布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

夏の寝具には冷感のある敷パットが快適!おすすめ素材って?

2018.6.1

真夏は、夜になっても部屋の温度が下がりにくいので、とても寝苦しいですよね。

暑さで眠れず、睡眠不足になってしまうと、翌日が大変なので、ついついクーラーを付けて寝てしまう人も多いのではないかと思います。

今回は、「夏の寝具には冷感のある敷パットが快適なの?」、「冷感のあるおすすめ素材って?」などの疑問にお答えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

オールシーズン使用できるシルクの毛布は洗えるものがいい!

肌触りも良く保湿や保温にも優れているシルクの毛布、一度使ったら手放せませんよね? シルクは綿の...

夏は寝具を選んで暑さ対策!涼感マットは本当に涼しいの?

夏の夜は暑くて、寝苦しいですよね。 そこで、そんな状況を少しでも涼しくしようと工夫している...

シーツを洗濯機で洗うには?頻度から洗い方、設定コースまで

汚れが目立たないのでサボってしまいがちなのがシーツの洗濯ですよね。 「大型の洗濯物なだけに...

インバーターの蛍光灯とは?寝室の場合は交換すべき?

蛍光灯には、グロー、インバーター、ラピッドといった種類がありますが、一体それぞれ何が違うのでしょうか...

ベッドへ車椅子から移乗 様々なケースの介護方法とポイント

ベッドから車椅子へ、車椅子からベッドへ、移動するのに介護が必要な人もいます。 そのような動作を...

ベッドの配置をどうする?ベランダ寄りに置くメリット!

ベッドの設置場所として一般的にあまり好まれないのが、ベランダ寄りです。 しかし、ベランダ寄...

夫婦と子供の三人暮らし、寝室や子供部屋はどうする?

現代、夫婦と子供の三人暮らしというご家庭は多いのではないでしょうか。 そんな三人暮らし、子供は...

おしゃれなシンプルモダンなマンションインテリアにするには

マンションインテリアをおしゃれなシンプルモダンにしてみたい!という方いらっしゃいますよね。 シ...

幼児とベッドで寝るなら必須!落ちる危険を回避する方法とは

活発に動く幼児は、夜ベッドでもおとなしく寝ていてはくれません。 夜中にドスンという音とともに、...

暑い日も部屋を涼しく快適に!家電の節約やインテリアのコツ

暑い日には、エアコンでお部屋を涼しくしたいですよね。 ですが、エアコンの電気代って、結構かかります...

マットレスの選び方!ボンネルコイルとポケットコイルの違い

マットレスを買おうと思って調べてみると、ボンネルコイルやポケットコイルといった用語が出てくることがあ...

海外風の豪華なベッドにするには!?ホテルのベッドメイク術

「海外のような豪華なベッドで眠ってみたい!」と思ったことはありませんか? 何層にも重ねられたフ...

家の寝室照明を増設するなら!?寝室照明選びのポイント

家の寝室に重要な照明器具。 照明をうまく使うことで、よりムードのあるおしゃれな寝室が作れますよ...

ダウンライトを交換したいけどペンダントライトはおすすめ?

ダウンライトは、見た目がすっきりしていて、部屋を広く見せてくれます。 また、演出効果が高いので、お...

新築の床材をウォールナットに!特徴や日常のお手入れ法は?

新築の床に無垢材を検討されている方は多いかと思います。 安心感や癒しを感じる木の感触が魅力的で...

スポンサーリンク

夏の寝具に合うおすすめの素材って?

夏の素材といえば、冷感のある麻は有名でしょう。

「麻」と聞くだけで、サラサラとした手触りの通気性の良い生地が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

しかし麻は、20種類以上の丈夫な植物から取れる強い天然繊維の総称なので、厳密には様々な種類があるのです。

実際によく見かける「麻」は、リネンやラミーと呼ばれ、植物の茎部分を使用した繊維になります。

麻は、強い繊維から作られている分、織り目が大きく、丈夫で通気性に大変優れています。

丈夫で通気性が良いと聞くと、涼しいだけのように思えてしまいますが、実は吸湿性にも優れているので、夏のように暑くて寝汗をかく時期にはぴったりの素材なのです。

また、放湿性や抗菌性も持ち合わせている素材なので、まさに夏を代表する寝具といっても過言ではありません。

そして、麻は夏を限定する寝具ではありますが、季節に限らず、年中使用する事が可能で当然夏も使用できる素材もあります。

それは、ウールです。

ウールは、吸湿性、通気性、保温性、弾力性にも優れた素材ですので、季節を問わず使用する事ができます。

ウールは、価格が高いのがネックではありますが、年中使用する事が可能なだけあって大変使い心地が良い素材といえます。

夏はお布団の素材選びも大事ですが、夏の寝汗対策や暑さ対策としては、敷パットの使用もおすすめです。

冷感敷パットは睡眠改善にもおすすめ

シーツとは違い、敷パットにもまた様々な用途があります。

特に夏の時期に使う敷パットは、寝汗をよく吸収するように、吸湿性に優れた物が多く販売されています。

また、汗が気化して溜まらないように、放湿性にもこだわっている商品も数多く販売されています。

夏は夜になっても室内の気温があまり下がることがなく、寝始めにクーラーを付ける人も多いでしょう。

そのような時は、冷感のある敷パットがおすすめです。

心地良い睡眠のためには、部屋の温度をある程度下げる事も大事ですが、うっかり朝まで冷房を付けてしまうと、風邪を引いて体調が悪くなってしまったり、電気代が高くなってしまう可能性もあります。

そこで、冷感敷パットがあれば、クーラーはタイマーにしておく事もできます。

また、寝付きも良くなり睡眠の質が上がるので、体質の改善も期待できるでしょう。

冷感敷パットのような寝具は、夏には欠かせないアイテムといえますね。

次項では、夏にぴったりな冷感のある麻の敷パットについて見ていきましょう。

夏の寝具には冷感のある麻の敷パットがおすすめ

麻には、通気性や吸湿性に優れていることから、暑い夏に向いている事は上記でもお伝えしましたが、その他にも夏にぴったりな理由があります。

麻は、熱の伝導性に優れているため、様々な繊維の中でも、特に、涼しい繊維であるといわれています。

実際の使用でも、ひんやりしたとした冷感があるため、暑い夏用の寝具にはぴったりです。

麻は、元々の素材そのものに冷感があるため、特殊な素材を用いたような敷パットではなくても、ひんやり感を得る事ができます。

その点、綿やポリエステルのお布団の場合は、通気性が弱く熱がこもってしまうため、麻のような冷感はありません。

そのため、綿やポリエステルでは、暑くていつまでも眠れない寝苦しさがあります。

しかし、通気性と吸湿性に優れた麻では、そのような事は少ないでしょう。

そして、涼しさを重視した敷パットには、吸湿性に特化した商品も多く、それらに使われている繊維は、やはり麻が多いのです。

次は、冷感もあるおすすめのウール敷パットについて見ていきましょう。

夏の寝具には冷感のあるウール敷パットがおすすめ

「ウール」と聞くと、暖かな冬の衣類を連想してしまう人も多いのではないかと思いますが、実は、ウールこそ夏にぴったりな寝具なのです。

ウールは、動物性蛋白質からできた、うろこ状の特殊な形の繊維によって、吸湿性、通気性、保温性、弾力性が保たれています。

そのため、季節を問わず使用する事ができるのです。

また、夏の敷パットは、吸水性と通気性が重要です。

その理由は、吸水性がないと、汗などの水分を繊維が吸収しないので、敷パットに汗が溜まり、繊維に熱がこもりやすくなるからです。

また、通気性に関しては、素材が吸水した汗や、こもった熱が逃げやすいようするに重要になってきます。

そして、吸水性と通気性に優れたウールは、ダニの繁殖率も低いともいわれています。

ウールは、肌触りも良く、冷感があり、虫も付きにくい、夏には最適な素材といえますね。

次は、麻の敷パットのおすすめ商品を見ていきましょう。

夏の寝具におすすめ!麻の敷パットの商品紹介

夏の寝具におすすめな冷感のある麻の敷パットを、ネット通販からご紹介します。

【夏の寝具におすすめな麻の敷パット】

〇麻入り 2重ガーゼ織り敷パッド シングル

吸水機能に優れており、ひんやりとした肌触りで朝まで熟睡する事ができます。

販売元:寝具マン

ネット販売参考価格:1,990円

〇日本製麻洗える敷きパッド

フランス産リネンを100%使用した麻の敷パットです。

通気性が良く、麻独特の風合を楽しむ事ができます。

また、ご自宅の洗濯機で洗う事もできますので、夏には手放せないアイテムとなるでしょう。

サイズも5種類から選ぶ事ができます。

販売元:滋賀麻工業株式会社

ネット販売参考価格: 15,800円

〇α(アルファ) 麻入りガーゼ ポコポコ調敷パット

ガーゼ綿と麻を使用しているので、柔らかい風合いが心地良い睡眠を誘います。

また、吸水性が大変良く、朝まで涼しく眠る事ができます。

販売元:α(アルファ)

ネット販売参考価格:3,625円

〇涼感麻ベッドパッド シングル

吸湿性、放湿性に大変優れた麻の敷パットです。

麻の涼感な肌触りが、暑い夏の睡眠を快適にしてくれます。

販売元:村内ファニチャーアクセス

ネット販売参考価格:7,980円

夏の寝具におすすめ!ウールの敷パットの商品紹介

夏の寝具におすすめな冷感もあるウールの敷パットを、ネット通販からご紹介します。

【夏の寝具におすすめなウールの敷パット】

〇敷パッド シングル 天然繊維ウール

ウールを99%使用した良質な敷パットになります。

天然ウールを3kgも使用しているのでボリュームがあり、ふかふかな寝心地で夏の睡眠を快適にしてくれます。

販売元:トイワールド

ネット販売参考価格:19,482円

〇エブリ寝具ファクトリー ベッドパッド

フランス産羊毛を100%使用した敷パットになります。

吸水性、放湿性のほか、弾力性や反発性にも優れているので、寝苦しい夏を快適にしてくれるでしょう。

販売元:エブリ寝具ファクトリー

ネット販売参考価格: 4,580円

〇日本製 フランスプレミアムウール100% 敷きパッド

放湿性が高く、暑い夏でも蒸れずに快適に睡眠をとる事ができます。

敷パットの四隅に、ずれ防止のゴムが付いているので、非常に使いやすくなっています。

販売元:アイリスプラザ (IRISPLAZA)

ネット販売参考価格:7,522円

〇上質ウールベッドパッド

上質なウールを1.5kgも使用しているにもかかわらず、ご自宅で洗濯ができる大変使用しやすい敷パットです。

吸湿性、放湿性に優れていので、夏の使用はもちろんの事、保温性にも優れているので冬でも暖かく使用する事ができます。

販売元:ベッドスプレッドハウス

ネット販売参考価格: 9,504円

夏におすすめな麻とウールの寝具に冷感がある理由

1 麻やウールの寝具は、吸水性に優れているので冷感がある

2 麻は繊維の織り目が粗く、通気性が良く冷感がある

3 ウールは、うろこ状の特殊な繊維の形によって放湿性にも優れ冷感がある

夏の寝具には、冷感のある麻やウールがおすすめです!

購入の際は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 - 寝具全般