布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団の購入に迷ったら手軽でお得なセットがおすすめ!

2018.11.5

新しい生活が始まるタイミングや、長年使ったものを買い替えるときなど、お布団を購入するタイミングは何度かあるものですね。

そんなときに便利でお得に買えるのが、お布団セットです。

また、より充実した睡眠を取るために、寝具にこだわりたい方もいらっしゃることでしょう。

今回は、お布団セットの内容や、おすすめの商品をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

布団カバーやお布団の洗濯ってどうしてる?頻度や方法を紹介

皆様は、布団カバーやお布団の洗濯はどうしていますか?どれくらいの頻度で行っていますか? お布団...

大切なお布団の収納には防虫剤が必ず必要!収納場所も清潔に

お布団は、毎日使うものだからこそ、いつも清潔に気持ち良く使いたいものですね。 季節の入れ替えな...

古くなったお布団はリサイクルできる?お布団の処分方法

古くなってしまったお布団、捨てる前に活用は出来るのでしょうか? 古いお布団でも、再利用する打ち...

お布団を干す場所に迷う!どこに干せば良い?干す場所紹介!

戸建でもマンションでも、建物の向きや間取りなどによって、お布団を干す最適な場所がなくて困ることってあ...

お布団は音を吸収する?防音効果のあるアイテムをご紹介

小さいお子さんをお持ちの方や集合住宅にお住まいの方は、隣室の音が気になったことはありませんか。 ...

お布団はコインランドリーで洗濯可能!洗い方と注意点とは

コインランドリーでお布団が洗えるのは、もはや常識です。 ここなら、毎晩汗を吸って汚れているお布...

お布団の収納グッズ6選!おしゃれで機能的なアイテムを厳選

お布団は厚みがある上、幅を取るため収納する際にかさばりがちです。 特に、お部屋に収納スペースが...

これで安眠!お布団のシーツに付いた不快な毛玉にさようなら

ある日、気が付くと、お布団のシーツにチクチクした不快な感覚を感じたことはありませんか? また、...

お布団が原因?!寝ても背中が痛い人が見直すべき6ヶ条

お布団から起きて背中が痛いと、日中すっきりしないものですよね。 お布団や寝具は「暖かければ良い...

布団圧縮袋や収納ケースを使ってお布団収納を簡単、綺麗に!

使わないお布団をしまいたくても、かさばって収納が大変ですよね。 しかし、押し入れやクローゼット...

布団たたきの使い方!ダニ退治に効果がないのは「叩く」こと

お布団を日光に当てて干すときに、布団たたきで叩く動作を加えるという方もいますよね。 一見、ダニ...

お布団を圧縮袋から出したらビニール臭い!その原因とは?

お布団を季節ごとに使い分けるためや、来客用のお布団を圧縮袋を使って、保管している人は多くいらっし...

お布団はポリエステルと綿のどっち?それぞれのメリットは?

家で毎日眠っている、お布団の素材はなんでしょう? 当たり前のように使っていながら、素材を意...

検証!「お布団」と「ベッド」腰にやさしいのはどっち?!

腰痛持ちの方にとって、悩みの種となるのは「寝具選び」ですよね。 お布団とベッドでは、どちらが腰...

お布団の干し方は室内の場合、どうすれば効果的?やり方は?

お布団を干すと言えば、明るいお日様に当てる方が良いと考える方が多いのではないでしょうか。 しか...

スポンサーリンク

お布団の購入前にサイズ決め!あなたに適したお布団サイズは?

まずは、お布団のサイズについてお話しします。

お布団の購入前には、ライフスタイルや体格、お部屋のスペースを考えてサイズを決めておきましょう。

■シングル…1人用サイズ

■セミダブル…ゆったりした1人用サイズ

■ダブル…2人用サイズ

■クイーン…ゆったりした2人用サイズ

■キング…2人と子供の3人用サイズ

ダブルはシングルの2倍の大きさではありません。

敷布団のシングルは幅100cm、ダブルは幅140cmですので、注意してください。

また、「シングルロング」や「セミダブルロング」など、「~ロング」がついたお布団は、丈が長いタイプを指します。

メーカーによって差がありますが、通常のお布団より10cmほど丈が長いものが多いです。

しかし、近年の敷布団と掛け布団はロング丈が一般的になっているようです。

次項では、お布団一式をまとめて購入する方におすすめの、便利でお得なお布団セットについてお話しします。

お布団セットがおすすめ!セット内容とは!?

お布団を一式揃える場合には、お布団セットが断然おすすめです。

しかし、お布団セットと言っても、種類が豊富にあります。

ここでは、お布団セットの選び方についてお話しします。

お布団セットで販売されている商品は、3点、6点、7点、8点などがあります。

3点には、掛け布団、敷布団、枕がセットになっています。

6点になると、上記の3点プラスそれぞれのカバーがセットになります。

7点、8点では、さらにタオルケットや毛布、または収納袋などがセットに含まれます。

自分好みのカバーを付けたい場合には、3点セットを購入し、別でお好みのカバーを購入すると良いでしょう。

また、このセット内容は、敷布団用(畳や床にお布団を敷く場合)とベッド用(ベッドを使っている場合)がありますので注意が必要です。

ベッド用のものは、敷布団の代わりにベッドパッドがセットになっています。

ベッドでマットレスを使っている場合は、その上に付けるベッドパッドで十分でしょう。

次項では、おすすめのお布団セットをご紹介します。

セット購入は手軽でお得でおすすめ!リーズナブルセット編

お布団セットには、かなりリーズナブルな低価格なものから、品質にこだわった高価なものまであります。

ここでは、おすすめの低価格お布団セットをご紹介します。

【アイリスプラザ:ほこりの出にくい布団4点セット】

掛け布団、敷布団、枕、収納袋がついたポリエステル100%のお布団4点セットで、なんとお値段が税抜きで3,480円(シングル)です。

清潔へのこだわりでつくられたお布団で、すべて洗濯機で洗濯可能なのもうれしいポイントです。

【リコメン堂:柄おまかせ 布団3点セット シングル】

柄はおまかせということですが、掛け布団、敷布団、枕の3点セットで、税込み3,999円(シングル)で、高品質な日本製のお布団です。

しかも、敷布団に関しては、床付き感のない厚さ約8cmのボリュームがあります。

こちらのセットは、お客様用として購入する方も多いようです。

【ニトリ:タオルケット・毛布付き10点セット】

なんと、この商品は10点セットになっていてオールシーズン使える内容になっています。

セット内容は、枕、タオルケット、毛布、合掛け布団、薄掛け布団、敷布団、カバー3点、収納袋です。

合掛け布団と敷掛け布団を四隅のボタンで重ねることもでき、季節に合わせた使い方ができます。

これだけ揃って、税別9,250円(シングル)は、かなりリーズナブルですね。

セット購入は手軽でお得でおすすめ!高級セット編

ここでは、こだわりの品質で高級なお布団セットをご紹介します。

品質や性能にこだわりたい方にはおすすめです。

ヤマセイ株式会社から販売されている「ダニゼロックスHQ」は、優れた品質の生地に防ダニ機能と防汚機能も備わった寝具です。

もちろん、お得なセットも豊富にありますので、こだわりのセット内容が見つかるかもしれません。

【ヤマセイ株式会社:和敷用HQ2枚合わせ掛け布団ラテックス枕セット】

2枚合わせ掛け布団、敷布団、ラテックス枕の3点セットで、サイズはシングルロングになります。

単品で購入すると、106,020円のところ、セットでは99,650円と、かなりお得に購入できますよ。

綿100%なので、ダニ透過率がゼロで、保湿性と保温性にも優れています。

しかも、オールシーズン使える寝具というのもうれしいポイントですね。

また、別売りでカバーの3点セットも24,370円で販売されています。

防ダニ布団セットとカバーもあわせて使うと、より効果的なダニ対策が可能になります。

お布団が体に合わない!?そんなときは「ムアツ」の購入がおすすめ!

これまで、お布団セットをご紹介してきましたが、ここでは、ワンランク上のマットレスをご紹介します。

今のお布団が合わず、新たに寝具の購入を検討している方には特におすすめの商品です。

ここでご紹介するのは、布団の西川から販売されている「ムアツ」です。

マットレスというと、ベッドで使うものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

しかし「ムアツ」には、床に直接敷いて使う「フロアタイプ」と、ベッドやマットレスの上に敷いて使う「ベッドタイプ」があります。

そんな「ムアツ」の特徴は、表面のデコボコした構造です。

このデコボコで、身体全体を支え、圧力を効果的に分散し、理想的な寝姿勢を保つことができるのです。

そのため、肩こりや腰痛にお悩みの方、疲労感が取れない方、目覚めがすっきりしない方には特におすすめしたいお布団です。

また、オンラインの西川ストアでは、この「ムアツ」と羽毛布団がセットになった限定モデルが販売されています。

カラーは、どんなインテリアにも馴染みやすいブラウンとベージュのセットで、お値段は税込み53,784円です。
寝具の改善をお考えの方はぜひ「ムアツ」をお試しください。

お布団を良い状態で使い続けるためのお手入れ法!

お布団の購入をお考えの方へ、おすすめの寝具をご紹介しました。

より良い睡眠を取るためにも、新しい寝具は、清潔な良い状態で使い続けたいものです。

ここでは、お布団を快適に使うためのお手入れ法をご紹介します。

①調湿マット

お布団の下に敷くだけで、湿気や寝汗を吸い取ってくれるシートを使い、お布団のカビやダニの繁殖を防ぎましょう。

②天日干し

お天気の良い日には、天日干しをして、お布団の湿気を逃がしましょう。

天日干しができない環境のときは、布団乾燥機の利用もおすすめです。

③カバーの洗濯

敷布団、掛け布団、枕のカバーは、なるべくこまめに洗濯しましょう。

お布団は湿気が溜まりがちで、それが原因でカビが生えたり、ダニが繁殖したりします。

これらのお手入れをできるだけこまめにおこなうことで、より快適な睡眠が取れるでしょう。

新しいお布団は日頃のお手入れで睡眠の質を上げる

お布団のお値段は、リーズナブルなものから高価なものまで、幅が広いです。

寝具にどんな点を求めるかによって、選ぶものが変わってくるでしょう。

また、大切な寝具を衛生的で良い状態をキープして使い続けるには、日頃のお手入れも大切になります。

できるだけこまめに、お布団のお手入れをして、より良い睡眠が取れるようにしましょう。

 - お布団