【忙しい方におすすめ】3時間でも質のいい睡眠をとる方法!

現代では、忙しい方などは、「短時間しか睡眠の時間を確保できない」といった方もいるかと思います。

また、「睡眠時間を短くして、他の活動に時間を当てたい」という考えの方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、このような方におすすめの、3時間でも質のいい睡眠をとる方法をご紹介します。

短い睡眠でも、質のいい睡眠をとることで、すっきり目覚めることができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドアの隙間の音もれを軽減したい!外からの騒音対策って?

ガラス窓や木製の室内ドアからは、楽器の音や映画の音楽・効果音、ダンスの足音が外に漏れやすくなります。...

睡眠グッズをプレゼント!女性が喜ぶおすすめアイテム!

女性へのプレゼントにもおすすめなアイテムの一つが、睡眠グッズです。最近、仕事が忙しかった...

睡眠が短時間でも熟睡効果がある!?その方法とは?

お仕事やご家庭の都合などで、「短時間しか寝ることが出来ない」という人も多いのではないでしょうか。...

睡眠を分割しても効果はある?分割の影響や睡眠への効果とは

「睡眠の質が日中の活動量を決める」といっても過言ではないくらい、睡眠は人にとって大事なことです。...

電球交換したのにつかない!その原因は?正しい電球交換とは

電球の交換時期って急に来ます。電球の交換をしたのにつかない!なんてこともあって、困ってしまう方も...

赤ちゃんの理想的な睡眠とは?寝るとき電気は消すべき?

赤ちゃんの睡眠時は、お部屋は暗くしていますか?授乳やオムツ替えなどのお世話もあるので、電気を...

エアコンの暖房で部屋が乾燥する!どうしたらいいの?

エアコンの暖房スイッチをつけた状態で寝ると、朝、乾燥して喉が痛くなったという経験はありませんか?...

机に座ると眠気が襲ってくるのはなぜ!?眠気を覚ます方法

いざ、勉強や仕事をしよう!と思って机に座るとたん、眠気に襲われることってありませんか?それに...

勉強の効率を最大限に上げる睡眠の最低条件6ヶ条とは?

最低の睡眠時間で最高のパフォーマンスを上げたい!勉強をする学生や、時間が無い社会人では、切な...

昼寝に2時間は寝すぎ!?効果を発揮する昼寝時間って!?

お昼ごはんを食べた後って眠たくなりますよね。昼食後の時間帯に眠たくなるのは、体内リズムの影響によ...

ダウンライトはリビングにも使えるの??色ごとに解説

リビングの主流照明はシーリングライトが多いですが、せっかくならおしゃれにダウンライトを使いたいですよ...

赤ちゃんが予防接種を受けた後の睡眠は?注意することは?

赤ちゃんは、生後2ヶ月で初めての予防接種を受けます。初めての赤ちゃんの時は「こんなに小さいの...

鼻呼吸に変えるだけで睡眠・美容・健康の効果が得られる?!

あなたはいつも、口呼吸をしていますか?それとも鼻呼吸をしていますか?このように聞...

ストレスと睡眠不足の関係とは?快眠のためのコツもご紹介!

忙しい毎日を過ごしていると、知らず知らずのうちに溜まっているのが「ストレス」です。ストレスは、精...

大学で勉強に苦労するのはどんな人?記憶力を高めるには?

大学生の皆様、勉強で苦労されていますか?勉強の苦労は、人によって様々かと思います。ではどんな...

スポンサーリンク

睡眠で大切なのは時間の長さではなく「質」

「毎日、しっかりと寝ているはずなのに、疲れがなかなかとれない」「忙しくて、睡眠時間が確保できない」といった方が、現代では多いかと思います。

また、「短時間の睡眠で、他のことに時間を当てたい」という方もいると思います。

睡眠は、人間が生きていくうえでは欠くことのできないものです。

どうしても睡眠の時間は必要になります。

しかし、睡眠で最も重要と言われているのは、睡眠時間の長さではなく、睡眠の質であると言われています。

長時間寝ても疲れがとれないといった場合には、質のいい睡眠がとれていないという可能性があります。

質のいい睡眠がとれていれば、3時間ほどの睡眠でもすっきり目覚めることができます。

では、質のいい睡眠をとる方法はどのようなものがあるのでしょうか。

3時間でも質のいい睡眠をとる方法について、詳しくご紹介していきます。

忙しい方や、目覚めがだるい方、睡眠時間を短くしたい方は、是非参考にしてみてください。

質のいい睡眠のために重要なこと

3時間ほどでも質のいい睡眠をとるために重要なことは、まず、自分の睡眠のサイクルについて知っておくことです。

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2つあり、これらは寝ている間に繰り返されていきます。

目が覚めたときに、「目覚めが悪い」「頭がすっきりしない」と感じるのは、このレム睡眠とノンレム睡眠が関係しています。

熟睡している状態をノンレム睡眠といい、脳が休息している状態です。

レム睡眠とは、浅い睡眠と言われていて、脳の一部は起きている状態です。

睡眠全体の割合としては、ノンレム睡眠は約75%、レム睡眠は約25%で1晩に5~6回ほど繰り返されると言われています。

レム睡眠のときに目覚めることで、すっきりとした快適な目覚めとなります。

そして、レム睡眠とノンレム睡眠の周期は約90分で、規則正しく繰り返されています。

実際に、自分の周期を知る方法として、起きたときの目覚めのよさを感じて、自分の周期を知ることが重要であると言えます。

起床時間を揃えることも重要

上記で、自分のレム睡眠の周期を知ることができれば、3時間ほどの睡眠でも、すっきり目覚めることができることについてご紹介しました。

それに加えて、日々の起床時間を揃えることもすっきりとした目覚めには大切になります。

起床時間を揃えることは、生活リズムを保つことにも繋がります。

また、平日仕事などが忙しく、思ったよりも睡眠時間を確保できなかった場合、休日を利用して睡眠をとる「寝だめ」という方法もあります。

そのときには、注意が必要になりますので、お伝えします。

休日に寝ダメをする場合は、前述のように、起床時間を揃えることを意識することが重要です。

そのため、早寝をし、多くの睡眠時間を確保する方法がおすすめになります。

早めに睡眠して、いつも起床時間に起きるようにしましょう。

休日に、起床時間がずれることにより、月曜日の朝にやる気が出ない、だるさがあるなどの、いわゆる「ブルーマンデー」に繋がってしまいます。

休日に2度寝する場合でも、1度いつもの時間に起床して、少し日の光などを受けてから、もう1度寝るようにすると、生活リズムをキープしやすくなります。

生活リズムを保つことで、毎日の目覚めをすっきりとさせることができます。

これらも、質のいい睡眠に繋がる要素の1つです。

3時間で質のいい睡眠をとる方法【部屋のカラーコントロール】

では、3時間でも質のいい睡眠をとる方法についてご紹介していきます。

上記の自分の睡眠の周期を知ることも重要ですが、その他の要因も睡眠に深く関わってきます。

まず、部屋のカラーコントロールから、ご説明していきます。

質のいい睡眠をとる上で、部屋のカラーも重要になります。

あまりにも派手なギラギラした部屋では、落ち着いて寝ることも難しくなってしまいます。

程よく明るいカラーのカーテン・ベッド・ソファなどで、部屋をまとめていきましょう。

もちろん、自分の落ち着く色や、好きな色を入れることも大切です。

一般的には、ブルー系やグリーン系が心をリラックスさせたり、落ち着いた心理状態にしやすいと言われています。

短時間でも質のいい睡眠をとるために、部屋のカラーコントロールも大切なので、実践してみましょう。

3時間で質のいい睡眠をとる方法【寝る前にしない方がいいこと・した方がいいこと】

次に、3時間でも質のいい睡眠をとる方法として、寝る前にしておくことをご紹介します。

また、逆にしてはいけないことも取り上げてお伝えします。

まず、してはいけないことは、寝る2~3時間前は食べ物を食べないことです。

食べるとよく眠ることができそうにも思えますが、食べてから寝ると、睡眠中に胃が活動することで、深い睡眠に入りにくくなると言われています。

このことから、寝る2~3時間前には、食べ物を食べないことが重要です。

その他には、パソコンやスマホの画面を寝る前に見ないことも挙げられます。

パソコンの画面やスマホの画面から発せられる光はブルーライトというもので、目が冴える原因とも言われています。

熟睡するためにも、寝る前はパソコンやスマホをできるだけ見ないように心がけることが大切です。

次に、寝る前にした方がいいことをお伝えします。

質のいい睡眠をとるために、アロマを焚いてみるのもよい方法だと言えます。

香りも、リラックス効果が高いとされるラベンダーや・柑橘系の香りをセレクトし、癒しの空間を作ってみてはいかがでしょうか。

しかし、睡眠時にロウソクなどを使ってアロマを焚くとなると、火事などの恐れもあり危険です。

睡眠時は、アロマディフューザーなどを使うと安心ですね。

また、半身浴もリラックス効果があるので、寝る2時間ほど前に、39度程度のぬるめのお湯で半身浴することもおすすめです。

これらのことをするだけでも、睡眠の質がグッとよくなります。

3時間で質のいい睡眠をとる方法【寝具選び】

最後に、3時間でも質のいい睡眠をとるための方法として、寝具の選び方についてご紹介していきます。

寝ている時の、快適性も質のいい睡眠には重要になります。

吸湿性のいいものや、自分の体系に合ったマッドレスなど、寝具選びもしっかり選びましょう。

枕についても、首が痛くなる高さのものなどは避け、首などに負担のかからないものを選ぶことが重要です。

季節などに合わせて、最も寝やすい寝具を選びましょう。

夏は涼しく、冬は暖かくすることが、質のいい睡眠をとるために必要になります。

注意が必要なのが、冬などの寒い時期に掛け布団を多くし過ぎると、お布団の重さで身体にかかる負担が大きくなってしまいます。

掛け布団の量などにも気をつけることで、より質のいい睡眠をとることができます。

短時間の睡眠でも、すっきりした目覚めを実現

3時間ほどでも、すっきりとした目覚めにすることのできる睡眠方法についてご紹介してきました。

自分睡眠の周期を知り、質のいい睡眠のための準備をして眠ることで、短時間であっても質のいい睡眠をとることができます。

冒頭でご紹介した方などには、特におすすめの睡眠方法ですので、試してみてはいかがでしょうか。

健やかな生活を送るためにも、是非参考していただけましたら幸いです。