布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

カーテンが長い時はどうする?おすすめアレンジをご紹介!

2019.1.8

カーテンを購入し、いざ取り付けてみたら、「カーテンが思っていたよりも長い」という経験がある方は多いのではないでしょうか。

「そのままにしていたら、なんだかだらしない」「長いカーテンをどうにかしたい!」という方におすすめのアレンジをご紹介します。

上手にアレンジして、長いカーテンをおしゃれに活用してみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

カウンターキッチンにカーテンを付けて、寒い空気を遮断!

お部屋選びをする時はどんなところを見ますか? 多くの方は、キッチンの広さや形状も重要な要素の一つだ...

部屋を彩る照明と照明についているグローランプとは?

部屋を明るく照らす照明には、白熱球やLED、蛍光灯などの様々な種類があります。 これらの照明、...

眩しい寝室のダウンライトをシーリングライトに交換できる?

天井に埋め込まれたダウンライトは、照らされた対象を浮かび上がらせ、とても美しく見せてくれます。 ...

ストレスによって起こる様々な症状!睡眠や食欲にも影響が!

ストレスというと、誰もが経験した事のある症状のひとつではないでしょうか。 仕事や勉強、人間関係...

鍵は部屋用も必要?メリット・デメリットと簡易錠をご紹介!

お子さんがいるご家庭では、書斎や子供部屋用に鍵を付けるかどうか悩んだという経験がある方も多いので...

フィギュアを部屋に飾りたい!おすすめの棚や管理方法は?

アニメや漫画のキャラクターを立体化させた、「フィギュア」に魅了されている方はいませんか? しか...

気になるお風呂場の湯垢!効果的なお掃除方法とおすすめ洗剤

お風呂場にゆっくり浸かっていると、浴槽や壁の湯垢や汚れが気になりますよね。 お風呂場は毎日使う...

新築の床材をウォールナットに!特徴や日常のお手入れ法は?

新築の床に無垢材を検討されている方は多いかと思います。 安心感や癒しを感じる木の感触が魅力的で...

畳が日焼けしたり傷んできた時に、裏返しは自分で出来るの?

畳のお部屋はありますか? 来客時の寝室にしたり、子供の遊び部屋にしたりと、一部屋あると便利な和...

部屋の湿度の適正は何度?適正な湿度を保つ対策まとめ

部屋の温度と同じように気になるのが部屋の湿度ですよね。 夏は湿度が上がり肌のベタベタ感が不...

コンクリート壁もネジで固定しておしゃれな部屋作り!

鉄筋コンクリート造のマンションの壁は、コンクリートか、石膏ボードかのどちらかになります。 ...

シーリングライトは壁スイッチがない場合でも設置できる!?

リビングや書斎、子供部屋にシーリングライトを使っているという方も多いのではないでしょうか。 1...

お風呂の湯垢を効率よく掃除しよう!クエン酸や重曹が効く?

毎日使うお風呂ですが、皆さんは掃除を定期的にしてますか? 掃除をしないとすぐに湯垢ができてしま...

家の中にゴミ箱が沢山?!どのくらいの数がちょうどいい?

気が付くと家の中にどんどん増えてしまうゴミ箱。 皆さんの家にはいくつゴミ箱がありますか? ...

古い家がカビ臭いのはなぜ!?原因や対策を知って対処しよう

古い家のカビ臭いにおいは、独特でわかりやすいですよね。 洗濯物も洗ったのににおいが取れないなど問題...

スポンサーリンク

カーテンが長い!思い切って切る?

「カーテンをレールに取り付けてみたら長かった…」

そんな時は、思い切って切ってしまうのも1つの方法ですが、他にも手段はあります。

切ってしまえば、簡単に長さを調節することはできますが、切ったところからほつれていく可能性もあり、あまりおすすめできません。

また、引越しなどがあった場合、次の部屋では、「今度はカーテン長さが足りない!」ということにもなりかねません。

かといって、そのままにしておくもの見た目が悪く、汚れてしまったりします。

長すぎるカーテンは、部屋の印象もあまりよくありません。

では、どうすればいいのか、今回はそんな長いカーテンのアレンジ法をご紹介します。

簡単なアレンジで長いカーテンをすっきりさせ、おしゃれにしてみましょう。

また、長いカーテンを活かしたアレンジ法なども、ご紹介していきます。

簡単アレンジ!安全ピンを使った長さ調整

長いカーテンを、「できるだけ簡単に、すぐに調整したい!」という方にはおすすめなのは、安全ピンを使ったアレンジ法です。

普通に、折り目の部分を安全ピンでつまんでいくだけでも、長いカーテンを調整することができますが、それでは安全ピンが見えたりして、気になる人もいるかと思います。

たしかに、長さを調節するだけならば、その方法でも十分ですが、もう少しおしゃれを意識した方法をご紹介します。

まず、なるべく小さな安全ピンを使いましょう。

小さな安全ピンを使うことで、表から見た時に安全ピンが目立ちにくくなります。

次に長さを調節し、裾上げします。

そして、ドレープの折り目部分に、安全ピンを縦に留めていきます。

縦に留めることで、カーテンをまとめた時に自然なドレープ具合になります。

これだけでも、長いカーテンをすっきりさせることができます。

長すぎて、だらしない印象が、すっきりとした印象になり、カーテンの本来のおしゃれさも引き出すことができます。

最もスタンダードなアレンジ法ですが、縫ったり切ったりする必要がないので、どなたでも簡単に長さ調整が可能です。

取り付け方をアレンジ!長いカーテンを活かす

次にご紹介するのは、長いカーテンをそのまま活かし、おしゃれにアレンジする方法です。

長さを調節することなく、あえてその長さを活かすアレンジがあるので、ご紹介します。

普通は、窓枠に合わせてカーテンを取り付けますが、長いカーテンの場合は、そのままでは床についてしまったりします。

そこで、カーテンの取り付け位置を変えてみましょう。

天井近くの高い位置にカーテンを取り付けることで、長すぎるカーテンをぴったりの位置にすることができます。

天井から床までが、カーテンで覆われることで、カーテン自体の存在感もぐっと上がります。

「せっかく、おしゃれなカーテンを購入したのに」という方には、是非試していただきたいアレンジ法になります。

さらに、このように天井からカーテンを垂らすことで、部屋を広く感じさせる効果もあります。

また、ゴージャスな印象も与えることができるため、非常におしゃれなイメージになります。

方法自体も比較的簡単なことからも、このアレンジ法はおすすめです。

「カーテンを切ったりしたくない」という方にはぴったりのアレンジではないでしょうか。

布用テープを使った簡単アレンジ!

一般的に、長いカーテンの場合は、切ったり縫ったりして長さ調節していきますが、縫い物が苦手な方も多くいると思います。

そこでご紹介するのは、布用テープを使った簡単アレンジです。

布用の強力両面テープを使えば、どなたでも簡単に長いカーテンの調整が可能になります。

水洗いが可能な布用テープあるので、ウォッシャブルカーテンでも問題なく使えます。

こちらのアレンジは、アイロンを使ったアレンジになります。

まずは、裾上げしたい位置までカーテンを折り、アイロンで折り目を付けていきます。

次に、布用テープをカーテンの裾に当てて、アイロンで密着させていきます。

この時に、一気にアイロンを押し当ててしまうと、よれたりすることがあるので、少しずつ当てていきましょう。

せっかく裾上げしても仕上がりが雑なものなってしまうので、注意しましょう。

その他の注意点としては、しっかりと裾上げしたい長さを確認することです。

一度布用テープを使ってしまうと、剥がした時に跡が残り、見栄えが悪くなってしまいます。

簡単なアレンジ法ですが、慎重さが求められます。

おしゃれな装飾タッセルを使ってカーテンアレンジ!

次に、おしゃれな装飾タッセルを使ったアレンジ法をご紹介します。

最近では、カーテンの長さをあえて長めにした、ヨーロッパ風のおしゃれなカーテンも多くあります。

床まで垂らした長いカーテンを、装飾タッセルで結わえたエレガントな印象のアレンジ法です。

カーテンを閉じた状態にして、タッセルで留めて半開きの状態にすることで、非常におしゃれなカーテンを演出することができます。

また、床まで垂らすことにより、防寒効果も期待できるため、おすすめの方法となります。

この時、レースカーテンなどは、しっかりと窓枠に合わせた長さにすると、よりおしゃれ感が増します。

装飾タッセルもカーテンのイメージに合わせたものを使うことで、統一感が出てさらにおしゃれに見えます。

両開き、片開き、どちらの場合でもおしゃれな印象を与えることができます。

このカーテンアレンジなら、手間や技術などがなくても、簡単にできます。

また、部屋全体がおしゃれな空間に早変わりします。

長いカーテンにお困りの方は、試してみてはいかがでしょうか。

長いカーテンを活用してみよう!

次に、長いカーテンを切って調整した場合のアレンジ法をご紹介します。

裾上げするために、「カーテンを切って調整した」という方もいるかと思います。

しかし、そのまま捨ててしまうのは、なんだかもったいないですよね。

そこで、「残ったカーテン生地を何かに使いたい!」という方におすすめの方法があります。

残ったカーテン生地を2~3cm幅で切り、ポールなどに結び付けて、暖簾(のれん)のようにすることができます。

残ったカーテン生地の量にもよりますが、これなら有効活用できるでしょう。

もちろん部屋のカーテンと同じ生地なので、部屋の小窓などに設置しても統一感が出ておしゃれです。

また、ドアに少し飾るように取り付けてもおしゃれになります。

カーテンが長かったからこそ、できるアレンジなので、「カーテンを裾上げして残った生地を何か使いたい」という方は試してみてはいかがでしょうか。

切ってもそのままでも、アレンジ次第でおしゃれになる!

長いカーテンは、もちろん調整のために自分好みの長さにしても、すっきりしておしゃれに見えます。

また、そのままカーテンの長さを活かしても、十分おしゃれに見せることが可能です。

簡単にアレンジできるものから、少し手間をかけて、よりおしゃれにすることができるものまでご紹介しました。

今回ご紹介したアレンジ法を活用し、部屋全体をおしゃれにしてみましょう。

 - カーテン, 生活