すのこベッドに敷布団一枚で寝ると背中が痛いことがある?

寝るときのアイテムは、お布団とベッドの他に、すのこマットというアイテムがあるのを知っていますか?

実際に、すのこマットを使用している人もいると思います。

すのこマットを使用して、朝起きると身体が痛いと感じること事もありますよね。

今回は、そんなすのこマットについてお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人気の天蓋付きベッドをご紹介!ホテル仕様なデザインを厳選

宮殿や高級ホテルにいるような雰囲気を味わうことができる天蓋付きベッドは、根強い人気があります。...

エアコンを設置するには注意が必要!?壁などを事前チェック

エアコンの設置する場所に悩む方は多いと思います。基本的には、壁に取り付けると思いますが、どの位置...

赤ちゃんにはどんな寝具がいい?寝具の選び方とおすすめ4選

赤ちゃんは体がまだ未発達で繊細なので、赤ちゃん用寝具の選び方には慎重になる方も多いかと思います。...

ベッドのマットレスにカビができた場合はどうすればいい!?

ベッドのマットレスに黒いカビが発生したら、どうしますか?そのまま使いますか?買い替えますか?...

圧縮したそのお布団は大丈夫?圧縮袋を正しく使う方法とは

押し入れを占有するお布団が邪魔で「物が入らない」、なんてことはありませんか。そのような場合は...

シーツを洗濯した後埃がつく原因はフィルターと洗濯槽?

シーツを洗濯したとき、このような声を聞くことが多々あります。「シーツを洗濯した後、埃がつ...

ベッドパッドの正しい使い方が知りたい!その種類や寿命は?

快適な睡眠のため、ベッドマットレスにこだわりを持っている方は多いでしょう。しかし、睡眠の質を...

ベッドとお布団はどちらが優秀なの?健康のために選ぶなら?

ベッドとお布団、どちらを使用していますか?好みで選んでいる方も、お部屋に合わせて選んでいる方...

赤ちゃんの体を支える寝具!敷マットのおすすめ6選

繊細な赤ちゃんの体を支える重要な寝具が敷マットです。ネット通販では、機能性が高い赤ちゃん...

寝室に風水を取り入れる!インテリアやベッドの配置を解説

風水は、自然をはじめとした万物が持つ「気」やエネルギーを利用して、運気を上げようという環境学です...

お布団はコインランドリーで丸洗い!安い料金でメリット多し

汚れたお布団のお手入れはどのようにしていますか。本来ならば、クリーニングで確実に綺麗にしても...

夏のベッドパッドはどちらを選ぶ?麻とウールの寝心地の違い

気温が暖かくなってくると、お布団も季節に合った物に替えたくなりますよね。ベッドパッドも、寝心...

夏の寝具には何を使ってる?心地良いタオルケットの選び方

暑い季節になると厚手の掛け布団は必要ありませんが、クーラーや扇風機を付けて寝る事も多いので、タオルケ...

プラチナウェーブの寝具は値段が高い!高品質の理由とは?

プラチナウェーブと聞くと、高級寝具の会社を想像しませんか。実はプラチナウェーブとは素材の...

二段ベッドには布団乾燥機が有効!毎日清潔なお布団で休もう

二段ベッドを使用していると、お布団を干すのに苦労しますよね。お布団は重いのに、抱えてはしごを...

スポンサーリンク

すのこマットってどんなもの?

すのこマットやすのこベッドは、簡素な造りである事が多いにも関わらず、かなりのお役立ちアイテムです。

その中でも、すのこマットは、すのこで出来たマットレスで、あらかじめお布団のサイズで製造されています。
その為、後からサイズを調整したり加工したりする必要が無い場合が多く、二つ折りの製品や三つ折りの製品もあるため、そういった物を選んでおけば収納にも困りません。

すのこマットは、フローリングの床とお布団の間に隙間が出来るので、カビ防止に大変効果があります。
お布団を乗せて寝てみて、体が痛いと感じた場合は、マットレスを敷きましょう。

ベッドと同じような感覚で使うのがおすすめです。
普段からフローリングの床で寝ている人は、すのこマットの導入をするべきです。
すのこベッドを導入すると、フローリングの床でも、カビが生えにくいため、大変重宝します。

それでも時々は、マットレスを立てかけて湿気を逃がし、天気の良い日にお布団を干すようにしましょう。

すのこマットを使わずにお布団を敷いたらどうなるの?

フローリングに寝床を作る場合、ただフローリングにお布団を敷いて、寝るだけの人もたくさんいると思います。
なぜなら、お布団を朝起きた時に収納すれば、その分、広々とフローリングの部屋を使う事が出来るからです。

もしくは、ベッドを置くと床に傷が付いてしまいそうという人もいますし、今まで住んでいた畳の部屋と同じ感覚で、お布団を敷いて寝ている人もいるようです。
しかし、フローリングにお布団を敷いて寝ていると、時にお布団がカビてしまう事もあります。

そのため、お布団とフローリングの間に何かしらのカビ対策をした方が良いです.その対策の一つがすのこになります。
すのこは、すのこベッドとして売られていますし、気軽に組み合わせて使う事が出来るタイプのすのこもホームセンターや通販、100均などで売られています。

すのこを使用するとカビの発生や、カビの胞子が部屋中に蔓延してしまうリスクを減らせます。
うまく工夫して使うとお布団が長持ちします。
しかし、ここで問題になるのが、すのこベッドにただお布団を敷いて寝ると、朝起きた時に体が痛い場合があるという事です。

解消法は、敷布団の厚さを厚くするか、ベッドマットを購入し、その上にお布団を乗せて使用する事で軽減もしくは解消することが出来ます。

折りたたみすのこマットは収納に便利

ベッドもお布団もメリットとデメリットが存在します。

最終的には、好みの問題となりますが、昔から寝ているスタイルを変更すると、眠りにつきづらくなってしまう可能性もあるので、あまり寝床のスタイルを変更したくないという人もいると思います。

特に、すのこを利用した事が無い人が、すのこの上に直接お布団を敷いて寝た場合、腰や背中が痛いと感じてしまう場合があります。
睡眠の質はとても大切ですから、痛いと感じることが多いようであれば、マットレスを使ったり、厚みのある敷布団を使うのが良いでしょう。

すのこマットの欠点は、6畳以下の狭い部屋に置くと、ベッドでスペースの大半が占められてしまう事です。

このような場合に活躍するのが、折りたたみ式のすのこマットになります。
折りたたみ式なので、一人でも扱いやすく、折りたためば収納するのも容易です。

すのこは木製ですが、木の素材も桐やひのきなど色々あるので、木の材質にこだわってみるのも面白いかもしれません。

木の放つ独特の芳香を楽しむ事も出来ます。
自然の香りなので、こういった香りが好きな人は、リラックス効果も期待出来ます。

すのこマットに敷布団一枚だと痛いと感じる!?

非常に薄い敷布団や、すのこマットのような硬い所に、ただお布団を敷いただけでは、体が痛くなってしまう事があります。

目が覚めて起き上がったら腰が痛い。
という経験をしたことがある人も多い事でしょう
こういう場合は、総じて硬い床や畳にただお布団を敷いて寝ているという場合が多いです。
これを繰り返していると、筋肉が硬くなり腰痛の原因となってしまう事もありますし、熟睡出来ない事もあるので、睡眠の質にも問題が生じてしまうでしょう。

寝具が硬すぎると体が痛くなってしまいますし、それによって様々な問題が引き起こされる可能性がありますから、これは直ぐにでも改善をした方が後々の為でしょう。
薄いせんべいお布団一枚を硬い床の上に敷いても、床で寝ているのとあまり変わりません。

お金に余裕がある時に良いマットレスを購入したり、厚めのふとんに交換してしまいましょう。
硬いお布団でいつまでも寝ていると、体にかかる圧力を分散させることが出来ないので、寝ている間中、体のどこかに大きく負荷がかかってしまいます。

寝ている時にお布団の硬さを感じるという場合は、寝ている間に大きな負担がかかっていると考えて良いでしょう。

すのこマットが痛いときの対策

非常に薄い敷布団や、すのこマットのような硬い所に、ただお布団を敷いただけでは、体が痛くなってしまう事があります。

目が覚めて起き上がったら腰が痛い。
という経験をしたことがある人も多い事でしょう。
こういう場合は、総じて硬い床や畳にただお布団を敷いて寝ているという場合が多いです。
これを繰り返していると、筋肉が硬くなり腰痛の原因となってしまう事もありますし、熟睡出来ない事もあるので、睡眠の質にも問題が生じてしまうでしょう。

寝具が硬すぎると体が痛くなってしまいますし、それによって様々な問題が引き起こされる可能性がありますから、これは直ぐにでも改善をした方が後々の為でしょう。

薄いせんべいお布団一枚を硬い床の上に敷いても、床で寝ているのとあまり変わりません。

お金に余裕がある時に良いマットレスを購入したり、厚めのふとんに交換してしまいましょう。
硬いお布団でいつまでも寝ていると、体にかかる圧力を分散させることが出来ないので、寝ている間中、体のどこかに大きく負荷がかかってしまいます。

寝ている時にお布団の硬さを感じるという場合は、寝ている間に大きな負担がかかっていると考えて良いでしょう。

痛いだけではない。すのこマットのデメリット

すのこマットは、お布団のカビ防止に非常に有効ですが、注意するべき点はカビだけではありません。
すのこの品質によっては、表面が滑らかでない場合もありますし、使っているうちに床とこすれてキズになってしまう可能性があります。

持家の場合は良いですが、もしも賃貸で部屋を出ていく際に大家や業者に傷が見つかってしまえば、痛い出費が発生してしまう事もあります。
一応、製品によっては、傷付き防止フェルトなどが添付されている場合がありますが、それでも移動させる際に、乱暴に引きずったりすると床が傷ついてしまう可能性が高いです。

また、いくら、すのこベッドを使っているといっても、お布団をずっと干さなかったり、移動させない時が続けば、お布団がカビてしまう可能性は充分考えられます。

出来るだけ、時間のある時に布団を干すように心がけましょう。
その際、もしマットレスを使っているのならば、マットレスも壁などに立てかけて湿気を逃がしておきます。

すのこを構成している板は薄手の物が多いので、すのこの上で飛び跳ねたりしないようにしましょう。
乱暴に圧力をかけるとすぐに割れてしまいます。

すのこマットは部屋が小さめだと活躍します

すのこマット全般に言えることは通気が良いことですね。

更に収納が出来る折りたたみすのこマットは、お布団も干せて、掃除もしやすく、小さめな部屋には便利です。

すのこマットを使用して痛いと感じる方は、一度マットレスの使用や、厚めのお布団を使ってみて下さい。

すると、悩みが解消するかもしれませんよ。