布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

2歳までは要注意!ベッドから落ちる危険性を考慮しよう!

2019.1.27

大人用ベッドから落ちる事故が多発する中で、消費者庁は「2歳までのベビーベッド使用」を呼びかけています。

しかし、お子さんの成長や家庭環境、深夜の寝かしつけの負担などから、2歳という年齢までのベビーベッドの使用は、困難なのが現状でもあります。

どうしても大人用ベッドで寝かせる場合、気をつけることはなんでしょうか。

また、実際に転落した場合の怪我の見極めや、受診基準についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

冷却寝具にはどんな物がある?夏におすすめのクールアイテム

真夏ともなると、暑くて眠れない事ってありますよね。 扇風機やクーラーも涼しいのですが、付けっ放...

快眠するためにパジャマを選ぼう!冬場におすすめな素材は?

寒さの厳しい冬の時期、どんなパジャマを用意すればいいのか悩みますよね。 実は、体質によってパジ...

人気の寝具カバー6選!通販のおしゃれな商品を紹介

寝具カバーは、寝室のコーディネートのポイントになる重要なアイテムです。 通販では、デザイン...

意外に悩む、ロフトベッドの簡単な解体方法を知っておこう!

普段使いで心地がいい、ロフトベッド。 お部屋の模様替えやインテリア合わせて移動したり、引っ越し...

選び方のポイントを解説!ベビー寝具で人気が高いものは?

はじめて赤ちゃんが誕生するご家庭は、新しい生活のスタートにドキドキしてしまいますね。 だんだん...

一人暮らしの男性のお部屋改革!ベッドを選ぶポイント

春になると、親元を離れて一人暮らしをするという男性はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? ...

寝やすいのはどれ?人気の低反発マットレスを比較してみた

睡眠の質を高めることは、そのまま健康につながります。 どんなに健康的な食事を摂っていても、...

マットレスでおすすめできるポケットコイル!その人気の理由

マットレスには、いくつか種類があります。 その中にポケットコイルという種類のマットレスがあり、...

ベッドに収納機能が付いているときのメリットとデメリット

収納ベッドを知っていますか? 収納ベッドとは、ベッドと収納機能が融合した寝具です。 ベッドの...

東京西川の人気マットレス「エアー」!その評判は?

東京西川といえば、高品質な高級寝具でおなじみのメーカーですよね。 そんな東京西川で評判のア...

不要になったベッドは自分で解体が基本!賢い処分方法とは

買い替えや引っ越しなどでベッドが不要になったとしたら、通常は粗大ゴミとして回収してもらいますね。 ...

生まれた季節で選ぼう!新生児寝具の選び方のポイントとは?

もうすぐ、出産を控えたママはベビー用品をそろえ始めることを、検討しているのではないでしょうか。 ...

大型家具ベッドは宅配便で配送できる?頻発・着払いトラブル

引越し先にベッドを送る場合、引越し業者に依頼される方が多いかと思います。 大型家具を送るとなると、...

低反発枕は洗濯してはいけない?乾かないのはなぜ?

低反発の寝具って、もっちりとした肌触りで体にフィットして、人気の商品ですよね。 特に、低反発枕は持...

クッションフロアの掃除方法と最適な部屋選び!!

戸建て住宅や賃貸住宅でも使われる機会が多いクッションフロア。 普段の掃除でも、実は場所によって...

スポンサーリンク

2歳になるまではベビーベッド!

全国の医療機関から消費者庁に平成22~29年までの間に寄せられた事故報告で、6歳児以下のベッドからの転落事故は1000件を超えており、このうち大人用ベッドからの転落とされるものが約半数とされています。

その中でも、0歳児と1歳児の事故が特に多く、頭蓋骨骨折やベッドと壁、物などの間に挟まって窒息という痛ましい事故が多発しているようです。

ひどい夜泣きや深夜の授乳が楽なことを理由に、大人用ベッドで添い寝している場合や、寝かしつけを大人用ベッドでして、その後少しのあいだ目を離したすきに落ちるという事故が多発しています。

これらを踏まえて、消費者庁では平成29年に「満2歳になるまではベビーベッド」と呼びかけています。

個人差はありますが、赤ちゃんは生後6~7か月で寝返りし始めると言われ、この時期から予想もつかない動きをするようになってきます。

さらに成長するにつれて寝相も激しくなってきます。

転落による怪我において、最も心配なのは頭を打つことですが、同じ怪我でも2歳児未満は重症化することが多いため、事故が起こりやすい状況を回避することが何より重要です。

特に危険な2歳児までの子供の、ベッドからの転落について考えてみましょう。

実際にベビーベッドから卒業するタイミングは?

一般的に、ベビーベッドは生後24か月までの使用規定があります。

前章で挙げた消費者庁の呼びかけどおり、きっちり2歳になるまでベビーベッドを使い、その後幼児用ベッドに移行するのが最も理想的です。

しかし、お子さんの成長には個人差があり、ベビーベッドが狭すぎて2歳まで使えないことも考えられますね。

実際に、生後12か月前後になると、つかまり立ちをする赤ちゃんが多く、ベビーベッドの柵をつたって歩き回ることも多くなります。

この時期から落ちることも想定して、ベビーベッドからの卒業を考える親御さんも多いでしょう。

「ベッドガードを設置して気をつけていれば大丈夫・・・」

そう考えて大人用ベッドでの添い寝を考える方も多いと思いますが、実はベッドガードの使用はSG基準で18か月以上からとされているのです。

ベビーベッドの卒業は各家庭ごとに最適の時期があると思いますが、ベッドガードを使えるまでの間は、ベッドを諦めお布団で添い寝するなどの対処策を考えましょう。

大人用ベッドで添い寝するなら!落ちる危険性を考慮しよう!

本来は2歳までベビーベッドで寝かせるべきなのですが、つかまり立ちをして動き回ったり、ベビーベッドだと狭くて眠ってくれないこともありますよね。

このようにどうしても大人用ベッドで添い寝したい場合は、落ちる危険性をしっかり把握し、転落防止対策を徹底することが大切です。

生後18か月を過ぎているなら、ベッドガードの使用をおすすめします。

隙間からの転落に備えて、幅90cmほどの短いタイプを2~3枚使うと、大人用ベッドの長さ分をしっかりガードできて安心です。

寝相が激しいことで転落が心配なら、見落としやすい足元にも設置しておきましょう。

ベッドガードがまだ使えない月齢なら、落ちた時の対策が重要です。

ベッド周りに、お布団やクッションなどを敷き詰めておくのも1つの手ですね。

この場合は窒息の可能性も考えて、柔らかすぎる素材は避けておく方がいいでしょう。

ベッド下に、厚手のラグや極厚タイプのジョイントマットなどを敷くことで、フローリングよりも怪我をしにくくなり、効果的です。

しっかりとした備えと親御さんの注意が、お子さんの安全を守ることを十分に理解しておきましょう。

【2歳未満】ベッドから落ちる事故多発!受診の目安は?

ベッドから落ちると、頭を打つなどの怪我が心配です。

転落した状況の一部始終を見ていることはほとんどないため、どんな落ち方をしたか、どこを打ったかなどもはっきりと分かりません。

小児軽度頭部外傷において、CTを撮るべきかの判断研究である「PECARN」を参考に、2歳未満のベッドからの転落時に起こりうる危険因子を挙げてみました。

1:何となく意識がおかしい
2:おでこ以外にコブがある
3:5秒以上意識がなかった
4:頭を触ってみて凹みがある
5:親から見ていつもと違う

特に2歳未満は、まだおしゃべりができないことが多く、症状がはっきりと分かりません。

泣いているだけのお子さんの症状を読み取る判断材料で、最も重要なのが、親御さんから見てどうなのかということです。

視線が合わない、何となくいつもと違うと感じたら要注意です。

また、おでこ以外の場所に明らかにコブができている場合、骨折や頭蓋内血腫に関連している可能性も否定できないようです。

5秒以上の意識消失や頭部の凹みに気づいた場合も、必ず受診が必要です。

【2歳以上】ベッドから落ちる事故に注意!受診の目安は?

2歳以上のお子さんの場合はどうでしょうか。

やはりベッドから落ちると、頭を打ったかどうかがとても心配です。

こちらも前章と同様に「PECARN」を参考に、危険因子を挙げてみましょう。

1:何となく意識がおかしい
2:一瞬でも意識消失があった
3:吐いた
4:目や耳の周りが黒くなっている
5:強い頭痛がある

2歳以上になると言葉が増え、こちらの質問にある程度返答してくれるため、症状の判断材料が的確なものになってきますが、まだまだ親御さんの見極めが大切です。

話しかけても視線が合わなかったり、言っていることの辻褄が合わないようなら注意が必要です。

2歳以上の場合、一瞬でも意識が消失するようなことがあればすぐに受診しましょう。

そして、1度でも嘔吐すれば、CT撮影を考慮することになります。

また、目や耳の周りが黒くなる症状は、頭蓋底に骨折がある所見とも言われています。

さらに、耐えられないほどの強い頭痛をふくめ、明らかに本人が痛みを訴えるようなら、すぐに設備の揃った大きな病院への受診が必要です。

どうしよう!?困った時のガイドライン!

実際にお子さんがベッドから落ちる事故があった時、特に大きな外傷も見られず、当の本人もケロッとしているなんてことがあります。

このような場合、親御さんとしては病院に受診した方がいいのか、様子を見ればいいのかも悩むところです。

実際、2歳未満の転落事故による怪我は重症化しやすいとも言われている分、心配でどうしたらいいのか、オロオロしてしまうものですよね。

自分だけでは判断ができないと感じたら、「#8000」の小児救急電話相談サービスの利用をおすすめします。

各都道府県の窓口となっていて、小児科医や看護師の方から、電話口で適切な処置や受診すべき病院などのアドバイスをしていただけます。

また、「子供の救急」という日本小児科学会が監修するホームページも、上手く利用しましょう。

小さいお子さんの事故となると、どうしてもパニックになってしまいがちですが、まずは焦らず慌てず落ち着いて、対処することが何より重要です。

日頃からいざという時を想定して、かかりつけの病院や、小児の救急外来を請け負っている病院などの連絡先を、メモしておくことも大切ですね。

大人用ベッドで子供を寝かすなら転落防止を徹底しよう!

0~1歳時の大人用ベッドからの転落事故が多発し、大きな怪我や死亡事故などが問題になっています。

本来ならお子さんの安全を考え、2歳まではベビーベッドを使用すべきです。

しかし、ベビーベッドでは寝てくれない、つかまり立ちし始め1人で寝かしておくのは心配などの理由から、ベビーベッドの使用にも限界があるのが現状です。

大人用ベッドでお子さんを寝かすなら、しっかりとした転落対策が重要です。

 - 寝具全般