お布団に熱がこもって暑い!寝苦しい夜の暑さ対策は?

暑い夏の夜には、お布団に熱がこもって寝苦しいときも多いかと思います。

しかし、エアコンの冷房機能をずっと使っていると、体が冷えすぎて体調が悪くなってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、扇風機や保冷剤、冷感寝具などを使った暑さ対策についてお伝えします。

どれも取り入れやすい方法ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お布団の収納アイテムをご紹介!ソファとして使うことも!

季節が変わったり、来客が自宅に泊まったあとに大変な作業が「お布団の収納」です。当分使わないか...

お布団に掃除機をかけた時に出る白い粉の正体と人体への影響

家の中で掃除機をかける際に、寝具はどうしていますか?今は、お布団専用の掃除機も販売されて...

布団クリーニングを宅配で取引!無料で長期保管も可能?

宅配の布団クリーニングがとても話題になっています。お布団は定期的にクリーニングに出したくても...

部屋のカビってどこから生える!?カビ対策をして予防しよう

カビというのは実は、空気中どこにでも漂っているそうです。そのカビがあちこちに付着し発育条件が...

お布団の湿気対策!湿気に気を付けなければいけない理由は?

皆さんはベッドとお布団、どちらを使っているのでしょうか。最近は、畳がある部屋が減って来つ...

お布団に虫を寄せ付けない!ダニ・ノミの対策法を解説

アレルギーの方にとって、ダニやノミは健康に大きな影響を及ぼす厄介な虫です。ダニは、食べか...

お布団に潜むダニにドライヤーは効果あり?ダニの特性と対策

お布団や衣類、畳など、ダニはどこにでも潜んでいる厄介者です。そんなダニの弱点は熱です。驚...

布団クリーナーと温風でベッドのダニを退治!その方法とは?

お布団って毎日使うので、清潔に保ちたいですよね。しかし、湿気や乾燥など、季節によって温度や湿...

床や畳にささくれ!?無垢材と畳のささくれ修理方法をご紹介

ご自宅の床に傷ができて、ささくれになっていませんか!?ささくれていると素足で歩くのは危ないで...

昔の生活を学ぶ!お布団も着物も大切に使っていた!

今は、なんでも安く購入できる時代で、洋服はワンシーズン着用したらお役御免という方も増えてきていると思...

お布団のダニ退治はどうする!?乾燥でダニ退治する方法とは

湿気の多い季節などは、特にお布団のダニって気になりますよね。気にはなっていても、仕事や勉強が...

夏でも薄い掛け布団で気持ちの良い睡眠をしっかりととろう!

夏のお布団はどのようなものを選べば良いのか、迷ったことはありませんか。お部屋を涼しくして掛け...

お布団に圧縮袋を使うときのコツ!掃除機を使う場合は?

寒い冬が終わると、お布団を収納しなければなりませんが、困るのが収納場所ですよね。そこで、お布団に...

お布団の正しい干し方!ベランダで衛生的に干す方法と注意点

ベランダにお布団を干すときは、どのような方法で干しているでしょうか?お布団をふかふかにするた...

ポリエステルのお布団は洗濯できる?クリーニングに頼む?

ポリエステルのお布団は、そのほとんどが洗濯可能となっています。家での洗濯機やコインランドリー...

スポンサーリンク

熱帯夜はお布団に熱がこもり暑い!扇風機でできる対策

まず、最初にご紹介する熱帯夜の暑さ対策は、扇風機を使った方法です。

暑い夏の夜に、お布団に熱がこもって暑い場合には扇風機を効果的に使って対策をしましょう。

扇風機は、エアコンに比べて電気代がおよそ10の1以下と言われており、経済的な面でもおすすめできます。

そこで、扇風機による暑さ対策の具体的な方法としては、足を中心に冷やすと良いです。

人は、手足の先から熱を放出して体温を下げ、眠りの状態に入ります。

したがって、発熱量が多い足を中心に扇風機で冷やすことで、暑さにより上がった体温を効率的に下げることができるのです。

頭に扇風機の風を当て続けると、頭痛が起きる場合があるので、その意味でも足元に扇風機を置いて冷やす方が良いと言えます。

また、お部屋やお布団にこもった熱を効果的に逃がすには、扇風機を数台使うという方法も有効です。

扇風機を使ってお部屋の空気を循環させ、窓を開けて熱を逃がすと良いでしょう。

就寝時に、扇風機をつけたままにしておくと具合が悪くなるという方は、首振り機能やリズム機能を使って、同じ場所に風が当たり続けないような工夫をすると良いです。

暑い夏の夜には保冷剤も効果的!体を冷やして対策

暑い夏の夜に、お布団に熱がこもって寝苦しい際には、保冷剤を使って体を冷やすという方法もおすすめです。

よく、熱中症対策として股や脇の下などを冷やすと良いというお話を聞いたことはないでしょうか。

なぜ、股や脇の下を冷やすと良いのかというと、そこに流れている血管が関係しています。

股や脇の下には、頸動脈という太い血管が流れています。

その太い血管が流れている場所を冷やすことで、体温を効果的に下げることができるのです。

具体的な暑さ対策の方法はまず、保冷剤をタオルに包みます。

そして、そのタオルで包んだ保冷剤を股や脇の下に挟んで寝ます。

保冷剤は、直接肌に付けて長時間寝ていると凍傷になってしまう恐れがあるので、必ずタオルに包んで使用しましょう。

加えて、暑さが厳しい日には、保冷剤のみの対策では不十分なこともあるので、状況に応じて扇風機なども取り入れると良いです。

お布団や枕に熱がこもって寝苦しい夜は頭を冷やして対策を

お布団や枕に熱がこもって暑い夜には、脇の下や股以外にも頭や首を冷やすことも対策になります。

昔から、頭寒足熱が体にとって健康的な状態だとされており、頭に熱がこもると具合が悪くなったり寝苦しくなったりすることがあります。

また、首には前述した頸動脈が流れているので、頭と一緒に冷すことで、上がった体温を効果的に下げることができます。

そこで、頭や首を冷やす方法としておすすめしたいのが、水枕や氷枕を使った暑さ対策です。

特に、風邪で熱が出た際に使用する市販の水枕は、中身がゲル状になっており、頭を乗せた際に痛くなりにくいのでおすすめです。

市販の水枕は、ドラックストアなどで購入できます。

この水枕も直接、頭や首に付けるのは避けて、タオルを巻いて使用しましょう。

緊張性頭痛などがある方は、頭を冷やしすぎることで血管が収縮して痛みが出る恐れもあるので、注意したいところです。

暑い夜には除湿機を使った対策も効果的!

湿気が多くジメジメとして蒸し暑い夜には、エアコンの除湿機能を使用した対策がおすすめです。

真夏の熱帯夜の湿度は、およそ80パーセントにまで上がることもあるため、かなり蒸し暑いです。

湿度が高いと不快感も増してストレスになるので、効果的に除湿をして体感温度を下げましょう。

湿度は、10パーセント下がるごとに体感温度が1度下がると言われています。

したがって、湿度が80パーセントの場合は50パーセント程度に下げるだけで、3度も体感温度が低くなるということになるのです。

また、エアコンの除湿機能は、冷房機能よりも消費電力が少ないので、節電の意味でもおすすめです。

加えて扇風機も併用すると、体に風が当たることで体感温度は更に下がり、お布団もひんやりとしておすすめです。

エアコンの除湿機能も扇風機も冷房より経済的なので、上手に組み合わせで使いましょう。

ちなみに、除湿機はエアコンより若干電気代が安いですが、使用すると室内の気温が上がってしまうためおすすめできません。

冷感寝具で暑い夜も快適に過ごす対策!

お布団や枕に熱がこもって不快な夜の暑さ対策にぴったりでおすすめなのが、冷感寝具です。

冷感寝具は、ひんやりとしていて体感温度を効果的に下げることができ、電気を使わないので経済的という点でもおすすめです。

そこで、この章でご紹介したいのが、ディノスオンラインで取り扱っている「ひんやり除湿寝具 デオアイスシリーズ ピローパッド 普通判」です。

こちらは、肌に触れる面に熱伝導率が高い高分子ポリエチレンを使用しているピローパッドで、ひんやりとした使用感が人気です。

パッドの中材には、吸湿性と放湿性に優れたシリカゲルシートを使用しており、寝汗をかいてもサラサラとした快適な状態が続きます。

また、こちらのピローパッドは、自宅の洗濯機で洗うことが可能で、洗うことで除湿機能が復活します。

さらに、消臭効果も抜群で、不快な汗の臭いの元となる成分を99パーセント除去します。

夏の暑い夜に、寝汗をたくさんかいてしまい、臭いも気になるという方におすすめしたい商品です。

冷感パッドシーツはお布団をひんやり快適に!

最後にご紹介する暑さ対策ぴったりの冷感寝具は、ディノスオンラインで取り扱っている「接触冷感パッドシーツ&ピローパッドセット」です。

こちらのパッドシーツとピローパッドは、肌が触れる面に体にこもった熱を拡散する効果のある接触冷感素材のエクストラアイス(R)を使用しています。

裏地には、通気性に優れたメッシュ生地を使用しており、パッドシーツは熱がこもりがちなお布団の上に敷くことで涼しく快適に眠ることができます。

また、パッドシーツの4つ隅にはゴムが付いているので、お布団に取り付けやすく、ずれにくいです。

ピローパッドにもズレ防止のゴムが付いています。

ピローパッドは、暑い夜に頭に熱がこもって不快な際に使用することで、快適にクールダウンすることができます。

カラーは、爽やかなブルーで、見た目にも清涼感があり人気です。

また、パッドシーツとピローパッドをセットで使うことで統一感が生まれ、すっきりとした印象になります。

さらに、どちらも自宅の洗濯機で丸洗いすることができるので、寝汗をかいても毎日洗濯し、清潔に使用することができる点でもおすすめです。

お布団に熱がこもって暑い夜には体に負担の少ない対策を!

これまで、お布団に熱がこもって暑い夜の対策についてお伝えしてきましたが、参考になりましたか。

エアコンの冷房機能をずっと使っていると、体調が悪くなってしまう方にぜひ試してほしい対策です。

しかし、近年は命に関わるほと暑い夜もあるので、エアコンと上手に組み合わせながら対策を行い快適な状態で睡眠をとりましょう。