腰痛に効果のあるマットレスや敷布団ってどんな種類がある?

腰痛などの関節痛がある場合、合わないマットレスや敷布団を使用すると、快眠できないこともあります。

また、使用中の敷寝具が好みの物であっても、睡眠時の腰痛が軽減されない場合は、もしかすると合っていないということも考えられます。

今回は、腰痛の方におすすめのマットレスや敷布団の種類や選び方などをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お布団はコインランドリーで丸洗い!安い料金でメリット多し

汚れたお布団のお手入れはどのようにしていますか。本来ならば、クリーニングで確実に綺麗にしても...

清潔に使いたいお布団はクリーニングに託す!その相場とは?

お布団を、専用のクリーニングに出したことはありますか?衣類と違って、お布団をクリーニングに出...

和室に合うのはお布団!おすすめの理由や選び方を解説

和室に合わせる寝具選びで重要になるのが、お布団にするかベッドにするかという選択です。最近では...

こたつではなくお布団で寝るべき!こたつに潜むリスクとは?

寒さ厳しい冬の時期、こたつの中に入ったときのぬくもりは、なんとも言えない心地よさがあります。...

お布団用の掃除機を買うなら「パナソニック」がおすすめ!

みなさん「綺麗なお布団」で寝ていますか?一日の疲れを取り、充実した日々を送るのには快適な環境...

天日干しだけで大丈夫?ベビー布団とマットレスの洗い方

スヤスヤと気持ちよさそうに眠る赤ちゃん。実は大人の2倍もの寝汗をかいています。おしっ...

お布団の敷き方の疑問を解決!敷布団が上?マットレスが上?

お布団の敷き方に決まりはなく、多くの人は小さい頃から自然と身についた、馴染みのある方法でおこなっ...

お布団やシーツの破れを直そう!補修方法・縫い方をご紹介

長く同じ寝具を使っていると、シーツや敷布団が破れてきてしまいます。お布団の破れはそのままにし...

お布団を干す場所に困っているアパート暮らしのお布団干し

アパートやマンションでのお布団の干す場所に困ったという方は多いのではないでしょうか?その上、...

幼児にぴったりのお布団を大特集!おすすめアイテム6選

幼児が通う保育園や幼稚園のお昼寝タイムに、専用のお布団を購入する方は多いと思います。大手...

お布団は何年使用できる?お布団の買い替え時期って?

今使っているお布団は何年使っていますか?お布団の寿命をご存知ない方は多いのではないでしょうか...

ダニの発生を防ぐ!抗菌・防ダニ加工のお布団で快適な睡眠を

皆さんは、お布団をどれくらいの頻度で洗ったり、干したりしていますか?お布団をあまり洗わないと...

お布団で虫のダニに刺されたら、症状は?ダニの対処法!

お布団で、寝ている間いつのまにか虫に刺されてしまったことありませんか?人を刺す虫は蚊や、ダニ...

お布団に血液が!洗濯するときに効果的なのはマジックリン!?

ちょっとやり方を間違えただけで落ちにくくなってしまう血液のシミ。特に大きいお布団やマットレス...

ベビー用お布団や枕の選び方!掛け布団や枕はタオルで代用?

赤ちゃんを寝かせるためのお布団って、どんなものが良いのでしょうか?生まれたばかりの赤ちゃんは...

スポンサーリンク

腰痛がある人の理想的な寝姿勢

長時間、同じ姿勢で立ったり座ったりして、腰などの関節が痛くなった経験をしたことのある人は、意外に多いのではないでしょうか。

また、自然な立ち姿勢などが阻害されてしまうと、体全体で体重を支えることが困難になります。

そのため、長時間ではなくても無理な姿勢でいることでも、関節痛を起こしてしまうこともあります。

そして、1箇所に負担がかかり過ぎてしまったり、首などの小さな筋肉に負担をかけてしまうため、頭痛や肩こりの原因を作ってしまう可能性もあるのです。

また、睡眠の質が下がってしまうなど、体には様々な負担がかかってしまいます。

このことから関節を痛めないためには、自然な立ち姿勢であることが重要になります。

自然な立ち姿勢が体への負担を少なくできます。

そして、実は寝る時にも理想的な姿勢があります。

立ち姿勢を見てもお分かりのように、人の体には凹凸と湾曲しています。

この湾曲している凹凸が重要になります。

寝た時に自然とその凹凸が維持できることが、理想の寝姿勢になのです。

敷寝具に横になった場合、最も体重がかかる部分は腰と背中です。

そのため、その部位が沈み過ぎたり、または、敷寝具が硬すぎて凸部が沈まないなどの場合は、体の他の部位に負担がかかってしまうため良くありません。

腰痛が原因でマットレスや敷寝具の購入をこれからお考えの場合は、硬過ぎたり柔らか過ぎたりしない物を選ぶようにしましょう。

以下では、腰痛をお持ちの人にとってのマットレスと敷布団のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

腰痛のある人がマットレス寝具を使用するメリット

ベッドでマットレスをお使いの人も多いのではないかと思います。

そして、このマットレスは高さや厚みがある分、敷布団に比べ楽に立ち上がれるというメリットがあります。

腰痛を含めた関節痛がある人の場合は、そうでない人に比べ筋力が弱い場合も考えられますので、立ち上がる動作が楽であることは、最大のメリットであるといえるでしょう。

また、マットレスにも様々なタイプがあり、利点も様々です。

その中でも、スプリングが入っているタイプのマットレスは弾力性が高いため、寝姿勢を変えやすいという利点もあります。

腰痛や関節痛がある人は健康な人と比べても疲れやすい状態なので、あまり筋力を必要とせずに楽に姿勢を変えたいところでしょう。

そこでこのように楽に姿勢を変えられることは、重要なポイントになってきます。

その上、丁度良い硬さのマットレスは、容易に寝姿勢を変えることができるため、体重がかかりやすい腰などの部位に圧が集中しないよう防いでくれます。

さらに、マットレスは体重の重い人や軽い人、様々な方に対応できるほど種類が豊富です。

このように関節痛をお持ちの方に限らず、多くの層に対応できる点も魅力的でしょう。

腰痛があってもマットレス寝具がデメリットになる場合

マットレスは選び方さえ間違えなければ、体にも睡眠にも効果の期待できる寝具です。

しかし、実は選び方によっては、腰痛を悪化させてしまう場合もあります。

腰痛がある人の場合は、マットレスの硬さに注意しましょう。

沈み過ぎるマットレスは、腰に負荷がかかるどころか、首にも負荷がかかってしまうことがあります。

そのため、余計な場所をさらに傷めてしまう場合があるのです。

また、人は寝ている時に無意識に寝返りを打ちますが、マットレスが柔らか過ぎて寝返りが打ちづらかくなることもあります。

そうして長時間同じ姿勢になってしまうと、かえって腰を傷めてしまう場合も考えられます。

このように腰痛の方が、柔らかすぎるマットレスを使うと、かえって悪化させてしまうことも考えるのです。

また、腰の痛みやその他の関節痛は、硬過ぎるマットレスでも起こります。

理想的な寝姿勢を維持できないため、柔らか過ぎるマットレス同様、腰やその他の関節に負担がかかります。

また、好みのマットレスであっても、自分の体重や関節痛の痛み具合に合ったマットレスを使用していない場合は、腰痛は改善されていきませんので、一度、寝具店などで相談してみるのも良いでしょう。

それでは、次項からは、敷布団のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

敷布団を使用するメリット!

上記では、マットレスの様々なメリットをお伝えしましたので、腰痛がある場合では「あまり敷布団にメリットはないのでは?」と思う人も多いかもしれません。

しかし、マットレス同様、敷布団にも様々な種類がありますので、一概に「敷布団は使いづらい」ということはありません。

むしろ、柔らか過ぎるマットレスは腰痛がある人には良くないこともあり、あえて敷布団を使用している人もいるほどです。

腰痛がある場合は、自然な寝姿勢を維持できる寝具を使用することが重要ですから、厚みのある敷布団を使用すると良いでしょう。

寝心地や理想的な寝姿勢を維持するには、適度な厚みが必要です。

最近は、それらをカバーするために、お使いの敷布団に厚みのある敷パットを敷いて、寝心地を良くしている人も多くいます。

厚みのあるタイプほど自然な寝姿勢を維持することができるため、腰痛がある人には特におすすめです。

新たに敷布団や敷パットを購入する際も、一度寝具店で腰痛があることを伝えて、相談されてみてはいかがでしょうか。

敷布団が腰に負担をかける場合

腰痛の改善のために、あえてマットレスを使用しない人もいるほどメリットのある敷布団ですが、選び方によってはデメリットもあります。

厚みのある物をお使いであれば、理想的な寝姿勢で寝ることができ、腰の痛みを悪化させることがないのですが、あまりにも硬い敷布団を使用してしまうと、かえって腰に負担をかけるので良くありません。

また、腰痛の状態が重い場合には、マットレスに比べて立ち上がる動作が大きくなってしまうため、腰にとっては大変な負担になる場合があります。

そのような場合、敷布団は使用する人にとってはデメリットになってしまいます。

また、硬い敷布団を使用してしまうと体重負担が腰にかかりやすいため、寝返りの動作がしづらくなってしまうことも考えられます。

そうなってしまうと、腰が痛くなってしまうばかりか、良く眠れず睡眠の質も悪くなってしまうことが考えられます。

敷布団を購入の場合は、腰痛の進行具合や体重など考慮して選ぶようにすると良いでしょう。

腰痛におすすめのマットレスと敷布団の選び方

腰痛をお持ちの場合は柔らかすぎるマットレスはおすすめできませんが、人により腰痛の進行具合や体重などは様々ですので、ここでおすすめのマットレスと敷布団のタイプをご紹介します。

【腰痛がある人におすすめのマットレスのタイプ】

〇体重が重い人へのおすすめ

体重がある人はマットレスが沈みやすいことを考えて、硬めのマットレスがおすすめです。

ベッドマットレスでは、硬めのボンネルコイルマットレスが良いでしょう。

また、ウレタンがお好きな場合は、体が沈みにくい高反発の物を選ぶことをおすすめします。

〇体重が軽い人におすすめ

体重が軽い人であれば、マットレスはポケットコイルマットレスが良いでしょう。

ボンネルコイルマットレスに比べて柔らかめにできているので、体重が軽い人にはおすすめです。

また、ウレタンの場合では低反発でも問題はないでしょう。

ただし、腰痛が重く寝返りが大変な場合は、長時間の姿勢での沈みを避けるために、高反発マットレスの使用が良い場合もあります。

【腰痛がある人におすすめの敷布団のタイプ】

敷布団は、割と腰痛が軽い場合におすすめです。

厚みを持たせることで、理想の寝姿勢で睡眠を取ることができ、腰にも負担をかけません。

厚みがある敷布団に買い替えたり、敷パットなどを追加することで腰痛の悪化も防ぎ、寝心地も大変良くなりますのでおすすめです。

腰痛に効果のあるマットレスと敷布団のおすすめの種類

1 腰痛のある人で体重が重い人は、ボンネルコイルか高反発マットレスがおすすめ

2 腰痛のある人で体重が軽い人は、ポケットコイルか低反発マットレスがおすすめ

3 敷布団は厚みを持たせることで睡眠の際の腰痛を軽減するが、腰痛が重い場合はマットレスがおすすめ

腰痛がある場合では、合うマットレスにも様々なタイプがあることが分かりましたね。

購入の際には、ぜひ参考にしてみて下さいね。