布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

すのこベッドに敷布団一枚で寝ると背中が痛いことがある?

2016.10.18

寝るときのアイテムは、お布団とベッドの他に、すのこマットというアイテムがあるのを知っていますか?

実際に、すのこマットを使用している人もいると思います。

すのこマットを使用して、朝起きると身体が痛いと感じること事もありますよね。

今回は、そんなすのこマットについてお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夫婦と子供の三人暮らし、寝室や子供部屋はどうする?

現代、夫婦と子供の三人暮らしというご家庭は多いのではないでしょうか。 そんな三人暮らし、子供は...

湿度が高いとどうなる?人間はどうなる?お部屋はどうなる?

人間は、湿度が高いとどうなるのでしょうか。 高湿度の空間でも、健康状態を保ったまま生活すること...

天井の電気を交換しよう!それぞれの部屋に適している色は?

一般家庭でもよく使用されている、蛍光灯。 丸型のシーリングタイプの蛍光灯は、リビングや寝室でもよく...

ナチュラルインテリアを賃貸で実現してみたい!その方法とは

人気のナチュラルインテリア。 賃貸でもおしゃれにできるのかな?と考えている方いますよね。 ...

スイッチの取り付け場所は?電気代節約で照明をLEDに交換!

毎月かかる電気代・・・少しでも安くおさめたいですよね。 そこで、照明をLED電球に変える方が多くな...

ベッドに天蓋を付けてみよう!現代も使える防寒の知恵

ふわふわのオーガンジーに囲まれた天蓋付きベッドは、女の子が一度は憧れる、お姫さまの必須アイテムではな...

ベッドのサイドテーブルをおしゃれに!選ぶ時のポイントは?

ベッドの横にサイドテーブルをひとつ置くと、お部屋の印象が大きく変わると思いませんか? サイ...

どうして?枕がホテルに2つ置いてある理由とは?

皆さんは旅行に行った時、ホテルや旅館などの宿泊施設を利用しますよね。 ホテルにチェックインして...

寝室にエアコン取り付け時、コンセントと高さに注意しよう!

寝室など、エアコンを新しく付けることになったとき、いくつか注意点があります。 コンセントについ...

パイン材のフローリングの特徴は?塗装はどれを選べばいい?

無垢材は主に、針葉樹と広葉樹に分けられます。 パイン材は針葉樹に分類されます。 今回は、...

マンションのドアの隙間の音漏れ軽減方法と外からの防音対策

マンションなどの室内のドアの下に隙間がありますよね。 この隙間は、シックハウス対策の為のものです。...

昼光色と昼白色と電球色、これらはどのような違いがあるの?

ホームセンターなどで蛍光灯やLED電球を見ると、「昼光色」「白昼色」「電球色」と、色に違いがあります...

これで安眠!窓際にベッドをレイアウトするコツをつかもう

新生活のスタートや、新しいベッドを購入した時、ベッドのレイアウトは悩みの一つです。 部屋を広く...

枕を洗濯機で洗うと浮く?枕の洗濯方法とその注意点は何?

夜眠る時に使う枕、みなさんどうやって洗濯していますか? 毎日使っていると、寝汗や頭から出る皮脂...

寝具にまつわる便利なアイデア商品をご紹介します!!

寝具のお手入れって大変ですよね?? そこで、お手入れが楽になる、便利なおすすめアイデア商品をご...

スポンサーリンク

すのこマットってどんなもの?

すのこマットやすのこベッドは、簡素な造りである事が多いにも関わらず、かなりのお役立ちアイテムです。

その中でも、すのこマットは、すのこで出来たマットレスで、あらかじめお布団のサイズで製造されています。
その為、後からサイズを調整したり加工したりする必要が無い場合が多く、二つ折りの製品や三つ折りの製品もあるため、そういった物を選んでおけば収納にも困りません。

すのこマットは、フローリングの床とお布団の間に隙間が出来るので、カビ防止に大変効果があります。
お布団を乗せて寝てみて、体が痛いと感じた場合は、マットレスを敷きましょう。

ベッドと同じような感覚で使うのがおすすめです。
普段からフローリングの床で寝ている人は、すのこマットの導入をするべきです。
すのこベッドを導入すると、フローリングの床でも、カビが生えにくいため、大変重宝します。

それでも時々は、マットレスを立てかけて湿気を逃がし、天気の良い日にお布団を干すようにしましょう。

すのこマットを使わずにお布団を敷いたらどうなるの?

フローリングに寝床を作る場合、ただフローリングにお布団を敷いて、寝るだけの人もたくさんいると思います。
なぜなら、お布団を朝起きた時に収納すれば、その分、広々とフローリングの部屋を使う事が出来るからです。

もしくは、ベッドを置くと床に傷が付いてしまいそうという人もいますし、今まで住んでいた畳の部屋と同じ感覚で、お布団を敷いて寝ている人もいるようです。
しかし、フローリングにお布団を敷いて寝ていると、時にお布団がカビてしまう事もあります。

そのため、お布団とフローリングの間に何かしらのカビ対策をした方が良いです.その対策の一つがすのこになります。
すのこは、すのこベッドとして売られていますし、気軽に組み合わせて使う事が出来るタイプのすのこもホームセンターや通販、100均などで売られています。

すのこを使用するとカビの発生や、カビの胞子が部屋中に蔓延してしまうリスクを減らせます。
うまく工夫して使うとお布団が長持ちします。
しかし、ここで問題になるのが、すのこベッドにただお布団を敷いて寝ると、朝起きた時に体が痛い場合があるという事です。

解消法は、敷布団の厚さを厚くするか、ベッドマットを購入し、その上にお布団を乗せて使用する事で軽減もしくは解消することが出来ます。

折りたたみすのこマットは収納に便利

ベッドもお布団もメリットとデメリットが存在します。

最終的には、好みの問題となりますが、昔から寝ているスタイルを変更すると、眠りにつきづらくなってしまう可能性もあるので、あまり寝床のスタイルを変更したくないという人もいると思います。

特に、すのこを利用した事が無い人が、すのこの上に直接お布団を敷いて寝た場合、腰や背中が痛いと感じてしまう場合があります。
睡眠の質はとても大切ですから、痛いと感じることが多いようであれば、マットレスを使ったり、厚みのある敷布団を使うのが良いでしょう。

すのこマットの欠点は、6畳以下の狭い部屋に置くと、ベッドでスペースの大半が占められてしまう事です。

このような場合に活躍するのが、折りたたみ式のすのこマットになります。
折りたたみ式なので、一人でも扱いやすく、折りたためば収納するのも容易です。

すのこは木製ですが、木の素材も桐やひのきなど色々あるので、木の材質にこだわってみるのも面白いかもしれません。

木の放つ独特の芳香を楽しむ事も出来ます。
自然の香りなので、こういった香りが好きな人は、リラックス効果も期待出来ます。

すのこマットに敷布団一枚だと痛いと感じる!?

非常に薄い敷布団や、すのこマットのような硬い所に、ただお布団を敷いただけでは、体が痛くなってしまう事があります。

目が覚めて起き上がったら腰が痛い。
という経験をしたことがある人も多い事でしょう
こういう場合は、総じて硬い床や畳にただお布団を敷いて寝ているという場合が多いです。
これを繰り返していると、筋肉が硬くなり腰痛の原因となってしまう事もありますし、熟睡出来ない事もあるので、睡眠の質にも問題が生じてしまうでしょう。

寝具が硬すぎると体が痛くなってしまいますし、それによって様々な問題が引き起こされる可能性がありますから、これは直ぐにでも改善をした方が後々の為でしょう。
薄いせんべいお布団一枚を硬い床の上に敷いても、床で寝ているのとあまり変わりません。

お金に余裕がある時に良いマットレスを購入したり、厚めのふとんに交換してしまいましょう。
硬いお布団でいつまでも寝ていると、体にかかる圧力を分散させることが出来ないので、寝ている間中、体のどこかに大きく負荷がかかってしまいます。

寝ている時にお布団の硬さを感じるという場合は、寝ている間に大きな負担がかかっていると考えて良いでしょう。

すのこマットが痛いときの対策

非常に薄い敷布団や、すのこマットのような硬い所に、ただお布団を敷いただけでは、体が痛くなってしまう事があります。

目が覚めて起き上がったら腰が痛い。
という経験をしたことがある人も多い事でしょう。
こういう場合は、総じて硬い床や畳にただお布団を敷いて寝ているという場合が多いです。
これを繰り返していると、筋肉が硬くなり腰痛の原因となってしまう事もありますし、熟睡出来ない事もあるので、睡眠の質にも問題が生じてしまうでしょう。

寝具が硬すぎると体が痛くなってしまいますし、それによって様々な問題が引き起こされる可能性がありますから、これは直ぐにでも改善をした方が後々の為でしょう。

薄いせんべいお布団一枚を硬い床の上に敷いても、床で寝ているのとあまり変わりません。

お金に余裕がある時に良いマットレスを購入したり、厚めのふとんに交換してしまいましょう。
硬いお布団でいつまでも寝ていると、体にかかる圧力を分散させることが出来ないので、寝ている間中、体のどこかに大きく負荷がかかってしまいます。

寝ている時にお布団の硬さを感じるという場合は、寝ている間に大きな負担がかかっていると考えて良いでしょう。

痛いだけではない。すのこマットのデメリット

すのこマットは、お布団のカビ防止に非常に有効ですが、注意するべき点はカビだけではありません。
すのこの品質によっては、表面が滑らかでない場合もありますし、使っているうちに床とこすれてキズになってしまう可能性があります。

持家の場合は良いですが、もしも賃貸で部屋を出ていく際に大家や業者に傷が見つかってしまえば、痛い出費が発生してしまう事もあります。
一応、製品によっては、傷付き防止フェルトなどが添付されている場合がありますが、それでも移動させる際に、乱暴に引きずったりすると床が傷ついてしまう可能性が高いです。

また、いくら、すのこベッドを使っているといっても、お布団をずっと干さなかったり、移動させない時が続けば、お布団がカビてしまう可能性は充分考えられます。

出来るだけ、時間のある時に布団を干すように心がけましょう。
その際、もしマットレスを使っているのならば、マットレスも壁などに立てかけて湿気を逃がしておきます。

すのこを構成している板は薄手の物が多いので、すのこの上で飛び跳ねたりしないようにしましょう。
乱暴に圧力をかけるとすぐに割れてしまいます。

すのこマットは部屋が小さめだと活躍します

すのこマット全般に言えることは通気が良いことですね。

更に収納が出来る折りたたみすのこマットは、お布団も干せて、掃除もしやすく、小さめな部屋には便利です。

すのこマットを使用して痛いと感じる方は、一度マットレスの使用や、厚めのお布団を使ってみて下さい。

すると、悩みが解消するかもしれませんよ。

 - 寝具全般