布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ロフトベッドを解体!1人での作業は安全性と下準備が重要!

2018.12.28

ロフトベッドを解体する際に、注意すべきことはなんでしょうか。

また、解体時に必要な工具や、作業をする際にあったら便利なもの、処分する時に注意することなども気になるところです。

1人で行う作業工程から、解体専門業者に依頼するメリットまで、幅広くロフトベッドの解体について考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

寝室のベッドをメインにしたインテリアコーディネート

寝室は1日の疲れを取る大切な空間です。 そんな疲れを取ることが出来る、ベッドをメインにしたイン...

フローリングの部屋でお布団を敷いて寝る!ダニは大丈夫?

最近ではフローリングの部屋が増えています。 フローリングを寝室として使っている人も多いのではな...

使い古しの枕やお布団を自分好みのクッションにリメイク!

使わなくなった枕、どうしてますか? 「ただ単に捨てるのはもったいないな」とお考えの人は、ちょっと待...

寝具で防寒して首を温めよう!首温活で身体の不調を解消

気持ち良く眠っている時に、ふと首が寒くて目が覚めた、という経験がある方もいるのではないでしょうか。 ...

マットレスのカビ取りをしたい!クリーニング方法と予防策

マットレスにカビが生えてしまったらカビ取りをしなければなりませんよね。 見た目も悪いですし...

モダン?シンプル?シンプルモダンインテリアってなに?

モダンインテリアは、モノトーン基調で無機質な素材、直線的な家具を使用しているのに対し、シンプルモダン...

高齢者はベッドから起き上がりにくい!楽にする方法とは?

高齢者の方は、なかなか思うように動けないことが多いです。 筋肉量や骨密度、視力の低下などが原因...

6畳でもベッドと机の両方を置きたい!狭く見せないコツは?

一人暮らしで、6畳のワンルームや1Kに住んでいるという方も多いと思います。 6畳の部屋...

毎日寝ているお布団にカビ?どんな漂白剤で対処ができるの?

お布団にカビが生えたら、とてもショックですね。 また、気持ちが悪くてそのまま使うのは抵抗があり...

ベッドの高さを上げると、どんなメリットデメリットがある?

意外と後悔が多いベッドの高さ、気にしないで購入してしまうと後々大きな後悔をすることになります。 ...

ベッドの頭上は「収納」に最適!厳選したアイテムを紹介!

ベッドの周りは、スマートフォンや眼鏡、文庫本など細かなアイテムが散らかりがちで、収納が難しいと感...

不要になったベッドは自分で解体が基本!賢い処分方法とは

買い替えや引っ越しなどでベッドが不要になったとしたら、通常は粗大ゴミとして回収してもらいますね。 ...

寝室にはled照明が良い?その寿命は?点滅したら交換時期?

ご自宅でled照明をお使いの方、「ledに変えようかな?」とお考えの方も、多くいらっしゃるかと思いま...

クッションフロアの掃除方法と最適な部屋選び!!

戸建て住宅や賃貸住宅でも使われる機会が多いクッションフロア。 普段の掃除でも、実は場所によって...

マットレスは折りたたみ!狭いシングル世帯の部屋も広々活用

6~8畳くらいのシングル世帯向けの物件に住んでいると、時折部屋が狭いと感じることがありますよね。...

スポンサーリンク

ロフトベッドを1人で解体!そのメリットは?

ロフトベッドを使っているなら解体が必要な状況は、多々ありますよね。

ロフトベッドは狭い空間を有効的に使うことを目的とした構造で、1人暮らしのお部屋などで愛用されることが多く、自分で組み立てから解体まで行う方も少なくはないでしょう。

また、破損によって処分したい場合など、どうしても1人で解体してしまいたいこともあります。

1人で解体するメリットは、なんといっても、お金がかからないことでしょう。

ベッドの種類によっても変わりますが、一般的に解体作業を専門業者に依頼すると、大体1万円はかかるといわれています。

個人の感覚にもよると思いますが、解体するだけで1万円はやはり高い気がしますよね。

また、専門業者に依頼する手間も考えると、なんとかして1人で解体してしまいたいものです。

ロフトベッドを1人で解体することについて、もう少し掘り下げて考えてみましょう。

1人で解体するのなら準備が重要!

ロフトベッドを解体する際、手伝っていただける方がそばにいれば問題ありませんが、もし1人で解体しなければならないというなら、話は変わってきます。

力のある男性ならまだしも、女性1人となるとなかなか大変です。

まず、解体にあたって手順をきっちり把握し、予習しておくことがとても重要になります。

解体作業自体はシンプルな行程ですが、どの部分から手をつければよいか、どんな工具が必要か、作業スペースは十分にあるかなどを、しっかり考慮してから作業に取りかかりましょう。

基本的に解体作業は数人で行うものですので、きちんとした準備工程がないままの作業は、怪我や事故のもとになります。

また、解体後に処分するのなら、その後のゴミの分別のことまで考えておいたほうが効率的です。

ゴミの分別は自治体によっても違いがありますが、ロフトベッドの金属部分は、リサイクル業者や各市町村の粗大ゴミ回収に依頼が必要な地域もあります。

木製部分やクッション部分は、可燃物ゴミ扱いとなることが多いですが、大きい廃材はゴミ袋に入るサイズまで小さく切らなければならないこともあります。

1人での解体作業は、しっかりとした計画と準備をしたうえで、安全性を第一にすすめて下さい。

準備しておくものは?

作業に取りかかる前に準備するものについてまとめてみましょう。

まずは、ロフトベッドの各パーツを接合している、ネジやビスを外す工具としてドライバーが必要ですね。

ネジやビスのサイズも様々なので、使い勝手のよい小さいドライバーと、大きなネジ用のドライバーの2種類を用意しておきましょう。

ネジによっては、六角棒レンチが必要なものもあるため、しっかりと下調べしておく必要があります。

安全面を考えて滑り止めのついた軍手、室内作業なら床を傷つけないために毛布なども準備しておくといいでしょう。

前章で述べたとおり解体後に処分を考えているなら、大きな木製廃材を切るノコギリやゴミ袋も必要です。

また、引越しなどで一旦解体し、再度組み立てるのなら、外したネジやビスを紛失しないために、小さなケースや袋なども用意しておきましょう。

さらに、解体時に印をつけておけば組み立て作業時に、「このネジはどこに?」なんてことがなくなるので、シールやマスキングテープなどがあると重宝します。

1人で解体作業に取りかかる前に、最低限これぐらいのものは準備しておくことをおすすめします。

ネジやビスに注意!

準備段階で少し触れてみましたが、木製や金属パイプ製のどのロフトベッドも、各パーツの接合部はネジやビスで留めてあります。

解体は、このネジやビスを外していくことが基本作業なので、その形状をきちんと把握しておきましょう。

一般的にロフトベッドには、プラスやマイナスドライバーで留められる、側面にらせん状の溝の入った雄ネジが使われています。

接合場所によっては、ビスといわれる先端の尖った小さな雄ネジと使い分けているので、それぞれにあったサイズのドライバーが必須になります。

また、ドライバーではなく六角棒レンチが必要なものもあるので、注意が必要です。

さらに、通常のネジやビスと形状の異なる特殊なものもあり、この場合はその形状にあった工具を用意する必要があります。

ネジやビスの上に紙をのせてから鉛筆でこすると、ネジ穴の形を写すことができるので、ホームセンターなどで工具を購入する際に参考にしてみて下さい。

ロフトベッド購入時に配送員が組み立て作業を行った場合は、付属の簡易工具が引き渡し時に手渡されているはずなので、そちらの工具を使いましょう。

1人で解体作業をする前に、ネジやビスの形状にあった工具をきちんと用意することで、作業をよりスムーズにすすめることができます。

ロフトベッドを1人で解体する手順

さあ、ロフトベッドの解体に取りかかりましょう。

金属パイプ製や木製のものなど、様々な種類のロフトベッドがありますが、基本的な手順は同じです。

まずは、底板を外すことからはじめましょう。

カナヅチなどで裏面からたたくと楽に外すことができます。

底板が取れたら、ベッドフレームの留めネジを外します。

長い間使っているとネジが錆びついていることがあるので、事前に潤滑油をつけて、ネジ穴が潰れないようにしておくといいでしょう。

1人での解体作業なので、スペースに余裕があるのなら、底板を外した段階でベッド自体を倒したほうが安全です。

この時、準備しておいた毛布などを床に敷くことを忘れないようにしましょう。

寝転がった時に頭部と足部に位置するアーチが外せたら、最後にロフトベッドの1階に位置する部分を解体し作業終了です。

ハシゴや階段付きのものなら、先にこの部分から取りかかりましょう。

どうしても解体手順がわからなかったり、ネジやビスが特殊で外せない時などは、販売メーカーに問い合わせてみてもいいでしょう。

また、解体手順を動画にあげているサイトもあるので、うまく利用してみて下さい。

ロフトベッドの解体を業者に依頼するなら?

先ほども述べましたが、安全性を考えると、1人でロフトベッドを解体することはあまりおすすめできません。

どうしても1人で解体しなければいけない状況なら仕方ありませんし、解体作業等に慣れている方なら、1人での作業も問題ないかもしれません。

状況によって、解体する際の選択肢は変わってくるかと思いますので、下記にいくつかの方法を記載します。

少しコストはかかりますが、専門の解体業者に依頼する方法です。

1人で解体作業をするのが難しいと判断した場合は、利用した方が安心ですね。

ケータイからの連絡だけですぐに解体作業に取りかかってもらえます。

また、「見積もりだけして欲しい」という要望に答えてくれる業者もたくさんあります。

解体だけのために業者に依頼するのは金銭的に迷うところですが、そのデメリットをカバーする技術と、速さがあります。

さらに、解体後のゴミの処分も行なっている業者もありますよ。

もし、費用を抑えたいのなら、人材派遣センターを利用するという方法もあります。

人手が足りれば解体できると考えている方にはいいでしょう。

しかし、人材派遣センターによっては、大きいものを運べないなどの条件もあるようですので、条件も注意深く聞いておく必要があります。

また、引越しのために1度解体し、再度引越し先で組み立てたいというのでしたら、引越し業者に相談してみるのも手です。

このように様々な方法があります。

これらの選択肢の中から自分にあったものを探し、その情報を念頭に、安全面を重視した解体方法を考えてみて下さい。

解体するなら数名で!1人なら入念な準備を!

ロフトベッドを解体する際は、できる限り数名での作業をおすすめします。

どうしても人手が足りなかったり、1人で作業しなければならない場合は、解体の手順を把握し、しっかりとした準備が必要です。

解体の際に必要な工具や、解体後のゴミの分別までを想定し、必要なものを揃えておきましょう。

できれば専門業者に依頼することも考慮に入れて、安全に解体作業を行える手段を選択しましょう。

 - ベッド, ベッドフレーム, 寝具