大学生、一人暮らしは寂しい?つらい?そんな悩みの解消法

地元から離れた大学への合格が決まり、入学と同時に一人暮らしをするという学生さんは多いのではないでしょうか。
そんな学生さんに多いのが、ホームシックです。
一人でいる時間が長くなり、孤独感から、寂しい気持ちやつらい気持ちが出てくるのです。
ここでは一人暮らしで寂しいと感じる方にオススメの対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

寝るときに音楽を聴くと良く眠れる?クラシックは?

寝るときに音楽を聴くといい・・・そんなお話を聞いたことはありませんか?実はこれ、本当のことな...

睡眠が浅いとなぜ頭痛が起きる?頭痛が起きるメカニズムとは

忙しい現代社会においては、日々十分な睡眠時間を取ることは難しくなっているのかもしれません。元...

子供の睡眠にも効果的?オルゴールの癒し効果でぐっすり!

毎日の生活の中で音楽は身近な存在となっています。音楽には色々なジャンルがありますが、その中に...

窓から入る隙間風を防いで安眠しよう!隙間テープの使い方

冬場、窓の隙間から入り込んでくる冷気で、夜寝るのが辛いと思えば、夏場、網戸から入ってくる虫が邪魔で寝...

机に座ると眠気が襲ってくるのはなぜ!?眠気を覚ます方法

いざ、勉強や仕事をしよう!と思って机に座るとたん、眠気に襲われることってありませんか?それに...

お布団の中で見る夢、なぜ人は夢を見る?夢占いは当たるの?

お布団の中で、すやすやと眠っている時に見る夢。人はなぜ夢を見るのでしょうか?脳の動きに理...

2ヶ月で寝返りしようとする赤ちゃんのリスクと対策

初めての育児の中、生活のリズムがわかり始めたと思っても、次から次へどんどん心配事が生じます。...

led照明の寿命は短い?本当に省エネ?特徴や電気代について

「自宅で使っている白熱電球、そろそろledに買い替えようかな」とお考えの方に、ぜひ、この記事をご一読...

小さい子供は悪夢を見やすい!?怖い夢を見る悪夢障害とは?

小さい子供は大人に比べ、悪夢を見やすいとされています。子供が悪夢を見やすい原因のひとつと...

赤ちゃんに良質な睡眠を!オルゴールが効果的ってホント?

赤ちゃんがオルゴールを聴きながら、すやすやと眠っているコマーシャルなどを一度は目にしたことがあり...

質のよい睡眠は脳や体の修復に役立つ!その修復効果とは?

皆さん、睡眠の健康への影響をご存知ですか?「睡眠不足が続くとお肌の状態が悪いよね」、「睡...

睡眠不足によるめまいや症状!その対処方法を知っておこう!

最近、寝ていても疲れが取れない、目覚めが悪い、などといった症状はありませんか?それは、もしか...

睡眠は何時間我慢できる?ギネス記録に挑戦した少年

睡眠時間を削ると、体調が悪くなったり集中力が下がるという方は多いのではないでしょうか。睡...

肌荒れ防止には質のよい睡眠時間が不可欠!その対策とは?

「吹き出物ができてる!」、「なんかお肌がカサカサ!」と、肌荒れでお悩みの方、いらっしゃいませんか...

ダウンライトはリビングにも使えるの??色ごとに解説

リビングの主流照明はシーリングライトが多いですが、せっかくならおしゃれにダウンライトを使いたいですよ...

スポンサーリンク

一人暮らしを寂しくつらいと感じる大学生の特徴

世の中には一人暮らしという自由な生活を楽しんでいる人が数多くいますが、一人が寂しくつらい生活をしている人もいます。

寂しさを感じながら生活しているのは主に、一人暮らしを始めたばかりの人達です。
大学や専門学校への進学、就職をきっかけに一人暮らしを始める人が殆どだと思います。
親元から離れて1人で生活するのは、家事など含めて不安でしょう。

しかし家事がしっかり出来るかなどは大きな不安ではありません。
家族で暮らしていたに当たり前に行われていた会話の喪失こそ不安感の大きな原因です。

疲れて家に帰ったら「おかえり」と言ってくれる人がいるのが実家でした。
ご飯を食べる時には観ているテレビの内容やその日の出来事など話したり、食卓に会話があります。
今まであった会話がなくなった時に、一人だということを強く実感し寂しさが襲ってくるのです。

小さい頃から沢山の人に囲まれてきた人ほど、孤独に対する免疫はありません。
こういう人ほど一人暮らしに寂しさを感じてしまいします。

家に兄弟や親戚が多かった人ほど、これに当てはまります。
現に一人っ子だった人は、一人暮らしであまり寂しさを感じることが少ないようです。

大学生向け、一人暮らしをつらいと感じた時の対処法①

一人暮らしがつらい、寂しいと感じたら、趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

1人の時間を上手く使いこなせていないから、空虚感からくる寂しさを感じてしまうのかもしれません。

家の中で1人でできる趣味があれば、充実した時間を過ごすことができ、寂しさを感じなくなることでしょう。

テレビを観ることでも時間は潰せますが、その時に面白い番組がやっていなければ充実した時間を過ごしたとは言いにくいですね。
なのでテレビ以外に家で一人でできる趣味を探しましょう。

充実感を味わいたいのであれば、やはりものを作るなどの趣味がオススメです。
といっても大学生や会社員の人は疲れて帰ってくるので、そこまで凝った趣味は避けた方が良いです。

女性であれば労力のいらない手芸が良いと思います。手芸はアクセサリー作り、編み物、ぬいぐるみなどジャンルも豊富なので自分に合うものが見つけやすいです。
最は羊毛フェルトにハマっている女性も多いので、気になる方は調べてみてはどうでしょう。

男性で勉強をするのが好きな人は色々な資格を取るのがオススメです。
仕事にも活かせるので、モチベーションも維持できることでしょう。

大学生向け、一人暮らしをつらいと感じた時の対処法②

わざわざ新しく趣味を作るのではなく、毎日行うことを凝り始めるのも良いでしょう。

一人暮らしと同時に始めなきゃならないのは自炊ですね。
実家にいたときは母親が作ってくれていましたが、一人暮らしでは自分でご飯を用意しなければなりません。
作った料理は自分で食べるので、多少失敗するくらい何の問題もありません。

モテなくてつらいという大学生も、美味しい料理が作れるようになれば女の子を自宅に誘うことができるかもしれません。
それに今の時代、作った料理はブログやSNSにアップできるので、一人暮らしでも他の人と自分の手料理を共有することができます。

同じように一人暮らしを始めたばかりの友達で集まって、パーティを開催するのも楽しいですね。
アパートやマンション暮らしの人は、近隣の方の迷惑にならないよう配慮が必要ですが、そんな大人数でなければそんな大声を出す必要もないでしょう。

パーティはだらだら行うよりも、夜9時までには解散するなど事前に決めておいた方が濃い時間を過ごせます。

つらい気持ちを外に出て対処する方法

友達がいなくてつらいという大学生や社会人の方も少なくないでしょう。
ならば自分から人がいる場所に行けば良いのです。

良い大人は行きつけのお店があるものです。
やっぱりお酒の飲めるお店が良いですね。
何回か行けば店主や他のお客さんと顔見知りになり、そこで会話が生まれます。
人と話すことで一人暮らしの寂しさを紛らわすことはできるでしょう。

お酒が飲めないという人は地元のイベントや地域の活動に参加してみてはどうでしょう。
近所の人と交流する場合、失敗すると居心地が悪くなりますが、仲良くなれるととても心強いです。

近所に心配してくれる人がいると、急な病で倒れたとき救急車を呼んでくれて九死に一生を得るかもしれません。
都会で良い近所づきあいは難しいと思いますが、調べてみると地域清掃など色んな交流の場が設けられているので、一度調べてみると良いでしょう。

そんな行動力ないという方は、同じアパートの住人とすれ違ったらとりあえず会釈をするなど、細かいところから始めてみましょう。
可能性は低いですが、何かが変わるかもしれません。

良く眠ることがつらい気持ちを和らげる①

体調が良くないときに心細くなったことがあるという人は多いと思います。
体調と心の状態は密接に繋がっているので、何をしても一人暮らしの寂しさを感じてしまう人は、体調があまり良くないのかもしれません。
何か病気に罹っているということではなく、身体が疲れているということです。

疲れを取るためにも睡眠を見直してみてはいかがでしょうか。

睡眠は身体の休息はもちろん、身体をコントロールする大脳を休息させるための時間でもあります。
質の良い睡眠はストレス解消に直結するのです。

浅い眠りしかできないと成長ホルモンも分泌されません。
成長ホルモンは深い眠りのときに分泌されるからです。
成長ホルモンは細胞の新陳代謝を促して、皮膚、筋肉、骨などを成長させるだけではなく、傷ついた筋肉や内臓などを修復する働きもあるのです。

睡眠ができていても、深い眠りに入って脳を休ませることが重要です。
深い眠りに就くためにも、就寝前に好きな音楽や本で心をリラックスさせ、気持ちの良い寝具で寝ましょう。

毎日遅くまで遊んで、充分な睡眠が取れなくてつらいと嘆いてる大学生も、疲れを感じてきたらきちんと睡眠をとりましょう。

良く眠ることがつらい気持ちを和らげる②

深い睡眠について詳しくご説明したいと思います。
ます睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。
テレビで良くご紹介しているので、知っている人も多いと思います。

しかしこの睡眠の順序は、浅いレム睡眠から深いノンレム睡眠ではなく、深いノンレム睡眠から浅いレム睡眠へと変わるのです。
この2種類の睡眠は、約90分周期で繰り返されます。
そのため、睡眠時間が短いとノンレム睡眠の回数が少なくなるので、脳の休息が充分ではなくなります。

人が動いている間に行う大脳の膨大な情報処理の集中力は、この睡眠の間にチャージされます。
ちょっとした空き時間に居眠りをする人も多いですが、ほとんどがノンレム睡眠でレム睡眠程の脳の休息にはなりません。
レム睡眠は脳の休息の役割ではなく、脳の整理に使われるからです。

大学の昼の講義で覚えたばかりの短期記憶を長期記憶に変えるのが、レム睡眠の役割なのです。
学習したことが多ければ多いほど、レム睡眠も増える事が確認されています。
レム睡眠からノンレム睡眠に変わる前が目覚めの準備状態でもあり、この時に目覚めると気持ち良く起きることができます。

日光は眼を通じて体内時計を合わせるので、起きたら日光を浴び、朝食を摂って脳に栄養を与えるのが理想の形です。
一人暮らしの大学生には朝食をきちんと摂るのはつらいでしょうけど、頑張ってこれを朝のルーチンにしましょう。

まずは外に出てみては

一人暮らしで、休日にずっと一人で家にいると、気分が落ち込みがちになってしまいます。
予定や目的地がなくたって良いので出かけてみましょう。

ぶらぶらと街をお散歩するだけで良いのです。
積極的に外出すると、自然と楽しい気持ちになれるかもしれませんよ。

また、趣味などに思い切り打ちこんで、夜にはぐっすり寝るというのも寂しさを解消するコツですね。