赤ちゃんの睡眠リズムをよく知って楽しく育児をしよう!

産まれたばかりの赤ちゃんは、昼夜問わず眠ったり起きたりしますよね。

夜中に何度も赤ちゃんに起こされた、という経験もあるかと思います。

産後は夜泣きや授乳等で、慢性的な寝不足に悩まされる方も多いでしょう。

今回は、そんな赤ちゃんの睡眠リズムのサイクルについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

痩せるには睡眠中に2つのホルモンが分泌される時間帯が重要

ダイエットで痩せるために睡眠が大切だということを知っていますか?人は寝ている時間帯にも、エネ...

睡眠時に何度も起きる症状を対処!途中で目覚める方必見!

睡眠途中に何度も起きる症状に悩まされていませんか。睡眠時間を十分に確保できなかったり、睡...

睡眠不足で悩める方に!入眠促進に期待できる食べ物をご紹介

睡眠時に、なかなか寝つけなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。夏の暑い日や気持ち...

インテリアデザイナーになるための大学は文系・理系どっち?

インテリアデザインって文系と理系、どちらの仕事なの!?と疑問に感じたことはありませんか。実際...

睡眠不足解消!短い時間でも質の良い眠りはとれる?

近年の日本では、忙しさに追われてしまい、睡眠時間が短くなってしまっている方もいるのではないでしょうか...

睡眠の中途覚醒の原因とは!?不眠症になる前の対策

睡眠の途中に目が覚めることを中途覚醒とよびます。実際に睡眠の途中に目が覚める経験は、多くの方...

平均睡眠時間が長い動物ランキング!意外な動物がランクイン

人間の睡眠時間は、赤ちゃんと成人で大きく異なりますが、動物は1日にどれくらい寝ているのでしょうか...

お布団や毛布がずれる!寒い冬を乗り切る解決法とは?

夜、お布団や毛布がずれることで、あまりの寒さに目が覚めた経験はありませんか?寒い季節には避け...

白とオレンジが生活と睡眠にもたらす効果をご紹介

皆さんは、お部屋をコーディートする際、どういった点をポイントにしていますか。暖色系を基調とし...

睡眠不足によるめまいや症状!その対処方法を知っておこう!

最近、寝ていても疲れが取れない、目覚めが悪い、などといった症状はありませんか?それは、もしか...

睡眠の質で量をカバー?朝起きられないとお悩みのあなたに

「前日早めに寝ても翌朝なかなか起きられない、疲れもとれていない…。」そんな時、単純に寝不足な...

寝る時に体や顔周りが寒い!冷え対策・寝る時マスクは良い?

寒い季節、寝る時に体や顔周りが冷たくて、寝つけないなんて経験ありませんか?あたたかい状態で、...

マンションの換気扇ダクトの定期点検・清掃が必要な理由は?

マンションには「換気扇ダクト」というものが設備されています。 普段、あまり気にしたことはあり...

寝室のカーテンが短いし薄くて隙間があって寒い!対策は!?

冬の寝室がひんやり寒いと辛いですよね。寒さ対策としてやっておきたいのが、カーテンの見直しです。...

良質な睡眠を!深い睡眠で起きれない朝を改善しよう

朝、目覚めたとき「よく寝たな」と思えた場合は気分良く1日が過ごせますよね。しかし、睡眠時間が...

スポンサーリンク

生まれたばかりの赤ちゃんの睡眠リズムは?

産後間もない赤ちゃんには、睡眠リズムはあるのでしょうか?

ここでは、新生児期の赤ちゃんの睡眠についてまとめました。

・新生児期の睡眠時間は16~18時間

新生児期の赤ちゃんは、1日の大半が睡眠時間となります。

平均睡眠時間は16~18時間ですが、長い子は20~22時間も眠る子もいます。

それ以外はミルクを飲む・おしっこやうんちをする、といったサイクルとなっています。

このころは、昼夜の区別や睡眠リズムは出来ておらず、赤ちゃんによっては、よく眠る子もいればあまり眠らない赤ちゃんもいます。

また、この時期の赤ちゃんは、昼夜問わず起きてしまいます。

・生後1~2ヶ月頃から睡眠時間はだんだん短く

新生児期を過ぎると、少しずつ睡眠時間は短くなっていきます。

1日の平均睡眠時間は14~15時間程度となります。

だんだん大きくなるにつれて、哺乳量も増えるため、少しずつまとまった睡眠がとれるようになってきます。

しかし、小さな物音に反応してしまったり、抱っこで寝かしつけてからベッドへ寝かせようとすると起きてしまう「背中スイッチ」と呼ばれるものが発動するのも、この頃からが多いようです。

この頃はまだ睡眠が浅いため、些細なことに反応しやすい時期と言えます。

睡眠のリズムがだんだん整ってくるのはいつ頃?

上記では新生児期の赤ちゃんの睡眠についてご紹介しました。

では、いつ頃から睡眠リズムは整ってくるのでしょうか?

・3~4ヶ月頃になるとメラトニンが作れるようになる

メラトニンは「睡眠ホルモン」と呼ばれ、覚醒と睡眠を切り替えるホルモンのことを言います。

生後3~4ヶ月頃になると、自らメラトニンを作りだせるようになるため、昼夜の区別がつくようになり、睡眠の質が良くなってきます。

また、質の良い睡眠がとれるようになるため、まとまった睡眠がとりやすくなります。

・生後4~6ヶ月頃から生活にメリハリを

1日の生活リズムがだんだんつき始める4~6ヶ月頃から、少しずつ規則正しい生活リズムをつけてあげましょう。

メラトニンの分泌を促すためにも、朝起きたら日光を浴びる・お風呂の時間を決める・就寝時間を決めて睡眠環境を整える等工夫をしてあげると良いですね。

しかし、まだリズムにばらつきのある時期なので、無理してリズムを整えようとせず、少しずつ習慣づける感覚が望ましいです。

赤ちゃん時期の睡眠の特徴とは?

上記でもお伝えした通り、赤ちゃん時期の睡眠状態は大人とは全く異なります。

では一体、どのような違いがあるのでしょうか?

・睡眠サイクルの切り替え方

大人も子どもも、一晩に何度かは睡眠サイクルの切り替え時に目を覚ましています。

その際、大人は切り替えがうまく出来ますが、赤ちゃんはまだ睡眠が未熟なため上手く切り替えが出来ず、夜泣きをしてしまいます。

睡眠のサイクルとは、「レム睡眠」「ノンレム睡眠」のことを言います。

「レム睡眠」とは浅い睡眠に近い眠りの状態で、この時に脳は記憶を整理します。

反対に「ノンレム睡眠」は、脳を休めるための眠りで、大脳皮質や交感神経などを休ませ、記憶の定着やストレスを取り除く働きが行われています。

人は眠っている間に、このレム睡眠とノンレム睡眠を交互に切り替えるのですが、大人はこのサイクルが90分間隔なのに対し、赤ちゃんは50分間隔と言われています。

この睡眠のリズムが上手く切り替えられない、月齢の浅い赤ちゃんほど、夜泣きの回数が多くなるのです。

・寝ついた時と状況が変化している

「眠る時はママの腕の中だったのに、目が覚めたらお布団の上にいる」

この状況に、赤ちゃんが不安を覚えて泣いてしまうということも、夜泣きの一因となっている場合があります。

その際に、泣いてママを呼び、眠りについた時と同じ状況を作ってもらおうとします。

また、本能から、眠りについている間も周りに異常がないか確認をしているとも言われています。

赤ちゃんの夜泣きは、上記の要因であることが多いようです。

赤ちゃんの睡眠不足がもたらす影響は?

赤ちゃんはよく寝るイメージがありますが、個人差もあります。

また、気づかないうちに大人の生活リズムに合わせてしまっている、ということもあります。

赤ちゃんの時期の睡眠不足は、どのような影響があるのでしょうか。

・脳の発達に影響をもたらす

大人も子どもも、脳の疲れは睡眠でしか回復させることが出来ません。

特に赤ちゃん~幼児期は、外部から様々な刺激を受け発達する時期のため、睡眠で脳を休ませ、記憶を整理することが大切になってきます。

しかし、睡眠不足の状態になってしまうと、記憶力の低下・情緒不安定・風邪を引きやすくなる、といった症状を引き起こしてしまいます。

また、睡眠時間が短くなるほど、脂肪を分解する働きを持つ成長ホルモンの分泌量が少なくなり、脂肪が体に溜まりやすくなってしまいます。

・夜更かしの赤ちゃんが増えている

世界的に見てもアジア圏(特に日本)は赤ちゃんの睡眠時間が少なく、就寝時間が遅いという統計が出ています。

原因の一部としては、親の生活リズムやテレビ・スマートフォンの普及で外部からの情報やブルーライト等の刺激が多いことなどが挙げられています。

全てを一度に変えるのは難しいですが、少しずつ睡眠のとりやすい環境を整えていけるように心がけましょう。

規則正しい生活リズムをつけやすくするには?

新生児期を過ぎ、赤ちゃんもだんだん動けるようになってくると、今度は生活リズムや睡眠時間を意識するようになりますよね。

しかし、どのようなリズムをつければ良いのか、初めのうちは戸惑ってしまう方も少なくないと思います。

そこで、赤ちゃんたちが成長と共に、どのような生活リズムを送るようになるのかをまとめましたので、参考にしてみましょう。

・生後1~2ヶ月

この頃は、上記でご紹介したように一日にほとんどを眠って過ごします。

・3~5ヶ月

昼夜の区別がつき、授乳のリズムが整ってきます。

この頃から、少しずつ生活リズムがつけられるようになってきます。

起床時間・朝寝や昼寝の時間・就寝時間などのリズムがだんだんついてくると、授乳の時間や回数も少しずつ整ってきます。

・6~8ヶ月

首もすわり、体もしっかりとしてくる頃です。

離乳食も少しずつ食べられるようになってくるので、消化やアレルギーの有無を考え、午前の授乳時間に離乳食を追加してみましょう。

また、体を動かせるようになるので、日中はおもちゃなどでたくさん体を動かして遊ばせてあげることで、夜もぐっすりと眠れるようになります。

おもちゃ遊びなど、たくさんのものに触れて五感が刺激される時期なので、脳も活性化されていきます。

・9~11ヶ月

離乳食も3回食になり、食事の時間を決めやすくなってきます。

また、ハイハイやつたい歩きが出来るようになる赤ちゃんもいます。

排せつのリズムもつき、体力がついてくるため朝寝の時間も短くなってきます。

運動量がさらに増えるため、夜はぐっすりと眠る赤ちゃんが増えてきます。

もちろん赤ちゃんによって個人差はありますので、赤ちゃんの成長ペースに合わせてリズムを作っていくのが理想です。

赤ちゃんに心地よい睡眠のために出来ることは?

上記から赤ちゃんの睡眠リズムの大切さが分かってきましたが、眠ってほしい時間にすぐ寝ついてくれることはなかなか難しいと思います。

そのような時に、効果的な入眠儀式と言われるものをご紹介します。

・授乳や抱っこをする

ママのぬくもりが感じられる、授乳や抱っこは入眠にとても効果的です。

抱っこの場合は、ゆらゆらと気持ちの良い動きをつけてあげることで、眠りにつきやすくなるでしょう。

・子守唄や音楽を流す

聞き慣れた声で歌を歌ってあげるのも、安心感を与えられる方法です。

ゆったりとしたテンポで、歌ってあげるのがポイントです。

音楽も、ゆったりとしたテンポの曲やオルゴールを流すと良いでしょう。

・絵本を読み聞かせる

子守歌と同じく、声を聞くことで安心感を与えることが出来ます。

また、一定のトーンで落ち着いて読むことがポイントです。

抑揚をつけすぎてしまうと、入眠の妨げとなることがあるので注意しましょう。

他にも、体をトントンしてあげたり、ぬいぐるみなど好きなおもちゃをそばに置いて心を落ち着かせてあげるのも効果的です。

また、手足などを握って軽くマッサージしてあげると、触れ合っている安心感とマッサージの心地良さが入眠に繋がることもあります。

このようなことを参考に、赤ちゃんに合った入眠方法を探ってみましょう。

無理せず、少しずつリズムを整えよう!

赤ちゃんの睡眠時間の確保や生活リズムを作ることは大切ですが、そればかりを意識して無理をしてしまってはママやパパも疲れてしまい逆効果です。

赤ちゃんの様子を見ながら、少しずつリズムを整えていけるようにしましょう。

まずは、可愛い赤ちゃんとの楽しい時間を大切に過ごすのが一番ですね。