布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ホテルライクなベッドに!フットスローとは?選び方も解説

2019.2.22

ホテルのベッドの足元にかけてあるベッドスローは、本来どういった役割を持っているのでしょうか。

また、自宅のベッドにフットスローを取り入れる際の選び方も気になりますよね。

今回は、そんなフットスローについて詳しく解説します。

ネット通販で購入可能なおすすめのフットスローもご紹介するので、この機会にフットスローについて深く知っていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ベビーベッドにマットは必要?マットは高反発マットがいい?

生まれたばかりの赤ちゃんは、1日の大半を寝て過ごします。 赤ちゃんが快適に寝てくれるようにベビ...

寝やすいのはどれ?人気の低反発マットレスを比較してみた

睡眠の質を高めることは、そのまま健康につながります。 どんなに健康的な食事を摂っていても、...

マットレスと掛け布団のカビの発生率は?対策グッズの紹介!

ベッドをお使いの方では、マットレスなどの敷寝具のカビは、さほど気にならないことも多いのではないかと思...

邪魔になったロフトベッド、解体する方法は?再利用できる?

一人暮らしの方のお部屋や子供部屋のベッドとして人気があるロフトベッド。 スタイリッシュなものか...

6畳の和室でもおしゃれに。畳のお部屋のコーディネート方法

6畳の和室でもインテリアにはこだわりたいですよね。 和室ならではの雰囲気は、日本人としてやはり心が...

賃貸住宅の退去時、フローリング傷の補修費用は借主が負担?

賃貸住宅のフローリングに傷が出来てしまった場合、退去時にその補修費用は請求されるのでしょうか? ...

昔からの睡眠の友「お布団」の知っているようで知らない話

私たちの睡眠時間は、1日の約1/3を占めています。 つまり人生の1/3は寝ているんです! そ...

壁埋め込み型スイッチの交換方法&壁穴の補修方法と費用相場

普段、何気なく使っている家のスイッチですが、種類も豊富で、便利な機能を合わせ持つタイプも多いですよね...

おしゃれ女子必見!!部屋の寝室に黒を使っておしゃれに!

黒は重厚感のあるインテリアコーディネートをするのに適した色で、黒の割合が多い部屋は、“重苦しい”や“...

【1人暮らし】ベッドVSお布団生活!どっちが快適で便利?

1人暮らしを始める時は、考えることが山積みです。 ベッドにするか、床や畳に敷くお布団にするかも...

リビングダイニングの窓に付けるカーテンの選び方のポイント

家族やお客さんが集まるリビング、ダイニングの窓のカーテン選びも慎重に行いたいものですよね。 何...

不要になったベッドは自分で解体が基本!賢い処分方法とは

買い替えや引っ越しなどでベッドが不要になったとしたら、通常は粗大ゴミとして回収してもらいますね。 ...

快眠のために!!マットレスの上に敷くおすすめな物は?

おそらくほとんどの方がベッドにマットレスを敷いて寝るか、敷布団をフローリングや畳に直置きして寝ること...

寝具に住み付くダニの退治法って?洗濯でダニは駆除できる?

お布団は毎日使う物なので、いつも清潔に保ちたいですよね。 しかし、暖かく適度な湿度のある家の中...

布団カバーやシーツが乾燥機で縮む理由とは?対策方法って?

布団カバーやシーツって、ご自宅の洗濯機でも洗えるので、天気の良い日などに洗う人は多いと思います。 ...

スポンサーリンク

ホテルのベッドによくあるベッドスローとは?

皆さんは、ホテルに泊まった際にベッドの足元にかけてある長い布を見たことがあるでしょうか。

しっかりとした厚手の生地で、着物の帯のようにも見える布のことです。

見たことはあってもその詳しい名称や役割までは、知らない方もいるのではないでしょうか。

実は、あのベッドにかけてある帯のような長い布は「フットスロー」や「ベッドスロー」と呼ばれるものです。

本来の使用目的には、海外の土足文化が関係しています。

海外では、家の中でも靴を履いて生活する国がたくさんあります。

そこで、靴をはいた状態でベッドに横になった際に、シーツやお布団を汚さないために、足元にフットスローをかけているのです。

したがって、土足文化ではない日本では、必要性をあまり感じないものでもあります。

では、なぜ土足文化でない日本のホテルのベッドにも海外と同じようにフットスローがかけてあるのでしょうか。

次の章では、日本のホテルのベッドにフットスローがかけてある理由について解説します。

日本のホテルのベッドにもフットスローがかけてある理由

ベッドの足元にかけてあるフットスローの本来の目的は、土足で横になった際にお布団などが汚れないためであることがわかりました。

では、なぜ土足文化ではない日本でもベッドにフットスローをかけるのでしょうか。

日本のホテルなどのベッドにかけてあるフットスローには、主に2つの役割があります。

まず、1つ目の役割はインテリアのアクセントです。

日本のホテルでは、ベッドメイキングを白いシーツで仕上げる「デュベスタイル」が主流となっています。

清潔感がありますし、白いシーツの上に違うカラーのフットスローをかけることで、メリハリのあるアクセントとしての効果が生まれるのです。

また、ベッドメイキングをした後の仕上げにフットスローをかけることで「ベッドメイキングが完了しました」という合図にもなっています。

日本の宿泊施設では、「ベッドメイキング完了」という意味でフットスローを使用する場合が多く、最近では洋室のホテルだけなく、旅館の和室のお布団にもフットスローが採用されていることがあります。

このように、ベッドのフットスローにはさまざまな目的や役割があるのです。

自宅の寝室をホテルライクに!フットスローの選び方

この章では、自宅の寝室をホテルライクでラグジュアリーな雰囲気に演出するフットスローの選び方について解説します。

前述したように、日本のホテルのベッドメイキングでは、清潔感のある白いシーツで仕上げるデュべスタイルが主流です。

そこで、自宅のベッドをホテルライクに仕上げる際にも同じようにシーツや寝具カバーを白で統一し、フットスローでアクセントを効かせるのがおすすめです。

フットスローはカラーやデザインが豊富であるため、カラーコーディネートにもこだわりたいところです。

ベッドをシックな印象に仕上げたい場合には、ブラックやダークブラウンのフットスローを選ぶと良いでしょう。

白いベッドをダークなカラーが引き締め、メリハリが生まれます。

また、ベッドを明るい雰囲気にしたい場合には、赤いフットスローがおすすめです。

トーンが明るいレッドを選ぶと情熱的なイメージになり、深みのあるワインレッドを選べば気品のある仕上がりになります。

さらに、フットスローはかけ方をアレンジすることでもおしゃれに仕上げることが可能です。

ベッドの足元の片側の角にフットスローをたすきがけのように斜めにかけると、雰囲気が変わりアクセントになります。

切り替えがおしゃれでホテルライクなフットスロー!

ここからは、ベッドをホテルライクに仕上げることができる、ネット通販で購入可能なフットスローをご紹介していきます。

まず、最初にご紹介するおすすめのフットスローは、ROOM-PLUSで取り扱っている「ベッドスロー ブラック シルバー br-0410」です。

こちらは、ブラックとシルバーのカラーの切り替えしがおしゃれなフットスローとなっています。

一番面積の大きいブラックの部分はエキゾチックなダマスク柄になっており高級感があります。

シルバーの部分は光沢感のある無地で、メリハリが効いています。

この2つのカラーの切り替えし部分には、光沢感のあるゴールドのラインが入っています。

3つのカラーのコントラストがゴージャスで、自宅のベッドを高級ホテルのベッドのように仕上げることができます。

素材は綿でできています。

また、こちらのフットスローの基本サイズは「幅50×長さ180センチ」「幅50×長さ210センチ」「幅50×長さ240センチ」となっています。

サイズは、幅の変更はできませんが、長さに関してはセミオーダーも可能です。

参考価格は、基本の3サイズすべて、税込み8,980円となっています。

ブラウンとダークブラウンを使ったシックなフットスロー!

続いてご紹介する、ネット通販で購入可能でホテルライクなフットスローは、同じくROOM-SPLUSで取り扱っている「ベッドスロー br-1013」です。

こちらは、ブラウンとダークブラウンの切り替えがモダンでおしゃれなフットスローとなっています。

一番面積の広い中央は、深みのあるダークブラウンが使用されています。

上下には中央よりもトーンが明るいブラウンが使用されており、シックな色合いのコントラストが非常におしゃれです。

この2つのカラーの切り替えし部分には白いラインが入っており、上品なアクセントが効いています。

さらに、こちらのフットスローの生地にはモダール素材を使用しています。

モダール素材は耐久性に優れているのが特徴で、水に濡れても強度を保つことができるという特性があります。

また、伸縮性を抑えた素材でしわになりにくい点も嬉しいポイントとなっています。

しわのない状態できちんと設置できるため、ベッドメイキングが楽しくなるでしょう。

基本サイズは「幅50×長さ180センチ」「幅50×長さ210センチ」「幅50×長さ240センチ」となっています。

サイズは、幅の変更はできませんが、長さに関してはセミオーダーも可能です。

参考価格は、基本の3サイズすべて税込み13,800円となっています。

カラーバリエーション豊富でシンプルなフットスロー!

最後にご紹介する、ネット通販で購入可能なおすすめのフットスローは、大東寝具工業で取り扱っているアステ工房の「デュベスタイル用 ベッドアクセサリーフットスロー単品」です。

こちらは、カラーバリエーションが非常に豊富でホテルライクなフットスローとなっています。

カラーは、サックスブルーやマンダリンオレンジ、モスグリーンなど、計20種類のおしゃれなカラーから選ぶことが可能です。

単色でシンプルなデザインになっており、家族お揃いで購入するのもおすすめできます。

サイズ展開は以下のようになっています。

・シングルベッド用 幅50×長さ155センチ
・セミダブルベッド用 幅50×長さ175センチ
・ダブルベッド用 幅50×長さ195センチ
・クイーンベッド用 幅50×長さ215センチ
・キングベッド用 幅50×長さ235センチ

参考価格は、税込み6,912~8,640円となっています。

ホテルライクなベッド用フットスローは高級感のあるものを

日本のホテルのベッドにかけてあるフットスローには、インテリアのアクセントとしての役割のほか、「ベッドメイキング完了」という意味があることがわかりました。

また、通販で取り寄せできるフットスローは、デザインやカラーバリエーションが豊富です。

自宅のベッドをよりホテルライクに仕上げるためにも、高級感のあるフットスローを選びましょう。

ご紹介した商品を参考にして、とっておきの1点を選んでみてください。

 - ベッド, ベッドの知識, 寝具