湯たんぽの効果で睡眠の質が上がる?人気の湯たんぽ紹介!

冬の寒い日は、手足が冷たくなりがちです。

特に、睡眠時では、足が冷たいままだとなかなか寝つけませんよね。

今回は、「湯たんぽの効果で睡眠の質が上がる?」「人気の湯たんぽって?」などの疑問についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

睡眠の質と時間はどちらが大事?自分に合ったタイプを知ろう

毎日の日課ともいえる「睡眠」。みなさんは、なぜ睡眠を行うのか考えたことはあるでしょうか。...

免疫力が弱い幼児でも風邪をひかせたくない!良質な睡眠が鍵

幼児期の頃は熱を出しやすかったり、風邪をひきやすかったりと心配になってしまうことが多いですよね。...

スズメバチの巣を駆除するのに、雨の日は適しているのか!?

秋は、キノコ狩りやハイキング、渓流釣りなどアウトドアが盛んに行われる時期です。この時期、自然...

質のよい睡眠は脳や体の修復に役立つ!その修復効果とは?

皆さん、睡眠の健康への影響をご存知ですか?「睡眠不足が続くとお肌の状態が悪いよね」、「睡...

夏場の睡眠はクーラーをつけっぱなしが良いって本当!?

寝苦しい夏の夜、クーラーをつけたまま寝たくても電気代や体調を崩すことを懸念して我慢している方はい...

痩せるには睡眠中に2つのホルモンが分泌される時間帯が重要

ダイエットで痩せるために睡眠が大切だということを知っていますか?人は寝ている時間帯にも、エネ...

これって寝すぎ?睡眠過多による頭痛の仕組みと予防法

お昼寝から目覚めたり、休日に寝だめして昼頃に起きたりしたときに、頭痛が起こることがあります。...

仕事中にもう眠くならない!睡眠の質の改善方法をチェック!

皆さんは、睡眠をしっかりととれていますか?それも、ただの寝てるだけではなく、しっかりと疲れが...

小型クーラー(スポットエアコン)のメリットと使い道とは

エアコンの購入や設置が難しくて、小型クーラーのスポットエアコンを購入しようと考えている方もいるのでは...

マンションの換気扇ダクトの定期点検・清掃が必要な理由は?

マンションには「換気扇ダクト」というものが設備されています。 普段、あまり気にしたことはあり...

なぜ睡眠が浅いの?赤ちゃんが夜泣きをしてしまう理由

生まれたばかりの赤ちゃんは可愛いですよね。そして眠っている間は、親はつかの間の自由時間です。...

大阪は暑い?過去最高気温ってどこ?熱帯夜の安眠のコツは?

西日本一の都会である大阪ですが、他の地域と比べて気温が高いのでしょうか。大阪は、日本の過去最...

赤ちゃんの睡眠を妨げる照明!電気は消して寝た方がいいの?

皆さんは、赤ちゃんが睡眠しているとき、照明はつけていますか?それとも真っ暗で寝ていますか?...

風邪には睡眠と栄養が効果的!どんな睡眠と栄養が必要なの?

いつも通りに過ごしているつもりでも、仕事や勉強などで睡眠不足が続いてしまうと、体がストレスを感じてし...

女性ホルモンはどんな働きをするの?睡眠にも直接関係する?

女性ホルモンとはよく聞きますが、皆さんは、女性ホルモンがどんな働きをするかご存知でしょうか。...

スポンサーリンク

睡眠効果を下げる冷えとは?

寒い時期は、足が冷たいとなかなか眠れませんよね。

冷えは、睡眠の効果を下げてしまいます。

特に冷え性の人にとっては、寒い季節は悩みの種なのではないでしょうか。

せっかくお布団に入っても、足が冷たいと寝つくまでにとても時間がかかったりするものです。

靴下を何枚も重ねて履いたりと、様々な工夫をされていることと思いますが、なぜ足が冷たいと眠りが浅くなったり、睡眠の質が落ちてしまうのでしょうか。

手足などの末端が冷たいと、脳は「これ以上、体から熱を逃がしてはいけない」と判断し、体温を体外に放出させないよう、熱を体に深部に留めておくように指令を出します。

体は、入浴後などの深部体温の低下によって、自然な眠気がやってくるのですが、もともと寒い状態では、深部体温の低下が起こることはありません。

手足が冷たいということは、脳や深部体温が高いままなので、いつまでも眠くなることができなくなるのです。

自然な眠気を誘うには、深部体温を低下させる必要があります。

そのためには、就寝前に手足が温かい状態でなければならないのです。

全身浴で体を温めても、なかなか手足が温まらないという人は、湯たんぽなどを用意し、足を温めて寝るようにすると良いでしょう。

湯たんぽ効果で睡眠の質を上げよう!

足が温かいと、リラックス効果により副交感神経が優位に働きます。

そのことにより、あまり時間をかけずに深い眠りに就くことができます。

深部体温の低下による熱の放出もスムーズに行われるので、より自然な眠りを誘うことができます。

しかし、せっかく眠りに就いたとしても、人によってはトイレが近いなどの理由から、夜中に何度も目が覚めてしまう人もいます。

さらに冷え性である場合は、また足が冷たくなってしまう可能性があります。

その場合でも、いつでも足を温めることができる湯たんぽがあれば、再度眠りに就きやすくなりますから、心配はいりませんね。

最近では、お湯を使わない便利な湯たんぽも販売されており、従来よりも楽に使用することができるようになりました。

足が温かいと睡眠の質が上がり、時間をかけずに深い眠りに就くことができるので、冷え性の人には特におすすめですよ。

睡眠の効果を上げるおすすめ湯たんぽ紹介①!

睡眠の効果を上げる充電式のおすすめ湯たんぽを、ネット通販からご紹介します。

〇蓄熱式 エコ湯たんぽ EWT-1543

コードレスなので、旅行先等でも、どこにでも持ち運ぶことができます。

また、繰り返し使うことができる、蓄熱式のエコ湯たんぽです。

充電式ですので、面倒なお湯の入れ替えは一切不要なのもうれしいですね。

20分間の充電で、最長で8時間も温かさが持続します。

サイズ・・・・幅22×奥行27×高さ4.5cm

本体重量・・・1.6kg

販売:スリーアップ

ネット参考価格:2,970円

〇DAFIA コードレス蓄熱式充電式エコ湯たんぽ(ピンク)

自由に持ち運びできます。

手、足、背中、体の好きな部位を温められます。

肩こり、腰痛、筋肉の緊張をほぐすのにも使用することができます。

お布団の中では約6~8時間、室温では約3~5時間温かさを保つことができます。

1回の充電時間は室温の違いにもよりますが、約12分~15分です。

サイズ・・・・幅26×奥行17.5×高さ6cm

本体重量・・・1.5kg

販売:DAFIA

ネット参考価格:2,210円

〇エスケーアール(SKR) 蓄熱もこもこ湯たんぽ

立体加熱で高速充電、特殊構造で温かさが長持ちします。

約20分の充電で、6~8時間使用できます。

サイズ・・・・幅27×高さ7×奥行19cm

本体重量・・・1.2kg

販売:エスケーアール(SKR)

ネット参考価格:2,123円

〇充電式ゆたんぼ ECO28 レッド お知らせアラーム付

おしらせアラームつきで、温まったらアラームでお知らせしてくれます。

自然にやさしい蓄熱式湯たんぽで、暖房器具のような乾燥がなく、お肌にもやさしく快適にご使用いただけます。

保温時間は6~8 時間(お布団内使用時)、3~5時間(室内使用時)になります。

サイズ・・・・幅5.0×奥行24.5×高さ17cm

全体重量・・・1.0kg

販売:大阪ブラシ

ネット参考価格:2,500円

睡眠の効果を上げるおすすめ湯たんぽ紹介②!

睡眠の効果を上げる充電式のおすすめの湯たんぽは、まだまだたくさんありますので、続いてご紹介します。

〇コードレス湯たんぽほっと湯

通常の湯たんぽと同様にお布団を温めるのはもちろん、腰を温めるのにも、お腹を温めるのにも、足を温めるのにも、活躍してくれます。

温めるは1回約15分程度の充電で、最大8時間持続してくれます。

電気代は、約1.8円と経済的です。

ソフトな水の触感が心地良いのも、嬉しいポイントの一つです。

サイズ・・・・幅28×奥行19×高さ4.3cm

本体重量・・・1.2kg

販売:プロモート

ネット参考価格:3,096円

〇ハック蓄熱式湯たんぽエコポカ HAC1414

付属の専用コードを本体に接続して電源プラグをコンセントに差すだけで簡単に使用できます。

ランプとアラームで蓄熱完了をお知らせしてくれます。

使用時間は、3~5時間、高速蓄熱は8~15分です。

サイズ・・・・奥行23.5×高さ4.5×幅15㎝

本体重量・・・1.1 Kg

販売:ハック

ネット参考価格: 2,980円

〇湯たんぽ充電式 コードレス エコ湯たんぽ

可愛い、ネコぬいぐるみ型湯たんぽです。

10分の充電だけで、一晩中に暖かく過ごせます。

一回の注水のみで、面倒なお湯の入れ替えは一切不要なので、繰り返し使えるエコ湯たんぽです。

過熱防止機能つきで、68~75℃になれば電源が自動的に切れるので、安心して使うことができます。

さらに、コードレスなので、どこにでも持ち運べるのも便利ですね。

サイズ・・・・幅21×高さ9×奥行24cm

全体重量・・・350g

販売:FAKEFACE

ネット参考価格:1,620円

お湯使用の湯たんぽの使い心地は?睡眠への効果って?

上記では、最近人気の充電式湯たんぽをご紹介しました。

従来のお湯を使用する湯たんぽも大変人気がありますので、その効果を比較してみましょう。

【充電式湯たんぽのメリットデメリット】

〇充電式湯たんぽのメリット

・熱湯を使わないので火傷の心配がない
・朝まで温かい
・usbなどからでも充電ができる
・充電時間が短い
・持ち運びができる
・大きさが選べる

〇電式湯たんぽのデメリット

・多少なりとも電気代がかかる
・お湯の方が温かい場合がある
・故障の心配がある

〇お湯を使用した湯たんぽのメリット

・熱湯なのでとても温かい
・経済的
・長持ちする
・安い

〇お湯を使用した湯たんぽのデメリット

・火傷の心配がある
・お湯の出し入れに時間がかかる
・朝には冷めている場合が多い

以上が挙げられますが、どちらの湯たんぽを選ぶにせよ、どれも睡眠に効果があります。

ライフスタイルに合わせ、使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

湯たんぽで睡眠の効果を増すプラスαポイント

湯たんぽは、足がとても温かくなりますね。

足が温かいと、自然と眠りにも就きやすくなりますが、さらに睡眠の質を上げるためには、日中の行動で意識すると良いプラスαのポイントがありますので、ご紹介します。

〇寝る前のストレッチ

長時間同じ姿勢で仕事や勉強をしていると、血流が悪くなって体の末端が冷えてしまいます。

就寝前に軽いストレッチをして血流を良くすることを意識しましょう。

〇入浴

特に寒い時期は、入浴を全身浴にしましょう。

シャワーよりも体が温まりますので睡眠にも効果的ですし、すぐに足が冷たくなりやすい冷え性の人にもおすすめです。

せっかく湯たんぽを使うのでしたら、このようにプラスαポイントも意識すると、より温かい状態で眠りに就くことができますので、試してみると良いでしょう。

湯たんぽの効果で睡眠の質を上げる3つのポイント

1 足を温めることで体全体が温まり、自然と眠りに就くことができます。

2 湯たんぽを使うことで、冷え性の人でも時間をかけずに深い眠りに就くことができます。

3 湯たんぽ効果に加え、就寝前の全身浴やストレッチで、睡眠に質を上げましょう。

ぜひ、試してみてくださいね。