布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ビジネスホテルのお部屋タイプとベッドサイズ!特徴と選び方

2019.2.26

ビジネスホテルを利用するとき、お部屋のタイプやベッドサイズがさまざまで、迷ってしまうポイントがいくつかありますね。

宿泊の目的によって、どんなプランを選んだら良いのでしょうか。

この記事では、ビジネスホテルのお部屋の特徴やベッドサイズなど、気になる疑問ポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

安眠したければ寝具の色は白ではないほうが良い?!

シンプルな生活を好む方のなかには、インテリアを白で統一したいとお考えになる方も多いことでしょう。...

まるでホテル!?ベッドの足元に美しくカバーを施そう

ホテルに宿泊すると、ベッドの足元に、オシャレなカバーが飾られている事があります。 しかし、ホテ...

照明器具をおしゃれな物に交換しよう!天井照明の交換方法

天井の照明を交換したいけれど、難しく感じ、自分では出来ないって思っている方も多いのではないでしょうか...

中古ベッドは需要が低い?無印良品のベッドは高価買取可能?

上質な商品を幅広く取り扱い、世代を問わずファンが多い無印良品。 「無印良品のベッドを高価買取し...

冬の寝具はどう洗濯する?早く乾く良い方法ってなにかある?

寝汗は1年中かくので、冬でも寝具を洗濯したくなりますよね。 しかし、夏と違って乾きが悪いので困...

夏のベッドパッドはどちらを選ぶ?麻とウールの寝心地の違い

気温が暖かくなってくると、お布団も季節に合った物に替えたくなりますよね。 ベッドパッドも、寝心...

フローリングの部屋でお布団を敷いて寝る!ダニは大丈夫?

最近ではフローリングの部屋が増えています。 フローリングを寝室として使っている人も多いのではな...

和室にベッドは合う?おしゃれなコーディネートの方法とは?

「寝室は和室だけど、ベッドを置きたい」 そう考える方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょう...

売れ筋の寝具を知りたい!おすすめメーカーと商品の紹介

生活の一部に欠かせない睡眠ですが、寝つきが悪くて寝不足になるのは、困りますよね? 人の暮らしの...

ベッドにヘッドボードを付けたい!そんなときは手作りしよう

ベッドで寝ている皆様、ベッドの頭の方向と壁の間に、ヘッドボードが入っていますか? このヘッドボ...

ベッドにダニ!ファブリーズのスプレーで退治できる?!

もしも、大切な寝床に「ダニ」が発生してしまったらどうしますか? とっさの判断で、ベッドを清潔に...

失敗しないベッドマットレスの選び方!最適の1枚で快眠を!

日本人のライフスタイルにベッドが多く取り入れられ、質のよい睡眠のためにマットレスが重要視されていま...

マットレスは中古でも買取ってもらえる!?買取のポイント

引越しなどで、新たにマットレスを新調した場合、中古マットレスをそのままゴミとして処分してしまっている...

夏の寝具お勧め6選!おしゃれで清潔に使える人気商品!

梅雨が明ければ、夏が到来します。 日本の夏は暑いだけでなく、湿気が多いのが特徴ですよね。 ...

ベッドマットレスのスプリングの寿命ってどのくらいなの!?

ベッドマットレスを購入してもう何年も経つけれど、マットレスのスプリングの寿命ってどれくらいなの? ...

スポンサーリンク

ビジネスホテルはビジネスだけじゃない!プライベートでも!

一昔前まで「ビジネスホテル」というと、出張で宿泊するビジネスマンが利用するもので「とりあえずの寝場所」というイメージが大きかったのではないでしょうか。

しかし、最近のビジネスホテルは質の高いサービスを提供してくれるところが増えています。

そのため、ビジネスマンだけに限らず、宿泊費がかさみやすい家族連れやカップル、一人旅をする女性にも高い人気があります。

実際、ビジネスよりもプライベートで利用する方の割合が多くなっているとも言われています。

また、リーズナブルな料金設定も魅力のひとつですね。

プランによっては、1泊1万円以下で泊まれるお部屋もあります。

そんなビジネスホテルですが、予約をする際に迷ってしまうことはありませんか。

お部屋の種類・ベッドサイズ・料金・プランなどについて、分かりやすくお話ししていきます。

ビジネスホテルの予約に迷ったら参考にしてみてください。

お部屋の種類「シングル」「ダブル」「ツイン」サイズの違い

ビジネスホテルのお部屋の種類は、「シングル」「ダブル」「ツイン」が代表的であり、お部屋が広くなるほど、料金が高くなるのが一般的です。

「シングル」「ダブル」「ツイン」、それぞれのお部屋の特徴とベッドサイズを詳しく見てみましょう。

●シングルルーム

・1人用

・シングルベッド(幅98cm)が1台あるお部屋のタイプ

●ダブルルーム

・1人用または2人用

・ダブルベッド(幅140cm)が1台あるお部屋のタイプ

●ツインルーム

・2人用

・ベッドが2台あるお部屋のタイプ(シングルベッドであることが多い)

ツインルームのベッドは、シングルベッドである場合とダブルベッドである場合があります。

日本ではほとんどの場合シングルベッドですが、欧米ではダブルベッドが置かれていることもあるようです。

また、ビジネスホテルによっては、体格が大きくて「シングルベッドでは狭い」という方に、セミダブルベッド(幅120cm)を用意してくれることもあります。

シングルルームは出張や一人旅に!ベッドサイズは狭いかも?

お部屋のタイプとベッドサイズはお分かりいただけましたか。

この項では、シングルルームでの宿泊がおすすめのケースについてお話しします。

前項でもお話しした通り、シングルルームは幅98cmのシングルベッドが1台置かれたお部屋です。

出張や1人旅で宿泊をするときには、おすすめです。

しかし、体格の大きい方や狭いベッドでは寝付けないという方は、セミダブルルームやダブルルームを利用するようにしましょう。

また、料金設定はビジネスホテルの水準を知る手掛かりにもなりますよ。

あくまでも目安として、参考にしてください。

・5,000円以下……カプセルホテルやユースホステルが多い

・5,000円~10,000円……標準的なビジネスホテル

・10,000円以上……ややハイグレードなビジネスホテル

ホテルの宿泊費は、シーズンや土日祝など日によって変動します。

ツインとダブルの「ベッドサイズ」どっちのお部屋がいい?

この項では、ツインルームとダブルルームの違いについてお話しします。

基本的にはどちらも2人で宿泊するお部屋ですが、誰と宿泊するかということもポイントになります。

・ダブルルーム……カップルや夫婦で大きなベッドを使いたい場合

・ツインルーム……友達と同じ部屋で別々のベッドを使いたい場合

ベッドを2台置くツインルームの方がお部屋が広くなるので、宿泊料金も上がります。

また、ベッドをくっつけたら同じ大きさになると考えがちですが、それは誤りです。

〇ダブルルーム(ダブルベッドサイズ)……幅140cmのベッド1台

〇ツインルーム(シングルベッドサイズ)……幅98cmのベッド2台

このように、ツインルームのシングルベッド2台の方が、ベッドの幅は広くなります。

ただし、ビジネスホテルのベッドは動かせないケースが多いので、ベッドのサイズよりも、誰と宿泊するかという点を考慮して選ぶと良いでしょう。

さらに、前項でも触れましたが、ホテルによっては「セミダブル」というお部屋があることもあります。

これは、ダブルベッドより若干小さい幅120cmのベッドが1台置かれたお部屋です。

セミダブルは、小柄な女性やお子さんであれば2人で寝れないことはありませんが、基本的には1人用のベッドとして設計されていることを認識しておきましょう。

ビジネスホテルの多様なプラン!お得に楽しく宿泊

これまで、ビジネスホテルのお部屋タイプやベッドサイズについてお話ししてきました。

ビジネスホテルを利用する方の多くは、リーズナブルな料金で寝る場所を確保することが条件でしょう。

それでも、できるだけサービスが良く、充実した施設を利用したいものですね。

ここでは、ちょっとうれしいユニークなプランの一例をご紹介します。

・ビジネスマン出張応援プランでクオカードプレゼント

・お子さま添い寝無料プランでお子さまの宿泊費がタダ

・ポイントアッププランでポイントが溜まる

・選べる夕食プランでメニューから好みの料理を選べる

・遅いチェックインプランで宿泊料が安くなる

・アメニティなしのエコプランで宿泊料が安くなる

このように、あったらうれしいサービスが付いているプランを選ぶと宿泊の楽しみになるかもしれませんね。

また、必要のないサービスを含まないプランを選べば、宿泊料金が安くなることもあります。

多くのビジネスホテルでいろいろな工夫がされているので、予約の際にはいくつかのホテルのプランを見比べてみると良いでしょう。

ビジネスホテルの選び方!快適さはベッドサイズだけじゃない!

ビジネスでもプライベートでも、快適な宿泊は心身を満たしてくれる重要なものです。

快適な滞在時間が過ごせるように、お部屋のタイプやベッドサイズだけではなく、提供してくれるサービスもチェックしてみましょう。

《ベッドや枕の寝具》

ビジネスホテルの中では、こだわりのある寝具を取り入れているところがあります。

中には、有名メーカーとホテルが共同開発し、オリジナルの快眠ベッドを設置しているところもあるほどです。

また、枕とベッドとの相性も考えているところもあり、快適な寝心地の枕を提供しているところもあります。

《サービス・アメニティ》

ホテル内のサービス、アメニティは不満のないレベルに保たれていることが絶対条件とも言えます。

ホテルの従業員の方の対応がしっかりしているかにより、サービスの質も変わってきます。

インターネットで口コミなどを調べて、ホテルの評判をチェックしてみると良いでしょう。

《Wi-Fiの完備》

Wi-Fiが無料で利用可能なビジネスホテルも増えています。

出張で滞在する場合には、ホテルでも仕事ができると便利ですので、ホテル内にWi-Fiが完備されているかどうかもチェックしておきましょう。

お部屋タイプを把握して最適なプランを!

ビジネスホテルで快適に宿泊するには、お部屋のタイプが重要です。

予約をする際には「シングル」「ダブル」「ツイン」のそれぞれの違いをしっかり把握しておきましょう。

また、予約の際は、プランやサービスを見比べてみてください。

賢く計画を立てて、充実した時間を過ごしてください。

 - ベッド, ベッドの知識, 寝具