布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

お昼寝用お布団の人気のポイントは?大人と子供で違う?

2018.3.17

お昼寝は大切な健康管理の一つと言われていますが、大人と子供によって、その重要性は微妙に違ってきます。

ここでは、子供たちが保育園で使うお昼寝用のお布団で人気があるものを調べてみました。

また、大人のお昼寝に関して、様々なメリット、デメリットを検証してみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お布団を清潔に!肌が弱い人のための除菌スプレーの使い方

毎日使用するお布団の除菌はどのように行っていますか? お天気が良ければ天日干しも良いのですが、...

お布団をコンパクトにできる圧縮袋は繰り返し使えて便利!

お布団の魅力は、使わないときに畳んで置けることです。 畳めることから、部屋のスペースを広く...

布団カバーのおすすめ6選!通販ランキングからセレクト

お布団を清潔に保つアイテムとして、おすすめしたいのが布団カバーです。 大手通販サイトでは、...

濡れた髪のままお布団で眠るとカビ菌が!ドライヤーの重要性

疲れた時に髪を乾かさずにお布団で眠ってしまうことはありませんか? 実は、髪が濡れた状態のまま眠...

お布団を宅配便・宅急便で送る時や引越しでの梱包方法は??

お布団を宅配便や宅急便で送る時や、引越しの際には、どうやって梱包したらいいのでしょうか? お布...

足元を快適に!フローリングにラグを敷いて夏を乗り切る!

暑い夏のお部屋を快適にするのは、エアコンや扇風機だけではありません。 冬の足元にホットカーペッ...

和モダンは琉球畳が映える!フローリング部屋でお布団で寝る

最近の住宅は、畳の和室よりフローリングの洋室が多くみられます。 お布団派の人は、直接、フローリ...

お布団はどこで干す?マンション住まいで悩む干しスペース!

住む地域や場所によっては、ベランダにお布団を干すことを禁止しているマンションもあります。 室内...

お布団の湿気はカビの原因?お布団を清潔に保つために

人は寝ている間にコップ約一杯分の汗をかくそうです。その汗がお布団に吸収され、湿気となり溜まることで、...

お布団の正しい収納方法!毎日のお手入れはどうすればいい?

みなさんは、普段どのようにお布団を収納していますか? ご家庭によって、持っているお布団の数や種...

教えて!カラーボックスや寝具のカビの対処法

カラーボックスは安価にもかかわらず、非常に頑丈で使い勝手もいいですし、工夫次第では机やテレビ台として...

お布団にカビが生えた!体への影響が心配なら除湿を徹底!

気をつけているつもりでも、ふと気がつくとお布団に黒いカビが生えていた、なんてことはありませんか? ...

室内の布団干しにはこれ!折りたたみ物干しスタンドの紹介!

雨や風などが強くて、外にお布団を干せない時って困りますよね。 そんな時には、折りたたみの物干し...

羽毛布団の正しい収納方法!重要なのはクリーニングと乾燥?

羽毛布団をお使いの方、毎年どうやって羽毛布団を収納していますか? もしかしたら、その収納方法は間違...

お布団やマットレスが欲しい!そんなときは通販でゲット!

お布団やマットレスを購入しようと思い立ったら、まずは通販サイトを覗いてみましょう。 近頃は、さ...

スポンサーリンク

お昼寝をするメリット、デメリットは?

お昼寝をするという習慣は、小さな子供たちだけでなく、大人にとっても重要な意味を持つことが最近になってわかってきました。

お昼寝に適した時間は、15分から30分と言われていて、これくらいのお昼寝であれば、認知能力や注意力を高め、睡眠不足の解消にもつながり、体にも良い影響を与えます。

しかし、問題なのは長すぎるお昼寝は決してメリットだけではないということです。

睡眠に対して研究を進めている機関によると、1時間以上のお昼寝は病気のリスクを高めると言われています。

長すぎるお昼寝によって、認知症の発症率も2倍になるとまで言われているのです。

ほど良いお昼寝をうまく利用して、正しい健康管理をしたいものですね。

また、お昼寝のお布団は人気の高い良い寝具を取り入れ、質の高い睡眠を取り入れる必要があります。

特に自分で体調管理がまだ難しい小さな子供たちには、より質の高い眠りを与えてあげられるように工夫をしてあげたいものです。

では、保育園でも使いやすいお昼寝のお布団で人気なのは、どんなお布団でしょうか?

保育園で人気のお昼寝のお布団の選び方

保育園の入園が決まると、お昼寝用のお布団を準備しなければなりません。

子供を連れて、お昼寝用のお布団も抱えて、というのは意外に重労働です。

そこで、保育園に持っていくのに人気のお昼寝用のお布団を選ぶポイントを考えてみました。

まず、一番に大切なのがやはり持ち運びやすさですね。

子供が一人でも大変ですが、これが二人分ともなると、それこそ大きな荷物となります。

保育園のお昼寝用のお布団セットは、持ち運び用バッグがついているものがお勧めです。

お昼寝布団セットといっても、セット内容は様々です。

保育園で指定された内容物が、すべて揃っているか確認しましょう。

また、男の子、女の子の好きなキャラクターはほとんど同じものになっていますので、同じデザインのものを選ぶことが多くなりがちです。

我が子のものとわかるように、どこかに刺繍を入れたり、リボンを縫い付けるなどの工夫をすると良いでしょう。

子供が自分のものと確認できて、安心してお昼寝ができるように配慮してあげると良いですね。

人気のお昼寝用のお布団の秘密とは

ここでは、人気のあるお昼寝用お布団についてご紹介していきます。

●「ハッシュクード お昼寝 洗える布団 5点セット Zoo」

このお布団セットは、ぞうやラクダなどかわいい動物のデザインされています。

ただし、人気の秘密はデザインだけではありません。

敷布団は選択することができるふわふわ中綿タイプの園児用のものと、固綿の赤ちゃん用があるので、用途によって選ぶことができます。

●「ニーズまつだ 洗えるガーゼお昼寝布団 4点セット」

こちらは、素材から製造まですべてこくさんにこだわって作られており、安心の品質です。

表面は綿100%のダブルガーゼで、柔らかな肌触りですので、小さな子供やあかちゃんにもおすすめです。

厚みのある敷布団は、クッション性に優れ、へたりにくい特徴があります。

さらに、カバーからお布団まで一式丸ごと洗えるのは、見逃せないポイントでしょう。

丸洗いできるので、いつでも清潔に使用できますね。

●「スヌーピー 西川リビング お昼寝布団 5点セット」

スヌーピーの可愛いキャラクターのこちらの商品は、専用バッグに工夫がしてあります。

持ち運びに便利な2way仕様になっていて、肩掛け、背負う、どちらかの持ち運びかを選ぶことが可能です。

さらに、取り換えが簡単に済むようにと、カバーはひもではなくスナップボタン仕様になっています。

このように、保育園用ならではの工夫がたくさん施されている、お昼寝用のお布団が人気のようですね。

保育園用のお昼寝布団で考えてあげたいこと

小さな子供にとって、お母さんがいない保育園でのお昼寝はとても不安なものです。

特に、保育園に通い出したばかりの頃はお母さんが横にいない寂しさや不安から、すんなりとお昼寝に入れない子供もたくさんいます。

そんな子供たちをいかにリラックスさせて、大切なお昼寝の時間を過ごさせることができるか、それはお母さんたちの工夫で大きく変わります。

まずは、家で寝ているのと同じような状況をなるべく作ってあげることです。

好きな人気のキャラクターがあるのであれば、その好きなキャラクターのお布団を用意してあげるだけでも子供にとっては安心材料になるでしょう。

また、やさしい手触りのガーゼハンカチなどを持たせるなど、眠るための合図を作ってあげるもの良いかもしれません。

できれば、保育園に入る前から少しずつ準備をしておくと、子供たちも自然と慣れていくでしょう。

お母さんが横にいなくても眠れる状況を作っておくことで、保育園に通い出してからも、お昼寝をしやすい環境になります。

家でのお昼寝時の人気のお布団を探そう

赤ちゃんがいる家庭では、寝室のお布団とは別に、お昼寝用のお布団を用意していることが多いのではないでしょうか?

家事をしている場合、遠く離れた寝室に赤ちゃんを一人で寝かせておくのは不安なものです。

そこで、自分の視界に入る場所で寝かせておけるお昼寝用のお布団を敷いて、赤ちゃんを寝かせていることもあると思います。

そんな時に、便利で人気なのが赤ちゃん用、お昼寝マットです。

軽くて簡単に持ち運びができますし、どこででもさっと広げて使えるお昼寝用のマットはとても重宝します。

また、同時にマットのついたタイプのお昼寝布団もあり、こちらも人気があります。

中には手軽に洗濯機が洗えるものもあり、幼児期まで使える優れものも多く出ていますね。

このようなお昼寝用のお布団を用意しておけば、子供とのコミュニケーションも取りながら、家事も滞りなく進められ、お母さんにとってのストレスも減るはずです。

大人のための理想的なお昼寝布団を考える

一般的に、お昼寝は深い眠りに入ることはタブーとされています。

なぜなら、本来は夜にとるべき深い睡眠を昼間とってしまうと、そのせいで夜の睡眠が浅くなってしまうからです。

また、熟睡している最中に目覚めると強い倦怠感が残ることがあるので、お昼寝をしたのに結果的に逆に疲れたと感じてしまうのです。

このようなことから、お昼寝をする時には、ベッドに入るよりも椅子に腰かけたまま眠る方が良いとまで言われています。

体が疲れてしまいそうに思いますが、椅子に座ったままの姿勢であれば深い睡眠に入っていかないともされているので、良いとされているのです。

このことから考えると、家でのお昼寝用のお布団も寝室のベッドのような、すっぽりと体を包み込むような快適なものは不適格ということになります。

簡単にリビングなどで取り出して使えるようなお昼寝マットや、それほど厚みのないお布団が人気です。

つまり、深い睡眠に入る前に目覚めるようなお布団が、お昼寝用としては最適だということですね。

お昼寝用のお布団の人気!大人と子供で大きな違いがある

人間にとって、お昼寝が良い影響を与えることがある、ということが分かっていただけたかと思います。

しかし、睡眠のとり方にはいくつかのポイントがあります。

十分な睡眠が必要な子供たちと、大人ではメリットとデメリットも違います。

正しいお昼寝を知り、正しい健康管理をしたいものですね。

 - お布団