布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ベッドと机が一体型!子供の自立心と意欲を育てるアイテム!

2018.10.2

「そろそろ子供にベッドや机が必要かな?」と、考えることはありますか。

それはどんなタイミングでしょうか。

進級だったり、入学だったり、お誕生日だったり、お友達の影響だったり、きっといろいろなきっかけがありますね。

どんなきっかけにしろ、それは子供の成長過程で大きな一歩を踏み出すときです。

今回は、活用的で、なおかつ、子供心をくすぐるような、ベッドと机が一体型になった商品をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

マットレスでおすすめできるポケットコイル!その人気の理由

マットレスには、いくつか種類があります。 その中にポケットコイルという種類のマットレスがあり、...

低反発マットレスで寝ると腰が痛い!その原因は何なの?

快眠という視点から、低反発のマットレスを使用している方は多いかと思います。 しかし、「低反...

寝具のおすすめブランド6選!アイテム別に紹介

新しい寝具を揃える際に、ネット通販などを見ていると「選択肢が多すぎてどのブランドの寝具を選んだら...

寝具のカバーを変えるだけ!いつもの部屋が北欧テイストに!

寝室の模様替えをしたいと思った時、ほとんどの方はベッドの配置を変えたりインテリアの移動を考えがち...

寝室のベッドをメインにしたインテリアコーディネート

寝室は1日の疲れを取る大切な空間です。 そんな疲れを取ることが出来る、ベッドをメインにしたイン...

お布団のカビ防止マットの必要性って?人気防カビマット紹介

人は寝ているときに汗をかくので、「起きたら敷布団が湿っていた」という経験をしたことのある人は多いと思...

ダニ対策には布団クリーナーがおすすめ!安い人気の商品は?

皆さん、お布団のダニって気になりませんか? 夜寝ていると、何だか痒かったり、咳が出たりと、とて...

枕を洗濯機で洗うと浮く?枕の洗濯方法とその注意点は何?

夜眠る時に使う枕、みなさんどうやって洗濯していますか? 毎日使っていると、寝汗や頭から出る皮脂...

ベッドやお布団の色選び!色次第で睡眠の質と運気が変わる?

色は、人の運気や心理に関わるとされています。 赤色は情熱的や活力といったイメージがあり、みどりな...

教えて!ホテルのベッドの足元にあるスツールって何に使う?

高級なホテルに泊まると、ベッドの足元にスツール(背もたれのない椅子)が置かれていることがありますよね...

マットレスの選び方!ボンネルコイルとポケットコイルの違い

マットレスを買おうと思って調べてみると、ボンネルコイルやポケットコイルといった用語が出てくることがあ...

エアコンを設置するとき天井との隙間はどのくらい必要なのか

皆さんはエアコンの設置をなさったことがありますでしょうか? エアコンと天井にはどのくらい隙間を...

人気の寝具セットを紹介!ダブルも選べるセットを厳選

ネット通販で人気の寝具セットは、枕や掛け布団、敷布団が一度で揃うため一人暮らしを開始する方や、来...

エレガントで可愛い!人気の姫系デザイン寝具カバー紹介!

フリルやレースなどの装飾が施されたラブリーでエレガントな姫系デザインの寝具カバーは、寝室をお姫様...

一人暮らしならベッドは折りたたみが活躍!選び方のコツは?

一人暮らしを始める時に、まずは家具を探すところから始める方は多いでしょう。 しかし、一人暮らしで...

スポンサーリンク

ベッドや机を子供に与える最適なタイミングはいつ!?

子供にベッドや机が必要か、またどのタイミングで与えるべきか、悩まれる親御さんは多いことでしょう。

子供がベッドで1人で寝る日がくることは、うれしくもありますが、少し寂しく、親も子も勇気がいることですね。

また、最近では、リビング学習という言葉を耳にするほどで、学習机の必要性にも慎重になります。

しかし、子供にとって最適なタイミングでそれらを与えることは、大きなメリットがあります。

そのタイミングは、入学、進級、お誕生日など、なにかのきっかけで「子供のやる気が出たとき」がベストではないでしょうか。

子供はいつもと違うことに挑戦するときは、とてもワクワクしています。

そんな子供のワクワクする気持ちを大切に、その挑戦をサポートしたいものですね。

そこで、おすすめしたいのが、机とベッドが一体となっている「システムデスクベッド」です。

1人で寝ること、机で勉強をすること、そんな初めての挑戦を楽しめるような「システムデスクベッド」についてご紹介します。

まずは、メリットから知ってみましょう。

ベッドと机は一体型になると優秀!親にも子供にもメリットがある!

「システムデスクベッド」には、親も子もうれしいメリットがたくさんありますのでご紹介します。

〇スペースを有効活用できる

上にベッド、下に机や収納棚がセットできるものがほとんどで、空間をコンパクトに使え、限られたスペースを有効活用できます。

ベッドと机を別々に置くほどのスペースはないという場合や、独立した子供部屋は設けられないといった場合にも良いですね。

〇収納力

小学生になると、ランドセルや教科書、習い事グッズ、洋服、おもちゃなど、いっきに物が増えることでしょう。

空間を無駄なく使えるので、収納スペースをたっぷり確保できます。

〇レイアウトが自由

机や収納棚を、お部屋の間取りに合わせてレイアウトできます。

また、模様替えも簡単にできるので、成長過程に合ったレイアウトが可能です。

〇インテリアの統一感

ベッドと机をバラバラに購入するよりも、インテリアに統一感が出ます。

〇ワクワクする子供空間

「システムデスクベッド」がつくり出す空間は、子供にとっては秘密基地のようです。

子供にとっての初めても、ワクワクした気持ちで挑戦できるでしょう。

ベッドと机が一体型だと何が不便?「システムデスクベッド」のデメリットとは!?

前項では、「システムデスクベッド」のメリットをご紹介しました。

ここでは、デメリットについても、しっかり把握しておきましょう。

〇ベッドへの昇り降りが面倒

「システムデスクベッド」はロフトベッドのようになっているタイプが多くあるため、はしごや階段を使って昇り降りをします。

夜中にトイレに起きたときや、体調の悪いときは、はしごの昇り降りは子供にとって大変で、不便に感じるかもしれません。

〇夏のベッドは暑い

暖かい空気は上へいくので、ロフトベッドのようなタイプだと、夏の時期は暑く感じるでしょう。

扇風機などを使って、風通しを良くする必要があります。

〇圧迫感がある

ベッドと机と収納が一体型になっているものがほとんどなので、縦の空間にボリュームがあり、お部屋が狭く感じるかもしれません。

「システムデスクベッド」を選ぶときのポイントとは!?

「システムデスクベッド」のメリットとデメリットは、お分かりいただけましたでしょうか。

ここでは、親子で安心して使えるように、選び方のポイントを2つご紹介します。

《耐震性》

日本は地震大国と言われているほど、本当に地震が多いですね。

「システムデスクベッド」は高さのあるものなので、購入の際には耐震性の優れたものをおすすめします。

耐震性が弱いと揺れを強く感じ、子供の不安も大きくなってしまいます。

《大きさ・デザイン》

小学校の入学前後に購入する場合は、体が大きくなってもしばらく使えるように、大きめのサイズを選びましょう。

また、子供向けなデザインのものは、高学年くらいになると嫌がるかもしれません。

年齢問わず使えて、飽きもこないようなシンプルなデザインのものをおすすめします。

《高さ》

ベッドの下に机を置いて使う場合は、ベッドの高さがハイタイプのものが良いでしょう。

立ち上がるときに頭がぶつからないような高さを考しましょう。

また、ベッド下は暗くなるので、照明を使うなど、明るさが確保できる工夫をすると良いですね。

シンプルながらも子供心をくすぐるデザイン!長く使えるおすすめ商品!

さて、ここでは、おすすめの商品をご紹介します。

どれも子供の好奇心をくすぐるような「システムデスクベッド」なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【LOWYA:ロフトベッド ワイドデスク・サイドラック一体型 木製】

お値段は、59,990円です。

パッと見た瞬間、子供心をくすぐるデザインが特徴です。

「システムデスクベッド」に多い、はしごを使用したタイプですが、本体と一体型になっているので安定感があり、アスレチック感覚で楽しめる珍しいデザインです。

ベッド下の机は、184.5cmもの広々したワークスペースで、サイドには収納棚も設置されています。

天然木でつくられたシンプルな優しいデザインなので、長い期間使えるでしょう。

【わくわくランド:massa system bed】

お値段は、69,800円です。

この商品の特徴は、階段と収納力です。

階段のステップ高は26~27cmで、子供でも昇り降りしやすい高さになっています。

また、空間は惜しみなく収納スペースになっているので、収納力が抜群です。

カラーは、二色あり、ダークブラウン・ホワイトはモノトーンでスタイリッシュなデザインです。

一方のナチュラル・ホワイトは、温もりを感じる優しい色合いです。

40,000円以下の商品も!ミニサイズの机も使い方がいろいろ!

「システムデスクベッド」のほとんどは、50,000円以上するものですが、中には安く手に入るものがあります。

最後に、40,000円以下で購入できる商品をご紹介します。

【わくわくランド:ハイタイプ ロフトベッド Peep デスク付き】

お値段は、税込みで39,800円です。

ベッド下のフレームが窓のような、かわいいデザインになっています。

机は高さ48cm、幅95.5cmの小さいタイプですが、座椅子などを置いて使用することもできます。

また、ベッドの昇り降りに使うはしごは垂直で、本体に固定できるようになっていてスペースをとりません。

カラーは、オールホワイトとビンテージオーク&ブラックの二色あり、どちらもシンプルで飽きのこないデザインです。

収納棚などは付いていませんが、使い方の自由度が高く、子供の成長に合わせて使える点も良いですね。

子供にとって特別な空間になること間違いなし!

「システムデスクベッド」という自分だけの特別な空間ができたら、子供は必ずと言っていいほど喜びます。

1人で寝ることに挑戦しようとしているときや、勉強をがんばってみようと意欲が出ているとき、きっと子供の気持ちをサポートしてくれるアイテムになるでしょう。

また、お片付けが苦手な子は、「自分で片付けてみよう!」と意欲が沸くかもしれません。

最初は、親子で物の置き場所を決めたり、分かりやすい収納を子供と考えるのも楽しそうですね。

 - ベッド, ベッド・マットレスのおすすめ, 寝具