう。

しかし、処分費用は業者によって違いはあるものの、1品毎に1,000~5,000円程掛かりますので、前項でお話しした粗大ごみの引き取りと比べ随分と割高になります。

また「もしかしたら古いお布団でも売ればお金になるかも?」と買い取りを考えている方は事前に買い取り業者に相談された方が賢明です。

引っ越し業者の中には、買い取りも行っているところがありますが、実際に値段が付かないケースがほとんどです。

引っ越し業者は、引っ越しが専門であって、不用品の回収、買い取りはあくまで宣伝の為のうたい文句程度なのです。

また、お布団以外にも家電等、値が付く可能性を感じたら買い取り専門業者に相談し、値が付かなかった不用品は、粗大ゴミで出すか不用品回収業者に依頼する、というのがおすすめです。

お布団販売店の引き取りサービス

さて、いざ新しいお布団を買いに行くと、お店によっては古いお布団を引き取ってくれるケースが有ります。

もちろん全ての店舗が引き取りサービスを行っているわけではありませんが、条件さえ満たせば無料で引き取ってくれる所もありますので、確認してみて損はないでしょう。

実際にある老舗の大手お布団メーカーには、特定の種類のお布団を購入すると、新しく買ったお布団の枚数と同数の古いお布団を無料で引き取りしてくれるサービスがあります。

敷布団を買ったら敷布団、掛け布団には掛け布団と、同じ種類のお布団を引き取ってくれるのです。

また、お布団専門店でなくても、例えば○○円以上商品を購入すればという条件付きで、不用品を回収してくれる店舗もあります。
お布団が対象になるかどうかは要確認ですが、大半の店舗で可能だと思います。

新しく購入するお布団の価格や枚数によっては、ご自分で粗大ごみとして処理したり、引っ越し業者に依頼するよりもお得になる場合もあるので、比較検討が必要です。

古いお布団の引き取り・リサイクルショップ、団体に寄付

また、リサイクルショップやネットオークションに出す手もありますが、ほとんどのお店は使用済みのお布団は引き取りしてくれませんし、オークションで買う人もいないでしょう。

例えば箱に入ったままの未開封の毛布や、使用期間が限られている赤ちゃん用のお布団ならまずまずの値段になるかもしれませんが、やはり肌に触れるお布団ですから、衛生面を考えると、中古はちょっと抵抗感があります。

万が一値が付いたとしても、需要がほとんどない為、古着などと同様にごく安い買い取り価格になってしまうでしょう。

また、「私は古いお布団に利益は期待しない!」という方は捨ててしまう前に、寄付するというのはどうでしょうか。

例えば発展途上国においては、汚れていても、古くても、十分に必要な物資として再利用できるのです。
また、動物愛護団体などでも古いお布団は大変に重宝されます。

NGO.NPO法人を調べて頂ければ、いつでも受付しているはずですので検討してみましょう。

古いお布団の引き取り・不用品回収業者

引っ越し時や大掃除でお布団以外にも不用品が出た場合、お布団は粗大ごみに出したり、寄付したりしたり出来ますが、残りの不用品等はどうすればいいのでしょう。

そんな時は不用品回収業者に相談しましょう。

不用品回収の最大のメリットは、本来であれば粗大ごみ扱いにならない家電や機械類をお布団等と一緒に、まとめて引き取りしてくれる点です。

テレビやパソコン、冷蔵庫等は「家電リサイクル法」という法律で、資源の有効活用を目的にゴミとして廃棄する事が出来なくなっています。
ですから、然るべく手続きと結構高額な手数料が必要です。

しかし、不用品回収業者なら電話一本で引き取りに来てくれるのですから、面倒がありません。
また、木材やプラスチックなどが混在して作られている家具なども、自分で廃棄する場合は分別しなければなりませんが、業者ならそのまま持って行ってくれます。

また、一部の不用品回収業者には、古物商の許可を得ているところもあるので、回収時に値が付くような物は買い取ってくれる可能性があります。

貴金属や家電等可能性を感じたら相談してみてはいかがでしょうか。
値が付けば回収費用からその分を差し引いてくれるので、処分費用の軽減になります。

古いお布団は基本的には粗大ゴミ

お布団は、肌に触れるものなので衛生面の問題があり、リサイクルが難しいです。

あまり使用しておらず汚れもなければ、買い取ってもらえる可能性もありますので、一度リサイクルショップに持ち込んでみるのもいいでしょう。

使い古したお布団は、粗大ゴミとして処分するのがいいでしょう。

可燃ゴミとして出せる自治体もあるので、お住まいの地域のルールをよく確認してください。