ベッドとお布団選ぶなら?高さをあげるメリットとデメリット

寝具でのベッド、お布団どちらで寝ていますか?

ベッドとお布団にはそれぞれメリット、デメリットがあり、寝具を選ぶ上で悩まれる方もいるかと思います。

そこでお布団とベッドそれぞれの特徴をご紹介していきます。

またお布団からベッドへ変更を考えている方に、高さをあげることのメリット・デメリットも一緒にご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしで照明が切れた!どうやって交換したらいいの!?

初めての一人暮らしで、突然、照明が切れた!!不動産屋さんに電話すればいいの!?賃貸だから自分...

ホテルから学ぶ!綺麗にベッドメイクする方法

ホテルに泊まったときに、シーツがピンとしたシワひとつない綺麗なベッドを見ると気分がいいですよね。...

寝具のカバーセットを購入するときに知っておくべきポイント

季節の変わり目や、模様替えをするときに、寝具のカバーセットを買い替える人は多いですよね。しか...

人気の寝具セットを紹介!ダブルも選べるセットを厳選

ネット通販で人気の寝具セットは、枕や掛け布団、敷布団が一度で揃うため一人暮らしを開始する方や、来...

家の寝室照明を増設するなら!?寝室照明選びのポイント

家の寝室に重要な照明器具。照明をうまく使うことで、よりムードのあるおしゃれな寝室が作れますよ...

検証!「お布団」と「ベッド」腰にやさしいのはどっち?!

腰痛持ちの方にとって、悩みの種となるのは「寝具選び」ですよね。お布団とベッドでは、どちらが腰...

畳にベッドは置ける?和室に合うベッドインテリア

日本では昔、畳にお布団を敷いて寝るのが一般的でした。しかし、近年はお布団よりもベッドの利用者...

フローリングにお布団を敷くと寒い!眠るときの防寒対策は?

住居の洋式化が進んだ現代では、フローリングのお部屋が多くなってきましたね。床材がフローリング...

ベビーベッドに柵は必要?西松屋やネット通販で手軽に購入!

新しく赤ちゃんを迎えるご家庭は、その準備に大忙しですよね。中でも、赤ちゃんのメインスペースと...

ベッドの柵が意外と危険?ベッドガードで子供を守ろう!

赤ちゃんや子供は、寝ている間に上へ行ったり、下に移動したり、寝相が悪い事もあります。寝返りを...

部屋の天井と壁にカビが生える原因と掃除&防ぐ対策方法は?

ふと、部屋の天井や壁に目を向けると、『カビが生えてる!』なんて経験ありませんか?梅雨時や、窓ガラ...

ベッドへ車椅子から移乗 様々なケースの介護方法とポイント

ベッドから車椅子へ、車椅子からベッドへ、移動するのに介護が必要な人もいます。そのような動作を...

布団カバーのおすすめ6選!通販ランキングからセレクト

お布団を清潔に保つアイテムとして、おすすめしたいのが布団カバーです。大手通販サイトでは、...

冷蔵庫の下に保護シートを敷こう!マットの下に敷く物は?

フローリング床はいつの間にか家具の引きずりや、物を落としたことでキズがついたり、食べこぼしなどの汚れ...

ダニ防止効果のあるおすすめ寝具4選!選び方も解説

ダニ防止効果のある寝具は数多くありますが、何によってその効果がもたらされているのかをご存知の方は...

スポンサーリンク

お布団とベッドの特徴

ベッドとお布団では、どのような違いがあるのでしょうか?
ここでは、ベッドとお布団の違いについてご説明していきます。

大きく分けて、ベッドはフレームとマットレスの2つがあります。
フレームは、台のことを指し、フレームの上にマットレスを敷いて寝ます。

一般的には敷布団は敷かないので、マットレスの上にシーツを敷いて寝ることになります。
夏場などは汗を吸ってくれるパッドを敷き、冬は温かい素材のものを敷くなどします。

お布団の場合は畳やフローリングに直接敷くか、三つ折りのマットレスをお布団の下に敷く方法があります。
ここでマットレスを敷くのと敷かないのとでは大きな差が出てきます。

ベッドは、場所を取られるなどのデメリットもありますが、寝る起きるの動作が楽であったり、お布団のように上げ下ろしをしなくていいというメリットがあります。

敷布団を使わないので、干さなくていいのも楽ですし、お布団よりも高い位置にありますので、床面の温度や湿度に影響されることもありません。

高さを調節できるベッドもありますので、季節によってあげることもできます。

お布団の場合は敷きっぱなしだとカビが生える危険がありますので、たたまないといけないのが面倒です。

ベッドのように場所をとられないことや、高さがないので落ちることがないなどのメリットがある他、姿勢が良くなるので身体にはお布団のほうが良いです。

お布団からベッドへ!高さをあげることのメリット

お話したように、ベッドのメリットはお布団の上げ下げがいらないこと、ベッドマットレスのクッション性の良さなどが挙げられます。

ベッドマットレスは、自分の体重を分散させてくれますので、ほとんど自身の重さを感じることがなく、ベッドに慣れているようだと畳の上では寝心地が悪いと感じるでしょう。

お布団の上げ下げは案外腰に負担があるので、腰のことを考えるとベッドがいいかもしれません。

床から30センチの高さまではホコリが舞っているといわれており、これは何の動きもない空間にも言えることです。

ベッドを30センチ以上の高さにあげると、ホコリを吸い込まなくて済みます。
そして、高さのある30センチの下を、収納スペースとして使うことができます。

ベッドの下であれば、そんなに覗かれることもありませんので、人に見られたくないものなどを収納することができます。
プラスチック製の衣装ケースがいくつか入れられますので、目に付く場所に衣装ケースを置かなくて済みます。

ベッドの高さをあげると、メリットが多くなります。

ベッドにすることのデメリットって?

ベッドは、メリットがありますが、デメリットもあります。
それでは、ベッドにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

まずは、衛生的な面で、掃除がしにくいというデメリットがあります。
ベッドの下には案外ホコリが溜まりやすく、動かせないような重さのベッドは特に掃除がしにくいです。

高さをあげる事ができれば掃除も楽ですが、低いと掃除がしにくいものです。

また、お布団と違ってきしむ音がします。
この音は意外と気になるもので、安いものや組み立てるタイプのベッドは音が鳴るので、気になるでしょう。

そして、一番のデメリットと言えるかもしれませんが、場所をとるというデメリットがあります。
大きな家であれば問題ないでしょうが、ワンルームでベッドに場所を取られるのはしんどいです。

処分が面倒なこともデメリットの1つであり、ベッドの処分にはお金がかかることもあります。
リサイクルショップに持ち込めば引き取ってくれることもありますが、粗大ゴミとして出すようであれば、お金を取られてしまいます。

このように処分に困るというデメリットがあるのがベッドです。

ベッドの高さで使用感が変わる!?ベッドの選び方法

ベッドで寝る際に、重要な要素になるのが高さです。

あまり高いベッドだと上に乗るのも大変ですし、低すぎても機能的な問題が生じてきます。
寝心地以外で問題が出てきますので、高さ選びは慎重にし、見た目だけで選ぶようなことは避けましょう。

高さの低いベッドを選んだ場合には、部屋が広く見えるなどのメリットがありますが、床からの高さがないのでホコリを吸い込みやすいというデメリットがあります。

おしゃれなデザインのベッドが多いのは高さの低いベッドなのですが、立ったり座ったりするのに負担がかかるのも低いベッドなんです。

特にベッドに座ってテレビを見る習慣があるようであれば、高さは慎重に選んだほうがいいでしょう。

低いベッドは、落ちても心配がないなどのメリットもありますが、ちょっとメリットは少ないように感じます。

高さが調整できるベッドであればあげることもできます。

高さのあるベッドは、ホコリを吸い込まないことや、立ち座りの際に負担も少ないです。
また、ベッド下に収納もしやすいでしょう。

このことから、デザインを取るか機能面を取るかで考えるといいでしょう。

よりスペースを有効活用するならベッドの高さをあげる!

ベッドにもうちょっと高さがあれば…なんて思ったことはありませんか?

高さの調節ができるベッドであれば高さをあげることもできますが、そうじゃない場合にはベッドの脚の下に何かを入れて高さをあげるという方法をすることになります。

ベッドの高さをあげることができれば、ベッドの下を収納として有効に使うことができます。
また、寝たり起きたりする高さも自分好みにできますし、介護が必要であれば腰への負担がかかりにくい高さにすることもできます。

高さをあげるときには、自分で木材などの丈夫なもので作っても問題ないですが、専用も商品を買ってきて使うと便利です。

丈夫なものというとブロックなどがありますが、ブロックだと床を傷めてしまうので、あまりおすすめはできません。

やわらかさのある素材がおすすめで、ゴムやシリコンでできたものを使うと床を傷めずに高さをあげることができます。

あまり小さなものも危ないので、ギリギリの大きさのものではなく、余裕のある大きさのものを選ぶことをおすすめします。

ベッドの高さをあげると収納の幅が広がる!収納ポイント

ベッドの高さをあげると収納スペースが増えますが、ベッドの下は掃除がしにくい箇所です。
さらに、ホコリが溜まりやすい場所であるため、ダニなどの棲みかになってしまうという危険もあるのです。

また、寝ている間の汗によってベッドの下は湿気が溜まりやすいという欠点もありますので、ベッドの下を収納として使う場合には蓋の付いた収納ケースを使うことをおすすめします。

蓋の付いた収納ケースに除湿剤を入れておけば、湿気によるカビの心配も少なくなるのでおすすめです。

掃除をしやすくするためにも、キャスター付きの収納ケースだと、一段と便利でしょう。
キャスターが付いていれば、すぐに取り出すことができますので、掃除をするのにとても楽です。

また、床との間に隙間ができるキャスター付きであれば、通気性がアップするので湿気を防ぐこともできます。

湿気を防ぐには、すのこを使っても隙間ができます。
床を傷めたくないときには、保護用のマットを敷くと傷が付かなくて便利です。

お布団とベッド選ぶなら

お布団はスペースが確保できるところや圧迫感がないのが良い点ですが、やはり寝心地で考えるとベッドのほうがいいでしょう。

ただ、ベッドは場所もたくさんとってしまうので、一人暮らしや狭い部屋には考えてから設置したいものですね。