布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

寝具の収納でうまくクローゼットに片付けるための方法は?

2018.11.26

夜寝る時、お布団で寝ている人も多いと思います。

そのお布団を片付ける時、クローゼットへの片付け方が分からないことがないでしょうか?

寝具の収納は中々クローゼットに入らないことや、まとめるのが難しく、ぐちゃぐちゃになってしまうことも多々あると思います。

しっかりと、綺麗な収納方法を身に着けることで見栄えがよくなります。

そこで今回は、寝具の収納時に綺麗にクローゼットに収納する方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

エアーマットレス(エアーベッド)のオススメ商品と比較!

子供のころ、エアーマットレス(エアーベッド)で、トランポリンのように飛び跳ねた経験がある人も多い...

蛍光灯の寿命は短い?寝室に蛍光灯の光は適さないって本当?

照明には主に3種類の蛍光灯・白熱電球・LEDが存在します。 主に蛍光灯は白っぽい光が多く、会社...

ホテルから学ぶ!綺麗にベッドメイクする方法

ホテルに泊まったときに、シーツがピンとしたシワひとつない綺麗なベッドを見ると気分がいいですよね。 ...

マットレスをゴミとして処分したい!出し方の注意点を知ろう

ベッドは何度も買い替えるものではありませんよね。 しかし、マットレスには寿命があり、定期的...

部屋の湿度が80%になっちゃった!高湿度だとどうなるの?

皆様の部屋や寝室の湿度は、どのくらいでしょうか。 じめじめしすぎて寝苦しかったり、乾燥しすぎて...

ベッドのおすすめ6選!おしゃれで安い価格のベッドを厳選

今、ネット通販では、おしゃれなデザイン性と安い価格を両立したベッドが数多く取り揃えられています。...

ベッドの高さを上げると、どんなメリットデメリットがある?

意外と後悔が多いベッドの高さ、気にしないで購入してしまうと後々大きな後悔をすることになります。 ...

ベッドガード(ベッド用の柵)楽天ランキング上位の商品紹介

少し目を離した瞬間に、お子さんがベッドから落ちそうに! そんなヒヤッとした経験をしたことの...

6畳の和室でもおしゃれに。畳のお部屋のコーディネート方法

6畳の和室でもインテリアにはこだわりたいですよね。 和室ならではの雰囲気は、日本人としてやはり心が...

マットレスの選び方!ボンネルコイルとポケットコイルの違い

マットレスを買おうと思って調べてみると、ボンネルコイルやポケットコイルといった用語が出てくることがあ...

夏の寝具はどう選ぶ?赤ちゃんが快適に過ごすための方法は?

毎年夏になると、暑くて寝苦しい夜が続きますよね。 大人でも体調管理が難しい真夏など、赤ちゃんの...

ベッドのメリットとデメリット!シングルは格安で購入できる

皆さんは、どんな寝具で寝ていますか? お布団かベッドのどちらかでしょうが、最近はベッドで寝...

来客用敷寝具の収納が面倒!マットレスは折りたたみがラク!

来客が来た時の寝具の出し入れって、結構面倒ですよね。 来客用の大型ベッドマットレスが用意されて...

使い古しの枕やお布団を自分好みのクッションにリメイク!

使わなくなった枕、どうしてますか? 「ただ単に捨てるのはもったいないな」とお考えの人は、ちょっと待...

寝具カバーの選び方とは?安いのに良い商品の見分け方

寝具のカバーなんて安いもので十分、と考えている方もいるでしょう。 しかし、それで本当に良いので...

スポンサーリンク

寝具の室内収納とクローゼット収納の違いは?

寝具であるお布団を片付ける時、室内にそのまま収納する方法と、クローゼットに収納する方法があります。

まずは、それぞれの違いやメリットデメリットを見ていきます。

室内に収納する時のメリットは、やはり手間がかからないことにあります。

室内収納だと、部屋の端に折りたたむことがメインとなりますが、その方法は簡単であり、時間もかかりません。

したがって、忙しい時でもすぐに収納することができます。

しかし、一方でデメリットとしては見栄えが悪いことがあります。

室内にそのまま置いておくと、部屋に来訪者が来た時にその状態を見られることになります。

やはり、寝具が部屋の隅に置いてあるだけの状態ですと、どうしても見栄えが悪くなってしまいますね。

その点をカバーしてくれるのが、クローゼット収納です。

大きなメリットとしては、しっかりと収納できるので見栄えがよく、すっきりと片付けることができます。

クローゼット収納であれば、来訪者が来た時でも寝具を見られることはありません。

一方で、デメリットとしては手間がかかるということです。

しかし、方法によっては手間がかからない方法もあります。

そうなると、クローゼット収納はいいことしかないのです。

クローゼット収納のメリットは?

ここでは、クローゼット収納のメリットを詳しく見ていきます。

クローゼット収納のメリットは、先ほども述べたようにすっきりと収納でき、寝具が他人に見られないということがあります。

その他にも、クローゼット収納する時に圧縮することでスペースを確保できたり、ホコリなどの汚れを防ぐことができます。

室内にそのままお布団を置くことは、片付けや時間短縮にはなりますが、見栄えや汚れなどを考えると、あまりいいことではありません。

また、部屋にそのまま置くということも部屋の景観を崩してしまい、まとまりのない部屋となってしまいます。

クローゼットに収納することで、部屋をすっきり見せることもできますし、なによりもスペースを有効活用することができます。

また、清潔に眠ることもできますので、クローゼット収納は積極的に行うことをおすすめします。

寝具のクローゼット収納時に便利なグッズ1つ目

寝具をクローゼットに収納する時に便利なグッズをご紹介していきます。

まず、1つ目のおすすめの収納グッズは圧縮袋です。

お布団を長期的に収納する時は、圧縮することをおすすめします。

圧縮をすることで大体3分の1程にはなりますので、かなりスペースの節約になります。

しかし、この方法のデメリットとしては、かなり手間がかかってしまいます。

1回1回、お布団を圧縮させるために掃除機などを使い、空気を抜く必要がありますので、この方法を用いるかどうかは手間を考えながら行いましょう。

その圧縮袋は、100均で売っているようなものでも十分使うことができます。

しかし、圧縮袋は長く使用すると、袋が破れたりしてしまうことがあります。

100均の場合は少しその劣化のスピードが早くなってしまいますので、その点には気を付けて使うようにして下さい。

寝具のクローゼット収納時に便利なグッズ2つ目

お布団のクローゼット収納時に便利なグッズは、まだあります。

寝具をクローゼットに収納する時に、便利なグッズといえばラックです。

ラックを使うことで、スペースが生まれお布団だけでなく、衣服なども収納することができるようになります。

ラックは他の衣類の起き場所に使っている人も多いと思いますが、寝具を置く場合にもかなりいい効果を生みます。

ラックでなくても段差を作り、お布団を効率よく収納することができますが、ラックを使う方が簡単かつ耐性もあるので壊れにくく安心です。

ラックはホームセンターやネットショップなどどこでも購入することができます。

高いものも安いものも、使い勝手はそこまで変わりません。

1つ違うところを挙げると耐久性で、寝具はそこまで重いものではないのであまりこだわる必要はないですが、重いものを積む時は重量を考えて収納してください。

ラックを使うことで、通気性を確保することができます。

お布団の収納時には、とても通気性という点が重要になりますので是非ラックを使うようにしましょう。

寝具は毎日使うので、どうしても劣化が早くなってしまう傾向がありますので、できるだけいい状態で収納することで傷むのを遅くすることができます。

寝具をクローゼットに収納する時の注意点は?

寝具をクローゼットに収納する時、どんな点に注意したらいいのでしょうか。

寝具をクローゼットに収納する時は、適当に畳んで積み上げるという方も多いと思います。

しかし、適当にしてしまうと、お布団の劣化に繋がってしまったり、ダニやカビが発生してしまうことも考えられます。

これらダニやカビの繁殖の原因となるものの一つとして、湿度があります。

ダニやカビは湿気を要因として増えてしまうので、お布団を収納する際は必ず湿気を防ぐことを重視しましょう。

その湿気を防ぐ方法として、すのこを敷くということをおすすめします。

すのことは、太い木の角材の上に薄い木の板何枚かを等間隔で、直角に打ち込んだものです。

滑り防止のために風呂場の床に敷いたり、湿気防止ために使われます。

すのこは構造上、空気の通り道ができるため、湿気が溜まりにくくなります。

その結果、カビやダニの発生を防止することになります。

お布団を収納する時や、敷く時はすのこを敷くようにして下さいね。

湿気対策としては、先ほどお伝えしたラックも有効ですので、どちらかに絞って使ってもよいでしょう。

寝具はクローゼットのどこに収納するのがベスト?

寝具を収納する時、クローゼットの上の方なのか、下の方なのか、どこに置くべきか悩むと思います。

基本的にクローゼットの中は上から順に天袋、上段、下段といった風に分けられており、それぞれの場所に適したものを入れます。

天袋の場合は高さがあり、一番上なので踏み台がないと出し入れが難しい場所になります。

そのため、お布団を収納するのなら、前面に取っ手があるケースに入れるのがおすすめです。

また、天袋は基本的に軽いものを収納するといいでしょう。

したがって、この場所にお布団を収納するのはベストとは言えません。

上段は、一番使いやすい場所で日常的によく使うものを収納することをおすすめします。

したがって、この場所にお布団の収納は合っていると言えます。

では、下段の場合はどうなのでしょうか。

下段はクローゼットの中で2番目に使いやすい場所になり、低い位置なので重いものを収納することに長けています。

おもちゃや使用しなくなった雑貨など、箱に収納して入れておいてもいいでしょう。

もちろん、この場所にお布団を置くのも大丈夫です。

しかし、下段の場合、置くことについては大丈夫ですが、どうしても下の方の位置取りになるのでホコリをかぶりやすくなってしまいます。

ホコリをかぶることでお布団が不衛生になりがちになり、寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

そのため、お布団を置く場所としてはクローゼットの上段をおすすめします。

これまで、お布団を置く場所というものを考えたことがなかった人は、この機会に考えてみて下さいね。

寝具をクローゼットに収納して部屋がすっきり

今回は、寝具であるお布団をクローゼットに収納する方法について見てきました。

寝具の収納方法は色々ありますが、しっかりと適切な方法で収納することが大事になります。

間違った方法で収納してしまうと、お布団にカビやダニが発生し、傷んでしまいます。

適切な方法で収納することで、クローゼットの中の見栄えがよくなり、すっきり片付けることができます。

これからは寝具をクローゼットにうまく入れて、部屋とクローゼットの中をすっきりさせましょう。

 - 寝具, 寝具の収納