布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

睡眠ダイエットは本やネットで話題沸騰中!その真相に迫る!

2018.10.11

近年では、睡眠ダイエットというダイエット方法が本やインターネットを通じて広がりつつあります。

名前が睡眠ダイエットというだけあって「睡眠」の効果に特化したユニークなダイエット方法です。

そこで当記事では、睡眠ダイエットの効果的なやり方について詳しく記載してみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

鼻呼吸に変えるだけで睡眠・美容・健康の効果が得られる?!

あなたはいつも、口呼吸をしていますか? それとも鼻呼吸をしていますか? このように聞...

ウィッシュで車中泊!ブログで発見したアイディアを紹介

「アウトドアが趣味」という方で、ブログやインスタに情報を書いている方は多く、調べていると参考になりま...

睡眠時間は関係ない!?良い睡眠を得るためにするべきこと!

睡眠に関しては、まだまだ知られていないことが多いとされています。 睡眠の時間に関しては、何時間...

寝る前に聴く音楽は癒やし効果がある?波の音は良いの!?

最近眠りが浅くてスッキリしない、なんて方も多いと思います。 夢も良く見るのになぜか眠りが浅いと...

睡眠を正しく取る!短時間でも深い眠りを手に入れる方法!

私たちは毎日、様々なストレスと闘いながら過ごしています。 そのストレスをリセットしてくれるのが...

睡眠が短時間でも熟睡効果がある!?その方法とは?

お仕事やご家庭の都合などで、「短時間しか寝ることが出来ない」という人も多いのではないでしょうか。...

ホテルのベッドで熟睡できる?色んな種類の安眠法で快眠を!

出張や旅行でホテルを利用される方も多いと思いますが、皆さん、熟睡できていますか? 「ホテル...

朝起きると二重から一重になってる!原因はまぶたのむくみ?

二重なのに、朝起きると一重になっているなんて事ありませんか? 目元で顔の印象がだいぶ変わり、気分も...

40wと60wの電球の明るさは、60Wが明るいとは限らない!?

40Wと60Wの電球。 どちらが明るいと思いますか? 一見、60Wの電球のほうが明るいと思わ...

睡眠の質を向上させる音楽がある?!その効果とは?

みなさんは、質の良い睡眠を毎日とっていますか? おそらく、質の良し悪しを考えて眠りについている...

ホットミルクは、睡眠に効果アリ!適量を飲もう

「眠れないときは、ホットミルクを飲むと良い」というお話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょう...

睡眠が浅く、夜も目が覚めて起きるのが辛い方へのアドバイス

今の世の中では、年齢に関係なく睡眠が思うようにとれなくなるという方も増えてきています。 睡眠をしっ...

天井の照明を移動するには?照明を選ぶのに注意するポイント

天井の照明は一度決めてしまったらなかなか移動が難しいものです。 しかし、部屋の模様替えなどしたとき...

瞑想が質の良い睡眠に効果的って本当?その理由と方法とは?

皆さん、瞑想と聞いて、どんなことを連想しますか? 「宗教的なイメージがあって怪しそう!」、...

ベッドが窓際で寒い!!寒くて眠れないときの対処法

窓際の冷気ってすごく寒いですよね?? ベッドを窓際に置いて寝ている人はあまりの寒さに目が覚めること...

スポンサーリンク

睡眠ダイエット本も多数!人気の理由はホルモンにあり!①

近年なにかと話題をさらっているのが「睡眠ダイエット」というダイエット方法です。

今や多数の本が出版されており、インターネットでも多く取り上げられています。

ですから、睡眠ダイエットという言葉を一度は聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

そんな睡眠ダイエットですが、そのダイエット効果にはいくつかのホルモンが影響を与えています。

それらには嬉しい効果が期待でき、分泌量を増やすには睡眠ダイエットが有効です。

●成長ホルモンの効果

ダイエットに欠かせないのが代謝を上げて蓄積された体内の脂肪を燃やすことですよね。

それを叶えてくれるのが成長ホルモンです。

体内の糖質をどんどん使ってくれたり、筋肉量を高めたりしてくれるのを手助けする働きがあるので、ダイエットに有効なのですね。

また、成長ホルモンは他の役目も果たしてくれます。

それは、きれいで潤いに満ちた肌質へと導いてくれるということです。

皮膚の健康状態を良くしてくれるので、結果的にこちらの効果が得やすいと考えられています。

睡眠ダイエット本も多数!人気の理由はホルモンにあり!②

前項で挙げた成長ホルモンは比較的有名なホルモンのひとつですよね。

他にも、睡眠ダイエット本やインターネットでは以下のホルモンについてもよく紹介されています。

あまり馴染みがないものが多いでしょうが、ダイエット効果が満載なホルモンです。

●レプチンの効果

ダイエットの大敵といえばカロリーの過剰摂取です。

特に現代は美味しくて高カロリーな食べ物・飲み物が充実しています。

そこで、レプチンの助けを借りましょう。

レプチンはカロリーの過剰摂取の予防に役立つホルモンです。

レプチンが分泌され始める時間の目安は、食事開始して20分ほど時間がたってからだといわれています。

そのため、レプチンの働きを生かしてダイエット効果を高めるには、ある程度時間をかけてよく噛み砕いて食事をとるということが大事ですね。

●メラトニンの効果

こちらは入眠時に必要なホルモンです。

こちらのダイエット効果は、代謝を高めてくれることです。

その結果痩せやすくなりますので、ダイエット効果を持ち合わせているホルモンとしては名高いのではないでしょうか。

睡眠ダイエットのやり方

さて、睡眠ダイエットを行うとダイエットに有効なホルモンの働きが活性化することがわかりました。

では、実際の睡眠ダイエットのやり方はどういった感じなのでしょうか?

こちらの項では、本やインターネットでよく紹介されているやり方をご説明していきます。

睡眠ダイエットで一番に重視すべきことは「毎日7~8時間ほどの睡眠時間を確保する」ということです。

睡眠時間は短すぎても、逆に長すぎても良くありません。

長い分にはより痩せやすくなるのではないかと勘違いしがちですが、逆効果になってしまう可能性があることが判明しています。

あまりにも長時間の睡眠時間を設けてしまうと、太りやすく痩せにくい体質に変わってしまう人の例も存在しているようなのです。

そして、眠っている時間帯にも気を配ることが睡眠ダイエット成功への秘訣です。

「22~深夜2時」の時間帯には眠りについている状態が理想的です。

ゴールデンタイムと呼ばれることもしばしばあります。

理由は、成長ホルモンの分泌が促進されやすい時間帯だといわれているからです。

ホルモンの分泌を促すことでダイエット効果アップ!

睡眠ダイエットの具体的なやり方はお分かりいただけたでしょうか。

とてもシンプルで始めやすいダイエットですよね。

睡眠ダイエットはこのように気軽に行えるからこそ本やインターネットでもよく特集されるほどの人気を誇っているのです。

せっかくダイエットを行うとなれば、成功させたいと思うのが本音でしょう。

ここで注目したいのが上記で挙げたホルモンの分泌についてです。

それらのホルモンが効率的に分泌されればよりダイエット効果が高まるということにつながりますよね。

では、あくまで一例ですが、睡眠ダイエットの効果をアップさせるコツを以下にご紹介していきます。

●起床したら日の光を浴びる習慣を!

スムーズな入眠へと導いてくれるのがメラトニンでしたね。

メラトニンと関係性が深いのが日光の光で、朝の時間帯に光を浴びていれば夜寝る前の時間にきちんとした量のメラトニンの分泌が開始されます。

寝つきを良くするためには、起床後に日の光を浴びることを意識的に行いましょう。

●積極的にタンパク質を献立に盛り込もう

こちらは睡眠ダイエットで大切な役目を果たしている成長ホルモンの分泌と関係していることです。

理由は、タンパク質を材料としているのが成長ホルモンなので、成長ホルモンの分泌を促すことにつながるからです。

質の高い睡眠をとることがダイエット成功への近道

いざ、睡眠ダイエットを行うとなったら睡眠時間の確保だけをしていれば痩せられるというわけではありません。

やはり、睡眠の量だけではなくて質も大切になってきます。

では、睡眠の質を高めるためにはどういった方法があるのでしょうか。

●入眠直前に携帯やパソコンを使わない

やはり問題となるのがブルーライトですよね。

強い光は脳に刺激を与えてしまうことにつながります。

その結果、眠りたくてもなかなか寝付けないなんてことも起こりかねません。

極力携帯やパソコンは寝る直前に使わないように意識してみましょう。

携帯やパソコンの代わりとして本を読んでみるのがおすすめです。

●電気は消そう

明るい光も脳や体に刺激を与えてしまいます。

寝つきが悪くなってしまうのも当然の結果だといえますよね。

●軽い運動は睡眠の質も左右する

ゆったりとしたペースで体に負担がかからない運動を行うのも良いです。

おすすめはストレッチやヨガを入眠前に行うことです。

軽い運動でリラックス効果が得られると自然な眠気を生み出しやすくなります。

ご紹介したこれらの方法は比較的簡単に生活に取り入れられることではないでしょうか。

少し注意するだけで睡眠の質が高くなるはずです。

スムーズな入眠には本を読むことがおすすめ

質の高い睡眠をしっかりととれることがダイエット面に限らず健康面においても理想的です。

先ほども少しお話ししましたが、入眠前に携帯やパソコンを使ってしまう方におすすめしたいのがその代わりに本を読むという方法です。

自然な眠気を招くことができれば睡眠ダイエットにも役立ちますよね。

では、どうして本を読んでいると眠気が生じやすいのでしょうか?

そのわけを解明していきます。

●読書はリラックス効果があるため

みなさんは読書中は文字を追うのに集中していますよね。

ですから、頭をフル活用しているときは、身体の力は逆に抜けている場合が多いです。

身体はリラックス状態にあり、かつ本人が文字を読むことになれていない場合だと特に眠気が生まれやすくなります。

●情報処理が上手くできない場合は眠くなりやすい

文字だけで情報処理を行うのが読書ですよね。

知らない単語が出てきたり、難解だと感じる文章も当然出てくることがあります。

そういった場合には、頭の中の情報処理が追い付かずに思考が止まり、眠気が生じる可能性が高まります。

睡眠ダイエットで健康的で痩せやすい身体をゲット!

当記事では本やインターネットで話題の睡眠ダイエットの詳細についてまとめてみました。

そんな睡眠ダイエットに深い影響を与えていたのがいくつかのホルモンでしたね。

睡眠の量や時間帯だけを気にするのではなく、上記でご紹介したよりダイエット効果を高めるためのコツも交えながら睡眠ダイエットを行うのが理想的です。

毎日質の高い睡眠をしっかりととることは、ダイエットにも有効ですが健康状態もさらに良くしてくれるのが嬉しいですよね。

 - 睡眠, 睡眠の質