クイーンサイズのベッドが置きたい!部屋が狭くても大丈夫?

お部屋が狭かったとしても、「ゆったりと大きなベッドで眠りたい」という願望をお持ちの方はいませんか?

ベッドを選ぶときには、寝心地やデザインだけでなく、「サイズ選び」も大事な要素となりますよね。

そこで今回は、クイーンサイズのベッドを例に、部屋の広さ別でレイアウトした様子をシミュレーションしてみましょう。

まずは、クイーンサイズの寸法や特徴をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

寝具メーカー別!通販おすすめマットレスランキング

枕やお布団など数ある寝具の中でも、敷布団やマットレスは、寝心地を左右する要の寝具です。その分...

お布団のダニ退治はどうする!?乾燥でダニ退治する方法とは

湿気の多い季節などは、特にお布団のダニって気になりますよね。気にはなっていても、仕事や勉強が...

来客用敷寝具の収納が面倒!マットレスは折りたたみがラク!

来客が来た時の寝具の出し入れって、結構面倒ですよね。来客用の大型ベッドマットレスが用意されて...

赤ちゃんにはどんな寝具がいい?寝具の選び方とおすすめ4選

赤ちゃんは体がまだ未発達で繊細なので、赤ちゃん用寝具の選び方には慎重になる方も多いかと思います。...

畳にウッドカーペットを敷くときのダニ・カビの対策方法とは

畳のお部屋をプチリフォームするのに、とても便利なウッドカーペット。設置する際には、ダニ・カビの対...

どの寝具にダニは住み付きやすい?梅雨時期の駆除方法って?

ダニはどんな寝具に住み着きやすいのでしょうか。寝具は毎日使うものなので、湿気やダニなどのハウ...

6畳でもベッドと机の両方を置きたい!狭く見せないコツは?

一人暮らしで、6畳のワンルームや1Kに住んでいるという方も多いと思います。6畳の部屋...

ウッドスプリングベッドを選ぶならコレ!すのこベッドと比較

しっかり寝たはずなのに朝起きたら、腰が痛かったり体中がこわばっている、という時ってありませんか?...

夫婦で使うならベッド?お布団?選ぶ基準で一番大切なのは?

結婚をしてから、相手との生活習慣の違いで悩む方はたくさんいらっしゃるでしょう。中でも、「眠る...

寝るの大好き猫ちゃんもご満悦!ベッドはドーム型がお好き?

人間も猫にとっても睡眠は、リラックスできる大事な時間です。人間に比べて猫は、多くの時間を...

クッションフロアの掃除方法と最適な部屋選び!!

戸建て住宅や賃貸住宅でも使われる機会が多いクッションフロア。普段の掃除でも、実は場所によって...

ベッドのマットレスにカビができた場合はどうすればいい!?

ベッドのマットレスに黒いカビが発生したら、どうしますか?そのまま使いますか?買い替えますか?...

ブログで紹介したい、子供部屋収納術!使えるベッド周り!

子供部屋って、なかなか片付けられず物が散乱しているイメージがありませんか?なぜ片付けられない...

子供のベッドの転落防止対策とは!?安全に寝かせるポイント

子供のベッドからの転落事故は、ママなら誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?大人にとっ...

やっぱり欲しい布団クリーナー!価格だけじゃない徹底比較!

気になるお布団のダニやハウスダスト。アレルギーの原因にもなるので徹底的に除去したいですよね。...

スポンサーリンク

クイーンサイズのベッドの特徴

はじめに、クイーンサイズの大きさを把握しておきましょう。

長さはクイーンサイズに限らず、どのサイズであっても190cm程度となっており、ロングタイプになれば210cm前後です。

肝心な横幅は約160~180cmで、だいぶ余裕がある印象となっています。

1つ下のダブルサイズは、横幅140~160cm程度なので、20cmの差があります。

ダブルサイズのベッドでは、2人並んで眠るとどうしても窮屈に感じてしまうことも多いですが、クイーンサイズであれば、「寝返りをされてもあまり気にならない」という意見が多いようです。

このように、2人で1つのベッドを共有していたり、親子並んで寝ているご家庭にも、クイーンサイズ以上の大きなベッドがおすすめです。

また、1人であっても、ベッドを広々と使用したい方や、体格の大きな方にクイーンサイズのベッドは最適です。

安心感のある広いベッドは、睡眠の質が向上するともいわれています。

しかしながら、通販でクイーンサイズ以上のマットレスを購入すると、2つに分割されて届くことがあります。

連結してみて、もし隙間やつなぎ目が気になるようでしたら、ベッドパッドや隙間パッドを併用しましょう。

すると、寝心地がかなり改善されますよ。

次章からは、お部屋に配置した様子をシミュレーションしてみましょう。

4.5畳の部屋にクイーンサイズのベッドは置ける!?

それではここから、クイーンサイズのベッドを置いたときの様子をシミュレーションしていきます。

お部屋の大きさ別にご紹介しますが、まずは4.5畳のケースから考えてみましょう。

少し手狭なイメージがありますが、クイーンサイズのベッドは置けるのでしょうか?

【4.5畳(273×273cm)の場合】

※ベッドの大きさは、長さ190cmで横幅160cmとします。

4.5畳のお部屋に、クイーンサイズのベッドをレイアウトすることは可能です。

しかしながら、ベッド以外の家具を置くゆとりはほとんどありません。

もしも、お部屋の中央にベッドを設置すれば、左右には移動する分だけのスペースしか生まれないでしょう。

それでも、スツールなどの家具を置きたい場合には、壁際にベッドを寄せてしまえば何とかなりそうです。

ただし、110cm程度のスペースなので、高さのある家具を置くと圧迫感を感じやすくなってしまうかもしれません。

クイーンサイズのベッドは6畳の部屋なら安心!?

次は、6畳のお部屋を想定します。

4.5畳に比べると、片一方が100cm程度のびるイメージです。

では、6畳のお部屋にクイーンサイズのベッドを置くと、どのような印象になるのでしょうか。

【6畳(270×360cm)の場合】

※ベッドの大きさは、長さ190cmで横幅160cmとします。

6畳になると、お部屋がベッドでキツキツの状態になることはありません。

ベッドのレイアウト次第では、お部屋の半分以上にスペースが生まれます。

そのため、クイーンサイズであっても狭さを感じることなく、快適に過ごせる方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、ウォークインクローゼットなどが備え付けられていても、スペースには余裕があるようです。

ちょっとしたナイトテーブルや、観葉植物なども問題なく置けるようになるでしょう。

このように、レイアウトやインテリアがアレンジしやすいところに魅力があります。

クイーンサイズのベッドを選ぶなら、6畳以上の広さであることが好ましいですね。

8畳の部屋なら快適に過ごせそう!

続いて、8畳のお部屋でシミュレーションしてみます。

6畳でも快適に過ごせることが分かりましたが、8畳になるとますますゆとりが生まれます。

【8畳(360×360cm)の場合】

※ベッドの大きさは、長さ190cmで横幅160cmとします。

ベッドをどのようにレイアウトしても、お部屋のスペースは十分な印象です。

壁際に寄せて設置すれば、かなり広々とした使い方ができます。

デスクやドレッサー、チェストなどをレイアウトしても問題ないでしょう。

また、友人などが宿泊する際にも、もうひとつ横にお布団(シングルサイズ程度)が敷ける余裕はあります。

そのため、8畳のお部屋であれば、クイーンサイズよりも大きなキングサイズのベッドでもいいでしょう。

さらに、シングルサイズのベッドを2つ配置することも可能です。

さまざまなケースに対応できるため、ライフスタイルによってベッドのサイズや置き方を検討してみましょう。

狭くなってしまった寝室を広く見せるコツ

これまでご紹介してきたように、4.5畳のお部屋にもクイーンサイズのベッドが置けることが分かりました。

しかしながら、空間に余裕のない印象となってしまうのが難点です。

そこでここでは、狭い寝室を少しでも広く見せるためのポイントをご紹介します。

①カラーテイストを統一!

使用するカラーは原則3色までとします。

色を使い過ぎることで、ごちゃごちゃとした印象になってしまいがちだからです。

枕カバーや布団カバーといったファブリック類だけでなく、ベッドフレームのカラーテイストまで揃えられるといいですね。

おすすめなのは、お部屋を広く見せる効果のある「白」です。

②テレビは壁にかける!

そもそも狭いお部屋にクイーンサイズのベッドを置いてしまえば、テレビボードを配置する余裕はほとんど残っていませんよね。

しかしながら、寝室でテレビを見たり、DVD鑑賞やゲームを楽しみたい方もいるでしょう。

そんなときには、テレビを壁にかけてみてください。

すると、テレビボードが必要なくなる上に、スタイリッシュな雰囲気になりますよ。

③アクセントクロスを活用!

壁の1面や1部だけ、カラーリングを変更してみましょう。

そういった手法を「アクセントクロス」といいます。

すると、目線が壁に集中するため、空間が広く感じる錯覚を引き起こします。

このような点を意識すれば、狭くてもおしゃれな寝室が完成するでしょう。

ポイントを押さえて、インテリアコーディネートに活用してみてください。

ネットで買える!おすすめのクイーンサイズベッド紹介

最後になりますが、クイーンサイズのベッドでおすすめの商品をご紹介します。

まずは、狭いお部屋におすすめのクイーンサイズベッドです。

【ニトリ:クイーンベッドフレーム(ミーティアP IV)】

・参考価格:39,900円

・カラーリング:アイボリー・ブラック

こちらのベッドフレームは、シンプルで使いやすいデザインとなっています。

また、低床タイプなので圧迫感は少なくなっております。

さらに、マットレスサイズぴったりのフレーム設計が魅力です。

狭いお部屋に大きなサイズのベッドを置く際、ベッドフレームにゆとりがあると邪魔になってしまいます。

よって、すっきりとしたベッドフレームで、フロアタイプのものを選びましょう。

続いてご紹介するのは、珍しいデザインのラグジュアリーベッドです。

【優雅な空間へ モダンデザイン・高級レザー・デザイナーズベッド】

・参考価格(フレームのみ):149,769 円

・カラーリング:ホワイト・ブラック

こちらの商品は、通販サイトの「BED STYLE」にて取り扱われています。

高級感のある流線型フォルムが特徴で、ゆとりを感じさせるデザインのため、広めのお部屋におすすめです。

素材にはレザーが使用され、なめらかな触り心地や光沢にうっとりしてしまいます。

クイーンサイズのベッドで上質な眠りを

今回は、クイーンサイズのベッドに焦点を当て、お部屋の大きさ別にレイアウトした様子をシミュレーションしてみました。

やはり、活用できるスペースを考えると、6畳からのお部屋におすすめします。

しかしながら、4.5畳のお部屋であっても、クイーンサイズのベッドを設置することは可能です。

インテリアやベッド選びに工夫をしながら、快適な睡眠環境をつくっていきましょう。