布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ベッドのマットレスやシーツがズレる!ズレ防止対策をご紹介

2018.8.30

ベッドで寝ている方の悩みの種といえば、マットレスやシーツのズレでしょう。

マットレスのズレを毎度直すのは大変ですし、目覚めたときにはぐちゃぐちゃのシーツを直すのは面倒ですよね。

そこで、マットレスやシーツがズレる原因や、ズレ防止対策についてお話します。

ベットやマットレスを選ぶポイントや、ズレ防止に役立つアイテムも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

寝具の購入を考えている人必見!おしゃれで安い寝具10選!

お布団や枕、ベッドなどの寝具は、私たちの生活から切り離せない大切なアイテムです。 寝心地の良さ...

雨の日は窓を開けて換気したほうがいい!?湿度対策方法は?

雨が降り続いてジメジメしているときって、窓を開けて換気しても大丈夫なのでしょうか? 外のジメジ...

新築の床材をウォールナットに!特徴や日常のお手入れ法は?

新築の床に無垢材を検討されている方は多いかと思います。 安心感や癒しを感じる木の感触が魅力的で...

コンセントの火種がお布団に!?様々な火事の原因と対処法

一日に約130件。 これは、現在日本で起きている一日あたりの火災発生件数です。 いつ何時...

まるで海外のようなベッドルームに!白を基調に小物は暗めに

あなたのベッドルームはどんな感じですか? 海外と言っても沢山ありますが、北欧や欧米のようなモダ...

ベッドに収納出来る?置き場がないお布団の最適な収納場所

皆さんの家には、押し入れがありますか? 押し入れがない場合、お布団の収納場所はどこに設けているでし...

マットレスの上手な選び方!フローリングの上に敷くポイント

現在、フローリングにマットレスを直敷きしている方もいるのではないでしょうか。 しかし、フロ...

【ベッドの豆知識】天蓋付きベッドの意味が分からない方へ

濃厚な女子力がただようアイテム、天蓋。 初めて見て、「何のためにあるのか意味が分からない!...

マットレス選びで腰痛改善!値段が安いとダメ?オススメ商品

「腰が痛くて眠れない」「朝起きた時から腰が痛い」「病院や整体に何度通っても治らない…」 ものす...

直管型・丸型蛍光灯の交換方法をご紹介!寝室の照明の色は?

丸型蛍光灯や直管型蛍光灯を自分で交換できますか? 蛍光灯の外し方や取り付け方を知らない方は、...

快眠グッズで上質な睡眠!用途別おすすめ商品を一挙ご紹介!

毎日の睡眠はしっかりとれていますか。 ぐっすり眠れないと目覚めがすっきりせず、一日の活動にも力...

2大ひんやり寝具!大人気のジェルと接触冷感寝具の選び方!

ひんやり寝具が大人気です。 お店では、ひんやり素材の寝具が一番目を引くところに置いてあり、探す...

リビングダイニングの窓に付けるカーテンの選び方のポイント

家族やお客さんが集まるリビング、ダイニングの窓のカーテン選びも慎重に行いたいものですよね。 何...

寝具セットを激安で入手!安くて人気のある商品はどれだ!?

お布団や枕、カバー類などが同時に購入できる「寝具セット」は、それぞれ個別に選ぶ必要がなく、大変便...

アメリカでのベッドルーム!「ツインルーム」は通用しない?

旅行などでホテルを利用する際に、シングルベッドが2つあるツインルームを予約したいと思う方は多いと...

スポンサーリンク

マットレスの役割

快適な睡眠をとるためには、寝るときの姿勢がポイントになります。

そして、より良い睡眠を得るための姿勢を保つためには、マットレスが欠かせません。

そこではじめに、マットレスの役割についてお話します。

もし寝る姿勢が悪いと、起きたときに身体が痛くなってしまい、快適な睡眠とは程遠くなってしまいます。

身体が痛くならないで良い睡眠をとるためには、立っているときと同じ姿勢を目安にしましょう。

背骨がS字ラインになる姿勢で寝れていれば理想的といえます。

身体をしっかりと支えて姿勢をキープするためには、高反発のマットレスや弾性のあるマットレスがおすすめです。

反発する力があるマットレスであれば身体が沈み込むこともなく、理想的な姿勢をキープしながら身体を休めることができます。

ベッドで寝ているにも関わらず身体が痛いときは、マットレスの弾力性を確かめてみましょう。

一度ベッドを購入するとマットレスの弾力性までは気にかけませんが、弾力性が低下しているマットレスで寝ると姿勢を保てなくなります。

すると、睡眠を十分とっていても疲れがとれなかったり、腰痛を引き起こしてしまう場合もあるのです。

良質な睡眠をとるためにも、マットレスの弾力性を確認してみましょうね。

続いて、マットレスがズレる原因について見ていきましょう。

マットレスのズレ防止対策も併せてご覧ください。

ある程度の重さがあるマットレスはズレ防止になる

毎日身体を休めるためのベッドですが、マットレスがズレやすいといった悩みも尽きません。

マットレスは大きくて重いですから、毎回のベッドメイキングも重労働です。

では、マットレスがズレてしまう原因はどんなことなのでしょうか。

マットレスがずれる原因は一つとは限らず、いくつもの原因が合わさって生じていることもあります。

一つ目の原因は、軽量化されたマットレスです。

ベットメイキングするときには軽いマットレスの方が扱いやすいメリットがありますが、あまり軽すぎてしまうとベッドに座っただけでもズレてしまいます。

座るだけでズレてしまう状況であると、寝返りしたときも当然ながらズレてしまいますよね。

寝返りのたびにズレてしまい、ズレることが気になってくると気持ちよく寝ることができません。

軽いマットレスのメリットもありますが、マットレスのズレ防止を考慮するのであれば、軽すぎないものを選びましょう。

ベッドの素材とマットレスの生地が原因かも?!

マットレスの重さに続いて注目したいのは、マットレスの生地の素材です。

触り心地が良くて選ぶかたも多いのですが、マットレスのズレ防止の観点から見ると生地が滑りやすいということから、結果ズレる原因となります。

パイプベットに肌触りの良いマットレスを置けば、摩擦がないためツルツルと滑ってしまうのです。

しかし、木製のベッドであれば表面に摩擦が生じるため、マットレスが多少ズレにくいこともあります。

このように、どんな素材のベッドに、どんな素材のマットレスを置くのかでも、滑りやすさは違うのです。

また、マットレスがズレやすい原因として、ベッドを置いている位置も関係してきます。

限られたスペースにベッドを置くとき、壁際に寄せているかたが多いと思いますが、実はズレる原因を生み出している可能性があります。

ベッドに座り、壁を背に寄り掛かる習慣があると、壁とは反対方向にズレてきます。

ズレが気になるようでしたら、壁を背にしてベッドに座るのは控えましょう。

ズレ防止アイテムと併用したいベッドガード

ベッドの素材が木製であればマットレスとの摩擦が生じて滑りにくくなるとお話しましたが、マットレスの下にすのこを敷くだけでも、ズレ防止になります。

ツルツルとした表面のベッドは、すのこを敷いてマットレスを敷きましょう。

また、もっと手軽にズレを防止したい場合は、「滑り止めシート」で対策してみてはいかがでしょうか。

マットレスの下に敷くだけの簡単アイテムです。

敷くだけで滑り止めになるので、すぐにズレを防止できますよ。

併せておすすめしたいのが、ベッドガードです。

マットレスのズレ防止になるのはもちろんのこと、転落防止にも効果的です。

介護を要するかたやご高齢のかた、子供が寝るベッドには滑り止めシートと一緒にベッドガードを使用しましょう。

いろいろな種類がありますので、インテリアに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

ベッドのシーツがズレてしまうのはなぜ?

マットレスのズレが気になるように、ベッドのシーツのズレも気になりますよね。

目覚めてシーツがぐちゃぐちゃでも、忙しい朝はベッドメイキングする時間はありません。

とはいえ、仕事から帰ってきて、寝る前にシーツを毎日直すのは大変ですよね。

ここからはシーツがズレる原因と、ズレ防止対策をお伝えします。

ベッドのシーツがズレる原因として、フラットシーツの使用があげられます。

シーツの幅が足りておらず、マットレスの下に入れ込んでいないとズレてしまうのです。

対策としては、シーツの四隅をベッドシーツクリップを使って挟んでみましょう。

シングルベッドをお使いの方や、シーツを頻繁に洗わないかたに向いているズレ防止対策です。

ダブルサイズ以上で毎日のようにシーツを洗うという方は、ズレ防止クリップがおすすめです。

クリップであれば、マットレスを持ち上げなくてもシーツを固定することができます。

ただし、マットレスにクリップを挟める余地があるのかを確認しましょう。

挟める余地がない場合は、あまり役に立ちません。

シーツのサイズと形状次第でズレ防止対策になる

ベッドシーツのズレ防止対策には、シーツ選びがポイントです。

現在お使いのシーツから、新しいシーツに変えるときは、以下のことをおさえてシーツを選んでみてください。

●入れ込む余地のあるサイズを選ぶ

マットレスの横幅と厚みを足し合わせた数字が170cmと仮定します。

このサイズよりも10㎝大きい180cmのシーツをマットレスの下に入れ込もうとすると、5㎝あまりしか挟み込む余地がありません。

これでは、寝返りをしただけでも入れ込んだシーツが出てきてしまいます。

また、洗濯によるシーツの縮みも考慮して選びましょう。

仮にマットレスの横幅と厚みを足した数が170cmだとしたら、プラス20cmの190cmを目安にしてくださいね。

●ズレにくい形状を選ぶ

シーツのズレを直すのが面倒なかたは、ボックスシーツにしてみてはいかがでしょうか。

四隅がしっかり固定される形状になっているので、少しめくれても簡単に直すことができます。

良質な睡眠と目覚めの良い朝を!

毎日の睡眠を快適にするためには、マットレスの弾力性が重要です。

立った姿勢に近い状態で寝れているか、一度確かめてみましょう。

また、ズレやすいマットレスは、ご自身が取り入れやすいズレ防止アイテムで対策してみてください。

寝るときも目覚めたときも、ストレスを感じない生活にしましょう。

 - 寝具全般