布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

天日干しだけで大丈夫?ベビー布団とマットレスの洗い方

2018.10.2

スヤスヤと気持ちよさそうに眠る赤ちゃん。

実は大人の2倍もの寝汗をかいています。

おしっこやウンチのオムツ漏れやよだれ、ミルクの吐き戻しなど気になる汚れもいっぱい!

ベビー布団やマットレスは天日干しだけで大丈夫なのでしょうか?

「赤ちゃんが毎日使うものだから、いつも清潔にしておきたい」

このようなママのために、ベビー布団やマットレスの洗い方を教えます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

通販で人気のお布団2組セット6選!来客用におすすめ

2組セットで販売しているお布団は、来客用に最適です。 来客用布団を一式用意していると、急に...

お布団をふかふかに保つ5つの方法!気持ち良い睡眠のために

ふわふわのお布団は、一日の疲れを癒してくれる素敵なものですよね。 出来るだけ気持ちの良い睡...

お布団の選び方を詳しく解説!おすすめは羽毛や羊毛

皆さんは、お布団をどんな基準で選び、購入していますか。 今、売り出されているお布団は、安価...

布団乾燥機って毎日使うと電気代はどれくらい?節約法って?

寒い時期に使う布団乾燥機って、足が温かくて本当に幸せな気分になりますよね。 布団乾燥機は、お布...

お布団を収納する時のポイントは?押入れのアイデア収納術!

みなさんは、お布団をどこに収納していますか? 押入れやクローゼット、お部屋の隅など、住宅事情に...

布団圧縮袋や収納ケースを使ってお布団収納を簡単、綺麗に!

使わないお布団をしまいたくても、かさばって収納が大変ですよね。 しかし、押し入れやクローゼット...

お昼寝用お布団の人気のポイントは?大人と子供で違う?

お昼寝は大切な健康管理の一つと言われていますが、大人と子供によって、その重要性は微妙に違ってきます。...

敷布団にかけた敷きパッドがずれる!防ぐ方法をご紹介

敷布団の上に敷きパッドを敷いていてると、朝起きる頃には「寝返りのせいでずれてしまっている」という...

ベビー布団や衣類に行う、水通しは必要なの?水通しの方法

赤ちゃんが生まれる前に行う水通しですが、水通しを行うことで、どういった効果があるのでしょうか。 ...

お布団で寝ると身体が痛い!痛くなる原因と対策方法

皆さんはお布団で寝た時に、朝起きたら身体が痛いと感じた事があるのではないでしょうか。 お布団で...

風邪やウイルスの予防にはお布団も除菌するべき?方法は?

冬は、空気が乾燥しやすく風邪やインフルエンザなどにかかりやすい時期です。 予防のために除菌...

畳にカビが?緑の粉はカビだった?!カビを除去するポイント

新しい畳から緑の粉が!!まだ新しいのにもうカビが生えてる? これってカビなのか、別の何かなのか...

羊毛布団は家の洗濯機で洗っても大丈夫?脱水や乾燥方法は?

羽毛布団は、夏でも冬でも使える優秀なお布団ですが、1年を通して使用する事ができる分、季節の変わり目な...

こたつが壊れた!修理代を浮かすために自分で修理は可能?

寒い日にこたつが壊れたら買い替えた方がいいのでしょうか? 最近はこたつも安く手に入るので、修理...

フローリングの部屋でお布団を敷いて寝る!ダニは大丈夫?

最近ではフローリングの部屋が増えています。 フローリングを寝室として使っている人も多いのではな...

スポンサーリンク

目に見える汚れだけじゃない!ベビー布団やマットレスに潜むカビやダニ

ベビー布団やマットレスは、お漏らしやゆるゆるウンチはもちろん、よだれやミルクの吐き戻しなど、大人のお布団より目立つ汚れがたくさんあります。

さらに、目に見える汚れだけではありません。

体の調整機能が未発達な赤ちゃんは、大人の2倍の寝汗をかくと言われています。

この汗に含まれる、塩分、脂肪、尿素、タンパク質がお布団に湿気を呼び、カビを発生させます。

また、毛髪やフケ、皮脂や垢、大腸菌をはじめとする雑菌や、ほこり、ゴミ、花粉などは全て繊維にしっかり絡みつきます。

ベビー布団やマットレスはダニの最も喜ぶ環境そのものなのです。

赤ちゃんがスヤスヤと眠っているベビー布団やマットレスが、カビ菌やダニでいっぱいと知ってゾッとしませんでしたか?

赤ちゃんが毎日使うお布団に布製除菌消臭スプレーをシュッとして、天日に干しているだけで本当にいいのでしょうか。

正しい洗い方を知り、ベビー布団やマットレスを清潔で安全な状態に保ってあげましょう。

ベビー布団の掛け布団はどうやって洗うの?

ベビー布団やマットレスを洗う前に、まずはお布団についている洗濯表示を確認します。

ベビー布団の掛け布団に多いのはポリエステル素材のもので、リーズナブルで扱いやすいのが特徴です。

手洗いマークのついているものは、おうちの浴槽で「足踏み洗い」をします。

40度程度のお湯に洗濯洗剤を溶かし、浴槽の中で、畳んだ掛け布団の両面をフミフミして下さい。

綺麗な水に取り替え、2~3回、真水で踏み洗いをすればすすぎ完了です。

その後、浴槽のふちにお布団をかけて1時間ほど放置して水を抜き、天日に干します。

コインランドリーで乾燥させる方法でも構いませんが、十分に乾燥させることが重要になります。

ポリエステルの素材で洗濯機マークがついているものの他に、クオロフィル、コンフォレル素材のお布団は、繊維に特殊コーティングが施されているので、洗濯機の「布団コース」で洗えます。

洗剤を先に溶かしておくのがポイントですよ。

縦二つ折りにし、端から丸めて円柱状にしてから布団用洗濯ネットに入れると、扱いやすくなります。

また、羽毛素材のお布団にもウォッシャブルタイプのものがあり、洗濯機でも洗えます。

こちらも同じ「布団コース」ですが、30度以下の水で中性洗剤を使って下さい。

その後は洗濯機で軽く脱水するか、手絞りで水を切り、天日に干します。

特に羽毛素材は乾きにくく、生乾きは悪臭の原因になるため、2日にわたって干すことをオススメします。

素材によって洗い方は様々ですが、綺麗に洗濯した後のベビー布団は、ふんわりと優しく赤ちゃんを包み込んでくれるでしょう。

ベビー布団の敷布団はどうやって洗うの?

ベビー布団の中でも、敷布団は基本的に洗いにくいものです。

これはマットレスにも言えることですが、ある程度の硬さと厚みがあるのが理由のひとつです。

キルティング加工されていないものなどは、中の素材が動くため型崩れしやすくなります。

まずは素材を確認し、洗濯表示を見て洗い方をチェックしましょう。

敷布団の素材はポリエステルや綿などが主流で、手洗いマークのものが多く、やはり浴槽での「足踏み洗い」になります。

洗濯機で洗える特殊素材のものでも、形崩れしやすいので、布団用洗濯ネットに入れるか、紐でぐるぐる巻きに固定してから洗います。

特殊素材以外は洗濯洗剤で構いませんが、生成りや淡色のお布団は白っぽく変色するため、無蛍光洗剤を使った方がいいようです。

また、洗えない素材の気になる汚れを落としたい場合は、その部分だけをふき取るようにします。

赤ちゃんのおしっこ汚れには、40度程度のぬるま湯をスプレーして汚れを浮かせ、タオルなどで水気を吸い取る方法が有効的です。

洗いにくい敷布団には、キルトパットや防水シーツを使って、赤ちゃんのおしっこや乳吐きでの汚れに上手に対応しましょう。

上手なマットレスの洗い方は?

ベビー布団の敷布団よりもさらに、その洗い方で悩まされるのがマットレスです。

マットレスによく使われているウレタン素材は、ほとんどが洗えません。

おうちでは、中性洗剤を30度程度のぬるま湯で約20倍に薄め、かたく絞ったタオルをポンポンとあてながらシミを拭き取ります。

臭いが気になるときは、酸素系漂白剤を少し入れて拭き掃除してから、さらに30分後に清め拭きをし、最後に市販の除菌消臭スプレーを使って対処します。

同様に高反発タイプのマットレスは、素材が高反発ポリウレタンで、洗いにくいものがほとんどです。

しかし最近は、シャワーで水洗いできるものもあるので、洗濯表示をしっかりチェックしましょう。

ポリエステル、綿素材のマットレスならクリーニング可のものが多く、少し手間はかかりますが、おうちの浴槽で「足踏み洗い」ができます。

最も扱いやすいのは、キルティング加工されたポリエステル素材のマットレスです。

これだと、おうちの洗濯機やコインランドリーでも洗えます。

赤ちゃんが毎日使うマットレスにも、なるべくキルトパットや防水シーツを併用すると、ママも安心ですね。

上手なカバーリングの洗い方は?

寝汗をたっぷりかく赤ちゃんのお布団は、頻繁に洗いたいものですが、洗い方が手間なうえ、お天気にも左右されます。

洗えない素材のベビー布団やマットレスなどは、基本的に水拭きや天日干ししかできないため、カバーやキルトパットをかけておくと便利です。

また、赤ちゃんのおしっこ対策として、撥水タイプの防水シートもあります。

これらは気になったときに、洗濯機でいつでも洗えるのが利点ですね。

カバーはファスナーを閉じてから、洗濯ネットに入れて洗うと、他の洗濯物と絡みにくくなります。

キルトパットは中綿が綿素材の場合、縦8%、横5%前後縮むといわれているため、しっかりとシワを伸ばして天日干ししましょう。

撥水タイプの防水シーツは、洗濯回数を重ねると少しずつ撥水効果が軽減していくので、注意が必要です。

裏がビニール素材になっている防水シーツは、洗濯機で脱水しても水が少し残るため、タオルで拭き取るといいようです。

ベビー布団、マットレスを汚れから守るカバー類もこまめに洗濯して、赤ちゃんに素敵な睡眠環境を作ってあげましょう。

洗い方が難しいマットレスは専門業者へお任せ!

できる限りコストをかけず、おうちの洗濯機や手洗いでベビー布団やマットレスを洗いたいものです。

しかし、どうしても洗えない素材のものや、おしっこなどがシミになってしまったものは、専門のクリーニング業者にお願いするのもひとつの手です。

クリーニング業界ではマットレスは洗い方が難しく、請け負ってくれる業者が少ないようですが、全国クリーニング協会の品質基準に認定された一部の業者では可能です。

特殊な布団洗浄機で中綿まで丸洗いができ、タンブラー乾燥機で新品のようにフワフワに仕上がります。

さらに、消臭抗菌剤を配合した専用洗剤を使うことで、なんとダニの除去率が99%になるそうです。

プロのクリーニング店も利用するほどの高い除菌効果は、子育て中のママには何よりも信頼できるものですね。

ママも赤ちゃんも安心!上手にベビー寝具を洗おう

毎日赤ちゃんが使うベビー布団やマットレスには、見えない汚れ、カビやダニがいっぱいです。

こまめに天日干しするのもいいですが、定期的に洗うことをオススメします。

素材によって洗い方が違うため、洗濯表示をよく確認してお洗濯してください。

少しの手間が赤ちゃんの健康と、心地よい睡眠を守ります。

これでママもひと安心ですね!

 - お布団