布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

寝具で腰痛を和らげる!トゥルースリーパーの実力とは

2018.8.12

質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌を深く関わっていて、美容と健康には欠かせません。

しかし、持病の腰痛でなかなか眠れなかったり、眠っても何度か起きてしまう方もいるようです。

そんな方にご紹介したい寝具がトゥルースリーパーです。

エアウィーブとの違いにも着目してまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

マンション購入の際、玄関や寝室のサイズ確認は念入りに!

マンション購入を購入する際、注意する点はたくさんありますね。 そんな中で見落としがちな玄関と、...

使わない寝具はどうしてる?見せる収納方法の大事なポイント

季節の変わり目などでお布団を交換する際、使わないお布団はどのように保管していますか? 最近では...

シンプルな北欧インテリアの部屋にしてブログに投稿しよう!

シンプルでおしゃれな北欧インテリアのお部屋って憧れますよね。 北欧インテリアなんて、おしゃれ上...

低反発マットレスのお手入れは?干す方法や汚れの落とし方

低反発マットレスはふんわりとした肌ざわりで身体にぴったりと合う構造が最大の魅力ですよね。 寝心...

ベッドマットレスのセミダブルサイズ!おすすめベスト3!

仕事や家事などで忙しい毎日、ベッドに入ってぐっすり眠る時間は幸せなひと時です。 しかし、「...

おしゃれ女子必見!!部屋の寝室に黒を使っておしゃれに!

黒は重厚感のあるインテリアコーディネートをするのに適した色で、黒の割合が多い部屋は、“重苦しい”や“...

ベッドのマットレスにベッドパッドは必要なのか?

ベッドのマットレスに敷く、シーツや敷きパッドの他にベッドパッドがあります。 ベッドパッドと敷き...

ベッドを天井に収納すると圧迫感がないすっきり空間に早変り

何もない部屋はとても広く見えるのに、家具などを置いてインテリアを充実させると、思ったよりも狭くなって...

雨の日は窓を開けて換気したほうがいい!?湿度対策方法は?

雨が降り続いてジメジメしているときって、窓を開けて換気しても大丈夫なのでしょうか? 外のジメジ...

赤ちゃんが転落して後頭部を強打!注意すべき症状は!?

赤ちゃんはいきなり想像も付かないような行動をしたりします。 たとえば、ベビーベッドの柵を乗り越...

日本の冬は湿度が低い?乾燥しているとどんな影響がある?

日本の冬は湿度が低いと言われますが、はたしてそうなのでしょうか? また、乾燥していた場合、人体...

夫婦で使うならベッド?お布団?選ぶ基準で一番大切なのは?

結婚をしてから、相手との生活習慣の違いで悩む方はたくさんいらっしゃるでしょう。 中でも、「眠る...

家具を塗装してみよう!塗装するなら白がおすすめ?塗装方法

長い期間使用していて愛着が湧いて捨てられない、デザインは古いけど便利だからまだ使っていたい、趣味が変...

冷蔵庫などによる床(フローリング)の傷防止の方法って!?

賃貸物件に住まわれている方の中には、冷蔵庫を置くことにより、床(フローリング)に傷がついてしまわない...

日本人には馴染みがないホテルのベッドに掛けてある帯の役割

日本人の寝具と言えば、床に直接敷いて使用する「お布団」です。 最近では、寝具もかなり欧米化...

スポンサーリンク

睡眠は大切!寝具選びは慎重に

睡眠は、人生の1/3を占めるものですから、寝具を選んで睡眠の質を高めるのは、有意義なことです。

実は、寝具が合わないことが腰痛の原因になったり、悪化させてしまうこともあります。

何年も使い続けていてヘタってしまっていたり、清潔にしていないような寝具では、疲れを癒すことはできません。

また、寝ている時には、背骨が自然な曲線を描くことが大切で、柔らかすぎると腰の部分が沈み込んでしまってよくありません。

逆に、硬くても、体重のかかる肩や腰にしびれや痛みが発生する可能性があります。

体圧を程よく分散させて、自然な姿勢を保持することが、質の良い睡眠をとるコツなのです。

体の凹凸や体圧のバランスを考え抜かれて作られたトゥルースリーパーは、腰痛にお悩みの方にとっても、候補として挙げられることが多い寝具です。

トゥルースリーパーの寝具の特長!腰痛にいい?

トゥルースリーパーの人気商品は、いわゆる「低反発寝具」に分類されます。

近年では、高反発にも注目が集まっていますが、トゥルースリーパーの人気は高いままです。

では、なぜトゥルースリーパーの低反発のマットレスが腰痛に良いと言われ、ロングセラーになっているのでしょうか。

同じ低反発寝具でも、とても柔らかくて、底付き感がしてしまう商品もあります。

しかし、トゥルースリーパーの低反発寝具には、適度な硬さが残っています。

その理由は、細かい気泡があるオープンセル構造です。

弾力性と通気性に優れたこの構造により、快適な睡眠を可能にしています。

また、厚みがありフカフカで、「寝てみるとなんとも言えない心地良さを感じる」という感想も聞きます。

体圧分散性に優れていて、一部分の血管が圧迫されることもなく、「腰痛が少し良くなった」という口コミがある程です。

また、横向きに寝ていても自然な姿勢で寝ることができます。

寝返りもしやすく、体に負担がかかりません。

腰痛を楽に!トゥルースリーパーの寝具はなぜ人気?

低反発寝具、トゥルースリーパーの人気の理由には、素材へのこだわりも挙げられます。

「ウルトラ ヴィスコエラスティック」という素材が使われていて、気持ちのいい弾力があり、復元力に優れています。

NASAが宇宙飛行士のために開発したと言われている素材で、上質な眠りに導いてくれます。

体圧だけではなく、体温によっても形の変化が異なる素材のフィット感は、一度試したらやみつきになるかもしれません。

腰痛が楽になるのも、素材のこだわりによるところが大きいと言えるでしょう。

マットレスタイプなら、敷布団やマットレスの上にそのまま敷くだけです。

くるくると丸めておけるので、3つ折りで場所をとるマットレスよりも省スペースで保管できますし、持ち運びも楽ですよね。

サイズはシングル・ダブル・セミダブル・クイーンから選べます。

一方、三つ折り布団タイプは床やベッド、畳など硬いところに敷いて使える厚みのあるタイプで、シングル・セミダブル・ダブルから選ぶことができます。

トゥルースリーパーにはどんな寝具があるの?腰痛持ちにおすすめは

もう少しくわしく、トゥルースリーパーの寝具をご紹介していきます。

○トゥルースリーパー プレミアム

トゥルースリーパーといえばこれ、という定番商品です。

シンプルながらリピーターが多い人気商品です。

○トゥルースリーパー プレミアケアスタンダード

トゥルースリーパーの快適な寝心地に、抗菌素材仕上げを加えたマットレスです。

○トゥルースリーパー プレミアケアプラス

低反発と高反発が重なった構造になっていて、リバーシブルでお好みの使用感を選べます。

通気性や耐久性にもこだわっていて、体圧分散性も非常に高い、腰痛予防の点から考えても注目のマットレスになります。

○トゥルースリーパー エクセレント

低反発ウレタンと、やや高反発なウレタンの2層構造になっています。

「沈み込み過ぎない方がいい」という場合に選ばれてきたマットレスです。

○トゥルースリーパー ネオフィール

こちらは低反発ではなく、「中反発」と分類されていて、高反発のように硬すぎず、沈み込み過ぎることもないマットレスです。

○トゥルースリーパー ウェルフィット

こちらも中反発マットレスで、快眠セラピストとの共同開発で、寝心地にこだわった一品です。

○トゥルースリーパー セロ

トゥルースリーパーが開発した高反発マットレスです。

トゥルースリーパーは枕もすごい

トゥルースリーパーには、マットレスの他にも掛布団や枕、カバーや色パッドなどもあり、「眠り」へのこだわりが詰まったメーカーです。

中には高反発の三日月形の枕もあり、さまざまな寝姿勢に対応しています。

枕は、腰痛とは直接的に関係ありませんが、肩や首などの痛みにお悩みの方には大切な寝具です。

また、トゥルースリーパーの枕は大きくて長く、首だけでなく肩までサポートします。

そのため、つつみこまれるような寝心地で、体への負担が軽くなります。

大きさは、シングルベッドなら、ほぼ両端までカバーするほどで、はじめて見た方は驚かれるかもしれませんね。

横向きでもフィットしますし、高さの調節も可能です。

誰かと一緒に寝る際に、同じ枕で寝ても大丈夫なので、新婚のご夫婦にもおすすめですよ。

トゥルースリーパーの難点

腰痛へのアプローチとして、トゥルースリーパーの寝具をおすすめしてきましたが、デメリットについても触れておきたいと思います。

まず、「洗えない」ということです。

トゥルースリーパー セロなら洗えるということですが、その他の寝具については、自宅で洗濯できない構造になっているようです。

カバーをこまめに交換したりしても、汗は中まで染みこんでいるものです。

キレイ好きな方にとっては大きなデメリットですよね。

天日干しもできず、陰干しだけになるので、ダニ対策には布団用掃除機やダニ避けシートなどを使う必要があります。

○下に敷く敷布団やマットレスの影響を受ける

トゥルースリーパーのマットレスは、寝具の上に敷くものなので、下の寝具がへたっていれば、当然ながらその影響を受けます。

○耐久性に不安がある

トゥルースリーパーなどの、低反発寝具の口コミで見かけるのが、「あまり長持ちしなかった」ということです。

商品の注意書きにも、「使用状況によっては徐々に性能が弱くなる」と書かれています。

はじめのうちは、気持よく眠れても、やはり時間が経つうちにへたってしまうようです。

保証期間が1年だけなのも、短いと感じてしまいます。

トゥルースリーパーは腰痛にお悩みの方におすすめ

トゥルースリーパーには、高反発や中反発マットレスもありますが、やはり目玉は低反発です。

まるで、オーダーメードのようなフィット感があり、腰痛で悩んでいた方が改善した、という口コミも多いです。

値段も、高級マットレスの中では良心的なので、プレゼントにもいいかもしれませんね。

筆者の一番のおすすめは、トゥルースリーパー プレミアケアスタンダードです。

洗えないという弱点があるので、抗菌仕上げは魅力ですね。

 - 寝具全般