布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

インテリアコーデのおしゃれポイント!海外の実例から解説

2018.7.29

海外のインテリアコーディネートでは、おしゃれで真似したくなる実例が豊富です。

とても簡単に取り入れられるポイントも、たくさんあります。

そこで今回は、海外のおしゃれなインテリアコーディネートの実例を参考に、そのポイントを詳しく解説します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

固定電話が必要?電話線の差込口の有無・形を確認しよう

引っ越ししたお部屋に、見慣れた形の電話線の差込口が無い、ということは珍しくないようです。 今は...

アジアンテイストにバリ風をプラスしたインテリアコーデ!

あたたかい南国の雰囲気が感じられるアジアンテイストのインテリアは、日本でも人気です。 その...

床の傷・凹みを防ぎたい!ベッドや冷蔵庫の下に敷くものは?

新築住宅や賃貸へ引っ越す時、重たい家具を置いて床を凹ませたり、傷をつけてしまわないか心配ですよね。 ...

洗面所は既成か造作か?メリットデメリットをご紹介

マイホームを建てるにあたって、既成の洗面所にするか、こだわって造作の洗面台にするのかは大きな選択...

インテリアの主役!リビングに最適なソファ選びのコツとは?

「ソファはリビングでくつろぐ時には欠かせない」という方も多いのではないでしょうか。 ソファ...

ベランダと部屋の気になる段差!解消すれば快適空間になる!

日当たり抜群のベランダスペース。 ただ洗濯物やお布団を干す場所だけにしておくのは、とても勿...

家のゴミ箱、臭いませんか?原因と対策を徹底解説!

家のゴミ箱がとても臭う、家中に広がってしまって困ってしまう。 冬場は平気だけど、夏場はとても臭って...

ワンルームでテレビの音量が気になる!防音テクニックで対策

一人暮らしをしていると隣の部屋の音が気になったり、逆に自分の部屋の音が周りの部屋に漏れているのではな...

憧れのモノトーンインテリアの極意を人気ブログから学ぼう!

季節が変わるとお部屋の模様替えがしたくなりませんか? そこで参考になるのが、インテリアブログで...

知らないと危険!お部屋の湿度が70%を超えるとどうなる?

みなさん、お部屋の湿度が高すぎて困っている、ということはありませんか? 一人暮らしを始めたばか...

2DKのインテリア選び!狭いアパート暮らしの場合どうする?

2DKのアパートは、単身者や若い世代のカップルに人気のある間取りです。 しかしながら、部屋...

木製家具と白い壁で北欧風インテリア!塗装でアレンジも!

インテリアには様々なタイプがありますが、ここ最近安定した人気の北欧風インテリア。 このように北欧風...

トイレの水回りをおしゃれに!インテリアで楽しめる空間に

トイレの水回りってシンプルで使い勝手は良いのですが、シンプル過ぎて少し寂しいと感じることもあるのでは...

知っておきたい、コンクリート用のネジについてのあれこれ!

DIYでインテリア用に棚を作ったり、ちょっとした工作などでネジを利用することは日常生活で良くあること...

素敵なタペストリーの飾り方をマスター!壁に柄のあるくらし

お部屋のインテリアを考えるときに、一番先に頭に浮かぶのは家具の配置や配色、形、またはカーテンの色など...

スポンサーリンク

ベースのインテリアカラーを統一しておしゃれに!

まず最初にご紹介する海外のインテリアコーディネートを参考にしたポイントは、「ベースカラーの統一」です。

お部屋のベースとなる色を統一してから、細かなインテリアコーディネートをすると、海外のおしゃれなお部屋のような洗練された雰囲気に繋がります。

ベースにする色でおすすめなのが、白、グレー、寒色系の3つです。

白は、お部屋を広く開放的に見せる視覚的効果があり、どんな色のインテリアにも合わせやすいのでおすすめです。

続いて、グレーはシックなお部屋を作り上げたいときに有効で、黒や白と合わせることで、モノトーンな印象に仕上げることができます。

モノトーンなインテリアは、海外のインテリアコーディネートでよく使われ、日本でも人気です。

そして寒色系の色は、お部屋に洗練された印象を与え、上品で高級感のある雰囲気を演出できます。

また、ブルー系の色は清涼感があり、海外のインテリアにある西海岸テイストや、マリンテイストなコーディネートに合います。

ベースとなる色は以上のように、比較的落ち着いた色にすると良いでしょう。

ポイントカラーでインテリアコーディネートをおしゃれに!

海外のインテリアコーディネートでは、大胆な色使いが多く見られます。

お部屋をコーディネートする際に、落ち着いてくつろぐことを前提にすると、どうしてもインテリアの色が保守的になってしまうかと思います。

そんなときは、前述したようにベースカラーは落ち着いた色で統一し、ワンポイントとして鮮やかな差し色を取り入れると良いです。

例えば、ベースカラーはグレーにして、大部分を占めるインテリアを黒や白といったモノトーンで統一します。

その中に、赤のソファや椅子を置くことで大胆なアクセントになり、お部屋全体が引き締まった印象になります。

また、モノトーンなコーディネートは非常におしゃれなのですが、ダークな色を取り入れすぎると、少し閉鎖的な印象にもなってしまいます。

そこで、赤という目を惹く色を部分的に取り入れることで、程よく解放感が生まれ、下がりすぎたトーンのバランスも取ることができます。

また、モノトーンなインテリアコーディネートの差し色としておすすめな色は、赤の他にマスタードイエローやオレンジ、エメラルドグリーンなどがあります。

これらの色を取り入れることで、お部屋がよりおしゃれでモダンな印象になります。

不揃いなインテリアで海外風の自然なコーディネート

おしゃれな海外のインテリアコーディネートでは、あえて不揃いな家具を置いていることがあります。

ダイニングテーブルと椅子を置く場合に、テーブルが木製の場合は椅子も合わせて木製のものを選ぶことが多いかと思います。

そのように家具を統一するのもすっきりとした印象になり良いのですが、遊びが少なくなってしまいます。

そこで、肩の力が抜けたおしゃれな感じを演出するために、テーブルと椅子を異素材の組み合わせにしたり、椅子を複数個置く場合にはそれぞれ違うデザインにすると効果的です。

アメリカでは、家族1人1人が自分専用の椅子を持っていることが珍しくなく、このようなインテリアコーディネートが多く見受けられます。

海外の人々が自然と取り入れている計算性のないインテリア選びも、肩の力が抜けたおしゃれなコーディネートのポイントになります。

アートもおしゃれに飾って海外のコーデを取り入れる!

海外のおしゃれなインテリアコーディネートでは、アートの飾り方も大きなポイントになります。

海外には日本と比べて、アートがより身近な存在である国が数多くあります。

お部屋の中に自然にアートが飾られ、仰々しさがなくインテリアの一部として馴染んでいるコーディネートが豊富なので、ご紹介します。

まず、基本的な飾り方としておすすめしたいのが、複数枚のアートをシンメトリーに配置するという方法です。

シンメトリーな配置は人に安定感や安心感といった心理的効果を与えると言われています。

また、「美しい」と感じやすいため、盤石な配置と言えます。

海外のインテリアコーディネートでも、寝室の壁にシンプルなアートが2枚飾られていたり、リビングに小さなアートが6枚ほど規則正しく飾られていたりと、シンメトリーな配置が多く見られます。

次におすすめするアートのおしゃれな飾り方は、シェルフを使った方法です。

壁にシェルフを1段取り付け、その上にフレームやシンプルなデザインの額縁に入れたアートを入れて立て掛けて飾ることで、ワンランク上のおしゃれなお部屋になります。

本やCDをおしゃれにディスプレイして海外テイストに!

海外のインテリアコーディネートの実例では、本やCDなどを見せる収納として、おしゃれにディスプレイしているパターンもあります。

扉のない本棚に、お気に入りのCDやレコードのジャケットを表に向けてアートのようにディスプレイするとおしゃれです。

本を普通に並べて収納し、その中の一画にディスプレイすると仰々しさがなく、よりおしゃれになるでしょう。

これは、モダンヴィンテージなインテリアが特徴であるブルックリンテイストのコーディネートの中でよく見られる手法で、非常に取り入れやすくおすすめです。

また、お気に入りのレコードがある方におすすめなのが、絵画のように飾る方法です。

レコードには、ジャケットデザインがおしゃれで、今見てもモダンでハイセンスなものが数多くあります。

そんなレコードをフレームや額縁などに入れて壁に飾ることで、海外のアーティスティックなお部屋のような雰囲気になります。

グリーンをインテリアに取り入れおしゃれな空間に!

最後にご紹介するのは、グリーンを使った海外のインテリアコーディネートのアイデアです。

海外のインテリアコーディネートでは、観葉植物を上手に取り入れたものもたくさんあります。

観葉植物は、木製家具やナチュラルテイストなインテリアコーディネートに非常によく合います。

また、モノトーンなインテリアコーディネートの中に、観葉植物を1つ入れれば、上品なアクセントになりおしゃれです。

さらに、原色系を使った奇抜なインテリアコーディネートにもマッチするので、非常に万能と言えます。

ただ、たくさん置くと雑然とした印象になってしまうので、その他のインテリアの主張が強い場合は、1か2つ程度に抑えるとバランスが取れるでしょう。

また、「観葉植物はお手入れが面倒」という方にはフェイクグリーンもおすすめです。

シェルフにツタの長いフェイクグリーンを垂らすように飾ったり、フェイクグリーンの鉢植えを並べてディスプレイすることで、お部屋が爽やかな印象になります。

また、飾る場所は窓の近くにすると、日差しが入ってきた際にグリーンが映え、より爽やかです。

グリーンは取り入れやすく視覚的にも癒されるので、その点でもおすすめできます。

インテリアのおしゃれなコーデ!海外の実例は真似しやすい

これまで、海外のインテリアコーディネートの実例を参考に、さまざまなポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

どれも比較的簡単に取り入れることができ、魅力的なアイデアが豊富でした。

ご紹介したポイントを参考に、お部屋をおしゃれにコーディネートしてください。

 - 生活