布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お布団の収納アイテムをご紹介!ソファとして使うことも!

2018.11.2

季節が変わったり、来客が自宅に泊まったあとに大変な作業が「お布団の収納」です。

当分使わないからといって雑に収納してしまうと、いざ使うという時に他のものに埋もれて取り出せない…なんてことが起きてしまいますよね。

そんなときにオススメの、お布団の出し入れに役に立つ収納アイテムをここでご紹介していきます。

なかには、お布団をソファとして使うことができるものもありますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

いい夢みよう!お布団の購入時期やタイミングはいつがいい?

毎日、使っているお布団がいつ購入したものか覚えている人は、あまりいないのではないでしょうか。 ...

無垢材の床をおすすめする理由!塗装の種類って??

無垢材は、合板や集成材ではなく、使用する形状で丸太から切り出した木材です。 割れやひびなどが入...

お布団に虫を寄せ付けない!ダニ・ノミの対策法を解説

アレルギーの方にとって、ダニやノミは健康に大きな影響を及ぼす厄介な虫です。 ダニは、食べか...

お布団の裏側に生えたカビを取る方法って?カビの予防法は?

いつもきちんと掃除しているつもりでも、湿気の多い季節になると「お布団にカビが生えていた」という経験を...

敷くだけの布団除湿シートが話題!通販で人気の商品をご紹介

湿気の多い冬の時期に活躍するのが布団除湿シートです。 お布団の下に敷くだけで、嫌な湿気を解...

お布団を干して快適に!庭で干す時の注意点やおすすめ商品

天日でお布団を干すのがいいとわかってはいるものの、重いお布団を2階のベランダまで運ぶのは面倒です。 ...

ファブリーズを使用する際に気を付けたいお布団の湿気

人は誰でも、寝る時に必ず使うのがお布団ですよね。 毎日使うものだけど、毎日お洗濯やクリーニングは難...

お布団のクリーニング頻度はこうやって決めよう!

お布団を買ってしばらくして気になってくるのが、汚れです。 しかし、お布団のクリーニングは、...

お布団にカビが生えた!体への影響が心配なら除湿を徹底!

気をつけているつもりでも、ふと気がつくとお布団に黒いカビが生えていた、なんてことはありませんか? ...

アクリル素材の特徴を知ろう!季節の変わり目に選ぶお布団は?

様々な素材の毛布がありますが、量販品に関しては安価な合成繊維の毛布が増えてきています。 そのう...

布団乾燥機のおすすめ6選!2017年の人気商品総ざらい!

お布団の湿気は、カビやダニを繁殖させる原因になるので、早めの対処が必要です。 そんまお布団の湿...

カーペット下のフローリングにカビが!!除去方法は?

カーペット下を掃除しようとしたらカビが! フローリングにカビが生えてしまったとき、慌てて対処しよう...

布団圧縮袋や収納ケースを使ってお布団収納を簡単、綺麗に!

使わないお布団をしまいたくても、かさばって収納が大変ですよね。 しかし、押し入れやクローゼット...

お布団を処分するときどうする?縛り方や捨て方を紹介

「思い切って新しいお布団に買い替えてみたいけれど、縛り方や捨てが分からない」という方は、多いので...

大切なお布団を収納できるコンパクトなグッズ6選!

お布団を限られたスペースにどう収納したら良いか、悩んだ経験がある方も多いかと思います。 ま...

スポンサーリンク

お布団の収納って大変!

世の主婦の皆さんを悩ます家事の一つに、お布団の収納が挙がるのではないでしょうか。

普段お布団で寝ている方でしたら、「楽に収納できないかなあ」と思うことも多いでしょう。

ベッドで寝ている方でも、来客用のお布団が押し入れに入っていることがあると思いますが、普段使わないのであまり考えずに収納すると、いざ使うときに「取り出せない!」なんてことになる方もいるかと思います。

もしくは、取り出そうとしたら他のものと一緒に押し入れから崩れ落ちてしまうこともあり得るでしょう。

また、お布団は敷布団・掛け布団・タオルケット・シーツなど、季節によって使う寝具もあれば使わないものもありますよね。

特に夏であれば、使わない毛布や掛け布団などを収納することになりますので、限られた収納スペースの中でいかにコンパクトに収納できるかもポイントになってくるでしょう。

お布団一つでも、収納方法やスペースなどに悩んでしまいますから、本当に大変ですよね。

そこで、この記事ではお布団を楽に取り出しやすくするための収納アイテムや、ソファなどに早変わりするアイテムなどをご紹介していきます。

お布団の出し入れに便利!役立つ収納アイテムをご紹介!

はじめにご紹介するお布団の収納アイテムは、個室収納できるお布団用収納ケースです。

よくお布団用の収納ケースと聞くと、掃除機を使って行う「圧縮パック」を想像しますよね。

圧縮することでかさばらなくなるので、コンパクトに収納できることがメリットです。

ただし、重ねて収納していくとパック同士で滑ってしまったり、バランスが悪くなったりして、崩れやすくなるのがデメリットとなるでしょう。

また、1番上に置かれたお布団以外を取り出したい場合は、取り出しにくいこともマイナスポイントとなりますね。

そんな悩みの解消に期待できるのが、個室収納ケースなのです。

角がしっかりとしているため重ねてもバランスが安定しますし、取っ手が付いているので片手で取り出すこともできます。

もちろん1番上以外のお布団も、上に置かれたお布団を崩さずに取り出せるのでとても便利です。

ソファやベッドに収納スペースがあれば、季節もののお布団もこのケースにしまって収納することもできますよ。

毎日お布団で寝る方もケースに収納する手間はありますが、出し入れしやすいので重宝すること間違いなしです。

ぜひ、一度使ってみてください。

今はお布団も使う収納に!

先ほどご紹介した個室収納ケースや圧縮パックは、どちらもクローゼットもしくは押し入れに収納することを前提としたものですよね。

一般的にお布団を収納するとなれば、多くの方が押し入れなどにしまうでしょう。

しかし、今はお布団も「使う収納」として活躍する時代となっています。

特に、一人暮らしをする方にとって、収納は重要なポイントです。

1人暮らしのお部屋には、ベッド(お布団)、テレビ、テーブルがあり、人によってはソファを置いている方もいるでしょう。

クローゼットが備えられていないお部屋の場合は、収納ケースなども用意してあるかと思います。

もともとクローゼットが備わっていても、ワンルームとなれば収納にはかなり限度がありますね。

お布団をコンパクトにすることができても、収納場所が確保できなければ意味がありません。

そこで開発されたのが、見せるを超えて「使う収納」が可能なお布団用の収納ケースなのです。

一体どのようなものなのかは、次の項でご紹介していきます。

見せる収納①ソファのお供!クッションに

今は収納ケースによっては、お布団も使う収納として使うことが可能となるのです。

まず1つめにご紹介するのは、お布団をソファやベッドのお供にもなるクッションとして使う収納ケースです。

毛布などのような、寒い時期にしか使用されないお布団に最適といえます。

また、来客用のタオルケットなどを収納しても良いですね。

ケースに合うようにお布団を収納し、ファスナーなどで密封すれば、クッションのような見た目の収納ケースとなるのです。

もちろん見た目だけでなく、実際にクッションとして使うこともできるので、お部屋でくつろぐ際に活躍できそうですね。

なかには、防虫剤を入れるポケットが付いたケースもあるので、安心して収納できます。

取っ手が付いているものもあるため、持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです。

まずは、お布団を押し入れや倉庫にしまう前に、クッションとして使ってみてはいかがでしょうか。

見せる収納②ソファとしても使える!?

実は、クッションだけではなく、ソファとしてもお布団は使うことができるのです。

それは、「WORTHY WORK PLUS:ソファになる布団ケース」というアイテムです。

スクエアタイプとラウンドタイプがあり、ソファの座面がスクエアタイプ、背もたれ部分がラウンドタイプを使用します。

スクエアタイプには敷布団も収納することができるので、ソファとして使う場合かなりの安定感が期待できますよ。

それぞれにお布団を収納して重ねれば、ローソファに早変わりです。

特に一人暮らしの方ですと、「ソファを置きたいけど、場所がない」と悩むこともありますよね。

そのようなときにこのケースを使えば、収納しながらソファとして使用できるのでオススメです。

お布団でなくても、本や雑誌、シワになっても平気な衣服などを収納することもできます。

ソファとしても使う場合は、おしりが痛くならないように、本や雑誌の上にタオルケットやブランケットを入れておくと良いでしょう。

押し入れやクローゼットに詰め込む収納は卒業し、家具としても使える収納をお布団からはじめてみてください。

寝具は寝具に!収納付きソファベッドをご紹介

最後にご紹介するお布団の収納ケースは、収納付きのソファベッドです。

ソファベッドは名前のとおり、ソファとしてもベッドとしても使えます。

また、ソファがマットレスのような役割にもなるので、敷布団が不要というメリットもありますね。

季節ものの掛け布団だけを、オフシーズンにソファベッドの収納スペースに入れておけばOKです。

このように、寝具は寝具に収納すれば、どこに収納したか分からなくなる心配もありません。

「収納付きのソファベッドなんてあるの?」と疑問に思うかもしれませんが、ニトリでも取り扱いはありますし、フランスベッドなどの日本製のものもたくさんあります。

特に一人暮らしの方には、寝具兼収納スペースとなり、そしてソファとしても使えるのでとてもオススメです。

もちろん、先ほどご紹介したアイテムと合わせて使うのも良いでしょう。

収納しながらも、家具などに使える工夫をしてみてはいかがでしょうか。

お布団の収納を有効活用しよう!

お布団の収納は、押し入れなどにしまうだけでなく取り出しやすくすることも重要になるので、大変な作業といえますよね。

そして、最近では押し入れなどにしまうのではなく、クッションやソファとして使う収納も増えつつあります。

いちいちしまう手間も省けて収納場所も取らないので、とても役に立ちます。

収納スペースは一軒家でもワンルームでも限りがあることは同じですから、ソファなどに有効活用できる収納を取り入れてみるのも良いかもしれませんね。

 - お布団